スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
まさか!のどんでん返し
2008/02/24(Sun)
「韓国に戻ってきて、二番目にびっくりしたニュースは、南大門の焼失。」…と、日記に書きました。思わせぶりですみません。「一番目にびっくりしたことっちゅうのは、なんやねん?」という疑問をお持ちの方がいらっしゃるかどうかは分かりませんが、とにかく、書きます。

実は、韓国駐在が延期になりました!

一時帰国前は、確かに4月帰任が決まったと聞いたのです。ダメ押しで、2月初旬に日本から韓国に出張に来ていたダンナさんの上司から、引導を渡されたとも…。しかし、旧正月の休暇が明け、一時帰国した日本から韓国に戻ってみると、なんと!「やっぱり帰国延期」という、どんでん返しが用意されていたのでした~!

いいんです。駐在員は、会社のために働く人間ですから、ときにはこんなこともあるでしょう。しかし、もうちょっと早目に決まってほしかった!せっかく日本に帰っていたのに、帰国が間近だと思って、食料品も日用品も、ろくに調達せずに韓国に戻ってきてしまったじゃないですか~!これは重大なことですよ~!

とはいえ、物質的にだけでなく、やっぱり精神的にもちょっぴりこたえました。本当は、韓国には今年の6月までは居る予定だったんです。それが急に3月末に帰国と言われ、言われたときにはちょっとショックでした。すっかり韓国での生活になじみ、ここでの暮らしが気に入っていましたので。しかも、韓国生活は6月までという頭があったので、それまでのスケジュールで動いていたのを、急に切り詰めなければならなくなったのですから。「こうなったら思い残すことがあってはならぬ!」と、この2~3ヶ月の間、お買い物やらなんやら、精力的にこなしてきました。焦って大作の刺繍に取り組んだりもしました。「もうちょっと韓国にいたかったのに…」という後ろ向きな思いを、「帰国したら、あれもしよう、これもしよう」と、前向きに切り替えてきて、いよいよカウントダウン体制に入ったところだったので、これをまた韓国滞在に切り替えるのに骨が折れます。二転三転に気持ちが付いていかない…。

とはいえ(2回目)、最初にも書きましたが、これが駐在生活。こんなどんでん返し、よくある話です。まったく、人生設計も立てられたもんじゃありません。マンションの資料とかも取り寄せていたのになー。無駄になっちゃうじゃんよー。ぶーぶー。こちらでの生活が長くなるんだったら、補充したい物もたくさんあったのにさー。ぶーぶー。不満は尽きません。

こういう次第ですので、まだしばらく韓国にいることになりました。いつまでいるのか?という疑問には答えが出ないようです。とりあえずは、今年の10月までには帰国するみたいですけど、いつ帰国になるのかは、はっきりとは分からないですね。「○月に帰国!」と思っていても、今回みたいにまたどんでん返しがあるかもしれないし。しばらくは、波間の小舟のような頼りない心境です。

こんな「どこでもドア」が何個も続いているような駐在生活、あなたもしてみたいですか~?

200802日本 443 
私の心も曇天の雪景色よ!なんちゃって。
こうなったら、残りの韓国生活を今まで以上に満喫しちゃうぞー!
スポンサーサイト
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。