スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
よいお年を
2008/12/28(Sun)
早いもので、2008年ももう暮れていこうとしています。振り返ってみると、2008年は韓国で、ものすごく濃厚な充実した毎日を過ごさせてもらいました。韓国語のレッスンがひと段落付いて、その後いろいろなことにチャレンジできた1年でした。焼肉も、思う存分食べることができました。(あ~、またあの安くて美味しいお肉を思う存分がつがつ食べたいです~~~。)

そして、やっぱり2008年も引越しをしました。引越しをしない年はないのか…。2009年は引越し無しで落ち着いて生活したいものです。

さて、久しぶりの日本でのお正月です。結婚して以来6年、日本でのお正月は2回目!ということで、やっぱり帰省することにしました。まずは九州のダンナさんの実家で年越しをして、年が明けてから山口の私の実家にも寄る予定です。というわけで、今年最後のブログの更新となります。

今後、こちらのブログでは韓国にまつわる備忘録を不定期で更新していこうと思っています。来年、もしかしたら、別な形でまたお目にかかれるかもしれませんね…。私がぐうたらしていなければ…。

では、みなさま、2008年も私のブログにお付き合いくださいまして、ありがとうございました。しばらくは細々と続けていくつもりですので、来年も「remiの部屋」を引き続きよろしくお願いいたします。

2009年が健やかで幸せ一杯のよい1年となりますように!!
スポンサーサイト
この記事のURL | 暮らしの中のこと(日本) | ▲ top
冬至にゆず
2008/12/27(Sat)
12月21日は冬至でした。しばらく放置していた南瓜があったので、それを料理しようと思っていましたが、なんと!腐っていました…。(T-T)ゴメンヨ~ 実は、今住んでいる家は日当たりが良く、とっても暖かいのです。あまりに暖かくて、まだホットカーペット以外の暖房器具を作動させていません。そのくらい室温が高いおかげで食べ物なんかも油断しているとすぐに傷むみたいです。気をつけなくちゃ。

冬至に南瓜はなしとなりましたが、柚子を買っておいたので、お風呂に入れて柚子湯をしました。もったいないので1個だけ湯船に…。

200812日本・横浜 056

柚子といえば、韓国名物の柚子茶、美味しいですよね~。最近は日本でもスーパーなんかで気軽に買えるようになりました。でも、日本で買うと、お値段がかわいくない…。今回、丸々とした柚子を目の前に、柚子湯のために買ったとはいえ、これをお風呂に入れるのはなんだか惜しいような気がしてきました。それで、お風呂用は1個だけにして、さっそくネットで柚子茶のレシピを検索し、お試しで自家製柚子茶を仕込んでみました~。

200812日本・横浜 078

蜂蜜を入れるレシピと砂糖を入れるレシピがあり、恐らく蜂蜜を使うのが正統派だろうと思いますが、今回は砂糖で試してみました。皮の裏の白い部分は入れるとカビが生えやすくなるから、なるべく黄色い部分だけ使うようにというレシピもありましたが、私は白い部分も好きなので、レシピは無視して入れてみました。約2週間で食べ頃になるそうです。年末年始に帰省してちょうどこちらに戻ってくる頃です。カビが生えていなかったら成功です。

韓国出張のダンナさんに重いビン入りの柚子茶をお土産に頼んでいましたが、自分で作れるようになれば、そんなこともしなくて済みますね。

出来上がりが楽しみです。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(日本) | ▲ top
に・ほ・ひ その2
2008/12/22(Mon)
韓国のにおいにまつわるお話をもう一つ…。

実は、半年以上美容院に行っていなかった私。韓国で帰国前に髪を切りに行こうかと思っていましたが、連日ハードスケジュールで引越し作業の合間に遊びまわっていた上、友人にことごとく「日本に帰ってから切ったほうがいいよ!」と言われ、それもそうかと、結局韓国では美容院に行かずじまいでした。そして帰国後、いざ髪を切りに行けるようにはなったからには、早速切りに行ったかというと、さにあらず。すぐには行けない事情があって、これまたしばらくお預け状態だったのです。

その事情とは、実は、韓国生活の間に体に染み付いたにおいが抜けるのを待っていたのです~!

