スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
カンジャンケジャン
2007/03/18(Sun)
土曜日、博物館を出た後、2つ目のメインイベント~!「カンジャンケジャン」を食べに行きました!「カンジャンケジャン」というのは、にんにくを効かせた醤油の中にカニを漬け込んだものです。私は韓国でまだ一度も食べたことがなかったので、すんごく楽しみにしていました。

地下鉄3号線の「シンサ」(新沙)駅の周辺には、カンジャンケジャンの専門店が軒を並べる「カンジャンケジャン横丁」があります。地下鉄の駅を出ると、さっそくお店のネオンがたくさんまたたき、客引きのおじさんもたくさんいました。私達は「プロカンジャンケジャン」という有名店に入りました。近くに、まったく同じ名前の別の店もあるので、ご用心。
20070319114352.jpg 

お店のメニューを見ると、カンジャンケジャンは「時価」となっています。おいくらかしら~?と聞いてみると、一皿に大小のカニが1匹ずつ入って、75000W(約8000円)だそうで、なかなかのお値段です。一緒に行った韓国人のKさんは「高すぎる!」と言っていましたが、お店のおばちゃんは「でも、大きいから、美味しいよ!本当にこれは普通の値段!食べてみて」と自信たっぷり。で、4人分2皿注文しました。

20070319114659.jpg 20070319114713.jpg 

食べてみると、確かに美味し~~~い!カニの身は醤油に漬かって、とろける~~~。オレンジ色に輝く卵も、何ともいえず美味~~~!ご飯がいくらでも進みます。Kさんも納得の美味しさでした。うちのダンナさんは無言。カニと自分だけの世界に浸っていました。

とろけるような身を食べた後は、最後のお楽しみ。甲羅にご飯を入れ、かき混ぜてカニ味噌ご飯を作って食べます。これがまた、たまらなく美味しい!!いや、もう、本当に、韓国にきたら、これは絶対に食べたほうがいい!値段が高いのが難点ですが、旅行で北海道に行ってカニを食べない人はいないでしょう。それと同じで、旅行のときは、ちょっとぐらい贅沢してもばちは当たりません!本当にお勧めです。

私達はこの他にもオプションで、「カニ味噌混ぜご飯」を注文しましたが、これまた美味しかったです!このお店には他にもアンコウの炒め物や生タコなど、いろいろなメニューがありました。今度は大勢で行って、いろいろ注文するのもいいですね!

あ~~~、カンジャンケジャン、病み付きになりそうです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 食べること(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。