スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
大好きな果物
2006/07/19(Wed)
s-IMG_0535.jpg

これは何でしょう?
全部、同じ果物です。
答えは、無花果(いちじく)です。

無花果は私の大好物です。生も大好きだし、干したのも大好きです。日本では干した無花果といえば、一般的に小さく縮んでカリカリになった写真の一番右のようなものがありますが、トルコに住んでいたときに、ねっとりとした半生状態の干し無花果を食べて、とりこになりました。日本の干し柿のような食感です。その半生の無花果に胡桃を挟んだものが特に大好き♪ワインとよく合います。日本では半生タイプの干し無花果はなかなか売っていないので、たまにカリカリタイプの干し無花果を買っていましたが、最近、近所のドラッグストアで半生タイプを発見しました。写真中央の黒いのがそれです。原産国はアメリカ。う~ん、アメリカっぽい!プルーンみたいな処理の仕方です。やっぱり中近東などで売られているような干し無花果は日本では買えないのね~。

夏になって、スーパーで生の無花果も出回るようになりました。写真左の大き目の無花果が3個で580円。高いな~。でも、生は生で、たまりません♪おいしい~!

ギリシアやトルコを旅していると、乾燥した空気の中、どこからかねっとりとした甘い香りが流れてくることがありました。どこにいても、無花果の木の香りはすぐに分かります。無花果の香りを感じると足を止め、どこに木があるのか突き止めようと、辺りをうろうろしたものです。特に遺跡を見に行ったときに、よく無花果の木の甘い香りを嗅ぎました。だから、夏の遺跡めぐりと無花果の香りがセットになって私の脳裏に残っています。無花果を食べると、なんだか懐かしい感じがします。あ~、じめじめした日本を脱出して、乾燥したエーゲ海地方へ行きたいな~。
スポンサーサイト
この記事のURL | 食べること(日本) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。