スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
京都プチ旅行 ~その2~
2008/02/19(Tue)
さて、二日目の旅行の内容です。
この日は、雑誌で「いい気が流れているパワースポット」として紹介されていた神社仏閣を中心に巡り、尚且つ買い物と美味しいものももちろん忘れていない、盛りだくさんな一日になりました。(^^)

一日目の記事を読んで、お疲れでなければお付き合いください。

200802日本 042
<2月7日(木)>
六角堂
 ↓
御霊神社
 ↓
出町ふたば
 ↓
一旦ホテルに戻り、チェックアウト
 ↓
東寺
 ↓
三十三間堂
 ↓
市比賣神社
 ↓
開化堂
 ↓
和風肉料理 藤むら
 ↓
ホテルの荷物をピックアップ
 ↓
京都駅へ

朝起きて、ダンナさんの体調も昨日より良くなっていたので、今日も元気に街に出かけていきました。前日に買っておいたコンビニのおにぎりで朝食。それでも、韓国から日本に戻ってきている私達には「お、おいしい~♪」と、満足の朝食。日本のコンビニの品揃えは、いつも魅力的です。季節限定品とかご当地物もあるしね。

朝食後、まず向かったのは、ホテルとは目と鼻の先にある「六角堂」です。ここは、「京都のおへそ」と言われ、京都のど真ん中なんだそうです。また、華道の池坊の発祥の地でもあるそうです。お参りした後、こちらの名物「鳩みくじ」を買いました。

200802日本 074 200802日本 070 

さて、地下鉄で北上し、雑誌で紹介されていたパワースポット第1弾「御霊神社」へ行きました。境内には、私達の他、誰もいませんでした。すごくし~んとしていて、気持ちいい澄んだ空気が流れていました。

200802日本 076 200802日本 078 

さて、気持ちのいいお参りをした後は、食欲よ再び!お餅屋さん「出町ふたば」へ豆餅を買いに行きました。ここのお餅は、いろんなものに紹介されていて、本当に有名なんでしょうね。私は今回、初めて知りましたが、すごい行列するお店なんだそうですね。ネットで評判をチェックしたところ、「とにかくあの柔らかさは当日しか味わえない。どんどん柔らかさが失われていくので、買ったらすぐに食べるのがいい」とのこと。しかも、夕方行くと、売り切れているので、午前中に行くのが行列も短いし、品揃えもいいとのことでした。それで、午前中にしっかり組み入れてみました。これが、大正解!一日目の「一澤信三郎帆布」もそうですが、行列のできる有名店は、午前中に行くのが正解のようですね。

行ったら、思ったとおり、行列はしていなくて、2~3人待ちですぐに買えました。一つずつ、すぐに食べるためのお餅と、妹宅へのお土産用に包んでもらいました。買ったところで、テレビ取材の人につかまってしまいました。京都のローカルテレビ局の取材でした。「和菓子ってどう思います?」みたいな、抽象的な質問をされて困ってしまいましたが、「韓国から日本に戻ってきているところなので…」言ったらインタビュアーの目がきらり~ん☆と光って「ご主人様、今のところから、もう一度撮らせてください。はい!どうぞ!」と、とたんにやる気満々になっていました。だけど、韓国からわざわざお餅を買いに来たわけじゃないからね~。

はい、ここで一旦ホテルに戻り、お部屋にあった「一保堂」の煎茶を煎れて、買ってきた豆餅を早速いただきました!美味しい!豆がごろごろ入っています!甘さ控えめで、豆の味もしっかり出ていて、たまらない~。ぺろっと食べちゃいました。

200802日本 113 
これはお土産にした豆餅。夜になっても、カチコチにはなってなかったです。普通に美味しくいただけました。

さて、このタイミングでチェックアウト。買い物ですっかり膨れた荷物はホテルに預け、身軽に観光に繰り出しました。

まずは腹ごしらえ!…って、さっきお餅をたべたばかりなのに、もう昼食です。(^^;並ぶ時間になる前に、さくっとお寿司を食べました。それから、バスに乗って本日のパワースポット第2弾「東寺」へ向かいました。ここも、久しぶりだな~。

200802日本 082 

ちょうど五重塔の内部が特別拝観できるようでした。こんなチャンスは滅多にないので、案内の方の説明を聞いた後、いろいろ質問して教えてもらいました。内部は撮影禁止だったので、写真はありませんが、鮮やかな模様と、如来像、そして五重塔のご本尊にあたる真柱が印象的でした。

