スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
一時帰国します
2008/01/31(Thu)
韓国は2月7日が旧正月のため、6日から日曜日までお休みになります。ダンナさんは、まとまった夏休みもなく、1月のお正月も一日休んだだけ。なので、この旧正月はちょっと長めに休みをもらい、帰国するつもりです。(といっても、1週間…。)

私はダンナさんより一足お先に今日の便で帰国させてもらいます。今回は、神戸の妹ファミリーのところに居候する予定。今回の帰国の目的は、大阪に住んでいる弟の結婚式なのです~♪せっかくだから、帰国中に関西あちこち行けたらいいな~。

というわけで、しばらくブログの更新もお休みします。

セヘ ポッ マニ パドゥセヨ~!
(新年の福をたくさん受け取ってください)←直訳
スポンサーサイト
この記事のURL | おでかけ(日本) | ▲ top
無間道
2008/01/30(Wed)
NHKのBS2で毎晩9時から映画を放送しています。毎週テーマがあって、今週は「格好いい男の生き様」みたいな感じ。月、火、水と香港映画の「インファナル・アフェア(無間道)」という映画を放送しました。「無間道」というのは仏教用語で「永遠に助からない地獄」のことだそうで、ずばり、この映画のテーマとなっています。

解説の渡辺俊雄氏(「衛星映画劇場支配人」ということで映画の解説をするNHK職員。語りが柔らかく、でも、映画への愛があって、私は大好き。我が家では、彼の独特な髪型や顔付きから、愛をこめて「犬」と呼ばせてもらっています。)曰く「非常によくできた映画です」と。マフィアに潜入した警察官と、警察に潜入したマフィアの男との、地獄のような日々を描いています。この話、どこかで…。最近、ディカプリオとマット・デイモン主演の「ディパーテッド」というハリウッド映画がありましたね。実は、その元になっている映画が「インファナル・アフェア」なんです。さらに豆情報をいうと、「輪舞曲(ロンド)」というドラマで竹野内豊が演じた役も、マフィアに潜入する捜査官の役でした。この、「警官がマフィアに、マフィアが警官に」という設定は、最近じゃよく使われていますが、この「インファナル・アフェア」が公開されたときは、斬新な設定が衝撃的だったそうです。

実際に、3夜続けて3部作を見てみましたが、確かに「犬」のおっしゃるとおり、よくできた映画です。1を見た後、2でストーリーが1より過去に戻り、3でまた1の前後の話に戻るので、3部作を何回も見直したくなります。本当に、何度でも味わえる映画です。それに、「無間道」というタイトルの通り、「抜け出せない、永遠に続く地獄」でもがき苦しむ二人(後に二人以も)の姿が実によく描かれています。久々に映画に見入っちゃいました。

見ていて心がほっこりする映画やげらげら大笑いできるコメディも好きだけど、こういう人間の内面の苦悩を描いた映画も好きです。それに、ストーリーも面白く、エンターテイメントとしても上出来の映画でした。これはおすすめです!
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
アルバムの出来
2008/01/29(Tue)
昨日、ミョンドンへお土産を買いに行ったときに、写真館までアルバムを受け取りに行ってきました。先日撮影直後にPCで見せてもらったとき、プロの腕だけあって、写真はきれいに撮れていましたが、アルバムも想像したとおりの出来ばえでした。撮影した写真のCDがもらえたので、これをコピーして親にもプレゼントできます。(うちの父とねねさまが、こういう変身写真が好きらしく、けっこう喜んでくれます。)そういえば、ねねさまも韓国で友達と旅行したときに韓服を着て写真を撮ったって言ってたな~。今度、見せてもらおう。

ところで、先日この写真館で撮影前にメイクをしてもらっているとき、お姉さんに「ヌード写真はどうですか?」とすすめられました。うぶな私達夫婦は、もちろん、お断りしましたが、お姉さんの話では、ご夫婦でヌード写真のアルバムを作っていく日本人がいるんだそうです。へえ~~~!そんなことして、梅宮アンナと羽賀研二みたいになっちゃったら、どうするんでしょうね~?

200801韓国 152 200801韓国 164 
これは、スタジオの外で自分達のデジカメで撮影した写真。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
お土産は何がいい?
2008/01/28(Mon)
2週間ぶりの刺繍教室。大きな刺繍を枠ごとエンヤコラと運び、1時間掛けて通っています。今はずっと蓮の葉の部分だから、うめるのに時間がかかって、なかなか進んでいないように見えましたが、徐々にできてきました。あと一息で、蓮の葉が終わりそうです。そしたら、次は茎や花や葦の葉などの細かい部分に入れます。

さて、刺繍のレッスンから帰宅した後、夕方、お土産を買いに走りました。今週から旧正月の間、しばらく日本に一時帰国です。

今回は頼まれ物が多く、南大門市場でなんちゃって靴下を40足も買いましたよ!(うち、30足は叔母からのリクエスト…。)この靴下、私は履いたことがないのですが、中高年に人気なんでしょうか~?以前、私が韓国へ来る直前に、韓国旅行から戻ってきたねねさまに、お土産でいただいたことがありました。その靴下は、実母にあげちゃったんですが、「けっこう良かったよ」と言って、母にも今回リクエストされましたし…。1足1000W(約115円)にしては、あなどれないかも???

