スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
急なお話で… その2
2007/04/24(Tue)
昨日の続き。

深夜帰宅したダンナさんから引越しの可能性の話を聞いて、ダークな気分になっていたら、早くもその次の日に、会社のNさんから連絡が入りました。早速不動産屋さんに相談してくれたそうで、なんと、私達の今住んでいる部屋の隣の部屋の人が、6月に引越しを考えていて、その部屋が空くかもしれないとのことでした。

今、私達が住んでいるアパートは、ダンナさんの会社にも近く、アパートの地下が地下鉄駅と直結していて、路線バスのバス停も目と鼻の先、さらに空港行きのバスのバス停だってめちゃくちゃ近くて、これ以上私達にとって望ましい物件はない!と、常日頃思っていたので、隣の部屋が空くなら、そんなラッキーなことはないです!隣の部屋が空くという連絡を受けた翌日にも、部屋を見せてもらえるとのことだったので、早速見に行ってきました。

いやいや、本当にお隣ですよ。私なんて、部屋で履いていた5本指のソックスにサンダルつっかけて出掛けちゃいました。だって、5秒で到着ですから。そんなことはどうでもいいのです。チェックしなければならないのは、部屋の中です。お隣さんは、我がブログで話題の(?)「キロギ・アッパ」でした。現在、家族はカナダに住んでいて、お父さんだけ賃貸アパートで一人暮らしでした。普段、家事は何にもしないし、部屋にはほとんどいないとかで、きれいでした。水周りをちゃんとチェックするように言われたので、浄水器の栓をひねってみると、うちよりもむしろ出がいいじゃないですか~!お隣だから、日当たりの良さもほとんど同じだし、上の階の人もうるさくないっていうし、ここ、いいじゃないですか~。

家具付じゃないのが大変だけど、このアパートはもともとビルトインで冷蔵庫と洗濯機が付いているから、必要なのはダイニングセットとベッドとこまごました家電かな。日本から引越しするときに、荷物の振り分けがちょっと大変になるかもしれないけど、日本から必要なものは会社の経費で送ってもらえるし、日本のアパートを引き払うことにしてて、ちょうどよかった。

お隣さんは6月初旬に出て行くとのこと。私達の部屋の契約は6月中旬まで。何もかもお膳立てされたかのように、ラッキーづくめ!隣だったら、引越しも簡単だし、何より、このアパートを離れなくて済む~!ここがいい!ここにさせて!頼みます~~~!

更にこの翌日、無事に会社の承認も下り、私達は6月中旬にはお隣に引っ越すことが決定しました。とまあ、こんなふうに、嘘のようですが、大変都合よく、条件にぴったりの物件がいともたやすく見つかってしまいました。ソウルで家を探すのがどんなに大変か、去年ダンナさんは実際になかなか条件通りの物件が見つからず、Nさんに苦労して探してもらって、結局ぎりぎりに空いた今の部屋を速攻で決めたクチなので、この幸運さかげんが、信じられないです。本当に、ソウルで家を探すのは、並み大抵じゃないんですからね!普通、こんなに簡単に見つかったりしないんですからね!みなさん、信じてくださいね。

私達がこんなにラッキーだったのは、Nさんの言葉通り、ダンナさんの日頃の行いがよかったからでしょうかね?私は「私が幸運を運んでくるアゲマンだ!」と勝手に思っているのですが。
スポンサーサイト
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。