スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
念願の器 その2
2008/07/31(Thu)
インサドン(仁寺洞)のサムジギルにある「トヨ」は、韓国の若手陶芸作家の作品を中心に、センスのいい品揃えで、ぶらりと訪れたときからずっと大好きなお店です。そのお店で、今まで、心に留まったあれこれを買ってきました。

あんなのや、こんなのや、つい最近もこんなのなど…。

ですが、最初にお店を訪れたときに目に付いて、とっても気に入っていたのに、今までずっと買わずにいた器があったんです。たいていお店の目に付くところにディスプレイされているので、帰国までに買えればいいかな…と思って、「その場限りで売り切れたが最後、もう出会えそうにもない器」を優先させてきました。

だけど、とうとうダンナさんの帰国も9月末ごろ(?)と決まり、以前のようにどんでん返しさえなければ、あと2ヶ月の韓国生活ということになります。

それで、いよいよその器を買うことにしたのです。今まで、お店に行くたびに手にとって眺めては、お店のオンニ(お姉さん)に「また今度ね」「帰国までには買うつもり」などと言ってきましたが、ついにそのときが来たのです~!

入荷した直後に行ったほうが、品揃えがよくて、きれいなのを選ぶことができるので、昨日、入荷したその日に出かけてきましたよ。(^-^)

その念願の器がこちらです!

200807韓国 318

一枚一枚が花びらの形になっていて、5枚を放射状に並べると、一つの花になります。「トヨ」に貼ってある韓国の雑誌の記事では「葉っぱの形のお皿」と紹介されていましたが、一枚だけで見たら、葉っぱにも見えますね。

200807韓国 322

これも白磁に淡い青緑色の釉薬を掛けたものです。中心に葉脈のような線が白ですっすっと入っていて、上品です。先日購入した、もう一つの念願の器、チャ・ミョンスン氏の器も、これと同じような色使いで、私の好みが出ていますね。あら、こちらの作家さんのお名前を聞くのを忘れてしまいました。(^-^; 今度、オンニに聞いてみます。

このお皿、銘々皿としてもちょうどいい大きさなんですが、5枚を集めてそれぞれに違う料理を盛り付けてもいいですね。私は最初に見たとき、このお皿にプルメリアの花を思い起こしました。だから、タイ料理やベトナム料理などの東南アジアの料理がよく似合いそうだと思っています。もちろん、どの国の料理にも合うと思いますけどね!(^-^)

プルメリア 200807韓国 320

重ねた状態も非常にいいです。

200807韓国 323

そして、さらにもう一つ、韓国ならではの器も購入しました。また、別記事で…。
スポンサーサイト
この記事のURL | お買い物 | ▲ top
陶芸 3回目
2008/07/31(Thu)
今日は午前中からお願いしていました。ところが!何をとち狂ったか、私、反対方向へ行く地下鉄に乗ってしまいました。しかも、乗車後すぐに本を読みふけってしまい、気付きもせず…。うぇ~ん!途中で気がついて、すぐに反対のプラットフォームへ移動しましたが、30分遅刻しました。(T-T) 先生、すみません…。

11時半スタートになってしまいましたが、昼食も食べず、4時まで作業させてもらいました。私は意外にも集中力が切れることなく、できることならもっとさせてもらいたいぐらいだったのですが、他の生徒さんが来て、先生の作業スペースも必要なため、4時で帰りました。ぎりぎりまで作業をさせてもらって、帰るときはバタバタだったので、写真を撮る余裕がありませんでした!

4時間半で作ったものは、3度目の正直(?)今度こそ納得のいくものが作りたい納豆鉢1個、ドレッシングやミルクなどに使いたいピッチャー1個、偶然生まれた小丼を大小2個、魚の形の箸置き6個、以上です。

手びねりでの作業は時間がかかりますね。でも、無心になれて楽しかったです。o(^-^)o 

来週も?と思いましたが、ここらで止めておくことにしました。キリがないので~!(>_<) 次回は、9月に入って、釉薬を掛ける作業が待っています。どんな色にしようかな~。それも楽しみです。
この記事のURL | 習いごと(陶芸) | ▲ top
梅雨どきのサムジギル
2008/07/30(Wed)
昨日、暑さの中、バテバテになりながらインサドン(仁寺洞)のサムジギルへ出かけていきましたが、お目当てのお皿はなく…。今日、入荷するというので、どうしようかな~と思っていましたが、今日は朝から雨!あらら。

暑くて湿度が高いので、最初は窓の外の景色は真っ白でしたが、時間が経つと共にだんだん視界が開けてきました。そのときに撮った写真です。

200807韓国 315

午後になると、雨は上がりましたが、変わらず微妙なお天気。

200807韓国 314

夕方、もう雨は降りそうになかったので、やっぱりインサドンまで出かけることにしました。

200807韓国 317

インサドンのサムジギルの中庭アート、今までも紹介したことがありますが、今はこんな風になっていました。(サムジギルの写真は昨日撮影したものです。)

200807韓国 306

梅雨どきのアートにふさわしい(?)傘のディスプレイ&水墨画が描かれた巨大のれん!

200807韓国 308 200807韓国 309

コンクリートの柱には木がペイントされていました。木陰みたいで気持ちだけでも涼しさアップ?
200807韓国 310 200807韓国 311

さて、サムジギルの「トヨ」で、念願の器を無事に入手することができました。お披露目は、また別の記事で…。

200807韓国 316
この記事のURL | おでかけ(韓国) | ▲ top
スタミナ!
2008/07/29(Tue)
今日はサムボッ(三伏)の中日、チュンボッ(中伏)です。日本は土用の丑の日1回だけですが、韓国では、夏の暑さに負けず、スタミナをつけて頑張る日が3回もあるんです。

午後、トンデムン(東大門)をうろうろしてバテ気味だったので、晩ご飯には、さっぱりしたものを作ろうと思っていましたが、ダンナさんの帰りを待つうちに、だんだんお腹が空いてきて、がっつりお肉が食べたい気分になってしまいました。ちょうどチュンボッでもあるし、お肉を食べに行こう~!と、仕事が終わったダンナさんと一緒に、近所の焼肉屋さんへ行きました。

今日はいつものアパートのすぐ裏の店ではない、ちょっと離れたところにあるお店です。といっても、徒歩5分。本当に、焼肉ロードなんです、うちの近所。(^-^) 

先日、ダンナさんが美味しいと聞いてきたお店で、「食べに行きたいね~」と話していたところでした。わくわくします。

道路に面したお店は、半オープンテラス。もちろん、ドラム缶を改造したテーブルです。そして、店はアジョッシ(おやじ)だらけ。(^-^; はい、ローカル色の強~い、私好みのお店です。

200807韓国 298

お勧めのセンサムギョッサル(豚の三枚肉)を…。

200807韓国 299 200807韓国 301

あっという間に平らげて、次はモクサル(首肉)を…。

200807韓国 302

日本では平日にんにくを食べるのってはばかられますが、韓国ではそういうことは気にしなくていいので、今日は私もがっつりにんにくを食べました。焼いたにんにくとお肉をエゴマの葉っぱで包んで食べると、本当に美味しかったです!これでスタミナはバッチリ~!

このお店はテンジャンチゲにもサムギョッサルを使っていて、お肉がプルプルふわふわ~で、たまらなく美味しかったです。お店のアジュンマ(おばちゃん)も、よく気がついてくれて、だけど無駄口はたたかず黙って黙々と働いていて、とても感じが良かったです。(^-^)b グー! 味も雰囲気も良かったので、リピート間違いなしですね!

ちなみに、サムギョッサル2人前とモクサル1人前に瓶ビール2本も注文して、33000W(約3300円)でした。あああ~、韓国にいるうちに、お肉どんどん食べておこう!
この記事のURL | 食べること(韓国) | ▲ top
暑さの中、トンデムンへ
2008/07/29(Tue)
ソウルは7月の間はず~っと雨でしたが、ついに梅雨も明けたみたいです。韓国のニュースでそう言っていました。いつの間に?昨日かな?

今日は、今までとは打って変わって、入道雲の広がる夏空!そして、たぶん日本並みに蒸し暑い!

でも、せっかく久々に晴れたので、トンデムンシジャン(東大門市場)へ買い物に行きました。いつもの総合市場ですが、今日は今まで行ったことのないバスで行ってみました。地下鉄だと、ちょっと歩かないといけないのです。バスの方が便利だと聞いて、早速乗ってみたのですが、時間がかかりました。地下鉄の倍!(-_-; 蒸し暑い中歩く方を取るか、時間がかかる方を取るか、悩ましいですね。

総合市場は、外の暑さに負けないぐらい、活気がありました。冷房がついているのに、暑い!しかも、もう秋冬もののツイードなんかも売っています~!さすが、卸し市場。私は今日は麻の布を中心に3種類買いました。幅150センチほどが1メートル約550円って、安いですよね?

