スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
陶芸作品、完成
2008/09/19(Fri)
引越しの関係で、先生に早めに焼成していただいた陶芸の作品が完成しました。ホテルでの送別ランチの後、お友達と別れ、受け取りに行ってきました。

これが、出来上がった私の作品です。

200809韓国 314 200809韓国 321
200809韓国 318 200809韓国 317
200809韓国 324 200809韓国 328
200809韓国 329 200809韓国 333

色見本を見てどんな釉薬にするか決めましたが、釉薬を掛けた段階では、どんな風に色が出るのか全然想像できません。こうやって焼きあがってみると、だいたい想像していたものと違っているようです。いいのもあれば、そうでないのもあり…。

左上の楕円の長皿と2段目右の滴形の豆皿は、本当はグレーのような色にしたかったのですが、灰色の釉薬がなかったので、黒い土に白い釉薬を選んでみました。想像ではもっと白っぽくなるかと思っていたら、もともと欲しかったグレーに近い色が出て、嬉しかったです。ただ、むらがたくさんあるのが、いかにも素人の仕事ってかんじです。

右上の蓮の葉の形のお皿、2段目左の長角皿、3段目左の魚の箸置きに使った釉薬は、クリスタル系なので、焼き上がりがキラキラしていて、びっくりしました!特に、蓮の葉のお皿は、細かい斑がキラキラしていて、想像よりもきれいでした。形を作った段階は今ひとつ気に入っていなかったのですが、活躍しそうです。

形成まではいい出来でも、釉薬で失敗した~!というのが、最下段の二つです。左の納豆鉢は、かき混ぜるときにちょうどいい深さと丸み、そして注ぐときに脇からはみ出さない注ぎ口、持ち上げるときに負担の掛からない取っ手…など、自分なりに工夫して、本当に満足の行く形に仕上がったので、まさか釉薬で失敗するとは思わず、かなりがっかりです。(-_-)ショボ~ン 右の大小の鉢も、ちょうど入れ子にできるように仕上げ、気に入っていたのにな~。

200809韓国 334

何が失敗かと言うと、釉薬がかなりどろどろで固まるタイプのものだったので、本来の滑らかな形が出ず、釉薬によってでこぼこしてしまったこと。そして、オーブンの中で垂れた釉薬が固まり、底がくっついてしまったため、削り取らなくてはならず、底の部分はこんなことになってしまいました。

200809韓国 331 200809韓国 338

これじゃあ、テーブルに傷が付いてしまいます。せっかく作りましたが、これは廃棄かな…。引越しじゃなければ、ここで小さな植木鉢カバーにでもしていたかもしれませんが、わざわざゴミ出しの複雑な日本に持ち帰ることもないか…と。あ~、さらさらの釉薬を掛けていればな~!残念です。

でも、その他のものは、実際に使えそうなので、日本まで大事に持って帰りますよ~。船便の箱に入れます。(^-^)
スポンサーサイト
この記事のURL | 習いごと(陶芸) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。