スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
引越し模様
2007/06/13(Wed)
昨日、インターネットの回線の工事が終わり、航空便の荷物も届き、新しい部屋も、ようやく生活できる空間になってきました。

さて、今回の韓国での引越しは、同じアパートの隣の部屋に移動しただけだったので、ダンナさんと二人でアリンコのようにせっせと荷物を運んだだけで終了しましたが、普通の引越しはどのように行われているのでしょうか?

韓国は、日本のように地震がないので、町中、高層アパートが溢れています。日本で30階建てなんかだったりすると、「タワーマンション」と言われ、なんだか変にもてはやされているような気もするのですが、ここでは、30階建てなんて当たり前。40階建て以上のアパートもざらです。

そんなに高層のアパートで、引越しのときはどうするかというと、窓の大きなアパートだったら、はしご車で荷物を一気に上まで運び上げてしまうという方法を取ります。

20070614121407.jpg 
写真はちょっと分かりにくいですが、荷台の付いたはしご車のはしごが、上層階の窓まで伸びているのが分かりますか?

うちのアパートのリビング側は、ベランダがなく、はめ殺しの窓になっているので、はしご車で運ぶ方法が取れません。そんなアパートはどうするかというと、エレベーターで地道に運ぶのです。うちのアパートにはエレベーターが5基ありますが、そのうちの一つは、引越しなどの際には荷物運搬専用になります。運ぶ荷物やエレベーター内部に傷が入らないように、以前はダンボールなどを貼り付けていましたが、最近、こんな便利アイテムが登場し、(日本人)住民をびびらせています。

20070614122227.jpg 
誰が作ったのか、壁に吸盤フックを付けて、そこに吊り下げることのできる、布のカバー。引越しの荷物を運ぶときだけ取り付けて、後はすぐに取り外すことができるので、なかなか便利なアイテムです。

20070614122241.jpg 
んんん?しかし、この柄?どこかで見たことのある柄…。

20070614122329.jpg 
イタリアの有名ブランド「G●CCI」の柄じゃないですか。高級ブランドなのに、こんなものに変身しちゃって、いいのか~?

ニセモノの話はともかく、これほどの高層建築があちこちに林立している韓国。うそか本当か、100階建てのビルの建設予定もあるそうです。建築方法や耐震・免震構造について、私はよく知りませんが、たぶん韓国ではそんなの知ったこっちゃないという建て方なんでしょうね。本当に大地震は起きないんだろうか…。日本人的には、疑心暗鬼。でも、まあ、今まで大丈夫だったんだから、ここで心配しても始まらないですね。自分も27階に住んでいるし。腹を括るしかありません!
スポンサーサイト
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。