スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
照明問題に決着!
2008/07/17(Thu)
先週からず~っとおかしかったんですが、昨日から、とうとう本格的に壊れっぱなしの我が家のブレーカー。何度も修理屋さんを呼んでは、その都度拙い韓国語で応戦してきましたが、もはや私の韓国語能力の限界を越えてしまいました。私としては、なるべくダンナさんの会社のスタッフの手を煩わせたくはなかったのですが、仕方がありません…。

Bさんに電話での通訳で助けてもらい、もしかしたらエアコンの室外機の水漏れが原因かもしれないということで、今朝その検査をすることになりました。私は、本当だったら今日は朝から刺繍のレッスンに顔を出して先生にご挨拶をし、午後は陶芸を習いに行く予定だったんです。だけど、家中の灯りが消えたままというのは本当に不便なので、何はさておき一刻も早く修理してもらわなければ!ということで、今日の予定は全てキャンセルです。(T-T) 今日中に片が付くといいのですが…。

200807韓国 187

長くなりますので、続きはこちらへ。
 ↓
思ったよりもずっと早く朝9時前から、早速検査のアジョッシ(おじさん)2人組がやって来ました。検査をしてもらって、もし室外機が原因だと分かったら、もしかしたらブレーカーも午前中に復旧するかも♪そしたら、午後の陶芸にだけは行けるかも♪…などと甘い期待を抱いていた私。残念ながら、室外機は水漏れしていませんでした。(-_-)

アジョッシがブレーカーの中の何とか言う器械を交換すればいいんじゃないかというので、そこで、エアコンのアジョッソが帰って行った後、またお馴染みの修理屋さんにお越し願って、再度ブレーカーをチェックしてもらいました。ですが、やはり問題はそんなことではないようで、いつもの修理屋さんも「もううんざり」といったかんじで、お手上げ状態で帰って行きました。(-_-)

こうなったら、本当に家中の照明を外して、一つ一つ漏電していないかチェックしていくしか方法がないそうです。恐れていたことが現実になりました~!(>_<) 

またもや違うアジョッシがやって来て、とうとう家中の照明を取り外していくことになりました。照明といっても、このアパートにはダウンライトがかなりあり、クローゼットの中にも照明はあります。あああ~!家中埃まみれになっていく~!

200807韓国 188 200807韓国 189

この照明を全部外してチェックする役目のアジョッシが、お仕事の適当な方で、1時間以上かかっても照明をまだ全部外していなかったので、「こっちにもありますけど」と私が教えに行くと「ああ~、そこは大丈夫」とか言って、全部外そうとしません。「お願いだから、この際、全部外して完璧にチェックして~!」と心で叫ぶ私。電気のことはてんで分からないので、口の出しようがありません…。やきもきしながら見ていましたが、このアジョッシは11時に「お昼を食べてくるから、2時間後に」と言い残して、家中の照明をむき出しにしたまま、一旦出て行ってしまいました。(-_-) 

なぜお昼ご飯に2時間も?早く作業を進めて欲しかったのですが、きっとアジョッシもお手上げなんでしょう。会社で相談でもしてくるかと、約束の1時まで待ちました。ですが!1時になっても2時になっても戻ってきません!お~の~れ~!と、苛立つ気持ちもありましたが、ここは韓国。1時間ぐらいの遅刻は大目に見なければ…。

だけど、よっぽど電話で呼び出してもらおうかと思いましたが、2時15分になっても戻ってこなかったら電話しよう!と、電話を取り上げたちょうどそのとき、アジョッシはもう一人の年配のアジョッシを伴って戻ってきました。後から来た年配の人は、身なりもなんだかきちんとしていて、指図もテキパキしていて、さっきまでのぐうたらアジョッシも、年配の人の指示を受けて、仕方なく(?)よく動いていました。そして、全部の照明を外していないことを年配の人に叱られるアジョッシ。やっぱりね…。

1時間半かけて家中の照明を一つ一つチェックし、それでも原因が分からず、年配のアジョッシが首を振るのを、ただただ見守る私…。だんだんイヤ~な空気に包まれていきます…。あああ~、このままえらいことになったらどうしよう~?あと3ヶ月もしない間に引っ越していく(予定な)のに、今更おおごとになったら困るのよぉぉぉ~!

だけど、全ての照明に不備がないことが分かり、「もうどうしようもないのかも…」と、諦めかけたそのとき、年配アジョッシが「あ~ん!」と大きな声で言うのが聞こえました。なに、なに?原因が解明したの???

やっと原因が分かりました。照明の配線ではなく、寝室の照明のスイッチがおかしなことになっていたのでした。午後の作業開始から約2時間。やっと原因が分かりましたよ~!(T0T) 

早速スイッチを新しいものに取り替えてもらいましたが、新しいものにしてみても、ブレーカーはおかしなまま。えええ~!もう、イヤ~!もう力尽きてしまいそうになりましたが、今までのリモコン連動式のスイッチではなく、一般のオン・オフだけのスイッチにしてみたら、ということになり、そちらで試したところ、無事にブレーカーも元に戻りました~!よ、よかったですぅぅぅ~!

200807韓国

一時は今日中に作業が終わらないんじゃないかと思ったりもしましたが、4時半に、ようやく全てが終わりました。これで安心して残りの生活が送れます…。何もしていないけれど、直るかどうか気をもんだり、言葉が通じなくてイライラした分だけ、どっと疲れました。作業員を手配してくれ、要所要所で電話で通訳してもらったBさんには、本当に感謝です。やっぱり、こういう問題に直面したとき、語学力が乏しく、また事情に暗いと、にっちもさっちもいかなくなります。外国では、どうしたって現地の人の助けを借りずには生活できません。こういうとき、、もちろん不便も感じますが、現地の人に助けてもらってこその海外生活のありがたさもしみじ感じます。

最後に、照明を全て元に戻し、作業が終わったアジョッシ2人がお水を欲しいと言ったので、冷たいお茶をお出ししたら、それを飲みながら「トクド(独島=竹島のこと)のこと、知ってるか?」と始まってしまいました。(T0T) あああ~、もう~、こんなに疲労困憊しているときに、聞きたくない~!何も反論する力の残っていなかった私は、このときは耳を閉じました。(=_=)

アジョッシが帰った後、埃やプラスチックの破片やコンクリートの粉の落ちた家中の床を掃除して周りました。これでようやく普段の生活に戻れます。今日は最後が気分の悪い締めくくりでしたが、一応照明問題に決着がついて、ブレーカーも元に戻りましたので、ほっとしました。これで、明日は朝から予定通りお料理教室に行けそうです。それにしても、本当に疲れました…。
スポンサーサイト
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。