スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
美容室へ
2006/10/01(Sun)
日本にいる間にどうしてもやっておきたいこと、それは美容室で髪を切ることです!今まで海外で美容室にまつわる失敗談をたくさん持つ私…。何としてでも、日本にいる間に髪を切ってカラーを整えておきたいのです。海外での美容室武勇伝、ほんの一部を公開すると…。

マレーシアでは、パーマをかけたらパーマ液が強烈で、ぐりんぐりんになりました。しかも、シャンプーすると広がる…。全く流行っていなかったソバージュのような髪形になってしまいました。しょうがないから、いっつも髪をくくっていましたよ!思い返せばこの頃から、学生の間での私のニックネームが「オリーブ」になりました。

トルコでは、いっぱいありますよ~。当時日本で流行っていた「藤原紀香」や「高島礼子」風のシャギーヘアにしたかったのですが、雑誌を見せても、カット技術が全然違うので、単なるザクザク段々カットにされてしまいました。しかも、その美容院では美容師さんがよそ見をしながらカット!鏡を見ながら、ハラハラしっ放しでした。

さらに、トルコでは髪を染めるのは普通のことで、みんな自由に赤や金髪に染めていたので、いっちょ私も染めてみよう!と、何回かいろんな美容室で挑戦しましたが、ことごとく失敗。最初は「濃い茶色にしたい」と言ったら、黒髪にいきなりこげ茶の染料をかけられ、茶色どころか地毛よりも黒い、カラスの濡れ羽色に…。また、帰国直前に何気なく入った美容室でよせばいいのにまた染めてみようと思って挑戦したら、今度はブリーチされて、完全に金髪になってしまいました。眉毛は真っ黒なのに、金髪って…。あまりに突拍子もない色で、このまま日本には帰国できないと思った私は、帰りに寄ったマレーシアの美容室で染め直しました。このときは帰国したら翌日にダンナさんの家に結婚の挨拶に行く予定だったので、焦りました~。

そんな失敗を重ね、台湾では日本人の美容師さんのいるお店で切ってもらっていました。おかげで、今までのような失敗はなかったです。韓国でも、なるべくなら日本人の美容師さんにカットしてもらいたい。さもなくば、韓国では美容室に行きたくない!そのくらいの気持ちです。だって~、韓国女性の髪型、やっぱり日本とは違ってるんだもん~。あちらでは、前髪ぱっつん&しっかりパーマまたはストレートロングが人気のようです。それも楽しいかもしれないけど、今はまだいいや~。

で、今日は美容室へ。ところが、予約をしていなかったため、どこもいっぱい。日曜日だもんね~。で、ふと思い出して、いつもダンナさんが行っているお店を覗いてみました。そしたら、すぐにやってもらえるとのことだったので、そこでお願いすることにしました。実は、今の日本の住まいに引っ越してきてから、私はまだ「ここ!」という美容室にめぐり合っておらず、サロン漂流を続けております。今日はそのお店の店長さんが担当してくれました。(といっても、25歳の若者でしたが。)

カットとカラーだけのつもりでしたが、「これからしばらく美容室に行かなくても済むようにしたい」「手のかからない髪型がいい」「くせがあってはねるのをなんとかしたい」というめちゃくちゃなリクエストをしたところ、デジタルパーマよりすごい熱パーマがあるから、それがお勧めだと。しかも、今ならキャンペーン価格でできるし、カラーも合わせてやればさらにお得だと。で、しめておいくら?→「16000円」高~い!予算オーバーだよ~!でも、店長さんはカラーを止めてでも熱パーマをやるのがお勧めだと言います。「髪がサラサラになって、本当にびっくりしますよ!くせもなくなるし、なにより、スタイリング一切しなくてもいいんです!しかも、3ヶ月から半年ぐらい持つんです!」う~ん。悩んでいたら、「じゃあ、特別に勉強させてもらって、15000円にさせてもらいます」そんなんできるんかいな。で、結局、その店長さんお勧めのコースでお願いすることにしました。長い目で見よう。もうしばらく美容室に行かなくていいように、髪の色もダークな感じにしました。ちょっとクラッシックぽくて、私好みのヘアスタイルになりました。確かに、髪の毛はサラサラ!しかも、シャンプー後ドライヤーをかけただけで、自然なカールが!今後も続くのかな~。

日本の美容室は、日本人の髪質や頭の形をよく知っている美容師さんが、日本人好みの流行の髪型に仕上げてくれるし、カットの技術もあるので、やっぱり日本の美容室がいいですね~。でも、難点は料金があまりに高いこと!韓国ではカットはだいたい1000円~2000円ぐらいだそうです。日本の美容室は、なんであんなに高いのか???人件費?技術料?値段さえもうちょっと安ければいいのにな~。でも、それでも日本に帰国できるうちは日本で切る価値があると思ってます。長く海外にいなきゃいけなかったら、諦めちゃうんですけどね~。
スポンサーサイト
この記事のURL | 暮らしの中のこと(日本) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。