スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
両親来韓①
2007/10/19(Fri)
ソウルは黄葉の季節到来!あちこちでイチョウの葉が黄色く色づいています!そんな秋の2週間、remiは怒涛の日々を過ごしていました。あまりに忙しく、ブログ記事をアップする暇がありませんでしたが、ようやく落ち着いたところなので、これから日にちを遡りつつ、出来事を記していきたいと思います。

まず、19日~24日の日程でremi両親が来韓しました。remi父は釜山には数回行ったことがあるようですが、ソウル観光は初めてです。そしてremi母は、韓国はまったくの初めて。そもそも、remiの唐辛子が苦手な遺伝子は母から受け継いだもの、というぐらい、母は唐辛子が苦手!というか、本当に食べられない!私も韓国に来た当初は体が唐辛子を受け付けず、食べ物に苦労しましたが、生活する中で徐々に慣れ、今ではキムチを一人で300グラム一気に食べたりもします。でも、母は、私に輪をかけて唐辛子がダメな人。さあ、韓国旅行、けっこう長めの日程で、どうなることやら~。

以下、一日目の観光。
興味のある方だけ、お付き合いください。

実は、この日はremiの韓国語の最後の授業の日でした。火曜日に既に先生を囲んでのお別れお食事会は開催しましたが、本当にこれで授業は最後。ですが!あんまり長居もできず、軽く昼食を取って、すぐに自宅に戻り、お掃除を完成させ、空港へGO!夕方着の飛行機で両親はやって来ました~。

自宅に到着した頃にはあたりはすっかり暗くなっていました。家に入って、まず両親は部屋からの眺めに驚いていました。田舎の一軒家暮らしなので、高層マンションからの夜景にびっくり。そうなんです。我が家のリビングの窓は、南側の壁一面がガラスなので、開放感バッチリ。というか、天井から足元までずずいーっとガラスなので、窓に近づくと、足がすくんじゃうみたい。初めて来たお客さんは窓辺で足元を見てびびる人が多いです。

初日の晩御飯、ダンナさんは仕事の調整が付かないということで、合流を断念。お食事は私達3人だけで食べに行きました。「何が食べたい?」と尋ねると、当然のことながら「焼肉!」と。ふふふ。我がアパートの裏はソウルでも有名な焼肉通りなのよ~。歩いて3分で焼肉屋さんに入りました。韓国では当たり前のパンチャン(おかず)の数々に、両親びっくり。全部サービスで、お代わりもできると知って、なおびっくり。日本じゃ小皿に入ったキムチやサンチュだってきっちり有料ですからね~。そして、おかずのキムチにチャレンジする母。無理は禁物よ~。

まあ、初日は移動の疲れもあるだろうし、晩御飯を食べに出かけただけで終了。
スポンサーサイト
この記事のURL | おでかけ(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。