スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
クァンジュヨへ行く
2008/05/30(Fri)
韓国に来て以来、帰国前までに絶対に行きたいと思っていた場所の一つに行ってきました!ソウルの南約50キロほどのところにある「クァンジュヨ」(広州窯)です。

おそらく、韓国で一番メジャーな陶磁器メーカーではないでしょうか?デパートの食器売り場に行けば、必ず見ることができますし、ガイドブックにも載っています。このクァンジュヨでは春と秋の年に2回(?)セールをするそうで、できればそのタイミングで訪れてみたいな~と、希望していたのです。

ですが、なかなか現地に行くチャンスがないまま、月日だけが流れていきました。そんな中、クァンジュヨのすぐ近くの利川(イチョン)で陶磁器祭りが催されており、今年は6月1日までだそうで、一緒にお料理を習っているメンバーと一緒に、陶磁器祭りを覗きがてら、クァンジュヨへ行ってみることになりました。

今回、高速バスを使わず、長距離バスで行くことにしました。ソウルからバスで約1時間半、詳しい路線もよく分からないままにバスの番号だけを頼りに出発しました!ま、なんとかなるでしょう~!一応、念のためにバスの運転手さんに、クアンジュヨという窯元のお店に行きたいので、着いたら教えて欲しいと、予めお願いすることにしました。ところが、運転手さんはクァンジュヨが分からず…。「陶磁器祭りをやっているので、その近くです」と伝えたのですが、実際に行ったことがないので、クァンジュヨがどの辺りか、私も分からず…。ま、なんとかなるでしょう!

そして、走ること1時間半、運転手さんに「着きましたよ!」と教えられ、降りたところは「陶磁器博物館」。確かに、お祭りの横断幕も出ているし、もうバスを降りちゃったので、一応覗いてみることにしました。そこを歩いていたアジュンマに尋ねたところ、残念ながら、ここは違いました。(>_<)

気を取り直して、ローカルバスに乗り換え、再びクァンジュヨ目指して移動!私達の中で、唯一クァンジュヨへ行ったことのある人が、「あ、この辺り!あ、あれだ~!」と、発見してくれたので、一つ先のバス停で下車し、目的地へたどり着くことができました。

200805韓国 970 
(はっきり言って、かなりの田舎にあります!お店というより、倉庫?)

クァンジュヨは、今年の春はセールをしていないと聞いていましたが、行ってみると、なんとセール中でした。しかも、表示では5月25日までとなっていましたが、セール期間が1週間長くなったそうです。わ~、ぎりぎりラッキー☆さっそく、店内で散り散りになる私達。

クァンジュヨといったら、この模様。これがまた、お高い!いくらセールでも20%とか30%オフ程度で値引率が低く、とても手が出ませ~ん。

200805韓国 958 200805韓国 957 
(目の保養=目の毒!?)

山と積まれたお買い得な器の中から、お財布と相談して、購入するものを選び出します。

200805韓国 965 200805韓国 953 200805韓国 969 
(購入した器については、また後日アップします。)

さて、ここで2時間半も(!)かけて全員のお買い物が済んだ後、昼食を取るためにイチョン(利川)へ移動しました。イチョンは米の産地として有名なところです。ここでは、ぜひとも「ご飯の定食」を食べなくちゃ!

200805韓国 982 200805韓国 984 
(一人10000W(約1000円)でこのパンチャン(おかず)の量!すごいボリュームに、お腹一杯です)

最後に、陶芸村へ足を伸ばすことにしましたが、行ってみると、がら~んとしているというか、さびれているというか…。お祭り期間中の筈なんだけどな~?道の両側に数件の陶磁器のお店が並んでいましたが、もう購買意欲を失っている私たちは、早々に陶芸村を後にしました。

200805韓国 988 200805韓国 987 200805韓国 991 200805韓国 989 200805韓国 990 

帰りの道中ですが、なかなかローカルバスが来なくて、タクシーも通らないし、そこが田舎であることを痛感。(>_<) ですが、大きいバス停で、ローカルバスから2台先を走っていた長距離バスに乗り換えるときに、「待って~!行かないで~!」と猛ダッシュした私達を見て、一旦は発車した長距離バスの運転手さんが親切に、私達が乗り込むのを待っていてくれました。そして、それはローカルバスの運転手さんがクラクションを鳴らして、私達が猛ダッシュしていることを、長距離バスの運転手さんに伝えてくれたおかげでもあります。やっぱり、田舎であることを痛感。(^-^) 長距離バスに乗り込んだと同時に雨が降り出し、私達、かなりラッキーでした☆両方の運転手さんのおかげです、ありがとう~!

念願のクァンジュヨに一日かけて出かけてきましたが、田舎の風景を見ることもできたし、美味しいご飯を食べることもできたし、なかなか楽しかったです。それに何より、またステキな器を買うことができました♪

(おまけ)
今回、見つけた田舎の風景。

200805韓国 938 200805韓国 932 
最初に間違って降りた「陶磁器博物館」のキャラクターと、その近所の菜の花畑。

200805韓国 934 
道路わきに歩道がなく危ないので、畑の中の田舎道を歩いていたときに見つけた小屋。小さな犬小屋もあります。

200805韓国 940 
クァンジュヨと目と鼻の先には、この「ミニ・シューポー」が。味わい深い…。
スポンサーサイト
この記事のURL | おでかけ(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。