このビル、とにかくお店が多いです。どの店も間口が小さく、見本帳を置いていて、現物は場所を変えて倉庫にしまっていることが多いので、「これください」と言っても、すぐには出てこないこともあります。「倉庫に取りに行くので20分後に」などと約束して、周りを徘徊しているうちに、注文したお店にたどり着けなくなるかも~!お店には番地があるので、それを覚えておくのがポイントです。気に入ったお店は、名刺をもらっておくのが賢明です。たまにしか行かないのに、覚えておくのは不可能ですから!

今日は「名刺をください」と言ったら、見本帳をくれたお店が2軒。かわいいですね。お店を探すときはもちろん、同じ色の糸を買うときにも便利です。糸のお店は、また別なんです~!

200807韓国 312

糸は、細々したものを売る問屋さんのところへ行って買います。業務用品ばかりなので、ミシン用の小さい糸巻きを売っているお店は貴重!ほとんどがロックミシン用の大きな糸巻きなんです。

200807韓国 297

一つ200W(約20円)ですよ~!安い!

トンデムンの後、まだ市場をハシゴするつもりでしたが、あまりの暑さにもうダメ~!(>_<)""インサドン(仁寺洞)にだけ寄って帰ることにしました。もちろん、移動はバスで。30分も外は歩けません~。

インサドンまでわざわざ出かけて行ったのは、行きつけの「トヨ」という陶磁器のお店へ行くため。ず~っと欲しかった器を買うつもりで行ったのですが、あいにく品切れ!明日入荷だそうです。人気があるので、入荷しては売り切れ…を繰り返しているんだとか。帰国までには買いたいと思い続けている器なので、そろそろ手に入れたいです。だけど、明日も暑そう…。どうしようかな…。
この記事のURL | お買い物 | ▲ top
買えない味と社員食堂の味
2008/07/28(Mon)
帰国のたびに本屋さんへ行きます。日本にいれば図書館も利用できますが、海外暮らしではそれも叶わず…。韓国のキョボ(教保)文庫には日本の書籍もたくさんありますが、割高な上、やはり品揃えは日本の小型書店並みだし、種類も偏っているので、できるなら帰国時に日本の大型書店で選びたいのです。

今年に入って、台所用品(年齢がばれる?普通はキッチングッズというの?)に興味がむくむくと湧いてきている私。有名な料理研究家やフードコーディネーターという方たちの著書をあれこれ見てみたいな~と思って、6月の一時帰国のときも楽しみにしていました。

神戸のジュンク堂という本屋さんは品揃えもいいので、そちらへ何度か出掛けていきました。お目当ての本の数々は、本屋さんへ行く前に、ネットで調べてあります。ですが、実際に本屋さんで手にとって見てみると、思っていたのとは違ったり、何だか物足りなかったり…。こういうとき、日本の本屋さんはじっくり立ち読みができるので、助かります。立ち読みしているうちに、「あ、これ、よさそう!」と感じるものがあり、当初買おうと思っていたのとは違う本を買って帰りました。

200807韓国 295
平松洋子著 「買えない味」
高橋みどり著 「ヨーガンレールの社員食堂」

先日、箸置きに関する記事でもちょこっと書きましたが、平松洋子さんの「買えない味」は、雑誌に連載されたエッセイをまとめたものです。本当は、台所の道具の写真が大きく載っていて、字はちょこっと、必要最小限な情報だけの本を買うつもりでいたのですが、平松さんのエッセイの冒頭のいくつかを読んで、激しく共感してしまい、また、彼女の歯切れのいい文章にも惹かれ、当初の予定とは程遠い、文章だらけの本を買ってしまいました。(^-^; 

生活スタイルは十人十色、百人百様、家庭によって様々です。ですから、平松さんの書いていることに100%同感するわけではありませんが、この本の中の多くのエピソードに「そうそう!」とピシャリと膝を打ちたくなるような…そんな小気味よさを感じました。日頃思っていたことが文章になって目の前にやってきたみたいで、共感できる箇所がたくさんありました。

文章自体の切れもいいので、これは男性にも楽しめるはず!と、台所に全く興味のないダンナさんに水を向けたところ、思ったとおり、ダンナさんも「これは面白いね」と、私より先に全部読んでいました。

もう一冊の、「ヨーガンレールの社員食堂」は、ある1年間のヨーガンレールの社員食堂のメニューを紹介した本です。「何だ、それだけ?」と思いますが、ページをめくると、そこには大皿にちょこちょこと盛られた、色とりどりのおかずたち…。読めば、ヨーガンレールの社員食堂では、ベジタリアンメニューを日替わりで提供しているんだとか。どれもこれも、今すぐ食べたいお惣菜ばかりで、見ているだけでも楽しいですが、自分でも早速作ってみたくなる魅力があります。

200807韓国 296

365日毎日続く、ご飯と一緒の日常生活。こんな風に健やかに暮らせたらいいな~と、自然と頬がほころびます。これを見た後は、大皿に色んなおかずを盛り付けたくなること、請け合いです。

この2冊が、最近の私のお気に入りです。(^-^) みなさんのお気に入りの本は、何ですか?
この記事のURL | お気に入りのもの | ▲ top
夏といえば、サムゲタン!
2008/07/27(Sun)
土用の丑の日、日本ではうなぎを食べてスタミナをつけますが、韓国ではサムゲタン(参鶏湯)を食べます。サムゲタンじゃなくても、鶏肉丸ごと茹でたのやら、焼いたのやら、丸ごと一羽というのがお決まりです。でも、韓方成分がたっぷり含まれたサムゲタンは滋養No1料理です。

土用は過ぎてしまいましたが、ダンナさんと一緒に食べに行くチャンスがなかったので、お昼にサムゲタンを食べに行きました。

200807韓国 287
コラーゲンたっぷりのスープに丸ごと1羽の若鶏ちゃん♪

さすがに時期だけあって、お店はかなり混雑していました。混雑を避けて、お持ち帰りをする人もいます。店内は冷房が効いていましたが、サムゲタンを食べ終わる頃にはダンナさんは汗びっしょり!お腹も一杯になり、健康的~。

でも、サムゲタンだけでお腹一杯になるので、キムチ以外は食べられません。野菜が取れないのがちょっと…。

そこで、夜は野菜たっぷりのメニューに。これまた夏の定番、野菜たっぷりのトマト味スープです。ル・クルーゼのロンド24センチでたっぷり作ったので、まずはマカロニなしでラタトゥイユ。翌日、マカロニとスープを足してミネストローネにするつもりです。

200807韓国 290
コストコで買った大きなソーセージ。ビールが飲めなかったのが残念でした。(日曜日の夜は、たいていダンナさんが家でお仕事をするので、お酒が飲めないのです~。)

200807韓国 291
このパンの盛り方は、トルコ風。

ところで、夏バテ対策はばっちりですが、韓国はまだ梅雨が明けていません。(>_<) 夏バテせずに7月が過ぎていきそう。今年は雨が多いソウルです。
この記事のURL | 食べること(韓国) | ▲ top
ギリシア料理で乾杯
2008/07/26(Sat)
韓国人カップルのK夫妻と一緒に、イテウォン(梨泰院)のギリシア料理のお店、「サントリーニ」へ行きました。

K夫妻はギリシア料理は初めてだそう。羊肉があまり好きではない韓国人が多いのですが、K夫妻には、以前我が家に来てもらったときに私がラムチョップを出したことがあり、羊肉が美味しく食べられる人達であることが分かっているので、安心です。(^-^) 

タラモサラダなどの前菜盛り合わせに始まり、サガナキ、ムサカ、カラマリ…。ワインも進みました。最後にグリルのお肉をオーダーしましょう、と、メニューを持ってきてもらうと、お店の人は「ラムケバブは匂いがあるので、ラムチョップの方がお勧めです」とのことですが、実際に両方オーダーして食べてみたら、K夫妻は「ケバブの方が香りがあって美味しい!」と。よくお分かりで。(^-^) 

私達にとって、ラム肉の「におい」ではなく「香り」なのです。あ~、久しぶりに、家でもラムを料理したくなりました。

200807韓国 286

店内が薄暗く、写真がうまく撮れなかったのです。
この記事のURL | 食べること(韓国) | ▲ top
コス(ト)コへ
2008/07/25(Fri)
韓国はまだ梅雨が明けません。連日、じゃんじゃんよく降ります。この雨のせいで、なかなか買い物にも行く気がしません。幸い(?)我が家はダンナさんが接待や出張などで外食が多いため、しばらく買い物に行かなくても、私一人どうにかなります。品揃えは今ひとつですが、アパートの地下にスーパーもありますし。

今日もど~んよりとした空模様でしたが、雨は降っていなかったので、お友達に誘ってもらっていたコストコへ行ってきました。韓国にもあるんです。韓国では「コスコ」と発音します。

余談ですが…韓国の外来語は、日本の外来語より、現地の発音に近いように思います。アメリカでは「コストコ」って言っても通じませんよね。他にも、ストッキングは「スタッキン」、カーテンは「コートゥン」、バスは「ボス」などです。でも、韓国語には「F」の発音がないので、コーヒーは「コピ」なんですけど。(^-^; まあ、「コーヒー」も日本独特な発音なので、だいたいどの国に行っても通じませんけどね。(^-^; 

話が逸れましたが、で、コスコ(韓国風)へ行ってきました。日本と同じく会員制なので、メンバーカードを持っている人と一緒じゃないと入れません。私、初・コスコです。(^-^)

平日で雨続きだったからか、お客さんは少なめ。大きなカートでも無理なく回れました。もうすぐ帰国(?)という気持ちがあるので、もうあれこれは買えませんが、ときめきますね~♪電化製品は日本とは電圧も差込の形状も違うので、絶対に買うつもりはありませんが、ず~っと欲しいと思っているラッセル・ホブスの電気ケトルが62900W(約6300円)です~!日本のコストコ(日本風)にも売っているかな?

