スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
一時帰国前の努力
2007/11/24(Sat)
もうすぐダンナさんが日本出張。今回、私もくっ付いて一時帰国することにしました。急にそういうことになったので、ともかく航空券だけは押さえないと!と、ネットで検索して、ソウル市内に支店がいくつもある大きな旅行代理店で買うのが安くて良さそうだと思い、先日その代理店に電話してみました。この代理店は日本旅行をたくさん取り扱っているので、日本語の話せる人もいるかもしれないし。この時点では、日本語が通じなくても、まあ英語が通じるだろうから、何とかなるだとうと思っていたのですが…。

韓国語しか通じませんでした!

心の片隅に、予想はしていましたが、まさか本当にまるっきり英語が通じないとは…。電話口のお姉さんには、英語を聞こうという努力すら感じられません。こうなったら、私が韓国語で最大限の努力をするしかないやんか~!

イヤでも何でも、こうやって人は鍛えられていく…。何とか予約ができました。さて、チケットの受け取りと支払いの方法ですが、これがお姉さんの説明が全然理解できない!韓国語初級者なんだから、もっと分かりやすい簡単な言葉で説明してよ~と思いつつも、支払いは銀行のATMか何かでカードで支払うことができるということが聞き取れ、安心。あとはメールで確認とのことで、メールアドレスをお伝えして電話を切る。

が!10分後にと言っていたメールが、いつまでたっても届く気配がない。外出しなければならない時間が迫っていたので、このときは一旦諦めて外出。こんなときに限って夕方までびっちり用事が入っている。ゴルフのレッスン中に、代理店から電話が掛かってきた。メールを送ったから確認しろと言う。6時以降に帰宅した後チェックするということで、電話を切る。帰宅後、メールをチェックするが代理店からは何も届いていない。こちらから代理店に電話を掛け、その旨を伝えると、何と!あちらでメールアドレスを間違って送信していた。頼むよ、まったく…。

その後、今度はEチケットの発行段階でトラブル発生~。私は結婚後も、氏名変更手続きをして、旧姓の時からパスポートを継続して使い続けている。従って、写真のページには旧姓の名前とサインが記載され、変更後の名前等は別途記載されているのである。そのため、代理店には名前の記載に関する両方のページのコピーををファックスで送った。しかし、あちらでは混乱したのだろう。なんせ、韓国は結婚後も女性の姓が変わらないお国。どちらの名前を使ってEチケットを作成すればいいのか悩んだらしく、3通りの記載で3通のお伺いメールが届いた。迷走している…。しかし、私は運悪くその日は朝から晩まで外出中でメールのチェックができなかった。仕方ないと思ったのか、最終的には旧姓でEチケットが送付されてきた。惜しいな~。あとちょっとだったのに~。私の韓国語能力もこれが限界~。この説明をする気力ももうない!ここまで自力で頑張ってきましたが、名前の記載に関しての説明と訂正依頼を、韓国人に頼んでしまいました~。

↑途中から文が実況中継風になってしまった…。

みんな、プライベートで帰国するときには、どうやって航空券を買っているんだろうと疑問に思い、友人知人に尋ねたところ、みんな口を揃えて「主人の会社の人にやってもらってる」とのことでした。そうだったのね…。

私は、何とか自力で頑張りたかったのですが、今度は日本語かせめて英語の通じる代理店で申し込むことにしますわ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。