スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
私の香り
2008/06/04(Wed)
「これが私の香り」と言える香りを探し当てるのは、難しい。

最初にお気に入りの香りに出会ったのは、大学生のときです。THE BODY SHOPの「デューベリー」というオーデコロンを使っていました。最近はボディ・ショップでお買い物しなくなったので、詳しくは知りませんが、今はもう販売されていないのかな?

それから、マレーシアでのお勤め時代はブルガリの「ブルガリ プール・ファム」。今思えば、熱帯の国では、ちょっとヘビーだったかな?今でもあの香りは大好きです。

トルコでのお勤め時代には、ブルガリとは違うフレッシュな香りを楽しみたくなって、ラルフ・ローレンの「ロマンス」。

こんな遍歴を経ていますが、長年変わらず、ず~っと好きなのは、薔薇の香り。様々な薔薇の香りを試してみましたが、「これが私の香り!」というものに巡りあうことはなかったんですよね。それが、とうとう見つけたんです。そして、ここ数年、しばらく浮気なしで、ずっと愛用しています。

それは、サンタ・マリア・ノヴェッラの「ロザ」。

200806韓国 184 

サンタ・マリア・ノヴェッラは気になるお店ではありましたが、ずっとご縁がなかったんですね。2度もフィレンツェへ行っているのに、そのときには知らなかったし。それが、数年前に、ようやく出会いがあって、「ロザ」を買って以来、私の香りとして定着しています。

サンタ・マリア・ノヴェッラの香りは、どれも長持ちしません。5時間もしたら、消えてしまいます。香り過ぎなくて、そこが、日本の気候にも合っているように思います。私の場合、朝、またはお出かけ前に、アトマイザーに移した「ロザ」をシュシュッと吹き付け、それでおしまい。数時間で消えてしまう、はかない香りなのに、付け忘れると、なぜか寂しく物足りない気がします。

「ロザ」のほかに、もう一つ持っています。お店の名前を冠し、元祖サンタ・マリア・ノヴェッラの香りである、「サンタ・マリア・ノヴェッラ」です。別名「アックア・デッラ・レッジーナ」(王妃の水)と言われるこちらは、メディチ家のカテリーナ・デ・メディチがフランス王家へ嫁ぐときに調合させて持参したものだそうです。ベルガモットの香りが、気分をアップさせ、仕事の能率が上がる…というクチコミに惹かれて購入したんです。でも、私はやっぱり「ロザ」が好き♪「王妃の水」はユニセックスな香りなので、私からそのクチコミを聞いて同じく魅せられたダンナさんが私に代わって愛用中。(^-^) 自分で使うのには違和感を感じた香りですが、ダンナさんが使用しているのを嗅ぐのは好き。ちょうどよかったです。

サンタ・マリア・ノヴェッラは対面販売しかしていないので、入手するにはお店へ出向くしかありません。もうすぐ使い切っちゃうんですけどね~。次も、またこれを継続します。(お店の案内はコチラ

※正規のお店とは関係なくネット通販もあるみたいです。
スポンサーサイト
この記事のURL | お気に入りのもの | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。