ビールやワインなども安くて、たくさん買いたかったのですが、今日のところはこれだけにしておきました。

200807韓国 280

ここに写っていないコンタクト用品もありますが、全部で1万円ほど。あれ?お高い?(^-^; でも、韓国はやっぱり輸入品が日本よりずっと高い値段で売られているので、普通のスーパーで買うよりは断然安かったと思います。トマト缶は普通は2000W(約200円)程度ですが、半額以下で買えました。だけど、8缶入りボックス…。重かったです。

帰宅後、何がいくらだったのか確認しようと思ってレシートを見ていたら、どうしてもわからない商品が…。「ボライオティモピン」って…何?テーブルの上に並べて確認していったら、「バラエティマフィン」でした~!(^0^) 

今度は、ダンナさんも一緒に行くつもりです。もちろん、重い荷物を持ってもらうためで~す。今日は自力で運んだので、肩に真っ赤な紐跡が残ってしまいました。(>_<) 

帰宅後、10分ほどしてざーっと雨が降り出しました。わ!ラッキー!龍神系雨女、返上かな?
この記事のURL | お買い物 | ▲ top
陶芸 2回目
2008/07/24(Thu)
先週、家中の照明のブレーカーが落ちっぱなしになっていたのを修理するために、陶芸を習いに行くことができませんでした。8月になったら先生もオーストラリアだの香港だのへ出かける予定があるそうなので、7月中にできるだけ習っておきたかったんですが、仕方がありませんね。

今日は、2週間ぶりに習いに行くことができました。既に私以外の人は夏休みでお留守!私一人でマンツーマンで教えてもらいました。普通に考えれば贅沢な状況なんですが、何せロンドンで大学生活を送った先生の流暢な英語に付いていけず、韓国語も拙いという私…。でも、何とか韓国語で頑張って会話しました。こうして、語学能力が磨かれていけばいいのですが~。なかなかです。(^-^; 

前回は長方形の角皿と楕円の長皿を1枚ずつと、蓮の葉の形のお皿を大小セットで作りました。今日は、2枚欲しいと思っている楕円の長皿をまず作りました。収納するときには、2枚を重ねたいと思っていますが、前回と同じサイズでできたかどうか…?焼きあがってみるまで分かりませんね。もしきちんと重ならない場合は、立てて収納することにします。

それから、しずくのような、花びらのような形の、豆皿を6枚作りました。これは、スプーンレストにするために。もちろん、豆皿としても使うつもりです。

200807韓国 276 

微妙に大きさが違っていますね…。先生が「左右対称にきちんと作らなくても、そのほうがきれい」とおっしゃるので、まあ、いいでしょう。一つ一つ大きさや形が微妙に違っていたほうが手作りならではの味が出るということで…。

お皿に小さく何やら書いていますが、あれは私のサインです。本当は、お皿の表にサインをするのはイヤだったのですが、他の生徒さんの作品と混ざらないようにしなければならないので…。韓国人はサイン付きの作品を有り難がる傾向があるそうです。山水会の陶芸の展示でも、サインが表に見えないと、「せっかくの作品なのに、サインがない!」と言う韓国人がかなりいたようです。こういうところにも、お国柄の違いが現れますね。

さて、来週はまた違った器を作る予定です。前回は友達も一緒だったし、初めてでよく分からないまま先生に手ほどきを受けて作業していたので、そんなに疲れも感じなかったのですが、今日はほとんど一人で考えながら作業と会話をしたので、3時間が過ぎたときには、どっと疲れてしまいました。でも、日本で陶芸を習いに行く機会は作らないと思うので、ここでできるだけ希望のものを作りたいです。それで、来週はいつもより早い時間から習いたいとお願いしました。5時間ぐらいを考えていますが、私の集中力は持つのでしょうか???頑張りま~す。p(^0^)q オッシャー
この記事のURL | 習いごと(陶芸) | ▲ top
パールとイエロージェイドのロングネックレス
2008/07/23(Wed)
このところ、手作り熱が再燃しています。昨日はアクセサリー作りをしました。

200807韓国 267

私の場合、日頃から目に付いたパーツを買っておいて、後でテーブルの上にばーっと広げて、どんなアクセサリーを作ろうか考えます。デザインを考えるとき、アクセサリー作りの本も眺めますが、お店で売られているもの、雑誌に掲載されているものも、デザインの参考になります。日頃からあれこれ見ておいて、記憶に残っているデザインを自分なりにアレンジして、デザインを決めます。といっても、いつもいつもはっきりとしたイメージが頭に浮かんでくるわけではないので、ふと思いついたときにイメージ図を簡単に描いておきます。手持ちの材料を見ながら、色鉛筆で色を塗っておくと、後で作業しやすいです。こうしてお気に入りのアクセサリーを作るのは、とっても楽しいです。(^0^)

今回作ったものです。

200807韓国 268 200807韓国 270

淡水パールを使ったロングネックレスが作りたいと思っていたのですが、台湾で見つけたイエロージェイドと粒の大きさが同じぐらいだったので、交互につなげたらかわいいだろうと思いました。間にジェイド(翡翠)の鳥モチーフとバロックパールのパーツをアクセントに入れてみました。上品で、大人かわいい感じになりました。間に鳥のモチーフを入れるというアイデアは、インサドン(仁寺洞)にある「アウォン」(阿園)というお店のアクセサリーを参考にしました。

韓国はこういったアクセサリーの材料が安く手に入るので、またトンデムン(東大門)へ調達に行きたいです。
この記事のURL | 作ること | ▲ top
箸が帰るべき場所
2008/07/22(Tue)
箸置きが好きです。他の食器のように収納のことも考えなくていいので、雑貨屋さんや食器のお店などで目にすると、つい手にとってしまいます。小さくて荷物にならないので、旅先でもついつい「記念に…」と買い求めてしまいます。桜の季節に伊豆高原で買った桜の花模様のガラスの箸置きなど、見るたびに満開の桜を思い出したり…。小さいながら、箸置きには様々なデザインがあって、食卓のイメージや季節に合わせて選ぶのがまた楽しいのです。

ですが、箸置きの存在価値は、食卓のアクセントというだけではないな…と、最近感じていました。食事の途中、ちょっと箸を休めてお茶やお酒を飲んだりするとき、箸置きがなければ箸はどこへ?使いかけの箸をテーブルやランチョンマットの上に直接置くのは、何だかイヤなので、きっとお皿の端に箸先を載せておくことになるでしょう。もしくは、お椀などに橋のように渡してしまうか。私も、以前はそうでした。だけど、箸置きを使い出すと、そうすることにも小さな抵抗を感じるようになってしまいました。

最早、箸置きは我が家の食卓の必需品です。箸が帰るべき場所。私が常々思っていたことを、平松洋子さんがその著書でずばり書いていてくれました。

この本については、また後日…。

そういうわけで、箸置きは確かな存在理由を得て、私も買い求めるのに理由ができたとばかりに、ますます増えていっています。

これは、6月に日本に帰ったときに買った新顔。基本的に2個ずつ買うようにしています。

200806日本 473

今のアパートにはキッチンに浅い引き出しがないので、お菓子が入っていた空き缶に収納しています。まだ左のスペースが空いていますね…。いえいえ、今はとりあえずこれ以上増やす予定はありません。日本のトランクルームで留守番している箸置きたちがいるんです。あの子たちとの再会が楽しみです。(^-^) 

200807韓国 114 

引越しで割れないようにと、韓国には右側の中段の木製、下段のピューターの箸置きだけを持ってきていたんですが、ここでも結局増えてしまいました。
この記事のURL | お気に入りのもの | ▲ top
雨の日には
2008/07/21(Mon)
日本は既に全国で梅雨が明けましたね。韓国は、はっきりした梅雨がないというものの、今が梅雨の真っ最中で、まだ明けていません。今年は7月に入ったとたんに雨が降り続き、この週末は台風の影響で一日中よく降っていました。

連日の雨と長引く照明問題で、なかなか外出もままならない日が多く、しばらく読書三昧でした。家に籠っていると、読書と共に「何か作りたい願望」も頭をもたげてきます。刺繍はもうやっていないので、他のことをしようと、久しぶりにあれこれ作ってみました。

200807韓国 180

トンデムン(東大門)の材料を売っている卸市場に行く度に、目に付いたパーツを買っていましたが、なかなか作るチャンスがなかったので、一気に作ってしまいました。チョーカーのパーツを気分やファッションによって取り替えることができるようにしました。どれも、夏にぴったり、涼しげなヴェネチアン・グラス風です。本物だったら、数千円?これはパーツ1個が50円~200円です。安い割りに、着けるとなかなか高級感があります。本物っぽく見えるかな?(^m^)

