スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
念願の器
2008/07/12(Sat)
山水会の作品展の開催期間中、私は毎日会場に顔を出していました。会場はインサドン(仁寺洞)と徒歩5分の距離なので、行き帰りにインサドンの馴染みのお店に顔を出していました。

そして~!お料理の先生のお宅で拝見して、ずーーーーっと探していた器を発見しました!

200807韓国 159 

すでに行きつけのお店になっている、サムジギルの「トヨ」というお店。こちらで以前、チャ・ミョンスン氏のぐいのみを購入しましたが、お店のオンニに何気なく、「この同じ作家さんの食器を探しているんですよね~」と話したところ、「ああ、ありますよ」との思いがけないお返事!お店にはディスプレイされておらず、ストックの中から半端に残っていたお皿を出してくれました。

うっそ~!ずっと欲しかった器が、こんなところにあったなんて~!(@0@) 

私が頻繁に使うサイズのお皿があったので、そのお皿を2枚と、1つだけ残っていたお茶碗ほどのサイズの鉢を買って帰りました。

お店でお買い物をした後、私と同じく、チャ・ミョンスン氏のお皿を買いたがっていた台湾人のお友達Cさんに、お店にお皿があることを教えてあげたところ、一人では心もとないというので、翌日私も彼女と一緒にお店に行くことになりました。で、翌日、お店でお皿を見たCさんは、思っていたのと違っていたようで…。お料理の先生のお宅で見たお皿の中には、もっと大きいサイズのものもあったのです。大きいお皿が欲しいというCさんの希望を伝えたところ、お店のオンニが作家さんに直接電話してもっと大きいサイズのお皿があるか尋ねてみてくれましたが、今は昔のような大きいサイズは作っていないそうです。以前作っていたものより小さめで、大中小のお皿をセットで売っているんだとか。それで、作家さんからお店に商品を入れてもらい、Cさんが後日実物を見て購入することになりました。

それから、私もちょくちょくお店に顔を出していましたが、ちょうど入荷した大中小のお皿を見て、「中と小のサイズも使いやすそう~!」と、結局、私もまたさらに買い足してしてしまいました。

全部でこれだけになりました。大中小のお皿のうち、大サイズだけ2枚、あとは1枚ずつ。そして、小鉢が1個。ここには写っていませんが、同じシリーズのぐい呑みも2個あります。
200807韓国 153 200807韓国 154 

チャ・ミョンスン氏のこのシリーズは、青磁かと思っていましたが、白磁に淡い青緑の釉薬を掛けているんだとか。白くうっすらと見える花の模様が、なんとも上品です。

ずっと欲しかったお皿なので、ちょくちょく登場しています。お料理の先生のお宅で既に実証済みですが、思ったとおり使いやすいです!

200807韓国 115 200807韓国 116 

上の写真で登場している、大サイズの20センチほどのお皿は、立ち上がりがあるので、汁物も大丈夫なマルチなお皿です。この形と大きさは、私が一人でご飯を食べるときに一番よく使うお皿なんです。今までは、結婚前のまだダンナさんが学生だった頃に、私がダンナさんの家で料理をするときにお皿が足りず購入した、スーパーの100均コーナーで買ったどうしようもないお皿を、もう10年以上も使っていました。買い換えたいと思いつつ、同じサイズで気に入るお皿が見つからず、それでもやっぱりそのサイズが使いやすいため、海外に引っ越す度に持ってまわり、気に入らないまま今まで10年以上もお世話になってきました。だけど、これでいよいよそのお皿の出番もなくなりそうです。

200807韓国 162 
だいたい同じサイズで同じ形です。右が10年選手のそのお皿。縁にはへんてこな魚貝模様がぐるりと…。デザインはともかく、割れずにここまでよく付いてきてくれました。手放すと思うと、ちょっと寂しいような…。
スポンサーサイト
この記事のURL | お買い物 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。