スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
カンジャンケジャンも食べておかねば!
2008/09/20(Sat)
昼は「テグタン」を食べ、夜は夜でサムチョンドン(三清洞)へ「カンジャンケジャン」を食べに出かけました。今日は海鮮の日だ~!

カンジャンケジャンは、生きた蟹を特製の醤油ダレの中に漬け込んだ料理で、味の付いた蟹の身がとろけて、たまらない味なんです!(>▽<)

200809韓国 299 200809韓国 301 200809韓国 302 200809韓国 303

ダンナさんは連日痛めつけている肝臓を休めると言って、アルコールなしのはずだったのに、「アンドン・ソジュがある!」と言って、焼酎を注文しました。韓国で大人気のチャミスルと言う焼酎、私は口に合わないのですが、アンドン・ソジュ(安東焼酎)はさっぱりしていて美味しかったです。チャミスルにはサッカリンが入っていると聞いて納得したものですが、甘くてべたべたした後味なんです。女性には甘くて飲みやすいと、人気があるようですが、体にはあまりよくなさそうですよー。

美味しかったのですが、営業時間が9時半までとかで、9時20分にはお会計をさせられました。まだ食べ終わっていないのに、お店のオーナーと思しき上品な老婦人が何度も何度も私達が食事している部屋にやって来るのには、参りました。韓国では、食事のお店は早仕舞いのところが多いです。しかも、「営業終了時間=従業員が帰宅する時間」みたいな感覚もあり、終わりの時間に近づくと、「早く食べて出て行って」という強烈なアピールをしてくるので、国内でご丁寧なサービスに慣れ、気も弱い日本人としては、落ち着いて食事ができなくなります。このカンジャンケジャンのお店も、味は美味しいし、お店の調度品も食器もすごくいいのですが、サービスがこれではダメだ~!人を連れて行けない~!と思いました。お値段が立派なお店でも、サービスが比例しているとは限りません。
スポンサーサイト
この記事のURL | 食べること(韓国) | ▲ top
ここにきて、初めての味
2008/09/20(Sat)
まだまだ胃薬なしで食べ続けております。頑張れ!私の胃袋!

週末はダンナさんと一緒に食事ができるので、私がまだ食べたことがなく、去年の冬ぐらいからず~っと食べに行きたがっていた鍋料理のお店へ繰り出しました!カンジャンシジャン(広蔵市場)の中の、魚屋さんが並ぶ通りに、そのお店はあります。

「テグタン」という鍋です。
200809韓国 293

鱈の身、白子、肝、頭、そしてたっぷりの野菜や豆腐が入っています。ダンナさんは別のお店でテグタンを食べたことがあるそうですが、ここのお店の白子の量に驚いていました。味も、美味しい~!(^0^)b 白子はじっくり煮込めばスープの味が染みますが、ぷりぷりのうちにワサビ醤油で食べても美味しかったです。お店は、地元のアジョッシ&アジュンマで賑わっていましたが、皆さん登山の格好でした。山登りの後、カンジャンシジャンに寄って、何かつまみながらマッコリを飲むというのが、この辺りの登山愛好家のお決まりみたいです。登山の後にこれを食べたら、さぞ染みるだろうな~!

お店の外には、材料がセットされた鍋がスタンバイ。注文が入ったら、お店の外のカセットコンロで調理し、ある程度火が通ったら、テーブルに出します。調理は全てカセットコンロ!店内には山のようにカセットコンロ用のガスボンベがありました。

200809韓国 296 200809韓国 297

たらいの中に、大量の白子ちゃん♪美味しゅうございました。
200809韓国 295
この記事のURL | 食べること(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。