200807韓国 181

髪の毛がちょっと長くなってきて、暑いのでいつもゴムで結んでいます。大人が使ってもかわいくなりすぎないヘアゴムって、気に入ったものがなかなか見つかりません。それで、シェルパーツを見たときにひらめいて、スミレの小さな花むらをイメージして作ってみました。小さいパーツですが、シェルの艶がシックで上品で、目立たないながらも存在感があり、気に入っています。

200807韓国 262

久々にレース編みもしました。中央が立体になったジャグカバーです。これは、お世話になった方に差し上げようと思って急いで編んだのですが、照明問題でお会いするチャンスが流れてしまいました~。次にお会いするのは秋?それまで、使わずに取って置けるかな…?まだアイロンをかけていないので、写真を見ると、ちょっとふわふわしていますね。レース編みはいつも仕上げにスプレーのりを使ってアイロンがけをしますが、そうするとピシッときれいになるほか、汚れもつきにくくなります。
この記事のURL | 作ること | ▲ top
7月のお料理教室
2008/07/20(Sun)
照明問題のごたごたで遅れましたが、2日前にお料理教室へ行ってきましたので、アップします。

(今月のメニュー)

コングクス(そのまま伝えると、豆乳麺)
200807韓国 217
大豆を使ったスープ、即ち豆乳の冷たい麺です。麺は素麺と同じ細い小麦麺を使います。韓国の夏の定番メニューです。大豆から作ると、濃厚で美味!家でも作ろう!

キムチメミルジョン(そば粉のキムチジョン)
200807韓国 214
そば粉を使ってクレープの皮のようなものを焼き、具を巻いています。具は赤いのがキムチ、白いのが大根です。こういうのも「ジョン」っていうんですね~。

タップルコギとメシルセルロドゥ(鶏肉の炒め煮と、梅ドレッシングのサラダ)
200807韓国 219
先生が漬けた梅の実を使ったドレッシングが絶品!来年、私も梅を漬けてみようと思います。

チャルトック(小豆餅)
200807韓国 231
季節に関係なくお餅が好きなんですね。

スバクファチェ(スイカのファチェ)
200807韓国 228
「ファチェ」は漢字で書くと「花菜」で、フルーツポンチのようなデザートのことです。今日のファチェは、オミジャチャのジュースに丸くくり抜いたスイカと紅白の白玉団子が入っています。

ペチュキムチ(白菜キムチ)
200807韓国 208 200807韓国 212 
9月に韓国を離れるメンバーの希望で、夏ですが、キムチの作り方を教えてもらいました。

(今月のテーブル)
200807韓国 223 200807韓国 233
今月はメンバーが少なく、3人だけでした。もう学校は夏休みなんですね。来月も人が少なそうなんです。

今回のお料理教室では、先生が特別に季節が真逆のキムチを教えてくださいましたが、キムチといえば、ポッサム!で、先生はポッサムのレシピを準備していたんです。ですが、ポッサムはもう既に習ったことがあるんです~!(>_<) レシピを見て、「先生、ポッサムは習いましたけど…」と伝えると、先生もショック!お肉の塊を準備していたのに~!だけど、「ちょっと待って」と、たくさんのレシピの中から代わりのものを見繕い、すぐにタップルコギへとチェンジしてくださいました。さすが!

急なことだったので、冷凍していたお肉をレンジでチン!しましたが、先生は「私、いつもはお肉はレンジで解凍しないのに…」と、残念そうでした。今月もメニューがかぶっていた私達のグループ。先生も、「いつもメモしているのに、どうしてこのグループだけ毎回勘違いしてしまうのかしら…」と、嘆いていらっしゃいました。なんでだろう?今まで、2回目から今までのレシピは、ずーっと1品だけ前回習ったメニューとかぶっていて、先生がその場で違うメニューに替えて作っているんです。不思議です。でも、タップルコギ美味しかったです♪
この記事のURL | 習いごと(韓国料理) | ▲ top
照明問題の行方
2008/07/19(Sat)
木曜日に外部の業者に家中の照明を取り外してチェックしてもらい、結果、寝室のスイッチがブレーカー・ダウンの原因とつきとめ、それを取り替えてもらった結果、ブレーカーは正常に戻りました。この時点で、全ての問題は解決したと思っていましたが、翌金曜日、アパートの管理事務所からチェックが入り、やはり電流が正常値ではないので、漏電している可能性が高いといわれました。放っておけば、どんなリスクが生じるか、分からないと…。

で、土曜日の本日、とうとう建設会社の方で点検チェックしたいとの話になりました~!昨夜も接待のため、私の就寝後に帰宅したダンナさんも、重い体に鞭打って朝から起き出し、9時の来訪を待っていました。しかし、やっぱり時間通りにやって来ません。しばらくすると、見たことのない男性がやって来ました。聞くと、この部屋のオーナー(家主)の弟さんだとか。オーナー自身は釜山にいるため、代理でやって来たそうです。オーナーも参加することになっていたのね…。

200807韓国 243

今日こそラストになりますように。続く。
 ↓
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
え?まさか、まだ照明問題?
2008/07/18(Fri)
今日は、月に一度の韓国料理の日でした。が、朝、出かける直前に会社のダンナさんから電話がかかってきました。珍しいな…と思ったら、やっぱりブレーカーのことでした。昨日、片がついたんじゃなかったの?

何でも、アパートの管理会社からの連絡で、ブレーカーは落ちなくなったけれど、まだブレーカーが正常運転しているかどうか検査していないので、それを調べに行きたいということのようでした。「いつ?」と聞くと、「今から」ですと!「ダメダメダメ~!今日の午前中だけは、もうやめて~!」と、午後にお願いしました。

200807韓国 244

今日も長くなるので、続きはこちら。
 ↓
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
照明問題に決着!
2008/07/17(Thu)
先週からず~っとおかしかったんですが、昨日から、とうとう本格的に壊れっぱなしの我が家のブレーカー。何度も修理屋さんを呼んでは、その都度拙い韓国語で応戦してきましたが、もはや私の韓国語能力の限界を越えてしまいました。私としては、なるべくダンナさんの会社のスタッフの手を煩わせたくはなかったのですが、仕方がありません…。

Bさんに電話での通訳で助けてもらい、もしかしたらエアコンの室外機の水漏れが原因かもしれないということで、今朝その検査をすることになりました。私は、本当だったら今日は朝から刺繍のレッスンに顔を出して先生にご挨拶をし、午後は陶芸を習いに行く予定だったんです。だけど、家中の灯りが消えたままというのは本当に不便なので、何はさておき一刻も早く修理してもらわなければ!ということで、今日の予定は全てキャンセルです。(T-T) 今日中に片が付くといいのですが…。

200807韓国 187

長くなりますので、続きはこちらへ。
 ↓
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
まだ終わらない、照明問題
2008/07/16(Wed)
毎年楽しみにしているNLBオールスターゲーム。今年も熱戦を期待!…していたのですが、うっかり忘れていて、11時ごろから見ました。スタメン、イチローの出番はあっという間に終わっちゃって、A・ロッドもジーターもラミレスもあっという間に交替でベンチに下がっちゃいました。ありゃりゃ。ですが、試合自体は長~い試合で、延長15回、4時間50分も~!でも、見始めたら最後まで見届けなければ気が済まなくなるんですよね。(^-^;

このオールスターゲームを見ている最中に、「カエルの家」(ブレーカーの配電盤)から嫌な音が聞こえてきました。「カチャッ」と。(-_-)3 ☆

ま~た~も~や~!ブレーカーが落ちっぱなしになってしまいました~。もう、イヤ!(>_<) 修理屋さんを呼ぼうかと思いましたが、今までの流れを見ていると、修理屋さんを呼んだところで、どうにもならないパターンが続いています。それより、時と共に自然に回復するのを待つほうが賢いような気もしました。それで、とりあえず野球の試合が終わるまでは慌てず騒がず待つことにしました。(野球が見たかっただけ?イエイエイエ…。)

ですが、長い試合が終わった後も、ブレーカーは元に戻りません。これはもう、大々的に大問題!ということで、会社の方にお出まし願うしかない!韓国語の未熟な私には限界があります~。(T-T) 

ダンナさんに電話を掛けましたが、会議中ですぐに切られ、用件を伝えることができず。あうあう。夕方、ようやくダンナさんから電話が掛かってきました。復旧しないブレーカーのことを伝えると、ダンナさんも、会社のスタッフに伝えるから、あとはマンションの管理会社と会社でやりとりしてもらおうということになりました。

それからすぐに会社のBさんから電話が掛かってきて、念のために修理屋さんを呼ぶので、まずは修理屋さんに見てもらって欲しいと言われました。ほどなくして、初顔の修理屋さんがやって来ました。ですが、やっぱり原因不明。もしかしたら、エアコンの室外機の水漏れが原因かもしれないということになり、そこは管轄が違うので、マンションで契約しているエアコン専門の業者と連絡を取ることになりました。Bさんに電話で通訳してもらいながら、やっとここまで事態が展開しました。

