スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
秋夕の一日
2007/09/25(Tue)
今日はチュソッ(秋夕)当日です。世間一般の韓国人は、里帰りをして、親戚一同が打ち揃い、先祖への感謝の儀式を執り行っていることでしょう。

私とダンナさんは、秋夕でもやっている観光スポットに出掛けてみることにしました。ソウル市内の観光スポットは、古宮や博物館の類は営業しています。特に、伝統的な観光スポットでは、秋夕ならではの催し物も多いので、お目当てがある場合は、逆に外せません。

私達のお目当ては、「韓国伝統演芸」を見物すること!まだ見たことのない「綱渡り」をやる「南山コル韓屋マウル」へ出掛けました。我が家からバスで1本で行けるので、手軽なお出かけスポットです。

他に行くところがないからですね~。ソウルに残っている韓国人が大集合!すごい人出でした。
20070927155502.jpg 

今日はなかなかの暑さで、韓服を着ている人は少なめでしたが、家族全員でおめかししたこんなファミリーも!ステキですね。
20070927155515.jpg 

さて、韓屋マウルでは、様々な催しがありました。伝統家屋にチャレサンという、お供え物を並べた卓をしつらえ、チャレについて語るご老人。ひたすら「父母に感謝、祖先に感謝…云々」と言っているようでしたが、韓国語がまだ不十分なので、細かいことまで分からず。
20070927155542.jpg

秋夕には欠かせないお餅の実演販売もありました。アジュンマ達も韓服を着れば、ステキじゃありませんか~♪
20070927155555.jpg 

農楽という農民が収穫を祝う音楽と踊りや、伝統的な打楽器による演奏などを見物した後、いよいよ本日のメインイベント!綱渡りです~。

韓国の伝統演芸に綱渡りがあるとは知りませんでしたが、なんだかとても面白そうです。ステージ前は、今日一番の人出!韓国人も大好きなんですね。ステージ上には楽器を演奏する人たちが座り、ステージ前には綱渡りの綱が設置されていました。綱ですよ。綱引きにでも使うような、太いロープ。それ1本。下にはネットも何もありません。ただ、木の棒を2本交差させた柱を2箇所に設置し、そこに綱を渡しただけです。安全のために、ロープの端は、ジャッキで固定されていましたけど。

いよいよ、「サムルノリ」という伝統的な楽器の演奏に合わせ、綱渡りが始まりました。手に扇を持った男性が、するすると綱を歩いて登っていきます。え?どういうこと?自分の目が信じられない。あっという間の出来事でした。ジャッキの方から斜めに延びているロープを伝って登っていったのです。う~ん、これはすごい!

後は、ただただ面白く、目が釘付けでした!1本の綱の上を歩いて渡ったと思ったら、落ちる真似とかもして、はらはらしました。しかし、すごい技です。

この綱渡り師(というのか?)は扇のほかにマイクも持って、綱渡りの合間にMCも務めています。トークも面白いらしく、会場は大爆笑!あああ~、韓国語がもっと分かったらな~。

しかし、何よりすごかったのは、やっぱり綱渡り!歩いて渡るだけでなく、座った姿勢で渡ったり、高くジャンプしたり、綱の上であぐらをかいたり、寝転んだり。しつこいけど、ロープ1本ですよ!すごいな~。

ちょっと小さいのですが、技の一部を見てみてください。(クリックすると大きくなります。)
20070927155616.jpg 20070927155635.jpg 20070927155650.jpg 20070927155702.jpg 20070927155714.jpg

40分間の綱渡りが終わったときには、拍手喝采!本当に面白かったです。

スポンサーサイト
この記事のURL | おでかけ(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。