200801韓国 175 
進化し続けるLVの靴下たち。いろんなバージョンが勝手に製造されております。

あとは、韓国コスメですね~。おすすめの「皇后」シリーズやら、BBクリームやら、安いシートマスクやら、ごっそりと買いました。ちなみに、「おネエ★MANS」という番組でIKKOさんが紹介したBBクリームは、売り切れ!あちこちに支店がある、プチプラコスメのお店なんですが、品切れになるほどの人気とは…。今、ミョンドンを中心に、いろんなコスメショップにIKKOさんの写真が貼ってあります。「IKKOさんおすすめ!」とか「IKKOさん来店しました!」とか「IKKOさんがテレビで紹介!」とか、とにかくIKKOさんの露出がすごいんです。それだけ日本人観光客への影響力が大きいということでしょう。

それから、免税店で自分のための化粧品を買いました。免税店でも、IKKOさんが「徹子の部屋」でおすすめしていた化粧品が売り切れていました。余談ですが、LOTTE免税店では買い物した金額に応じて贈呈してくれるプレゼントが韓流スターグッズなため、韓流スターに興味のない私には、あまり嬉しくないです。今回もカレンダーを贈呈のところ、黄土パックに替えてもらいました。

あとは海苔やコチュジャンなどの食料品を買いにスーパーへ…と思いましたが、既に宵の口となっていたため、後日ということで帰宅しました。

お土産はどんなものが喜ばれるのか、回数が増えると毎回同じものになるし、だんだん分からなくなってきますが、まあ、確かに、韓国にはお土産になるものがたくさんありますね。
この記事のURL | お買い物 | ▲ top
変身しました
2008/01/26(Sat)
韓国の伝統衣装と言ったら「ハンボッ(韓服)」です。女性はチマというふんわりしたスカートと、チョゴリという短い上着を着用します。男性はパジというゆったりしたズボンと、チョゴリという上着を着ます。この韓服がとってもきれいなんです。特に女性の韓服姿は、長いチマがふわーっと広がって、かなりハイウェストだから、誰でももれなく足が長くスタイル良く見えます。髪型は真ん中で分けて後ろでお団子という、すっきりしたスタイルが正統派で、これまた小顔効果があります。日本の着物姿もステキですが、スタイル良く見えるという点では、韓服のほうが勝るでしょう。

そして、この美しい韓服を、韓国にいる間に一度は着てみたい!という念願が叶いました。写真館に写真を撮りに行ったので~す。せっかくなので、ダンナさんも一緒に記念撮影をしてきちゃいました。

どこのお店にしようか悩んで、事前に3軒ほど見て回りましたが、値段やアルバム、衣装の状態などから、私達の考えと一番合っていると思い、ミョンドンの「神話」というお店を選びました。ここは衣装の数は少なかったですが、保存状態が良く、アルバムも割と立派なものがそこそこリーズナブルにできると思いました。クーポン持参で割引やCDがもらえるサービスもあるし。

そうはいっても、台湾で「でかでか変身記念アルバム」を作った身としては、韓国の変身写真はちょっと迫力に欠けますね。でも、スタジオでプロの腕で撮ってもらった写真は、素人とは出来ばえが違います。それに何より「韓服が着たい!」のです。楽しみだ~♪

まずは、お店で衣装を選び、メイクをしてもらいます。メイクは時間をかけて丁寧にやってくれました。思ったほどバリバリではなかったです。付けまつげもありませんでした。でも、アイラインが明らかに太い!撮影用メイクですね~。

衣装は、ダンナさんはサイズの関係上、水色のパジ、チョゴリしか着られませんでした。本当は紺色がいいな~と思っていたのですが、でかいから仕方がありません。私は、幾つかある中から、ダンナさんに合わせて、可愛らしいカラフルなチョゴリと赤いチマの組み合わせを選びました。

さらに、調子に乗って、花嫁花婿の衣装も着ちゃいました。花嫁の衣装は真っ赤、花婿の衣装は真っ青。これは陰と陽を表す色で、韓国では伝統的なものには、女性=赤、男性=青がよく使われています。お店の人に「赤が似合いますね~」と言われて調子に乗る私。やはり、ここでも赤と言われたか…。赤って、自分では特に好きな色ではないのですが、人様から「赤のイメージ」とか「赤が似合う」と言われることが本当に多いです。

さて、最後に、私だけさらにもう一枚着させてもらいました。清楚な紺色のチマに白い唐風のチョゴリという組み合わせ。私的には、このようなシックですがすがしい色が着ていて落ち着きます。

