スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
別居生活に突入!
2006/06/19(Mon)
昨夜の日本対クロアチアの試合観戦で体中に力が入り、まだ疲れが取れてない気もする今日の私。天気は梅雨の晴れ間!朝からカラリと晴れてます。洗濯物を久しぶりに外に干してますよ~。でも、午後には雷雨とか???もう既にお空はゴロゴロいってます。

夫婦揃って台湾から日本に帰国して半年たちました。「そろそろ子供も真剣に欲しいね!うふ!」なんて話していたその矢先、ダンナさんは、またもや海外赴任で今度は韓国へ。こんなに早業で決まってしまうとは…。私は1年は固い!と思って仕事も再開したのにな~!会社って非情ですわ。ま、そういうわけで、ダンナさんは土曜日に引越しの荷物を出し、本日の飛行機で旅立って行きました~。(= =)/~~~

これから私の仕事が一段落する夏までは、日本と韓国での別居生活です!当初の予定では、私は長い夏休みを利用して2ヶ月間ぐらい韓国で過ごし、秋には日本に戻って仕事を再開するつもりでしたが、夫婦で話し合った結果(あんまり細かく話し合ってないけど~)、やっぱり私が夏で仕事を辞めて、韓国へ行くことにしました。といっても、今回のダンナさんの韓国駐在がどのくらいの期間になるか、全く見当がつきません。短ければ1年?長ければ???だから、私は日本を引き払うのではなく、日本と韓国を行ったり来たりすることになりそうです。

駐在員の妻、独身のときは「オイシイよな~。」と思っていましたが、今は、「小刻みな異動&移動に、体力、精神力ともに疲れる!」「人生設計が難しい!」が本音です。3年とか5年とか、ある程度の期間で赴任することが決まっていれば、精神衛生上落ち着くのですが(私の場合)、うちのダンナさんの仕事では、それは望めそうもないし。それに、赴任する国がどんな国だか、行ってみなければわからない!いくら旅行で気に入ったって、住むとなったら話は別です。第一印象がいい分、期待を裏切られたと感じてショックを受けることだってあるかもしれません。国との相性がよければ問題ないのですが、相性最悪だったりしたら、生活そのものが「拷問」、どんなにポジティブに考えたって「修行」でしょう!実は、私、まだ韓国へは一歩も足を踏み入れたことがありません。ドキドキ。唐辛子すんごく苦手だけど、大丈夫かな?

でも、プラスの面を見れば、海外で生活できるっていうことは、かなりの人生経験をさせてもらえる得難いチャンスです。私の場合、たいてい「住めば都」となるお気楽タイプなので、今回も、あまり心配していません。ただ、韓国となると、あのハングルが全く読めない!文法は日本語と似ているといったって、だいたい挨拶程度の言葉しか知らないし。というわけで、言葉の壁が心配な私は、4月からはNHKハングル講座で地味~に勉強を始めていました。でも、最近は録画ばっかりしていて(録画すると安心してしまう!いかん!)、勉強が追いついていないな…。ダンナさんもいなくなったことだし、別居中に韓国語の勉強でも頑張りますか!
スポンサーサイト
この記事のURL | 暮らしの中のこと(日本) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。