ですが、既に6時を過ぎていたため、エアコン関係の業者とは連絡がつきませんでした。明日は朝から一日中予定が入っていたのですが、しょうがないので全てキャンセルして、エアコンの検査です。もし、エアコンの方にも問題がなかったら、家中の照明を外して、配線を全てチェックすることになるそうです。オーノー!そんなことになったら、作業は2~3日かかってしまうそうです~。修理屋さんは「工事」って言っていました。工事はイヤ~!(>o<) 

エアコンが全ての原因でありますように!金曜日も朝から予定があって、これ以上何もキャンセルしたくないので、明日中に片がついてほしいです。

こんなにたくさんのこと、自分ひとりではできませんでした~!Bさんに感謝!そして、外側は立派な建物でも、トラブルの多すぎる韓国の集合住宅事情にげんなりです。

200807韓国 168 

今日は何も載せる写真がありませんが、先日スーパーで買ったこの飲料を。そう、日本の「爽健美茶」です。これ、パクリでも何でもなく、コカコーラボトラーズから出ている、れっきとした正規品です。商品名も日本語のまま「ソウケンビチャ」とハングルで書いてあります。その上、パッケージに「日本No1混合茶ブランド」と書いてある~!韓国も変わりました。しかし、再浮上の竹島問題で日本の商品が売れるのか?今週末は竹島がらみの「ろうそくデモ」が予定されているそうです。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
本の貸し借り 最終章
2008/07/15(Tue)
今日は朝からブレーカーのチェックの為に、新しい修理屋さんがやって来ました。しかし、昨日の夜、既に復旧しているため、「何が問題?」と、首をひねっています。そりゃそうだ。昨日の時点では、家中の照明を取り外してチェックするとか何とか言っていましたが、結局、今日はブレーカーの分解チェックと水周りの照明チェックだけして、何も問題がなかったので、修理屋さんは帰っていきました。

先週から立て続けに3回も急にブレーカーが落ちていることを伝えておきましたが、だからと言って、今は何も原因が分からないので、修理屋さんもどうしようもないようです。これで、問題は何も解決しないまま、持ち越されてしまいました。(-_-) 

お昼から、お友達の家に行ってきました。彼女にず~っと借りっぱなしだった本を返しに。私も彼女に本を貸していたようで、お互いに数ヶ月ぶりに本を返せて、ほっとしました。

韓国に来るとき、そして一時帰国のたびに、日本からずいぶん本を持ち込みました。ダンナさんの会社の海外駐在員向けのサービスで、年間2万円分の書籍が購入できるので、そのサービスも利用して、こちらでも本が増えています。(といっても、日本から郵送してくる関係上、国内定価の1.5倍ぐらいの値段+送料なので、実際には1万5千円分ぐらいなんですけどね。)

その上、韓国では仲良くしている人たちが本をよく読む人たちなので、お互いに貸し借りをして、ずいぶんたくさんの本を読みました。人と貸し借りをするメリットは、普段自分では選ばないような本にめぐり合えることです。私も、周りの人のおかげで、これまで読んだことのない本を読むことができ、ずいぶん刺激を受けました。(^-^) 

問題は、まだ読んでいない本がたくさんあることです。もう貸し借りもこの辺で終わりにして、ここにいる間に、自前の本を読破したいです。この夏は、読書の夏になるかな~?普段は、毎晩寝る前が読書タイムです。

~おまけ~
友達の家で、初のランチのペダル(出前)を頼みました。韓国では、普通の家庭でも会社でもペダルがよく利用されています。電話をして約10分後、熱々の料理が、全てラップで覆われて、岡持で運ばれてきました。速い!しかも、熱すぎる~!ラップが溶けかけてる~!

200807韓国 186 200807韓国 185 

友達はオムライス、私はチャンポンを注文したのですが、チャンポンって赤かったっけ?はい、韓国のチャンポンは赤くて辛いのです。ご用心。

この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
照明問題、再び
2008/07/14(Mon)
先週の水曜日、突然照明がつかなくなり、修理の人に来てもらいました。そして、土曜日の夜、ブレーカーがまたもやおかしくなったけれど、日曜日の朝には自然に元に戻りました。そんなことがあったのですが、月曜日の今日の夕方、また照明がつかなくなりました~!(T-T) 

予想通りとはいえ、本当に面倒くさいです~!また管理人室に行って修理屋さんを呼んでもらい、ブレーカーと家中の照明のスイッチを分解しての修理。水曜日に修理に来てもらったときはすぐに復旧したのですが、今日は難しい状況だったらしく、1時間以上もかけて、本当に家中のスイッチが分解されました。それでも、どうしても復旧せず。明日、作業員を増やし二人で出直してくるそうです。それまで、灯りのない生活。(-_-) 

はぁぁ~。原因が何か分からないようで、こちらもどうしたらいいのか…。修理屋さんが帰っていったのは、夜7時半を過ぎていて、今日は天気も悪く、外も暗くなっていたので、唯一つけることのできる台所の手元を照らす照明をつけて、大急ぎで晩ご飯の準備をしました。そして、キャンドルの灯りの中で食事をしました。こういうときは、ちっともロマンチックに感じません。

あ~、アイロンがけもしなきゃならないのに~。洗濯も今日はあともう1回しなきゃならないのに~。などなど、暗い中でやらねばならない家事が次々と頭に浮かんできます。こんな日に限って、タオルケットを2枚とシーツまで洗濯してしまい、普通の洗濯物を干すスペースがなくて、後回しになっていたんですよね…。それなのに、まだタオルケットは乾いていないし~。(>_<) 

ご飯の後、日曜日の朝に復活したことをもう一度思い出して、ふとブレーカーをいじってみました。そしたら、なんと!復活しました!えええ~~~!なんで~~~?大急ぎで晩ご飯の後片付けをして、生乾きのタオルケットに扇風機を当てて乾かし、残っていた洗濯物を洗濯機にセットしました。これからアイロンもかけなくちゃ!いつまたブレーカーが落ちるか分からないですから。(@_@)=3 急げ~!

こんなに頻繁に故障するなんて、生活するうえで落ち着きません。明日、修理屋さんが来たときに、もう一度よく確認してもらうことにします。

200806韓国 192 
写真はチャメ(まくわうり)。韓国の夏の代表的な果物です。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
在庫消費の週末ごはん
2008/07/13(Sun)
昨夜、また突然、家中の照明が消えました。原因はたぶん前回と同じでしょう。ブレーカーが落ちたまま戻りません。(T-T) 11時だったので、もうその日のうちに修理は無理だろうと、昨日はそのままキャンドル生活~。前回と同じ轍は踏まないよう、キャンドルがあふれ出ないように注意、注意。

そして今日、朝食後に修理を頼もうかと思っていましたが、ダンナさんがもう一度ブレーカをチェックしたら、あらら?今度はちゃんと戻りました。照明も全部復活。どういうこと~?

今日のところはちゃんと点いたからよかったけど、また急にブレーカーが落ちてしまったらどうしよう~…という不安が残ります。あ~、面倒くさい。

この週末は、土曜はどしゃ降り、日曜はスチーマーの中のように蒸し暑かったので、どこにも出かけず家で過ごしました。出ないとなったら、とことん出ません。(^-^; この週末、私は家から一歩も外に出ていませ~ん。買い物にも行かなかったので、家にある食材を使ってごはんを作りました。

土曜日のブランチは日本からのお土産に頂いたつけラーメン。日本の味や~。
200807韓国 145 

おやつは水羊羹♪現代百貨店で買いました。1個1000W(約100円)はお買い得!
200807韓国 148 

晩御飯はハヤシライス。
200807韓国 147 

一緒に飲んでいるのは、「ポップンジャ」という韓国の果実を使ったフルーツワインです。韓国人からの頂き物です。ポップンジャは普通は焼酎に漬けて果実酒にするのですが、これはポップンジャのワイン。とっても甘くてフルーティーな味でした。ポップンジャのお酒は体にいいんだそうですよ。
200807韓国 165 

そのままハマグリの佃煮を肴にちょびちょびと…。
200807韓国 146 

日曜日の晩御飯は、瓦そば。私にとって、この郷土料理は夏の味!
200807韓国 169 

この夏は、ストックしてある乾物類も計画的に片付けていかないと…。けっこう溜め込んでいます。(^-^; 
この記事のURL | 食べること(韓国) | ▲ top
念願の器
2008/07/12(Sat)
山水会の作品展の開催期間中、私は毎日会場に顔を出していました。会場はインサドン(仁寺洞)と徒歩5分の距離なので、行き帰りにインサドンの馴染みのお店に顔を出していました。

そして~!お料理の先生のお宅で拝見して、ずーーーーっと探していた器を発見しました!