撮影した写真は、すぐにPCに取り込まれ、その場でアルバムにする写真を選ばせてもらえます。さすがにプロの撮影で、照明もばっちりだったし、きれいに撮れていました!何十枚も撮影したので、どれもこれも同じに見え、選ぶのに苦労しました…。明日には出来上がるそうです。旅行中の人だったら、出来上がったアルバムはホテルまで届けてもらえますが、在住者は取りに行かなくてはならないそうです。出来上がりが楽しみだな~。

私達が撮影している間に、どんどん日本人のお客さんが入ってきていました。全員女性の個人旅行グループ。20代~50代ぐらいまで、幅広い年齢層の日本人女性が、韓服を着てはしゃいでおりました。変身して写真を撮るの、日本では恥ずかしいけど、海外でなら平気ですよね~。皆さん、とっても楽しそうでした。私も、もう1回ぐらい撮影してもらいたいな~と、撮影直後にも関わらず、思っちゃいました。

200801韓国 174 
佐藤藍子の看板が目印。これと同じ花嫁衣裳を着ました。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
刺繍はどうなるの~?
2008/01/22(Tue)
帰国まで、もしかしてカウントダウン?という状況なので、刺繍の制作を急いでいます。外出しない日は、一日中やっていると言っても過言ではないほど。午後から夜まで平均6~8時間はやっています。それでも全然進んでいません。終わるんか!?

刺繍のレッスンは週に1回。しかし、昨日はその貴重なレッスンが雪のためにお休みになってしまいました!きゃ~。先生のお宅はかなり田舎にあって、すぐ後ろに山という環境なので、雪が降ったら車で外出できなくなるのです。今日は朝からかなりの雪だったので、無理かな~とは思っていましたが…。でも、しつこく今週中に振り替えを!と思って先生にお電話しましたが、一旦雪が降り積もったら、溶けるのに数日かかるから、今週は無理だろうとのお返事でした…。が~ん。

こうなったら、自力で頑張るしかありません。できる範囲でちくちくしています。こんな状況なのに、旧正月は日本に帰国する予定です。一日10時間ぐらいやらないとダメかな???なんとか3月中に完成させたいです。

200801韓国 148 
このところ毎日のように雪が降っています。
この記事のURL | 習いごと(韓国刺繍) | ▲ top
灯台下暗し
2008/01/19(Sat)
私の住んでいるアパートの裏に焼肉通りがあることは、このブログで何度もお伝えしていますが、今日はその焼肉通りではなく、うちから徒歩10分のコンドク(孔徳)駅の近くの豚肉専門の焼肉屋さんに行ってきました。数ヶ月前からず~っと気になっていたんですが、ダンナさんと一緒になかなか外食するチャンスがなかったんです。今日こそは!と、夫婦してかなりの期待。

しかし!焼肉を食べに行く前に、ミョンドンへ出かけていたのですが、美容室に行ったダンナさんのヘアカットが1時間ほどで終わるからということで、その間私は一人でミョンドンのお店リサーチをしていました。でも、ヘアカットの終わる1時間が経ってもダンナさんからの連絡はなく、こちらから電話しても連絡が取れない~!ぶらぶらするにも外があまりに寒いので、ドーナツ屋でコーヒー飲みながら待つことにしたら、ドーナツを2つも食べてしまいました!食べ終わる頃、ダンナさんから電話が入り、普段はしないトリートメントまでしていて遅くなったとのこと。なに、色気出してんの~!

そういうわけで、焼肉屋へ向かうとき、実は私一人だけ全然お腹が空いていない状態だったんです。しかし、ダンナさんはお腹ぺこぺこで、やる気満々!今更、取りやめにはできない…。楽しみにしていたお店なのに、私は不本意な腹具合で臨むことになってしまいました。とほほ。

200801韓国 109 

この「チェデポ」というお店は、もともとはマッコリという濁り酒を飲ませる小さなお店だったらしいのですが、おつまみの焼肉が人気を呼び、お客が増えるにつれお店を拡張していった結果、現在のお店の敷地は凸凹したヘンテコな形になっていて、大通りに2面も面していながら、大通り沿いに出入り口がないという、すごいことになってしまったようです。出入り口は薄暗い裏通りに面しているのですが、凹の部分には違うお店が営業しているので、入るときにはお店を間違えないように気をつけて入らないと…。

さて、お店に入ったのは午後6時をちょっと過ぎた時間でしたが、けっこう賑わっていました。早速、首肉と味付カルビと皮を注文。私たちは普段は焼肉と言ったらまずビールですが、ここは地元ルールに則り、最初からマッコリで。

出てきた焼肉は、リーズナブルな値段からは信じられないほど美味い!マッコリにも合う!首肉は柔らかく、でも歯ごたえも十分あり、とても気に入りました。カルビも美味しかったです。あれ?私、お腹空いていなかったんじゃ…?

