スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
秋夕
2006/09/27(Wed)
韓国では、もうすぐ日本のお盆に当たる秋夕(チュソク)です。韓国では国民的な伝統行事は殆ど旧暦によって行われています。この点は、台湾と同じですね。そして、台湾も韓国も、行事などが似ています。やっぱり同源ってことなのかな~?韓国では、何かと中国風な文化を感じます。

さて、韓国の秋夕ですが、このときは家族が集まり、ご先祖様にお供え物をし、感謝を捧げます。そして、みんなで食事をするらしいのですが、その際、にんにくや唐辛子などの強い食材は使わないそうです。なんでも、霊はそのような精の強い(においの強い)食材を好まないからだそうです。う~ん、辛いのが苦手な私は、そういう料理こそ食べてみたいな~。外国人の口にはなかなか入らないでしょうけどね。韓国人に話を聞いたり、ネットで見たりしたんですが、秋夕には伝統的な韓服(女性はチマチョゴリ)を着る人が多いそうです。そして、いろいろと決まりごとに則って、行事が進むようです。たとえば、お供え物の料理の並べ方にも決まりがあるようです。ご先祖様の霊への礼拝も、手順にしきたりがあって、何だか難しそうでした。しかも、昔は女性は礼拝すらさせてもらえなかったそうです。男尊女卑の国や~。さすがに今は、女性も一緒に礼拝するらしいですけどね。町の中にやたら教会が多いので、こういう儒教的な要素の行事は廃れているのかと思いましたが、けっこう守られているようです。

また、秋夕には、日本のお中元のように、お世話になった人に贈り物をする習慣があるらしく、デパートやスーパーでも、この1ヶ月ぐらいそういった贈答用のコーナーが設けられ、ここ1週間は特に賑わっています。昨日、今日と、明洞(ミョンドン)へ買い物に行きましたが、デパートはどこへ行ってもいつも以上に人が多く、辟易しました。

そして、秋夕の間は、学校も会社も休みになります。ダンナさんの会社も社員が前半・後半と分かれて休みを取ることになり、前半組は今月末から休み。うちのダンナさんは後半組で、10月3日から5日間休みです。そろそろ冬物の服やこちらに売っていない日本の食材などを調達したいので、私もダンナさんの休みに合わせて二人で帰国することにしました。私は一足お先に、明日から帰国します。お盆から実家に帰ったりで家を空けていたので、1ヶ月半ぶりの日本の我が家です。私的には、まだ韓国にいても全然大丈夫だったんですが、実は体は結構参っていたのかな?こちらの水に合わないのか、食べ物がダメなのか、原因不明の湿疹が1ヶ月ぐらい続いています。痛くもかゆくもないから大丈夫だとは思うのですが、こんなふうになったことがないので、一応日本の病院で診てもらおうと思っています。10日間ほどの日本ですが、買出しや病院などで忙しくなりそうです。

20060928010342.jpg 20060928010358.jpg

左は韓国の伝統菓子。秋夕の贈答品としてたくさん出回っています。素朴な味で、美味しかったです。右の栗饅頭はパン屋さんで発見!大きくてかわいいこの姿にやられた~♪
スポンサーサイト
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。