スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
韓国の温泉センター?
2007/03/22(Thu)
韓国には「ハンジュンマク(汗蒸幕)」という独特の蒸し風呂があるのをご存知でしょうか?ソウル旅行をしたことのある女性で美容に興味のある人だったら、知っているかも。よく旅行番組などでも紹介されています。麻袋のようなボロッとした布を頭から被って、洞窟みたいな薄暗い穴の中に入る映像や写真を見たことがありませんか?あれは、中がサウナになっているのです。今まで行ったことがなかったのですが、お誘いを受けて、行ってきました~。

昨日私達が出掛けて行ったのは、ソウルの友達の間で最近話題の、ヨンサン(竜山)にある「ドラゴン・スパ」というお店です。最近リニューアルしたばかりで、とっても広くてきれいだし、お風呂もサウナもいろんな種類があるよ~と聞いていたので、期待大!

よくガイドブックに載っている観光旅行者用のスパは、基本料金が1万円近くして、目玉が飛び出るようなそのお値段に、とてもじゃないけどソウル在住者は行けないな~と思っていたのですが、昨日私達が行ったスパは、入場料が8000W(約1000円)で、垢すりや蓬蒸しなどのオプションは別料金となっていますが、この基本料金だけで、各種サウナに入り放題なのです。一般の韓国人が行くところは、こんなにお安い。旅行者はお金をむしり取られているな~。ちなみに、この料金でタオルと館内着も貸してくれます。更に便利なのは、手首にはめるロッカーの鍵にICチップが入っていて、館内で飲食したりマッサージなどのオプションを付けたりしても、料金を帰りに出口で一括精算できることです。

で、お風呂ですが、確かに広い!洗い場もたくさんあって、ゆったりとしているし、お風呂も「薬湯」「塩湯」などあり、楽しめました。そして、浴場に併設されているサウナも、普通のサウナとスチームサウナがありました。日本にある温泉センターと同じ感覚で入れます。(もちろん温泉じゃありませんけど。)面白かったのは、お風呂のお湯を吐き出すライオンならぬテリアの像。頭にリボンをつけたかわいいテリアの像の小さな口から、ゴーッと豪快にお湯が噴き出していました。浴槽ごとに小さなテリアの口からお湯がゴーゴーと出ている様は、ギャグでした。

お風呂でさっぱりした後は、館内着(Tシャツと短パン)に着替え、いよいよハンジュンマクへ。韓国の伝統的な「松の木汗蒸幕」の他にも、「炭汗蒸幕」や「岩塩サウナ」「岩盤サウナ」など、趣向を凝らしたサウナがいろいろありました。サウナのある階の中央は、床暖房が入った大広間になっていて、みなさん思い思いに寝転がったり、テレビを見たり、マッサージチェアでマッサージをしたりと、自由に過ごしていました。浴場以外は男女共用なので、家族連れやカップルもけっこう見かけました。ま、圧倒的に多いのはアジュンマ同士のグループですが。

館内にはちょっとした食堂や売店もあり、子供が遊ぶ施設もあり、よく見ると、屋外には温水プールまで。(プールではもちろん水着着用です。)充実した施設だな~。これで8000Wは安いのではないでしょうか。

ただ、体質的にサウナの苦手な私は、調子に乗って全部試したおかげで、後半頭痛がし始め、帰宅後熱を出してしまいました。とほほ~。今度はゆっくりペースで過ごそうと反省しています。


スポンサーサイト
この記事のURL | おでかけ(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。