スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
距離のとり方
2006/11/10(Fri)
韓国に来て、感じることあれこれ。今日は距離のとり方について、気付いたことを書いてみたいと思います。

日本人が感じる「他人との程よい距離感」は、日本人にしか通用しないものでした。京都の人は、他人との距離が、他の都道府県の人より遠いと聞きました。鴨川沿いでデートをするカップルは、ある一定の距離を保って、他のカップルと離れて座るそうです。それが、どのカップルもだいたい同じ距離で離れて座るというのが面白いです。測ってみたら、カップルとカップルの間の距離はおよそ7メートルだったそうな。こんな日本人の感覚は、韓国ではどうなんでしょうか?

よく言われることですが、韓国では人と人との距離が近い!女の子同士で腕を組んだり、手をつないだりは、当たり前。別に、レズビアンじゃないのです。単なるお友達。でも、まるでカップルのようにべったりひっついて歩いています。そして、これは若い女の子に限った話ではありません。おばちゃんたちも、がっぷりと指と指を絡めて手をつなぎ、腕を組み、様々なスタイルで絡み合いつつ街を闊歩しています。3人でも横一列に並んで、真ん中の人は両側の人と手をつないでいたりするから、日本人からしたら、「いい年して、何やってるの…通行のじゃまだわ」ってなことになるのですが、ここではこれが当たり前。寒くなれば寒くなるほど、人と人との距離は縮まるようです。ただし、男同士ではどうかというと、肩を組んで歩く人たちは見たことがありますが、さすがに手をつないで歩く人たちは見たことがありません。(ちなみに、トルコなど、中東のイスラム国では、男同士で手をつないで歩くこともありますよ~。)

この距離のとり方が近いな~!と感じるのは、がらがらの地下鉄に乗ったとき。座席はた~っくさん空いているのに、隣に座ってきたりします。日本人だったら、まず1個空けて座りますよね。この辺りの感覚がどうも違うようです。エスカレーターでも、間を空けずに1段ずつ人が並ぶことがあるので、危ないったらありません。だいたい、自分のすぐ後ろに人が立っているのって、落ち着かない気分です。振り返ろうものなら、すぐ後ろに誰かさんのお顔があって、危うく口付け…する羽目になるかもしれませんよ~。ご用心。

スーパーなどのレジ前に並んでいるときでも、距離が近い。そして、人のかごの中を覗く、覗く。ただ覗くだけではありません。かごの中のものを勝手に手に取ります。これ、よくあることなのですが、なかなか慣れません…。本当に、一言の断りもなく、気づいたら、誰かが私の買い物かごの中の商品を触っているので、びっくりしてしまいます。今日も、レジの前に並んでぼーっと周囲の商品を眺めていたら、一つ前のおばあちゃんが、私の手に持っているセーターのタグを引っ張って見ているではありませんか!気づいたときに、びっくりしましたよ!そして、私がおばあちゃんに気づくと、おばあちゃんは私に話しかけるでもなく、小さな声で独り言をつぶやいて、何事もなかったかのように、前へ向き直りました。おおお~、びっくりした!これは、ただ単に「どんなものを買っているのかな~?」という好奇心でしょうかね?目的が何なのか、いまだによく分かりません。

大型スーパーでは、大きなカートに商品を入れながら買い物しますが、小回りが利かないので、狭いところの商品を見るときは、カートを大きな通路に置いて行ったりします。そしてカートの場所に戻ってみると、従業員のおばちゃんが私のカートに群がっていたことがあります。何をしているのかと思ったら、単に私の買うものを物色しているようでしたが、みんなが手に手に私の選んだ商品を持っているのには驚きました。そして、粒マスタードの瓶を持ったおばちゃんが「これは何に使うのか?」というようなことをしきりに聞いてきます。う~、韓国語で答えられない~。英語でしゃべったら、「あ~、外国人だわ、こりゃ」みたいな反応で、おばちゃんたちは手にした商品をカートの中に戻し、あっという間に自分の持ち場にちりぢりに散っていきました。

距離の話から、逸れてしまいましたが…。とにかく、韓国人の、特におばちゃんは、他人のエリアにどんどん入ってきます。最初はどの日本人もぎょっとすると思いますが、次第に慣れていくのでしょうか?そして、日本へ帰国した暁には、私も周囲の人に「この人、距離が近~い!」って思われたりするのでしょうか?しかし、とにかく、ここでは早くこの距離感に慣れて、ぎょっとしないようにしたいです。毎日ぎょっとしていたら、心臓が弱くなりそうですからね…。
スポンサーサイト
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。