スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
両親来韓②
2007/10/20(Sat)
朝からソウル観光の定番、キョンボックン(景福宮)へ出かけました。こちらは、朝鮮王朝時代に王宮として使われていた場所です。秀吉の朝鮮出兵や南北分断の朝鮮戦争などによってずいぶん破壊されてしまったようで、今もあちこちで修復工事が続いています。

20071106162219.jpg 20071106162234.jpg 

以下、二日目の観光。
興味のある方だけお付き合いください。
キョンボックンは無料のガイドツアーがあり、日本語のガイドさんもいるので、それに参加しました。今日のガイドさんは勉強熱心な男性で、分かりやすく説明してくれました。ガイドツアーでは約1時間かけて主な見所を見て回りますが、それでも全部を見られるわけではないので、あとで自分達で再度じっくり見にいくことをお勧めします。

キョンボックンはとにかく広いので、見物して写真を撮って博物館にも入って…となると、3時間ぐらいはあっという間です。団体旅行だと1時間ぐらいで終了でしょうが、個人旅行なら自分で自由に時間が使えるので、いいですね。

昼食は、もちろんサムゲタンを食べに「土俗村」へ。サムゲタンもソウル旅行の定番メニューですが、どうせ食べるなら、絶対に土俗村をお勧めします。夏はサムゲタンの季節なので、炎天下お店の前に行列しなければなりませんが、この季節ならそんなに待たずに食べられます。

午後は、インサドン(仁寺洞)まで移動し、韓国の手工芸品を見たり、買い物をしたりして過ごしました。

20071106162427.jpg 20071106162447.jpg 20071106162504.jpg 
花嫁行列にばったり遭遇!秋のソウルはイベント盛りだくさんです。

20071106162524.jpg 20071106162540.jpg 20071106162557.jpg 
こちらはお菓子の「おこし」を作っているところ。アジュンマとアジョッシ、いつも韓服を着ておこしの実演販売をしています。もはやインサドン名物のお二人!

インサドンからはチョンゲチョンノ(清渓川路)を通って、市庁前まで歩きました。
20071106163035.jpg 20071106163051.jpg 
チョンゲチョンノでも様々なパフォーマンスが見られました。

今日はチョンゲチョンノから市庁前広場にかけて「日韓交流おまつり2007」が行われるのです!日本と韓国の様々な郷土芸能が披露され、「よさこいアリラン」を踊ったり、いろいろイベントがあるというので、見に来たのです。でも、この日はとっても寒くて、最低気温はたったの3度!おまけに風も強い!椅子に座ってじっとしているのがつらかったです!そんなこの秋一番の寒さの中、夏祭りの浴衣姿や法被姿の人たちが本当に寒そうで、気の毒でした…。

20071106163111.jpg 20071106163126.jpg 20071106163142.jpg 
日本各地の郷土芸能が見られました。盆踊り好きの母もハッスルしていました。

この日は一日中歩き回って疲れましたが、最後にもうひと頑張りしてミョンドン(明洞)まで歩いてもらい、お店を見物してまわりました。父は露店でキャップを購入。ソウル旅行中、ずっとそのキャップを被っていました。

晩御飯はミョンドンの「シゴルバッサン」にて田舎料理の数々を堪能。これなら、辛いものが食べたい父と、辛いものがダメな母の両方の希望が叶います。小皿が4人用のテーブル狭しとずらーっと並べられるのも、見ていて豪快で楽しかったようです。
20071106163727.jpg


ゆっくりペースで…とのリクエストを出していた両親ですが、この日はむちゃくちゃ歩き回らせてしまいました!内容も盛りだくさんでした。疲れたので、お風呂で温まった後、全員すぐにぐっすり。もちろん、ミョンドンで買った紅参(赤い高麗人参)のシートマスクをして、お肌のお手入れをしてから寝ましたよ。
スポンサーサイト
この記事のURL | おでかけ(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。