200801韓国 137 200801韓国 131 
ハサミで切って食べますよ~。

そして、豚皮!焼肉屋さんで豚皮を食べるのは初めてで、焼き方がよく分からなかったんですが、「食べたことがないんで、どうやるのかよく分かりません」と言うと、お店のお姉さんが丁寧に焼いてくれました。まず、皮に甘めのタレを塗って焼き、焼けてきたらハサミでちょきちょき。両面よく焼いて食べます。くにゅくにゅしていて、「「美味、美味!」というほどのものではありませんが、コラーゲンたっぷりだそうです。是非食べるべし!

200801韓国 134 200801韓国 140 200801韓国 143 

最後に締めで麺を食べますが、ここのキムチマリグクスがまた美味しかったです~。濃い目の味の焼肉とマッコリを堪能した後、さっぱりした麺で締める!最高です。
200801韓国 141 

あんまりお腹が空いていなかったはずの私ですが、ダンナさんと一緒に、もりもり食べてしまいました。麺も、一人で一食食べちゃいました。これだけ食べて飲んで、二人で32000W(約3500円)という安さ!信じられません。徒歩10分というのも魅力です。外はかなり寒いけど、安くて美味しいお店が近くにあるんだから、食べに来なければ損!今までここに来なかったことが悔やまれる~。灯台下暗し!まだまだ私の知らない美味しいお店が近所にもたくさんあるんだろうな~。奥深いわ、ソウル!
この記事のURL | 食べること(韓国) | ▲ top
1月のお料理教室
2008/01/18(Fri)
今年最初のお料理教室に行ってきました。今日で3回目です。メニューは当日まで分からないのですが、今まで習ったお料理がどれも美味しくて、実際に役立つものばかりだったので、今日も期待☆

200801韓国 123 

(今日のメニュー)
ポッサム(茹で豚)
200801韓国 117
私の大好きな料理です!大根のキムチと一緒に白菜に包んで食べるのですが、ジューシーな豚肉とキムチが相性抜群で、焼酎が進むのですよ~。実は、ポッサムは肉肉星人の我がダンナさんにとっては特別な一品です。彼の最も好きな韓国料理であり、最も好きな豚肉料理なんだそうです。

エホバクジョンとパレジョン(エホバクのジョンと青海苔のジョン)
200801韓国 118
エホバクはズッキーニに似たウリ科の野菜です。ズッキーニより水分が多く、さっぱりしています。真ん中をくり抜いて味付けしたお肉を詰めるあたり、先生のセンスです。生の青海苔は、磯の香りがたまらん!この海草の美味しさを知っている私達アジア人は幸せね~。

ヌタリセンチェ(ヌタリと牛肉の炒め物)
200801韓国 119
ヌタリはシメジくらいのサイズの平茸です。東南アジアの大きな平茸と比べたら、ずいぶん小さくて固いです。姿はシメジに似ていますが、味はやはり平茸です。

ミヨックグ(ムール貝と団子入りワカメスープ)
200801韓国 120 
韓国では、産後たくさんお乳が出るようにと、嫁のために姑がワカメスープを作って食べさせるんだそうです。そして、韓国人は誕生日には必ずワカメスープを食べるんだそうです。普通は牛肉の出汁で作り、具もワカメだけでシンプルなんですが、今日はムール貝の出汁です。団子まで入って、具沢山。

ユジャトック(柚子餅)
200801韓国 128
ジャム状の柚子茶を生地に入れたお餅です。毎回先生のメニューにはお餅があり、餅を粉から蒸し器で作りますが、韓国人の生活にはお餅が身近なものなんだな~とつくづく思います。

スジョンガ(桂皮茶)
200801韓国 092 
スジョンガとは、シナモンと生姜で作るお茶です。濃厚なシナモンと生姜の風味が刺激的でした!しかし、お茶が供される頃、食べるのに夢中で写真を撮り忘れてしまいました…。写真は胡桃を挟んだ干し柿のお菓子です。一般的にスジョンガには干し柿が添えられるんだそうです。固い干し柿は、スジョンガに浸して柔らかくして食べてもよいそうです。

今日も盛りだくさん!しかも、今日はお肉料理が多くて、あっという間にお腹が一杯になり、みんな食べ切れませんでした。タッパーでお持ち帰りしたいぐらいだわ…。

でも、今日は予想もしなかったポッサムが習えて、嬉しかったです。実は、韓国に来る前から茹で豚が大好きなダンナさんのリクエストで、本などを見ながら自分流にいろいろ工夫して作ってはいたのですが、こんなに美味しくは作れなかったです。韓国の豚バラ肉は、日本のものとは比べ物にならないぐらいボリュームがあるので、ジューシーで美味しくできるんだと思います。でも、せっかく美味しい作り方を習ったので、日本に帰ってからも、日本の豚バラブロックで頑張って作ってみたいと思います!それに、大根のキムチやアミのタレの作り方も教わったので、添え物を韓国の味で揃えて、韓国風の茹で豚が楽しめます。
200801韓国 097
見よ!このバラ肉のかたまり!骨も付いています。

