スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
乾燥に負けられない
2007/01/18(Thu)
昨日、韓国に戻ってきました。戻って早々ですが、今日の午後は皮膚管理の予約を入れていたので、行ってきました。冬の関東地方は「からっ風」という乾いた風が吹き、お肌がからからになってしまいます。私が日本にいた1週間、ずっと雨が降らず、空気が乾ききっていたので、ただでさえ潤いの少なくなったお肌が、悲鳴を上げそうなぐらい乾いてしまいました。今日のエステで、回復してほしいな~。

美容に対する意識の高い韓国では、皮膚管理のお店は、割と普通にあちこちにありますが、アパート(日本で言うマンション)の中にあるケースが多いのではないでしょうか?私が通っている皮膚管理のお店も、アパートの中にあります。韓国では一つのアパートの建物の中に、人が住む部屋とともに、オフィスとして使われている部屋があります。そういう建物を「オピステル」というのですが、これは特殊な建物ではなく、一般的によく見るスタイルです。うちのアパートも、二つの棟があって、一つは居住用、一つはオピステルです。うちのように、建物の棟自体が区別されている場合もあれば、上下階で区別されている場合もあり、いろいろです。

私が通っているお店では、1LDKの部屋に、エステ用の器具を入れて使っています。ダイエットコースもあるようで、「ジョーバ」とか「サイクルマシーン」とかもあります。今日は、まず遠赤外線で体全体を温めるカプセルみたいな器具に入って、温まりました。30分で汗がじんわりと出てきました。代謝がよくなったところで、いよいよマッサージ。経営者のオンニ(お姉さん)が私の皮膚の状態を見て、アレンジしてくれます。言葉も分からないし、プロのオンニの腕を信じて、ここはされるがままになっています。1時間ほどマッサージやらパックやらをしてもらい、最後は肩や背中、頭のこりをほぐしてもらって、フィニッシュ。オンニはツボがよ~く分かっているので、かなりしっかりツボに入って、マッサージをされているときは痛いぐらいですが、終わると凝りや疲れが取れてすっきりします。顔もむくみが取れて、心持ちすっきりします。

韓国も乾燥がかなりひどいので、こちらに来て、美容に対する考え方が、日本にいたときより、かなり真剣に変わりました。1年前に高温多湿の台湾から日本に戻ったとき、あまりの気候の変化にお肌が順応できず、粉を吹いてしまいました。それから、自分なりに気をつけて保湿に励みましたが、韓国に来て、さらに過酷な環境で冬を過ごすことになり、「このままではヤバイ!」と、パックの回数を増やしたり、紹介してもらって皮膚管理にも通うようになりました。効果が出ているのかどうかは、自分ではよく分かりませんが、何もしないよりはずっといいでしょう!…と信じています…。
スポンサーサイト
この記事のURL | おでかけ(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。