韓国で知り合った日本人のお友達が、こんなことを言っていました。久しぶりに帰国したときに、美容師のお父さんに髪を切ってもらったら、「お前の髪、切ったらにんにくのにおいがする」と言われたそうです。オーマイガッ!これは、やはり身内だからこそ教えてもらえた貴重な情報なのでは…。普通の美容室で髪を切ったとしても、まさかお客さんに向かって「お客さんの髪の毛、にんにくのにおいがしますね~」なんて言う美容師はいないでしょう。

その話を聞いたとき、「今まで一時帰国中にここぞとばかりに日本で美容室に行っていたけど、それじゃ、きっとみんな心の中で「くさいな~!何、このにんにく臭!」とか思いながら髪を切っていたのかもしれない…、と気付きました。きゃ~!

そういえば、韓国赴任の前、うちのダンナさんが韓国にしょっちゅう出張していた頃、2週間も韓国に居た後帰ってきたダンナさんが何とも言えず臭かったことを思い出します。スーツケースを開けると、荷物が臭くて、臭くて。ダンナさんがお風呂に入った後、お風呂の水が臭くて、臭くて。そういえば、そうでした。

体に染み付いたにおいがとれるまでどのくらいかかるのか知りませんが、だいたい2週間は様子を見たほうがいいだろうと、韓国在住の友達同士で話し合っていたので、私は禊を済ませるまで、髪を切りに行くことができなかったのです。今は、久しぶりにカット&パーマ&カラーをして、リフレッシュしました♪

韓国住まいの長い皆さん、ご用心ですよ~。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
に・ほ・ひ
2008/12/21(Sun)
お久しぶりです。なかなかブログ更新できないまま、年の瀬を迎えております。

今日は、韓国にまつわるお話です…。

引越しの後、韓国から荷物が届いたとき、とあることに気付きました。それは、においです。

次々と航空便のダンボールの箱を開けていくと、なんか、独特な臭いがしたんです。例えて言うなら、海辺の町の潮のにおいといういか、海辺の町の倉庫のにおいというか、とにかく、海辺の町のにおいがしたんです!最初、荷物を運んできた作業員の方の体臭かと思って(失礼な話ですが…)「わ!この作業員の人、くさい~!」と、心の中で叫んでいたのです。本当に臭かったもので…。しかも、その作業員の方は体格のいい女性で、「女の人なのに体臭きついな~!力仕事で汗をかいてるからかな?」と勝手に思い込んでいたのですが、本当に本当に失礼な話で、そのにおいは、間違いなく荷物から漂ってきていたのでした~!でも、そのときはそうとは思わず…。

航空便から遅れること2週間、こんどは船便の荷物が大量に届きました。そのときにようやく気付きました。「あ、航空便のときと同じにおいがする・・・」 そうです、作業員の方の体臭なんかじゃなく、それは荷物から漂ってくるにおいだったのです!

韓国にいるときには気付きませんでしたが、日本でにおうと、びっくりするぐらい強烈なにおいでした。う~ん、このにおいの中で生活していたのか、私は。今更ながら、韓国のにおいに驚かされました。

そういえば、韓国に初めて行ったとき、臭くてたまらなかったことを思い出しました。アパートのエレベーターホールが臭くて、「このにおい、何~???」と思って部屋に入ったら、もっと臭くて倒れそうになったんでした…。ありとあらゆる消臭剤を駆使してにおいを消そうと試みましたが、結局においはとれず、そのうち私の方が順応していったんでした。そうでした、そうでした。しかし、日本に戻って冷静に振り返ってみると、韓国のにおいって、どんだけ強烈なんだ!

そういうわけで、このにおいがとれるまで、当分の間いろいろなものを洗濯しまくりました。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。