(おまけ)
ポッサムまめ知識
今も韓国のオンマ(お母さん)たちが晩秋に行う大仕事、キムジャン(キムチを漬けること)。伝統的なキムジャンの日は、近所のオンマが総出で朝から晩までかかって何十樽ものキムチを漬けなければならないので、とても家族の食事の世話まで手が回りません。そこで、キムジャンの日には、お鍋を火に掛けたら放っておいてもできる茹で豚と、キムチ作りに使う食材(大根のキムチ、アミの塩辛、白菜)を使って簡単に準備できるものを食べさせたそうです。こうして生まれた料理がポッサム。生活の知恵から生まれた料理だったんですね~。今でこそ、ポッサム専門店があちこちにあり、手軽に食べられる料理となっていますが、その昔、韓国の家族はキムジャンの日に食べるポッサムが待ち遠しかったんじゃないでしょうかね~?だって、本当に美味しいんです!


この記事のURL | 習いごと(韓国料理) | ▲ top
オンギのお鍋がやって来た
2008/01/16(Wed)
お友達の通っているお料理教室の先生にお願いして注文してもらったオンギのお鍋が届きました!早速先生のお宅に取りに伺いたかったんですが、予定が詰まっていて、1週間遅れで入手しました。

大中小3つあわせるとけっこうな重さですが、頑張って持ち帰りました。

200801韓国 145 200801韓国 146 200801韓国 147

200801韓国 144
このように、3つ重ねて収納することもできます。

日本の土鍋だったら、まずは米の研ぎ汁なんかで煮てから使い始めますが、オンギのお鍋は油で乾煎りしてから使うように言われました。鉄のフライパンみたいだな~。

中サイズのお鍋は、我が家では定番料理となりつつあるテンジャンチゲを作るのにちょうどよい大きさです。カレーやおでんにもぴったり。まずは早速、小さいお鍋で玄米入りご飯を炊いてみましたが、サイズが二人分にちょうどよく、また、先生のお宅で見たお鍋よりちょっと厚みがあり、その厚みのおかげでしょうか、ふっくらもちもちのご飯になりました♪今までは大きな大きなル・クルーゼのお鍋でぽっちりのご飯を炊いていましたが、これからご飯はこの小さいオンギのお鍋で炊くことにします。^^

残念だったのは、中サイズの蓋付きのお鍋の蓋が、きちんと気持ちよくはまらないこと。先生のお宅で、箱から出してチェックしたときに、がたがたしてるな~と気付き、先生にも言ったのですが、先生が「手作りだから。でも、大丈夫ですよ。」とおっしゃるので、取り替えてほしいとは言い出せませんでした…。先生に返品交換していただくのも大変なので…。お店で見て買うんだったら、こういう品は絶対に買わないのにな~。

実は、韓国ではこういうことが多々あります。日本でだったら、まず売り物にしないような、完璧な出来じゃないものが、普通に売られています。お皿の底が平らじゃなくてテーブルに載せたらカタカタしたり、蓋がきちんと閉まらなくてカタカタしたり。椅子やテーブルもしかり。でも、お店に並べられているところを見ると、韓国人は気にしないんでしょうか?こういうことがあるから、私は韓国では衣類や靴をオーダーするのはちょっと尻込みしちゃいます。

そういえば、私の刺繍の先生も、刺繍の絹の生地にキズが入っていても気にしないですし、糸の色が揃っていなくても「大丈夫です。」とおっしゃいます。私はこういう細かいことをすご~く気にするタイプなので、こだわっていると、先生に「私の母が言っていましたが、『昔の人は、宮中の人でも、なければあるもので代用した。今、私達がそうしない理由がない。』…だから、全部完璧に揃っていなくても大丈夫です。」なんて言われたこともありました。ま、確かにそうなんですけどね…。あまりに完璧を求めるのは、日本以外の国では、自分を生きにくくしてしまうことに他ならないのかもしれません。

ということで、オンギのお鍋も、「韓国の味!」と割り切って使うことにしました。実際、お鍋としての機能には問題はなさそうですし。それも韓国のよい思い出となるといいですね。
この記事のURL | お買い物 | ▲ top
しゃぶしゃぶ
2008/01/14(Mon)
韓国に来て、初めてしゃぶしゃぶを食べに行きました。この日本料理、台湾でも韓国でも大人気で、あちこちにしゃぶしゃぶのお店があります。といっても、たいていのお店が純日本風ではなく、タレや調理法が自国風にアレンジされているから、日本人が想像するしゃぶしゃぶとはちょっと違っていることもありますが、まあ、それはご愛嬌。日本風とは違っていろいろなスタイルが楽しめるのも面白いし、味もその国、その店のオリジナルで美味しいものもたくさんあります。

