スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
やってしまった!
2006/10/29(Sun)
秋の味覚、柿と栗を買ってみました。日本よりちょっと安いんじゃないかな?柿が6個で2800W、栗は1.3キロで2980Wでした。日本円にして約360円ほど。大きさもなかなか。さっそく、日本で見た「はなまるマーケット」の栗の美味しい茹で方をネットで調べ、茹でました。
20061030001527.jpg


今日はダンナさんは自宅で仕事に集中していたので、茹で上がった栗を剥いて持っていってあげようと、果物ナイフで剥いていたときに、事件が起こりました。久々に、指を切ってしまいました~。けっこう深く。この痛さは、小学生のとき図工の時間に彫刻刀や小刀で指を切ったとき以来の痛さだ~。ダンナさんはすぐに病院へ!と言っていましたが、血さえ止まれば、大丈夫な気がして、ティッシュを当てて、輪ゴムでしばり、腕を高く上げて、30分ほど様子を見ましたが、血は止まらず…。結局、病院へ行くことに。

ダンナさんの会社で使っている個人病院の先生(日本語OK)に連絡を取って、日曜日で外出中の先生にわざわざ病院へ行ってもらうことになりました。でも、先生が病院に到着するのは、1時間半後…。それまでに血も止まりそうだと思ったけれど、深く切れていたので、やっぱり消毒してもらって、必要なら縫ってもらうことになるかもしれないと思い、やっぱり病院へ行くことにしました。うちからその病院までの行きかたを聞いて、一人でタクシーに乗って行きました。実は、ダンナさんは、日本から出張者が来るため、夕方、空港まで迎えに行かなければならなかったのです~。

怪我をしてから2時間半後、先生が病院へ到着。行ったことがない場所でしたが、私も自力で病院まで行かなければなりません。タクシーに乗る前に、運転手さんに場所を確認してから乗ったのに、運転手さん、場所分からず…。じっと窓の外を見て、それらしき場所を通り過ぎたときに、「あ!ここだ!」と何となく直感で気づき、運転手さんに無理やり伝え、引き返してもらいました。すると、やっぱり運転手さんは通り過ぎていて、引き返して正解でした。何とか無事に病院に着き、診てもらいました。

消毒がしみました~~~~~。こんなに痛かったのは、久しぶり!手が震えました。傷口がくっつくかどうか様子を見て、明日くっつく気配がなかったら、縫うことになりました。なんだ~、だったら今日縫ってくれてもいいのに~。と、面倒くさがりの私は思いましたが、縫わなくていいなら、縫わないほうがいいのでしょうね。今日はとりあえず薬を塗ってガーゼを当て、指先をテープでぐるぐる巻きにされて帰ってきました。帰りは、先生に地下鉄駅までの道を教えてもらい、地下鉄で。

痛み止めの薬のおかげで、痛みはずいぶん和らぎましたが、物に触れると、痛みます。お風呂には「韓国オモニ(母さん)必携」の使い捨てのビニール手袋をはめて入りましたが、さすがにシャンプーをするとき、辛かったです。指一本のことなのに、不便だわ~。

今日はもう包丁持ちたくない…。ダンナさんもいないし、一人で食事なので、サンドイッチを買って食べることにしました。さらに、怪我をして落ち込んでいる気分を↑にするため、マンションの近くで売っている鯛焼きを買ってきて食べました。これでちょっとは気分がよくなったかな!あ~、それにしても、失敗、失敗!皆さんも、栗の皮を剥くときには十分注意してください。

20061030001542.jpg

鯛焼きは韓国の冬の風物詩らしいです。日本と比べサイズは一回り小さいです。水で薄めすぎな感じの生地で、きっとコーンスターチ系のつなぎが大量に入っているのでしょう。あんこは甘さ控えめの粒あんでした。味は日本の方に軍配が上がるけれど、お値段が安い!4個で1000Wでした!ちなみに、1000Wは約125円ほど。やっす~い!これからちょくちょく買っちゃうかも!
スポンサーサイト
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。