200807韓国 159 

すでに行きつけのお店になっている、サムジギルの「トヨ」というお店。こちらで以前、チャ・ミョンスン氏のぐいのみを購入しましたが、お店のオンニに何気なく、「この同じ作家さんの食器を探しているんですよね~」と話したところ、「ああ、ありますよ」との思いがけないお返事!お店にはディスプレイされておらず、ストックの中から半端に残っていたお皿を出してくれました。

うっそ~!ずっと欲しかった器が、こんなところにあったなんて~!(@0@) 

私が頻繁に使うサイズのお皿があったので、そのお皿を2枚と、1つだけ残っていたお茶碗ほどのサイズの鉢を買って帰りました。

お店でお買い物をした後、私と同じく、チャ・ミョンスン氏のお皿を買いたがっていた台湾人のお友達Cさんに、お店にお皿があることを教えてあげたところ、一人では心もとないというので、翌日私も彼女と一緒にお店に行くことになりました。で、翌日、お店でお皿を見たCさんは、思っていたのと違っていたようで…。お料理の先生のお宅で見たお皿の中には、もっと大きいサイズのものもあったのです。大きいお皿が欲しいというCさんの希望を伝えたところ、お店のオンニが作家さんに直接電話してもっと大きいサイズのお皿があるか尋ねてみてくれましたが、今は昔のような大きいサイズは作っていないそうです。以前作っていたものより小さめで、大中小のお皿をセットで売っているんだとか。それで、作家さんからお店に商品を入れてもらい、Cさんが後日実物を見て購入することになりました。

それから、私もちょくちょくお店に顔を出していましたが、ちょうど入荷した大中小のお皿を見て、「中と小のサイズも使いやすそう~!」と、結局、私もまたさらに買い足してしてしまいました。

全部でこれだけになりました。大中小のお皿のうち、大サイズだけ2枚、あとは1枚ずつ。そして、小鉢が1個。ここには写っていませんが、同じシリーズのぐい呑みも2個あります。
200807韓国 153 200807韓国 154 

チャ・ミョンスン氏のこのシリーズは、青磁かと思っていましたが、白磁に淡い青緑の釉薬を掛けているんだとか。白くうっすらと見える花の模様が、なんとも上品です。

ずっと欲しかったお皿なので、ちょくちょく登場しています。お料理の先生のお宅で既に実証済みですが、思ったとおり使いやすいです!

200807韓国 115 200807韓国 116 

上の写真で登場している、大サイズの20センチほどのお皿は、立ち上がりがあるので、汁物も大丈夫なマルチなお皿です。この形と大きさは、私が一人でご飯を食べるときに一番よく使うお皿なんです。今までは、結婚前のまだダンナさんが学生だった頃に、私がダンナさんの家で料理をするときにお皿が足りず購入した、スーパーの100均コーナーで買ったどうしようもないお皿を、もう10年以上も使っていました。買い換えたいと思いつつ、同じサイズで気に入るお皿が見つからず、それでもやっぱりそのサイズが使いやすいため、海外に引っ越す度に持ってまわり、気に入らないまま今まで10年以上もお世話になってきました。だけど、これでいよいよそのお皿の出番もなくなりそうです。

200807韓国 162 
だいたい同じサイズで同じ形です。右が10年選手のそのお皿。縁にはへんてこな魚貝模様がぐるりと…。デザインはともかく、割れずにここまでよく付いてきてくれました。手放すと思うと、ちょっと寂しいような…。
この記事のURL | お買い物 | ▲ top
ロデオ通り
2008/07/11(Fri)
今日行った陶芸の工房は、ムンジョン(文井)というところにあります。ムンジョンと言えば、アウトレットのお店が立ち並ぶロデオ通りで有名です。

200807韓国 127 

なぜ「ロデオ通り」という名前になったのか、由来は知りませんが、通りの入り口でまさにロデオをするカウボーイ像がお出迎えしてくれます。

アウトレットと言っても、韓国は関税が高い国なので、輸入製品がそんなにお徳ではないことを知っています。しかも、アウトレットのお店が立ち並んではいますが、中には普通のショップもあるので、気をつけないと、日本の正規店で買うほうが安かったりもします。

ラルフ・ローレンのアウトレットを発見!
200807韓国 128 

ちょうどセール中だったので、ダンナさん用にシャツを購入しました。
200807韓国 138 

日本はボーナスのシーズンですね~!韓国にいると、そんな気分も味わえないので、せめてこれをプレゼントして、ボーナス気分を味わってもらいたいです。明日、国内出張から帰ってきます♪
この記事のURL | お買い物 | ▲ top
韓国で陶芸
2008/07/11(Fri)
何でも手で作ることが好きです。(未知のジャンル、お菓子作り以外…。)今日は、お友達が通っている陶芸教室に誘ってもらい、参加させてもらいました。冬頃から行きたいと思っていたのですが、陶芸は冬場は冷えるんですよね~。それで、暖かくなったら行こうと思いながら、「刺繍が片付かないことには…」と、刺繍優先でいたら、結局こんなに遅くなってしまいましたよ~。でも、刺繍のレッスンが終了したこの夏は陶芸で楽しめそうです♪

こちらが工房です。こじんまりしていて、ごちゃっとした濃密な空間です。一番右の人物が先生。
200807韓国 135 200807韓国 137 

陶芸の先生には以前一度お会いしたことがあります。とっても小柄な(148センチ!)かわいらしい女性の先生です。年齢は…私よりちょっと上なのか?下なのか?年齢不詳です。イギリスで作陶されていたそうで、今日工房で目にした先生の作品は、モダンで繊細な、それでいて可愛らしさのあるイメージでした。

さて、本日、私が何を作ったかというと、土をのし棒で薄く平らに伸ばす「たたら」という技法で、細長い皿を2種類と、「試しに作ってみて」と先生に言われ、成り行きで作った平皿大小2枚です。

この長方形の皿、作るのが大変でした。(>_<) 先生が手を入れてくれています。
200807韓国 131 

行き当たりばったりだと、ろくなものが作れないときちんと分かっていたので、事前に作りたいものをイメージして、画像があれば写真に撮り、図にも描いて持参していたので、細長い皿2種類はイメージどおりにどんどん作れました。ですが、成り行きで作ることになった平皿は、どんなふうにしようかノーアイデアだったので、苦し紛れに蓮の葉の形にしてみました。あふれ出たキャンドルの教訓を活かし(?)これはどちらもキャンドル用のお皿にしようと思っています。大小にしたのは、収納のことを考えて。

本当は、今日だけでもっとたくさん作れるだろうと思っていたのですが、初めてのたたらの作業が上手くできず、ちょっと手こずってしまったので、意外と時間がかかりました。作りたいと思っていたものがまだ作れていないので、来週もまた行くことにしました。本当は2~3回のつもりで始めたのですが、もしかして、もっと行くことになっちゃったらどうしよう~!(*0*) 陶芸の楽しさに、またまた一気にはまっています!

台湾でも、陶芸をしていたことがあるのですが、材料と場所を使い放題の代わりに、何も指導なし!というフリースタイルだったので、陶芸経験のあるお友達に習いながら、自分たちで独自にやっていました。そんなかんじだったので、初めて陶芸に挑戦した私には、メリットもデメリットもたくさんありました。

メリットは、もちろん失敗しても気にせずにどんどん土を使えたこと。日本で陶芸を習うと、土が1キロいくらで…と、大変らしいのですが、台湾では失敗したらバケツに放り込んでおけば、また再生してくれたので、一人で何キロもの土をどんどん使っていましたね~。贅沢です。初心者のクセに「手びねり」も「たたら」もやらず、いきなり「ろくろ」を回して作っていたのも、ある意味では太っ腹、そしてある意味では無謀ですよね。ろくろだと、下手なりにも、あっという間にできちゃうので、駄作が山のように手元に残りました。(^-^; 

デメリットは、先程の駄作が山盛りということもありますが、やっぱりきちんと指導を受けていなかったので、基本的なことを何も知らないということですね。これは、本当は、かなり痛いです。せっかく陶芸をしていたのに、本当の基本を知らない!

今日は、先生が手取り足取り教えてくださったので、「へぇ~、こうやるのか~」とか「こうやっちゃ、ダメだったのね…」と、今更ながら目からウロコがいっぱいでした!やはり、吉田兼好も言っていました。「何事にも先達あらまほしきことなり」と。

あ~、やっぱり陶芸って楽しいです~♪次は、もっと手際よく作業をして、希望のものを、作れるだけ作りたいです~。この際、また駄作が増えることには目をつぶって…。「作る」という作業が楽しいのです。
この記事のURL | 習いごと(陶芸) | ▲ top
テーブルクロス
2008/07/10(Thu)
先日、布だけ買って糸を買い忘れていましたが、改めて糸を買い、テーブルクロスを作りました。お友達の家でミシンを借りて縫わせてもらったので、3枚があっという間に完成!(お友達がアイロンがけを手伝ってくれました。感謝~!)我が家にはミシンがないので、普段は何でも手で縫っていますが、やっぱりミシンは速くて便利だな~。日本に帰国したら、ミシン生活を絶対に始めたい!

