スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
大忘年会なのだー
2007/12/13(Thu)
SJC(ソウル日本人会)の大忘年会というものに参加しました。参加人数は200人以上。毎年ホテルのボールルームにて盛大に行われます。でも、ディナーで子供の同伴ができないということで、女性の参加が極端に少ないんです。私は子供がいないので、参加するのに何も制約はないのですが、女性が少なくて男性中心というのがひっかかって、参加しようかどうしようか悩んでいたんですが、日本人会の忘年会というのがどんなものなのか、話のタネに、ひとつダンナさんと一緒に行ってみることにしました。

参加者の会費は男性7万W(約8400円)、女性6万W(約7200円)と、立派なお値段です。でも、ソウルでも指折りの新羅ホテルの洋食コースメニューだから、これは妥当なお値段でしょう。そして、日本人会だけあって、いろんな企業の協賛を得て、参加者全員が福引をして、景品がいただけます。参加者200名以上だというのに、私とダンナさんはなぜか、福引で続き番号を引いてしまい、同じ景品をいただいて帰りました。カップスープのセット。二人で合計12箱!この冬は、毎朝カップスープをいただきます。

全員が何かしらいただける福引の他に、豪華景品の当たる福引も用意されていて、数名の幸運な方たちが「金浦ー羽田往復航空券」「デジカメ」などをゲットしていました。

日本人会のコーラス部の面々による合唱も披露され、華やかな雰囲気。
200712韓国 147

テーブルはというと、見ず知らずの人と知り合ういいチャンスでしたが、本当にほとんどが単身赴任のオジサマ方だったので、会話は仕事がらみのお話が多かったですね。日本人はこういう社交の場での振る舞いが苦手な人が多く、日本人同士の集まりin韓国ゆえ、「お酌」とかも始まってしまいました~。とほほ。私はこういう洋食パーティーでは絶対にお酌はしませんが、日本人のオジサマから見たら、「若い女がお酌しろ!」って思うんでしょうかね~。ワインを注いでテーブルを回るのもね~。あ~、難しい。私達日本人の行動は、文明開化の直後に洋装・散切り頭になった頃と、基本的には変わっていないのであります。この忘年会は、全体的に「ほほう、こういうものか」といういい経験になりました。

そうそう、かつて一緒に韓国語を勉強していたクラスメートのオジサマともばったり再会しました~。久しぶりにお話できて、楽しかったです。
スポンサーサイト
この記事のURL | おでかけ(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。