スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
器のお手入れ
2008/07/06(Sun)
最近、器フィーバーな日々を送っています。韓国で購入した器は磁器が多いので、お手入れも簡単なのですが、中には陶器もあります。そして、先月日本に帰ったときに京都で購入した加古勝己氏の器も陶器です。陶器の器は、磁器と比べて土が柔らかく、食べ物の汁も染み込みやすいので、お手入れにはちょっと気を遣うんだそうです。

「・・・だそうです」としたのは、つい最近までそんなことを知らずに陶器も磁器もいっしょくたに使っていたからです。お恥ずかしながら、器に興味を持ち出して、いろいろなブログやHPで知りました。(^-^; 

陶器は、使う前に米の研ぎ汁で煮沸しておくと、目地に米ぬかが染み込んで、汚れが染み込みにくくなるんだとか。ほほ~。

で、早速煮沸してみました。

200807韓国 110 

幸い、我が家には、ダンナさんが学生時代から持っていた(使っていたわけではない)大きなお鍋があるので、それで煮沸してみました。お鍋にたっぷり米の研ぎ汁を張り、陶器の器を入れて、10分ほど沸騰させ、そのまま一晩放置します。翌朝、普通に洗剤をつけてスポンジで洗って、おしまい!コツは、器と器の間にキッチンタオルを挟んで、沸騰したときにかちゃかちゃと触れ合わないようにすること。そして、完全に乾ききってから収納すること。(カビの原因になりますので。)

こうして丁寧に仕度してあげると、器への愛着もますます増していきますね。(^-^)b

最近も、またステキな器を入手しましたので、そのうちに記事にしたいと思っています。
スポンサーサイト
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。