スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
命令形!?
2007/08/28(Tue)
海外にて、おかしな日本語を目にすることは、よくあることです。

ありがちなのは、単純な文字の間違い。

「つどん」→あ、点がない!惜しい!
「うーぬん」→「らーめん」ですね。
「オレソヅヅュース」→読みにくいっちゅうの。
「せりせりえん」→「せいせいえん(精製塩)」ですか。…等々

平仮名と片仮名がごちゃまぜで使われているのも、よく見ます。
「りバ」→「ソバ」
「アシウラまっさーじ」→なぜ逆に?

ソウル市内にある、とあるメガネ屋さんは、看板に日本語で「めが示」と書いてあります。「あ~、最後の一文字、平仮名ではなく片仮名の『ネ』になっちゃって、なおかつよく似た漢字で書いちゃったのね~。」と、理解できるのですが、このひねりが、また楽しや。

このような文字の間違いは、見ていてほほえましくさえあります。日本語メニューを見て、間違いを探すのも、楽しいものです。

文法の間違いも、よく目にします。文法の場合は、ちょっと微妙です。単純なミスもあれば、幾重にも間違いが絡み合った複雑な文にお目にかかることもあります。そんなとき、こんがらがった文法の間違いを解きほぐし、翻訳者(?)の意図を読み取り、元の意味を読み解いていくのは、パズルを解くみたいで、楽しかったりもします。でも、説明書などで、あまりにめちゃくちゃな日本語で書かれているものをみたりすると、意味不明なその説明書(の製作者)に驚かされたりもしますが。

ところで、今日、「ロティ・ボーイ」というお店にお茶をしに行きました。このお店は、甘くてふわふわしたメロンパンみたいなパンのお店。発祥はタイですが、今では世界各国にお店を展開しているようです。

20070828192633.jpg 

このパンの袋に、美味しい食べ方が書いてあったのですが、さすがに世界中で展開しているだけあって、タイ語、英語、中国語、韓国語、日本語など、いろいろな言語で書いてあります。
20070828192808.jpg 

よ~く見てみると、日本語がへん~!
20070828192829.jpg 
1.celcius 150度のにオーブンを熱しなさい
2.約5分の間ROTIBOYに置かれる
3.ROTIBOY楽しまれること準備ができているがある

いきなり「熱しなさい」って、命令形だ~!命令されちゃったよ~。その他の日本語もめちゃくちゃだし。こんな短い文中に、どんだけ間違いを詰め込んでるの!…10歩引いて、意図するところは分かる。が、私は思います。なんで商品化する前に、日本人にチェックしてもらわなかったんだ~!

日本にある外国語のメニューや看板や説明書、はてはTシャツやら文房具やら、私達が日常使っているありとあらゆるものにも、こんな恥ずかしい間違いがたくさんあるんでしょうね…。日本で発見した面白い間違いを、外国人のみなさんに教えてもらいたいです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。