スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
悲しいできごと
2006/05/22(Mon)
悲しいことがありました。私が日本語を教えているM社の中国人研修生のWさんが、交通事故で亡くなりました。日本に来て、まだ10日。これからたくさん技術を学んで、日本語ももっと話せるようになりたいと言っていたのに…。金曜日の夜、事故に遭って、土曜日のお昼に息を引き取ったと、日曜日の新聞に記事が出ていました。

今日はもしかしたら、研修はなくなるかもしれない、と思いましたが、会社からは連絡が入らなかったので、普段どおり授業をしなければいけないのだな…と、私も気が重かったです。しかし、授業に行ってみると、外の9名の研修生たちは、健気にも、みんな前向きでした。「みんな、辛いでしょうが、Wさんの分も頑張ろう」と言うと、とても力強くうなずいて、実際、みんないつも以上に勉強に打ち込んでいました。そうすることで、辛い気持ちを吹っ切るしかないと、誰もが考えているようでした。

実は、この事故のとき、9名は全員現場にいました。一部始終を目撃してしまった人もいるでしょう。大学を卒業後、入社して以来、ずっと一緒に研修を受けてきて、やっと夢の日本での研修が始まったばかりなのに、仲間の一人を無残な事故で失って、一人一人の心の中は、どんな気持ちでしょうか。でも、それを表に出さず、明るく一生懸命勉強や仕事に取り組んでいる姿は、見ていて心が痛くなるほどでした。

24歳で亡くなったWさんのご冥福をお祈りするとともに、9名が無事に日本での研修を終えて、中国へ戻ることを願ってやみません…。
スポンサーサイト
この記事のURL | 仕事 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。