東寺から、さらにバスに乗って移動し、今度は「三十三間堂」へ。こちらも、大学生のときに訪れて以来です。ずらーっと並んだ千手観音像は圧巻です!ずいぶん埃にまみれ、蜘蛛の巣も絡んでいたのが気になりました。これだけの木像だから修繕に莫大な費用がかかるそうですね。ダンナさんが募金をしていました。

ちょっとここで、三十三間堂のすぐ近くにあるお店でお買い物をしました。(お買い物については、後日まとめてレポートします。)

ここからちょっと歩き、本日のパワースポット第3弾「市比賣神社」へ!ここは女人厄除けで知られる神社です。行くのは初めてでしたが、こじんまりとしたかわいい神社でした。ダンナさんは「女の神様のいるところに男連れで行くと嫉妬されるぞ~」と言って、お参りはせず、神社の入り口にあるベンチで待っていました。ベンチのまわりには寒さ避けにビニールシートで囲いがされていましたが、もしかしたら、うちのダンナさんのようにお参りを遠慮した男性のための待合所なのかな???

今日はたくさんのパワースポットを巡りました。そろそろ、物欲と食欲が開花する頃ですね…。この市比賣神社のすぐ近くにある「開化堂」という茶筒の専門店で、ステキな真鍮の茶筒を購入しました。

さてさて、ここで「五条の橋が渡りたい!」というダンナさんに付き合って、五条大橋へ行きました。橋の上で地図を広げ、次の目的地までどうやって行くか検討していたら、通りがかりの女性に「大丈夫ですか?何かお手伝いしましょうか?」と、なぜか英語で(!)聞かれました。外国人旅行者カップルに見えましたか…?旧正月だしね…。「はい、大丈夫です。ありがとう」と英語で答えておきました。(^^;

夕方、そろそろ薄暗くなる時間です。四条まで歩き、四条からバスに乗って夕食のお店へ向かいました。本日の夕食は、「和風肉料理 藤むら」で~す!ここのお肉、食べてみたかったんです~!本当は、ダンナさんの体調を考えて、早目に神戸に戻ったほうがいいかな…とも思っていたんですが、ここのお肉食べたさに、夜まで京都にいました!(水曜日は定休日なので…。)ダンナさんの体調が良くなって、本当によかった!

200802日本 109 200802日本 095 

小さなお店なのに、予約もできなかったから、開店時間に合わせてお店に行きました。まだお店にはお客さんは誰もいなくて、「7時半に予約のお客さんが来るまでだったら…」と時間制限はありましたが、十分余裕のある時間だったので、安心しました。

200802日本 103 200802日本 104 
これがお目当ての「焼きしゃぶしゃぶ」です!それに「上タン塩」!

200802日本 106 
「焼きしゃぶ」はさっと軽くあぶって、おろしポン酢でいただきます。絶品~!あまりの美味しさに箸が止まらず、追加しちゃいました!こんな美味しいお肉を食べるの、久しぶりだ~。韓国では安くてボリュームのあるお肉はあっても、こんな上品な極上肉にはお目にかかれません。それと、私達夫婦の大好きなタン、韓国では一般には食べられていないんですよね~。ここの「上タン塩」は生でも食べられるほどの鮮度だそうで、しかも一番客だったから、一番いい部位を使ってくれたそうで、私の舌がとろけちゃうほど美味しかったです。

200802日本 100 200802日本 101 
生肉も大好きなダンナさんは「レバ刺し」と「ユッケ」をすかさず注文。

200802日本 108 
締めはピビンパッです。ここは韓国???ではありません。京都です。
「和風肉料理」と銘打っていながら、韓国風のメニューも多かったですね。

あ~、お腹一杯になりました~♪

最後にホテルに寄って荷物をピックアップし、京都駅へ向かいました。時刻は7過ぎ。当然満員を覚悟していましたが、平日だというのに電車に乗ったら座ることができ、軽く感動しました。東京じゃあり得ない~!

今回の京都プチ旅行は観る・味わう・買うと三拍子揃って充実していました。楽しい旅行になりました!(^^)
スポンサーサイト
この記事のURL | おでかけ(日本) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。