早速テーブルに掛けてみました。
 ↓
200807韓国 113 

一気に雰囲気が変わりました~!*^-^* 

結婚して家具を揃えるとき、ダンナさんの海外転勤のことを考えて、私はダイニングセットは必要ないんじゃないかと思っていました。リビングと兼用のローテーブルで十分ではないかと。ですが、ダンナさんがどうしてもダイニングセットが欲しいと言うので、それならフレキシブルなのがいいということで、我が家の食卓は、ばらせる組み立て式、尚且つ天板の大きさを変えられる伸長式を購入しました。本当は、どうせ買うなら無垢材のどーんとした大きなテーブルが欲しいのですが、こんなに海外引越しが多いと、今はまだその時期じゃないんだ…と諦めざるを得ません。ですから、この選択、我が家のライフスタイルにはちょうどよかったようです。

テーブルクロスを作るとき、サイズをどの状態のテーブルに合わせるか、ちょっと悩みましたが、大は小を兼ねる!マックスのサイズで作っておくことにしました。一番小さくした状態のときはクロスがなくても大丈夫ですが、大きく伸ばしたときに、伸ばした分の天板は別板なので、そこに線ができるのが気になっていたんです。

こうしてクロスを掛けてみると、なかなかいいですね♪木の天板も好きですが、クロスでおめかししたテーブルもなかなかステキです。今まで、ダンナさんが汚しそう…と思って、クロスは掛けずにいましたが、これからはクロスもどんどん使っていきます。今度は、天板を小さくしたときのサイズも縫いたい♪

ダンナさん、模様替えしたテーブルを見て、一言。「汚して怒られそう…」(-"-)

私の心配、読まれていました~。(^▽^;

ダンナさんに汚されても大丈夫なように、先月日本で買ってきたスウェーデンのランチョンマットが大活躍ですね♪もちろん、汚さずにいてくれるのが一番ですけど。

200807韓国 121 200807韓国 120 

このランチョンマット、布じゃないから、さっと拭けてダンナさんにぴったり!と、神戸の雑貨屋さんで買いました。気分で取り替えられるよう、模様違いにしましたが、ダンナさんはハリネズミ柄を自分専用にしてしまいました~。ダンナさんがいないときに、こそっと使います…。(^-^) 

昨夜、テーブルクロスを掛けてすぐに、悲劇が~!
 ↓
この記事のURL | 作ること | ▲ top
停電じゃなかった
2008/07/09(Wed)
今日はいいお天気。

200807韓国 117 

夕方、あまりの夕景の美しさに電気を点けるのを忘れていました。そのまま薄暗い中で過ごし、さてそろそろ…とスイッチをオンにしたところ、電気が点きません。あれれ???もしかして、停電???

停電なら仕方がない。まだうっすら明るいうちに、急いで夕食をとり、のんびりキャンドルなど灯して夜を過ごしていました。しかし、いくら待っても復旧の気配はなく…。そのとき、ようやくおかしなことに気付きました。エアコンは動いているのです。テレビも見られるのです。キッチンのシンクの上に取り付けられた蛍光灯は灯るのです。あれれ~???何かおかしくない~???

玄関の扉を開け、廊下に出てみると、廊下は電気が点いています。これは、もしかして、うちだけ???すぐに同じアパートのお友達に電話をして確認したところ、はい、うちだけでした。(-_-") 

ブレーカーをチェックしてみたら、照明のブレーカーが落ちたまま、戻しても戻しても正常の位置になりません。はああ~。大きな溜息。すぐに管理人さんのところへ行き、事情を説明して、修理の人に来てもらいました。真っ暗な中、作業をする修理の人。しかし、難しい問題だったらしく、「別の人が来ますから」と、その人は帰っていきました。

しばらく後、別の修理の人がやって来ました。ブレーカーをチェックして、おもむろにブレーカーを分解し始めました。その後、照明のスイッチも分解。家中のスイッチを分解していくの~?修理の人曰く「そうです」と。はああ~。溜息。…結局、リビングとキッチンの方をいじっているうちにうまくいったみたいで、寝室の方は分解せずに済みました。

200807韓国 119 

今日のところは、直ってくれてよかった~。しかし、原因は何だったんでしょう?聞いても分からないと思って、敢えて尋ねませんでしたが。

こういう急なトラブルも、海外に住んでいれば当たり前と思って、どうってことなくなってきますが、そもそも、夕方照明が点かない段階で、怪しいと思うのが普通なのかもしれません。この時点で、ただの停電だろうと思い込んでいた私…。麻痺していますかねぇ~???そして、家中の照明が点かないという状況になって、韓国の我が家に懐中電灯がないことに気付きました。ま、韓国では必要ないか!

うちのアパートの配電盤はこのようになっております。
 ↓
200807韓国 126 200807韓国 125 
最初に目にしたときは、それとは気付かず、「何だ?この立体的な額縁は~!趣味悪い!」と思ったものです。これ、標準仕様です。本当に、趣味に合わないから、こんな個性的なの止めて欲しい…。

床に近いところにはインターネット接続関連が。こちらは白。立体的だから、埃がたまる、たまる…。
 ↓
200807韓国 124 

~おまけ~
韓国では、配電盤のことを「カエルの家」といいます。ブレーカーをカエルに見立てたのかな。面白いですね!
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
ブラック・パラティッシ
2008/07/08(Tue)
ああ、今日は長くなりそう…。

最近、器にずっぽりとはまっている私。きっかけは、韓国料理を習い始めたことと、器を上手に使っている方たちのブログにめぐり合ったこと、などです。もともと器が好きで、ちょこちょこ買ってはいましたが、ティーC&Sや中国茶器など、お料理の器というより、主にお茶の道具でした。

実は、韓国の器には、最初はそれほど興味も湧かなかったのですが、それは、私がステキな器に出会っていなかっただけなんですね。お料理の先生のお宅で、韓国の作家さんのステキな器を目にするたびに、韓国の陶磁器への考えが変わっていきました。熱するときは超特急で一気に加熱してしまう私…。インサドン(仁寺洞)のサムジギルにあるステキな器屋さん「トヨ」でのお買い物をきっかけに、どんどん器への情熱が止まらなくなってしまいました~。(^-^; 

そして、沸騰した情熱は、韓国に留まらず、なんと日本の陶芸作家さんの器や骨董の器、さらにびょーんと飛んで北欧の器にまで飛び火してしまいました。あまりにノン・ジャンル。

そういうわけで、去年から我が家の器が、徐々に、いえ、飛躍的に増えていますが、どれもこれも、すごく使いでがあって、役に立っています。盛り付けや配膳にも、今までより気を配るようになりました。

そして、先月日本に帰国したときに、日本から運んできたのが、こちらの食器です。
 ↓
200806日本 479 
フィンランド、アラビア社の「パラティッシ」ブラックです。

この器、知っている人にはあまりにも有名ですが、2005年に廃盤になったビルガー・カイピアイネンの名品です。その後、非継続的に再生産されてはいるものの、市場に出回る数が限られているため、なかなか入手しにくい状態が続いています。私は、結婚前に、このお皿のブルーとイエローが印象的なカラー版を見て、かわいいな~と思っていましたが、そのときはお値段も張るし、手は出せませんでした。その後、海外を流れている間に、この食器のことはすっかり忘れていました。

ですが、器や台所用品に異常に興味を持つようになって、いろんな方のブログを拝見しているうちに、この食器をステキに使いこなしている方が多く、私も惹きつけられてしまいました。そして、よくよく見ると、カラーよりもブラックの方が今の気分にぴったりでした。ところが、ブラックは既に廃盤です。近年の北欧ブームも手伝って、入手は困難。しかも、北欧人気の日本と違って、北欧には無関心な韓国在住。これはかなり不利な状況です~。(>_<) 

そんなとき、突然の日本一時帰国。ネットショップではぎりぎり再入荷するかどうか…というところでしたが、間に合わなかったので、ネットオークションで購入してしまいました。オークションだと高値で取引…という印象があるかもしれませんが、私は幸運にも、B級品ではない通常の品が、定価以下のスタート価格でさくっと落札できてしまいました。

日本にいる間に受け取れるように、妹の家に配達してもらい、ボウルと26センチのお皿がそれぞれ2枚ずつ、我が家にやって来ました~!

実際に使ってみると、たくさんの方がこの食器に魅力を感じるのが本当によく分かります。何でもないお料理が映えること、映えること!しかも、丈夫で使いやすい!これは大正解!

200806韓国 244 200806韓国 329 

最近、ちょうど再生産された食器を再販するショップがでてきましたので、次回の帰国時にすぐに使えるようにと、先日、イルムスで追加購入してしまいました。妹には毎回、保管でお世話になっています…。今度帰国したら、21センチのお皿とティーC&Sが待っています~♪楽しみです。o(^0^)o 

~おまけの話~
「パラティッシ」とは、フィンランド語で「楽園」だそうです。そして、カラー版は「アダム」、モノクロ版は「イヴ」という名前がついています。アダムのカラフルな色遣いを最初に見たとき、南欧の食器かと思いました。「アダム」は一年で最も生命の息吹を感じる北欧の短い夏を表し、「イヴ」はひっそりとした冬を表しているそうです。同じ柄なのに全く印象が違っていて、それでいて、それぞれに魅力があります。この柄がデザインされたのが1969年…。もうすぐ40年になろうというのに、全く古さを感じさせません。廃盤になったのは、どうしてなんでしょうね?

