スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
不合格なのです
2007/06/18(Mon)
今日は覚書を。

こないだの土曜日、またまた肉が食らいたくなって、近所の焼肉屋さんに行きました。しつこいようですが、うちのアパートの裏には、焼肉屋さんがずらずら~っと軒を連ねています。焼肉なんて、夫婦二人でそうそう食べに行くものじゃないので、行く店はいつもだいたい決まってきていたのですが、せっかくだから、味比べしてみたいな~と思いつき、このところ、今まで行ったことのないお店を狙って食べるようにしています。土曜日も、今まで食べた記憶のないお店に入ってみました。

お肉とビールを注文して、普通のお店だったら、すぐにおかずの数々がテーブル狭しと並んで、次いでビールとグラスが出てくるものなんですが、このお店はビールが出たっきり、おかずが何にも出てきませんでした。おつまみなし~?韓国の、おかずでいっぱいの食卓になれた私達には、不満。ちびちびビールを飲んでいると、そのうち、お肉が出てきて、取り皿もタレもサンチュもないのに、肉を焼けというアジュンマ。お肉を焼き始めてから、ようやくおかずが出てきました。でも、おかずの種類も少ないし、味もあんまり美味しいと感じなかった私。お肉を食べれば、骨が多いし、テンジャンも微妙な薄味。「サービスも味もいまいち!このお店にはもう来ないな!」とダンナさんに宣言しました。

すると、ダンナさんが「remiが韓国に来たばっかりのころ、この店に来たことがあるよ。そのときも、同じこと言ってた。」と。…そうですか。人間の味覚は変わらないものなんですね。不合格はやっぱり不合格。それ以上でもそれ以下でもないんですね。そして、人間は忘れる生き物なんですね。そうですか、このお店で食べたことがありましたか。すっかり忘れて2度目の不合格を出した私だったんですね。

来年、この店に来たことを忘れてもう一度不合格を言い渡してしまわないように、ここ(ブログ)に記しておくことにしました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 食べること(日本) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。