スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
に・ほ・ひ
2008/12/21(Sun)
お久しぶりです。なかなかブログ更新できないまま、年の瀬を迎えております。

今日は、韓国にまつわるお話です…。

引越しの後、韓国から荷物が届いたとき、とあることに気付きました。それは、においです。

次々と航空便のダンボールの箱を開けていくと、なんか、独特な臭いがしたんです。例えて言うなら、海辺の町の潮のにおいといういか、海辺の町の倉庫のにおいというか、とにかく、海辺の町のにおいがしたんです!最初、荷物を運んできた作業員の方の体臭かと思って(失礼な話ですが…)「わ!この作業員の人、くさい~!」と、心の中で叫んでいたのです。本当に臭かったもので…。しかも、その作業員の方は体格のいい女性で、「女の人なのに体臭きついな~!力仕事で汗をかいてるからかな?」と勝手に思い込んでいたのですが、本当に本当に失礼な話で、そのにおいは、間違いなく荷物から漂ってきていたのでした~!でも、そのときはそうとは思わず…。

航空便から遅れること2週間、こんどは船便の荷物が大量に届きました。そのときにようやく気付きました。「あ、航空便のときと同じにおいがする・・・」 そうです、作業員の方の体臭なんかじゃなく、それは荷物から漂ってくるにおいだったのです!

韓国にいるときには気付きませんでしたが、日本でにおうと、びっくりするぐらい強烈なにおいでした。う~ん、このにおいの中で生活していたのか、私は。今更ながら、韓国のにおいに驚かされました。

そういえば、韓国に初めて行ったとき、臭くてたまらなかったことを思い出しました。アパートのエレベーターホールが臭くて、「このにおい、何~???」と思って部屋に入ったら、もっと臭くて倒れそうになったんでした…。ありとあらゆる消臭剤を駆使してにおいを消そうと試みましたが、結局においはとれず、そのうち私の方が順応していったんでした。そうでした、そうでした。しかし、日本に戻って冷静に振り返ってみると、韓国のにおいって、どんだけ強烈なんだ!

そういうわけで、このにおいがとれるまで、当分の間いろいろなものを洗濯しまくりました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。