スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
お弁当始めました
2008/04/01(Tue)
最近あることを始めました。それは、ダンナさんのお弁当作りです。

結婚以来、ダンナさんが会社にお弁当持参で行くことなんて、ただの一度もありませんでした。結婚した直後は、私がお弁当を作りたくて、自ら申し出たんですが、ダンナさんに断られてしまいました。当時は満員電車で片道1時間以上かけて通勤し、帰宅もほとんど午前様だったので、余計な荷物を持ちたくないと…。それに、お昼に会社の人と外食することが楽しかったみたいです。せっかくお弁当作りに意欲を燃やしていたのにー、ちぇー。残念でした。

それから海外生活に突入し、尚更お弁当とは縁のない生活になってしまいました。ですが!ここ韓国では会社が自宅から近いことや、ダンナさんの仕事が外出が少なくなったことなどから、最近、お弁当作りが可能になったのです。ちょうどリンクさせていただいている「陶器市へ行こう!」というブログの中の、私の大好きな「カズ子の弁当」のコーナーを見ていて、お弁当を作りたい気持ちが高まっていたんです~。(^0^) カズ子さんのお弁当、ツボにはまるんですよね~!「カズ子のひとりごと」のつぶやきも、何とも面白くて…。失礼ながら、毎度笑わせてもらっています。

カズ子さんは、64歳の現在もお仕事を続けながら、毎朝公園を1時間半ほど歩き、それからシャワーを浴びて、自分の分とご主人の分のお弁当作りをし、出社しています。お弁当は、基本的に毎朝ゼロから作っているそうです。えらいなー。カズ子さんの作るお弁当は、ビジュアル的にかなり個性的(!)なのですが、毎日作っていることがえらいです。

私もカズ子さんを、ほんのちょっぴり見習って、なるべく朝作るようにしています。もちろん、前夜のおかずを転用することもありますけど。でも、ご飯を炊飯器を使わずにお鍋で炊いているため、それだけでも早起きしないといけないので、始めてみると、なかなか大変でした。それでも、ダンナさんが晩御飯を家で食べられないときも、お昼ご飯をお弁当にしてもらえば、毎日1回は私の料理を食べてもらえるわけで。私も食材を持て余すことなく、ついでに自分の栄養補給もできようというもの。しかも、「毎日必ず!」というわけではないので、気持ちも楽に楽しみながら作っています。いつまで続くかわかりませんが、楽しんでいる間は続けようと思っています。(^-^)

200804韓国
韓国ではこのタイプの密閉容器がメジャーです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。