韓国のしゃぶしゃぶは、まだ一度も食べたことがなかったのですが、今日、刺繍のレッスンの後、途中まで同じ方向に用事のあった先生に車で送っていただいているときに、ふとしゃぶしゃぶの話になり、先生が「安くて美味しいお店があるから、食べに行きましょうか?」と。先生とお食事に行くのは、みんなで揃って展示会のお疲れ様会をしたとき以来、個人的には初めてのことです。

イチョンドンの外れにあるお店は、オープンしたてで、きれいでした。このお店の食べ方は、寄せ鍋のように出汁を張ったお鍋でまず野菜を煮込み、薄切りの牛肉をしゃぶしゃぶして、東南アジア風のスィートチリソースのタレをつけて食べるスタイル。野菜を始め、餃子など具がたっぷりで、2人前とは思えないボリュームでした!牛肉は輸入でしょうね。スーパーではアメリカ産牛肉は絶対に買わないようにしているのですが、まあ、レストランでまで気にしていたら外食できませんので、ここは目をつぶりましょう。

200801韓国 047 200801韓国 049 

お肉を食べ終えたら、次は麺です。うどんとちょっと似た感じの小麦粉で作った太い麺でした。大量の野菜とお肉と麺を食べて、さすがにお腹が一杯です~。でも、先生は「最後にご飯を入れて、食べましょう。」とおっしゃいます。えええ~、もう入りませんよ~と思いましたが、先生が「お鍋を食べて、最後にご飯を入れて食べなかったら、全部食べたことになりません。」と、きっぱりとおっしゃるので、ご飯も追加注文しました。

さんざん食べた後に、おじやで締めました。ごま油を塗った韓国海苔が入るため、香ばしい香りとこくがあって、美味しいおじやになりました。しかし、最後は無理矢理食べたという感じ。本当にお腹一杯になりました~。先生はもうすぐ70歳ですが、びっくりするぐらいよく食べます!普段から「私は毎日決まった時間にご飯を食べません。自分が食べたい時間に食べたいだけ食べます。」とおっしゃっていますが、今日は食べたい気分の日だったのでしょうか?けっこう大食漢の私と同じくらいの量をぺろりと召し上がりました。おじやを食べるときも「晩御飯の分まで食べましょう。」と元気におっしゃっていました。そのお言葉の通り、遅い昼食で4時に店を出たということもあり、晩御飯はもう何も食べなくても全然お腹が空きませんでした。

これだけのしゃぶしゃぶが一人前6000W(約720円)って、信じられない安さです。

この記事のURL | 食べること(韓国) | ▲ top
九州のお土産
2008/01/13(Sun)
ダンナさんが韓国に戻ってきました。久々の九州・熊本だったので、お土産に「誉の陣太鼓」と「美少年」、それに博多の「マルタイ棒ラーメン」をお願いしていましたが、棒ラーメンが買えなかったらしく、代わりに福岡空港で生タイプの長浜ラーメンを買ってきてくれました。

「陣太鼓」久しぶりです~。小豆羊羹のようなものの中に求肥の入った和菓子なんですが、これが、うまい。 
誉の陣太鼓


そして、きりりと美味い日本酒、「美少年」♪今回はマイルドな純米吟醸酒の「神力」を。
美少年神力


ところで、この「美少年」というネーミングが妙に気になります。熊本のお酒だから、「雨は降る降る 人馬は濡れる 越すに越されぬ田原坂」の「馬上豊かな美少年」から取った名前ではないのか…と密かに想像していましたが。で、調べてみました。こちら
杜甫の漢詩に由来していたとは…。田原坂とは何の関係もなかったのね。

ちなみに、民謡の「田原坂」についてご存じない方のために。こちら

九州の美味しいものを食べると、九州で過ごした学生時代を思い出します。こってり豚骨ラーメン食べたい!
この記事のURL | お買い物 | ▲ top
雪が!
2008/01/11(Fri)
今日は朝から雪です。起きたら真っ白でした。しかも、どんどん降り積もっています。実は、今日の夜のフライトで日本へ行くダンナさん。熊本で結婚披露宴に出席するためです。大雪にならなければいいんですが…。

200801韓国 043
ソウルにはめずらしくボタン雪。

夕方、ダンナさんが会社から早目に帰宅して来ました。雪のせいで道路が混むかもしれないから、早目に空港に向かったほうがいいと言われたそうです。よりによってこんな日にお出かけとは…。しかも、九州はここのところずっと晴れていたのに、ずばり今日から雨の予報。しかも週末はゴルフの予定が入っているのに、韓国に戻ってくる日曜日までお天気が悪いみたいで、本当についてないね~。ダンナさんには、雨男プラス雪男の称号も授けましょう!ん?雪男だと、ヒバゴンになっちゃう???

