スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
少しずつ
2006/10/17(Tue)
2回目の刺繍教室。前回の宿題はあまりに集中して一気にやってしまったので、物足りず、今回、先生に宿題をもっと出してくださいとお願いしてみました。しかし、やはり何事にも手順があるのですね。少しずつやりましょうと言われました。^^;

刺繍教室の後、生徒さんと一緒に昼ごはんを食べて、それから一人でアックジョンへ移動し、買い物をしました。目的はMANGOで前から欲しかったセーターを買うこと。でも、試着してみたら、ちょうどいいサイズが品切れで、在庫を確認してもらい、注文することに。そこまでずっと英語で会話をしていましたが、最後に注文書に名前を書いたときに、初めて店員さんに「日本人だ~」と言われました。ん???何人だと思ったのかしら?「韓国人だと思っていました。韓国人みたいですね!」と言われました。ほほぉ。これは、韓国語を勉強して、韓国人に間違われる作戦を立てなければ…。私のちょっと変わった楽しみ。現地の人に間違われるのって、楽しくないですか?

しかしね、今まで韓国で何度か道を尋ねられた経験があるのですが、そのときは思いっきり韓国人だと思われていたから、韓国語で何も答えられなくて、非常に寂しい気持ちになったのですよ。しかも、一度はソウル駅を尋ねられて、「こっちです」って言ったのはいいんだけど、地下鉄の駅と鉄道の駅を勘違いして、遠い道を教えてしまったことも。(あのときのお姉さん、ごめんなさい~。)やはり、韓国人だと間違われる正しい道は、韓国語+ソウルの地理、交通に詳しくなることですね!

刺繍もだけど、韓国語も少しずつは覚えていかないとね…。

20061018201729.jpg 20061018201957.jpg

刺繍の途中経過。左が先週、右が今週。細い絹糸を使うので、時間がかかるけれど、ちょっとずつしか進まないのです。

20061018202015.jpg 20061018202025.jpg

アックジョンで見かけた韓服屋さんのウィンドー。子供用の服も立派な刺繍が施してあって手が込んでいます。韓服は色使いも素敵です。
スポンサーサイト
この記事のURL | 習いごと(韓国刺繍) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。