スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
食べ物としてあるまじき色
2007/08/14(Tue)
友人一家が遊びに来ていて、3日間外食三昧でしたが、だからといって「そろそろ家で普通の和食が食べた~い」とはならない私達夫婦。むしろ、2週間も休みがあったのに韓国語の宿題も勉強も何もしていなくて、友人一家が帰国した後に焦って翌日の宿題をする私は、「できれば食事の準備したくな~い!」という状況だったので、昨日の夜も外食してしまいました。何度も言いますが、外食天国韓国、マンセイ~。

で、ダンナさんと一緒に近所の焼肉屋へ。いつもだったら庶民派のお店に行くのですが、今回は気分を変えて、豚から離れて、ちょっと高級な韓牛専門店へ行きました。このお店、お肉は確かに美味しい。しかし、おかず類がショボいのが残念。食後のネンミョン(冷麺)も付かない。どうしてもネンミョンが食べたかった私は、追加注文しました。ちぇっ。庶民派の焼肉屋さんだったら、ネンミョンはサービスなのに~!

20070818001650.jpg
しかし、このお店のネンミョンは緑茶麺を使っていて、味付けも上品。まあまあいける。

ところで、このお店で、食べ物としてあるまじき色のものが供されていました。単なるキャベツの千切りサラダなんですけど、そのドレッシングの色がぁぁぁぁぁぁ………!

20070818001637.jpg 
PURPLE。パープル。藤色。あり得ません!一体、何が入っているの?紫芋かい?ラベンダーかい?北海道の節操のないソフトクリームじゃないんだから、普通の食卓でこの色は見たくないわ。

このパープリンなドレッシング、味は極めて微妙…。一体何の味だか分からないほど、何の味もしませんでした。きもっ!
スポンサーサイト
この記事のURL | 食べること(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。