雪男が荷物を持って家を出る頃、雪は今までになく本降りに。神通力か???しかし、いくら雪男とはいえ、雪の中、一人でかわいそうなので、空港行きのバス停まで一緒に行ってお見送りしてきました。

200801韓国 040 
いや~、久々に積もってるね~。

お土産には陣太鼓と美少年、待ってるからね~!さて、お留守番の間、思う存分刺繍でもして過ごします。って、毎日やっとるっちゅうのー!
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
大作へ…
2008/01/09(Wed)
突然ですが、ダンナさんの駐在期間が短くなるかもしれません。当初の予定では、6月まではいることになっていましたが、もしかしたら3月末には帰国かも…。でも、いつもぎりぎりにならないと、帰国かどうか決まりません。海外勤務は特に、会社の都合であっちへこっちへ動かされるものなので、仕方ありません。毎度のことです。でも、いざ!というときのために、心の準備だけはしておかないとね~!

さて、私の心の準備とは?それはずばり、「なるべく心残りを作らないように、やりたいことはできるだけやってしまう!」ということ。そして、今、刺繍の作品もこれでラストになるかもしれない!という気持ちで、どうせなら~!と、大作に取り掛かっております。普通の人は、帰国前にはあちこち遊びに行ったり、雑事で忙しくなるので、大作には取り掛からないんだそうですが、取り掛かっちゃいました!先生に今からやって3月中に終わるかどうか尋ねたら、「早くやれば終わります。」と、至極ごもっともなお答えがありました。つまりは、自分次第ってことね。う~ん、やるしかないでしょう!と、なぜかベクトルが大変前向きになっております。

しかし、縦37横87センチの大きさは、予想以上にでかかった!お正月もこればっかりやっていましたが、なかなか進まず…。外出する予定のない日は午後から夜中まで刺繍をしていますが、まだまだ先は見えず…。でも、帰国までというリミットがあるので、なんとか頑張って仕上げるつもりです。肩凝りは覚悟の上!でも、腱鞘炎にならないようにしないとね。ダンナさんからもらったマッサージチケットの出番もそう遠くないでしょう。

目途がついたら、作品の画像を載せたいと思います。いつの日かな…。帰国がやっぱり延びました~ってなことになったらいいんですけどね~。
この記事のURL | 習いごと(韓国刺繍) | ▲ top
ゴッホに会えず
2008/01/06(Sun)
ソウル私立美術館では、「ゴッホ展」が開催中です。ゴッホが好きなダンナさんと一緒に見に行こうね!と約束してから、かれこれ3ヶ月。今日、出掛けてみることにしました。

うちからバスに乗って、市庁近辺で下車し、美術館のほうへ歩を進めると、なんだか妙に人が多いな~。もしかして、この人たち、みんなゴッホ展を見にいく人たちじゃ???

その予感は的中!チケット売り場にはすごい行列が~!オー、ノー!こんなに混んでて、じっくり見られるわけがない~。韓国人は美術館や博物館に足を運ぶ人が多いようです。しかし、マナーはどうかというと、微妙…。普通の人たちはイヤフォンガイドなど聴きつつ、静かに回っていますが、すご~く迷惑な人もけっこうな割合で存在しています。携帯で大声で喋りながらとか、どんなに混んでいてもベビーカーで一番前を陣取るとか、あとは、普通のおしゃべりの声がでかすぎる!韓国人は、音に対して寛容な人が多いようで、他人の話し声や携帯、音楽プレーヤーからの音には、特に文句を言いません。でも~、音に敏感な日本人には、これはけっこう苦痛だったりします。美術館でぐらい、静かに芸術を鑑賞したいではありませんか!(最近の日本の美術館でも、リタイア世代のおじちゃんやおばちゃんが大声で喋っていたりするので、だんだん日本も公共のマナーが悪いほうへ変わってきているのでしょうが…。日本の団塊の世代の人たちって、マナーの悪い人が多いと感じませんか?私だけ?)

がやがやした美術館で人にもまれながら名画鑑賞しても楽しめない!と踏んで、何の躊躇もなく、来た道を引き返す私達でした。今日の日はさようなら、ゴッホよ。もっと空いているときに会いにいくわ!

戻る道で、ちょうど徳寿宮の衛兵交替式の時間に当たり、見物していきました。
200801韓国 057 200801韓国 060 200801韓国 064 200801韓国 067 200801韓国 063 200801韓国 076 

そして、徳寿宮の目の前の市庁広場では、未だ巨大クリスマスツリーが飾られ、特設スケートリンクには長蛇の列ができていました。さらに、氷のお祭りが催されるみたいで、準備の真っ最中でした。
200801韓国 077 200801韓国 078 200801韓国 081 

冬真っ只中というのに、何かとイベントの多いソウル。寒さに負けず外出する人が多くて、びっくりです。
この記事のURL | おでかけ(韓国) | ▲ top
のだめ~♪
2008/01/05(Sat)
ドラマを見て大笑いし、すっかりはまった「のだめカンタービレ」。お正月にスペシャルで二夜連続放送するということだったので、楽しみにしていました。ネットをつないで、二夜連続で楽しみました~!何回もげらげら笑いました~!あー、面白かった!

