スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
学生気分で
2006/07/20(Thu)
T大学の授業の日。ここでの授業も来週でおしまいです。来期も続けて出来ないのが本当に残念です。ここの生徒さんは、みなさん頭がいいだけあって、授業中も反応がいいので、教えていて楽しいのです。みんな理数系の人だから、全員が語学のセンスを持ち合わせているわけではありませんが、ちょっとした会話などでも、おもしろい受け答えをしてくれます。まじめすぎるというわけではないので、適度に冗談も言えるし。ま、ちょっとしつこい人も中にはいますが、でも、ここは生徒さんの国籍もばらばらで、いろんな人がいて、本当に面白かったです。

授業の後、今日は初めて食堂でご飯を食べることにしました。いつも、1階に食堂の入っている建物の2階の会議室で授業をしているので、授業の後、正面入り口は食堂に並んでいる人で大行列が出来ています。食べてはみたいけど、あの行列に並ぶのはなぁ…って思っていたんですが、今日は午後から行きたいところがあるので、食堂でご飯を食べてみることにしました。いつもここの食堂で食べている中国人のLさんと一緒に並んで食券を買って「薬膳カレー」を食べてきました。おいしい!しかも安い!ここの食堂、いいじゃん~!だからいつも大行列なのね~、納得。しかし、大学の施設内の食堂で食べるの、久しぶりだな~。あ~、懐かしい。

そして、午後、行ってきたのは、「日本近代文学館」です!大学で日本語と日本文学を勉強した私には、すごく興味深い場所です。ここには、いろんな文学作品の原稿や初版本や作家の書簡などが保存、展示されています。近代文学の図書館があって調べ物ができるというのが一番の重要ポイントなんですが、調べ物は何もないので、今日は展示室を見るだけにしました。ここは職場のすぐ近くにあるので、是非是非行ってみたかったのですが、今まであまりに暑かったり、土砂降りだったり、休館日だったりして、行くチャンスを窺っていたのです。今日は雨が降りそうで降らないうすぐもりの天気、気温も低く、ちょうどいいな~。ついでに駒場公園にも寄ってみることに。っていうか、駒場公園の中に「日本近代文学館」はあるんですね。

駒場公園で目を引いたのは、旧前田侯爵邸です。すごく大きくて立派な洋館と日本家屋があって、渡り廊下でつながっています。一般公開されていますが、今日は洋館は休館だったので、日本家屋の方を見学してきました。行ったらお客さんは私だけ!ラッキー☆受付にシルバーボランティアの方がいらっしゃるだけで、本当に誰もいないのです!じっくり家の中を見て、滝のある日本庭園に面した縁側で本を読んだりぼーっとしたり、すごく贅沢な時間を過ごしました。こんなところで読むんだったら、海外文学じゃなくて、日本文学の本にすればよかった!立派なもみじや御用松などを眺め、涼を呼ぶ滝の水音を聞きながら読むのなら、難しい日本文学も、さらりと読めそうじゃないですか?は~、ステキな時間でした。

その後、さらに私のぶらぶら歩きは続きます。このあたりは瀟洒なお宅が多く、普通に道を歩くだけでも面白いのですが、ぶらぶらしていたら、T大学の教養学部裏口に遭遇。小さな隙間が開いていて、そこから中へ入ってみました。T大学といえば、赤門のある本郷キャンパスが有名ですが、駒場にもキャンパスがあるんですよね!こちらのキャンパスの中の建物も、古くてステキなたたずまいの洋館などがあり、見ていて飽きません。キャンパスの中を歩いている学生はみんなT大生なのね~。ふと、気づいたのですが、よく電車に乗っていると遭遇する、女子大生グループの大声でのおしゃべりとかバカ笑いは、ここには全然ありませんでした。静かだな~。私はさすがに学生には見えないだろうな~、なんて思いながら、キャンパスを通って、駅まで行きました。あ~、大学の頃を思い出すな~っていう一日でした。ま、私はT大学とは縁もゆかりもない大学を卒業しているんですけどね!
s-IMG_0542.jpg

s-IMG_0537.jpg

s-IMG_0557.jpg
旧前田侯爵邸。立派です。立派過ぎます。敷地も建物も植木も大きくて、びっくり!これが本当の「セレブ」だわ。
スポンサーサイト
この記事のURL | おでかけ(日本) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。