パラティッシ カラー 26センチ皿 パラティッシ ブラック 26センチ皿 
この記事のURL | お気に入りのもの | ▲ top
東大門の総合市場
2008/07/07(Mon)
日本では七夕ですが、旧暦で伝統行事を行う韓国では、今日は普通の一日。空は生憎のどんより。このところ、蒸し暑くてかないません。(>_<)``汗が~!

蒸し暑さの中、今日はトンデムン(東大門)へ行ってきました。ご存知トンデムンには、いろいろな市場があります。市場というと、路上に野菜や果物を並べて売っているイメージがありますが、ここはそんなかわいいものではありません。ビル丸ごと1個が専門の卸市場になっていたり、通りの両側に同じジャンルの専門店がずら~っと並んでいたり、そういう規模の市場なんです。

そして、トンデムンというと、ファッションビルが有名で、安くてかわいい衣料品を求めて、若者がうじゃうじゃ集っているイメージもありますが、そういう衣料品を作る材料の卸市場も充実しているんです。

今日は、そんな衣料品やアクセサリーの材料を専門に売っている総合市場へ行ってきました。こちらは、5階建てのビル2棟がまるごと布と服飾品の材料の卸市場になっています。はっきり言って、何をどこで買ったらいいのか…。お店が多すぎて、行く度に迷ってしまいます。

お買い物の目的は、ビーズのパーツと、テーブルクロス用の布だったんですが、ここで布を買うのは初めてだったので、ぐるぐる見て回っては迷子になり…を繰り返し、でも、何とか気に入る布を3枚買うことができました。

韓国では布はマ(1マ≒90センチ)単位で売られています。メートル単位を使う日本人にはちょっと慣れませんが、台湾でも1尺単位で買うのが普通だったので、この辺は臨機応変に…。

ベージュと若草色と水玉模様の薄いすみれ色の布を買いました。
 ↓
200807韓国 123 

ベージュは灰色に近いシックな色合いです。若草色のは、抹茶色との中間ぐらいのちょっと渋いトーンです。水玉模様の方は、薄灰色のような水色のような淡~いすみれ色。こちらは麻なんです。買ったお店は全部ばらばらですが、お値段は全部一緒で、1マで5000W(約500円)でした。卸にしては特にお安くもない?実は、幅が150センチ以上あります。こんなところも、日本と違いますね~。

ミシンがないので、ミシンを持っているお友達のところで、ミシンを借りて縫わせてもらう予定です。

しか~し!糸を買うのを忘れてしまいました!(>_<) 広い売り場で、布を買うのでいっぱいいっぱいだったんですね…。すっかり忘れていました。手持ちの100均の15色縫い糸セットで間に合うかな~。いつも、ちょっと抜けている私です…。(^-^; 
この記事のURL | お買い物 | ▲ top
器のお手入れ
2008/07/06(Sun)
最近、器フィーバーな日々を送っています。韓国で購入した器は磁器が多いので、お手入れも簡単なのですが、中には陶器もあります。そして、先月日本に帰ったときに京都で購入した加古勝己氏の器も陶器です。陶器の器は、磁器と比べて土が柔らかく、食べ物の汁も染み込みやすいので、お手入れにはちょっと気を遣うんだそうです。

「・・・だそうです」としたのは、つい最近までそんなことを知らずに陶器も磁器もいっしょくたに使っていたからです。お恥ずかしながら、器に興味を持ち出して、いろいろなブログやHPで知りました。(^-^; 

陶器は、使う前に米の研ぎ汁で煮沸しておくと、目地に米ぬかが染み込んで、汚れが染み込みにくくなるんだとか。ほほ~。

で、早速煮沸してみました。

200807韓国 110 

幸い、我が家には、ダンナさんが学生時代から持っていた(使っていたわけではない)大きなお鍋があるので、それで煮沸してみました。お鍋にたっぷり米の研ぎ汁を張り、陶器の器を入れて、10分ほど沸騰させ、そのまま一晩放置します。翌朝、普通に洗剤をつけてスポンジで洗って、おしまい!コツは、器と器の間にキッチンタオルを挟んで、沸騰したときにかちゃかちゃと触れ合わないようにすること。そして、完全に乾ききってから収納すること。(カビの原因になりますので。)

こうして丁寧に仕度してあげると、器への愛着もますます増していきますね。(^-^)b

最近も、またステキな器を入手しましたので、そのうちに記事にしたいと思っています。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
ブログについて思うこと
2008/07/05(Sat)
ブログを初めて早いもので2年と2ヶ月…。何とな~く始めたので、始めた当初は、はっきりした方向性もないまま日々のつれづれを綴っていました。そのスタイルは、今も変わらず…。何も成長していません。(^-^; 

しかも、最初はカテゴリー分けもしておらず、どんどこ記事だけが溜まってしまい、後で振り返ってみると、読みにくいことこの上なしでした。そんなわけで、そろそろカテゴリー分類しなくては…と、かなり重い腰を上げ、ようやく分類をするようになった次第です。ですが、まだまだ作業がとろくて、未分類記事が溜まっています…。最近、このブログを初めて訪問してくださった方は、さぞ読みにくいことと思います。反省…。(-_-) この夏中には、未分類記事をなくしたいなーと、思っております。夏の目標!(レベル低い目標!)

ですが、ブログを始めて変わったことは、日常の些細なことに目が向くようになったということです。ブログを始める前には、きっと気付きもしなかった小さな出来事や、その場では印象に残っても、時間とともに忘れていってしまうような些細な出来事、そんなことに、自然と目が向くようになりました。おかげで、平凡な夫婦二人暮らしの主婦の日常ですが、そんな日常のあれこれを、ちょっとは楽しむコツも分かってきたように思います。(^-^) 

ブログには、いろいろなタイプのブログがあって、情報盛りだくさんで何かと役に立つブログもあれば、ステキな暮らしぶりをさりげなく綴っているブログもあり、また趣味ワールド全開の個性的なブログもあります。私の場合はというと、誰かに読んでもらうためのブログというより、独りよがりの備忘録という意味合いが強いです。今の暮らしを後から振り返ってみたいな…という。本当に、「日記」です。私の個人的な日記の要素が濃厚なので、人様にお見せするようなものでもないんですよね。でも、遠くにいる私の家族や友人に、私の日常が伝わればいいかな~とも思うし、もしかしたら、知らない人にも何かしら興味を引く情報が眠っているかもしれない???とも思っています。

そんなわけで、独りよがりにブログを続けていたため、ずっとカウンターも設置していませんでした。それが、去年の今頃、ふとカウンターを設置してみることにしました。その理由は、単純に一日にどのぐらいの人が私のブログを見に来ているのか、興味があったからです。実際にカウンターを設置してみると、こんな拙いブログでも毎日数十名訪問してくださる方がいて、恥ずかしいやら、ありがたいやら…。そして、たまたま開いたときに、777とか1111とかのキリ番を発見しては、一人ほくそ笑む私…。キリ番好きなんです~。時計なんかでも、偶然「11:11」とか目にすると、意味もなく「ラッキー!」って思っちゃうタイプです。(^-^; そんなこんなで、ひそかにカウンターも楽しみつつ、設置から約1年で、10000アクセスを数えました~!

200807韓国 001 

一日数万アクセスとかいう人気ブロガーさんなら数時間で稼ぐ数かもしれませんが、私は今後もこのペースで地道にのんびりやっていけたらと思っています。(^-^) 

本当にね~、ブログって、手描きの日記と比べると、写真も残せるし、手軽で便利なんですよね。今まで住んでいたマレーシアでは手書きであれこれ残していましたが、やはり時間がかかるため数が少なく、ブログを更新するほど簡単ではありませんでしたし、トルコにいたっては、書き残しておきたいことが山のようにあったにもかかわらず、忙しさのあまり、そんな余裕もなく…。(T-T) 台湾時代にも、まさかPCオンチの自分がブログを始めようなんて、夢にも思っていなかったし…。今思えば、ネタの宝庫に暮らしていながら、もったいないことであります。でも、考えを変えれば、韓国に来る前にブログを始められたおかげで、韓国での私の日常が記録に残せてよかったともいえます。(^-^) 

そうそう、できることなら「メメント・モリ(死をおもえ)」をモットーとして日々生きたい!と常日頃から思っている私。ブログをやっていて常に考えてしまうのは、ブログのやめ時について。宝塚のトップスターも、トップになった瞬間から引退のことを考えるという…。(え?お呼びでない?)何とな~く始めてしまったブログですが、止めるときは何とな~くというわけにはいかないような…???ですが、韓国に住んでいると、ブログのネタには事欠きませんので、こちらにいる間は、まだまだ続けようと思っています。やっぱり海外生活には、日本にはない面白い発見がたくさんあふれていますからね!さて、その後どうするか…。ま、宝塚のトップスターになったつもりで、考えま~す♪(だから、お呼びでないって?)

こんなかんじで、拙いブログですが、ご興味のある方は今後もお付き合いくださいませ。

~その上~
こんな私のブログをリンクしてくださる方もいらっしゃって、嬉しい限りです。
yukoさん、ありがとうー!
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。