スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
うつわ屋めなみ
2008/06/25(Wed)
京都の「うつわ屋めなみ」というお店で買った器です。

200806日本 469 

写真に撮ると手前のものが大きく写ってしまうのですが、実際には手前の四角い手塩皿は本当に小さくて、一辺が7センチほど。奥の器も小さくて、直径10センチほどです。

四角の手塩皿は、吹墨の模様が付けられています。実は裏にも同じ吹墨の模様があり、なかなか凝っています。そして、縁が輪花になっているところも繊細で私好みでした。

もう一つの器は、加古勝己さんという作家さんの作品です。ご飯茶碗には小さく、湯呑み茶碗には大きく、なんとも不思議なサイズです。私は、ぱっと見たとき、なぜかカフェオレを入れた姿が目に浮かびました。でも、実際には小鉢として使うことが多くなるのではないでしょうか?私はこの器は、形というより色に一目惚れしました。色が淡いグレーのような、水色のような、ステキな色合いなんです。そして、釉薬のかかり具合も、繊細で味があって、何ともステキ。形自体はぽってりしていて素朴な印象なのに、釉薬の具合で、こんなにも繊細になるものかと、何だか新しい発見でした。

ここでお店の方といろいろおしゃべりして、「どこの国の器がいいですか?」と聞かれたんですが、「やっぱり日本の陶磁器が一番好きです」とお答えしました。本当に、日本にはありとあらゆる器がありますね。しかも、まだまだ進化している。韓国の器は、一元的でミニマム過ぎて、それだけだとつまらないかも…と思ってしまいますが、日本には清々しい磁器や温かみのある陶器が、様々な作家の手によって、様々な形と色で魅せてくれます。「こんなに豊かな器の国、日本に生まれてよかった~」と、再認識しました。
スポンサーサイト
この記事のURL | お買い物 | ▲ top
そうだ、行こう、京都!?百万遍その後…
2008/06/25(Wed)
一人で出かけた京都。知恩寺の「百万遍の手作り市」でお昼までぐるぐる回った後、さて、次はどこへ行こうか?…何も考えていませんでした。いつもだったら、街歩き用の地図などを用意しているのですが、この日は事前に何も準備していなかったので、とりあえず、知恩寺から近いところで何かないかな~?と考えて、2月に初めて買ってみて、その美味しさを実感した「出町ふたば」へ行くことにしました。

知恩寺から「出町ふたば」までは、てくてく歩いて15分ほど。お店の前にたどり着いたとき、私が見たものは、とぐろを巻いた行列でした!2月に来た時は、朝早めに来たので。全然並ばずに買えたんです。だけど、これがこのお店の「普通」なのね~。仕方ないので、私も行列の最後尾に並びました。

200806日本 462 200806日本 463 
(見よ、この行列!隣のお店の迷惑にならないよう、「出町ふたば」の前だけで並ぶので、こんな状態に!お店自体は商店街の一角の小さなお店なんですけどね。とにかく美味しいです♪)

30分ほど並んで、ようやく私の番になりました。並んでいる最中にカウンターをチラ見して、「本わらび餅~♪」と決めていたのですが、私がたどり着いたときには、既に売り切れ。(-_-;ザンネン 気を取り直して、福豆大福と草団子と豆餅を注文しました。豆餅は、今回京都に来られなかった妹の為に、妹ファミリーの分も買って包んでもらいました。私が注文を終えて、お会計を待っていると、私のすぐ後ろに並んでいた男子2人組が「福豆大福ください」と注文する声が聞こえました。しかし、無常にも「すみません、今売り切れました」と…。私が最後の1個をゲットしたんですね!すまんの~!

行列から開放された私は、鴨川へダッシュ!川べりで、買ったばかりの福豆大福と草団子と豆餅を食べました。お、美味しい~!o(^0^)o

200806日本 464 
(一番左の福豆大福、思っていたより甘さ控えめで、塩加減が絶妙!豆餅もいいけど、大福もいいかも~!かなり美味しかったです。)

200806日本 465 
(鴨川から大文字山がよく見えました。)

さて、お腹も膨れたところで、お次はどこへ?今回、唯一場所を調べておいた「うつわ屋めなみ」へ行くことにしました。今回は500円の「市バス一日乗車券」を買ったので、市バスを乗り倒す!ということで、バスにて移動。

住宅街の中にある「うつわ屋めなみ」には、ステキな器がたくさん~♪お店の方が作家さんの説明をしてくださいました。いろいろステキな器があったのですが、大物は持って帰れないので、小さな器で気に入ったものを2点ずつ買って帰りました。(詳細は、別記事にて…)

またまたバスを乗り継いで、次なる目的地は、お決まりの錦市場です。日曜日もやっているのかな~?ちょこちょこシャッターの下りているお店もありましたが、有次は営業していました。ここで、私の中で収集を目論んでいる抜き型を買い足しました。

200806日本 471 
(今回は、小さなサイズの桜と千鳥。)

ここまでで、だいぶ満足。変な時間に大福やお餅などを食べてしまったので、お腹も空いていないし…。途中、「ミディ・アプレミディ」というタルトのお店の前を通りかかったとき、ちょっと後ろ髪を引かれましたが、また今度ということで…。夜は、妹ファミリーと「たこパー」(たこ焼きパーティーのことだって!関西のテレビで言っていました。)だったので、日が暮れる前に京都を後にしました。(^-^)/~~~

京都、何回来ても楽しいですね!今回は何かのCMよろしく、思い立ったようにふらりと移動してみましたが、そこそこ楽しめましたね!(^-^)b 神戸の妹の家から電車で1時間かからない近さなので、手軽に来れて癖になりそうです。今回は神社仏閣、名所旧跡の類は一切行かなかったので、罰当たりっちゃ、罰当たりかな?でも、私にとって京都は食欲と物欲の街でもあるのです!グワシ!
この記事のURL | おでかけ(日本) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。