私はクラシック音楽にはあまり造詣が深くないのですが、音楽のことを知らなくてもこのドラマは十分に楽しめます。「のだめ~」で一般の人にもクラッシック人気が高まったそうですが、それも納得です。堅苦しくなく、クラシックのよさが出ています。マンガそのままのおふざけの部分と、クラシックに対する真摯な部分と、ちょうどよくバランスが取れているからこそ、人気が出たんでしょうね。美男も美女もルックスに関わりなく、出演者のほとんどが白目をむくっていうのが、うける~!

最近は、日本のドラマをずっと見ていますが、つまらないと途中で見るのをやめることが多いです。そんな中で、この「のだめ~」は大ヒットでした。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
従姉妹ちゃんのアテンド
2008/01/04(Fri)
仕事のあるダンナさんを除いて、昨日のメンバーで再び終結しました。従姉妹ちゃんとそのお友達のために、今日は従兄弟くんがアテンドすることになっていましたが、コスメ関係だけは私の方が詳しいので、とりあえず私も同行することになったのです。

まずは、ランチから!サムゲタンを食べに「トソクチョン(土俗村)」へ行きました。ここのサムゲタンは美味しいな~。それに寒いから、あったまる~。冬は格別です。

さて、お腹が一杯になったところでミョンドンへ移動し、コスメショップ巡りをしました。ミョンドンには安いコスメショップがたくさんありますが、いろんなメーカーのものがずらずら~っと展示され、どれも現品のサンプルがあって自由に試せるというのが嬉しい「トダコサ」はおすすめです。ここで、やはり韓国では定番のBBクリームをゲットする旅行者二人。さらに、イチオシの「皇后」のピーリングジェルと睡眠パックを紹介したら、それも早速買っていました。さらに、さらに、プチプラ・コスメショップでチープなシートマスクも大量にお買い上げ~。シートマスクもいろいろあって、香りや効果もいろいろなので、試しにたくさん買って帰るのが正しいです。安いし。

すでに大量の荷物になりつつある二人。それから、従兄弟くんの案内で、ナンデムンへ。私も時間があったので、くっ付いて行くことにしました。ナンデムンの行きつけのお店のあちこちで「アニキ」と呼ばれている従兄弟くん。容赦なく、まけさせます。私はナンデムンは全くのテリトリー外だったので、今回、お買い物に参加させてもらって、「ほほ~」と勉強になりました。ナンデムンも奥が深いというか…。いろんなものを売っていますね~。

200801韓国 055 
寒くても賑わうナンデムン。

最後に、ロッテマートへ食料品のお土産を買いに。私も今日の夕飯の材料を買い、ここで従兄弟くんたちと別れました。すでに日が落ちていましたが、彼らはこの後、夕食をとって、チムチルバンへ行くと言っていました。従姉妹ちゃんとそのお友達は、明日の朝のフライトで短いソウル旅行を終え、帰国です。

いつもアテンドする立場でしたが、今回は従兄弟くんのおかげで、私も知らないお店を知ることができました~。

この記事のURL | おでかけ(韓国) | ▲ top
プチ身内の会
2008/01/03(Thu)
突然ですが、私のダンナさんの両親は兄弟が多く(義父5人兄弟 義母7人兄弟)、親戚もべらぼうに多いです。結婚するときに、誰がどっちの親戚でどういう人だか全然分からなかったので、覚えるために、ダンナさんに頼んで家系図を書いてもらいましたが、ダンナさんもうろ覚えな感じで怪し~く、結局おじさん、おばさんのお名前を未だに全部覚え切れていません。でも、私の両親もそれぞれが5人兄弟で、私の方も親戚が多いので、親戚同士のお付き合いはそんなに負担に感じません。最近は少子化で、こんな大勢の親戚と付き合う機会も少なくなっているんじゃないでしょうか。まあ、私たちはお互いに貴重な家系とも言えるわけです。

ところで、面白いことに、ダンナさんより1年ぐらい早くソウルに転勤になった従兄弟がいるんですが、海外の同じ都市に同じ時期に従兄弟同士で赴任するって、珍しい気もします。といっても、お互い仕事で忙しいため、なかなか会えないんですけどね。そして、今日、もう一人の従姉妹が日本から旅行で遊びに来ることになり、ソウルで同世代の3人の従兄弟が集合!夕食の席に私もくっ付いて行きました。

サムギョッサルを食べながら、子供の頃の話や身内の話で盛り上がりました。私の知らないいろんな話を聞くのも楽しかったです。家族の中では末っ子のダンナさんが従兄弟たちに「兄ちゃん」と呼ばれているのも妙に面白かったな~。^w^

明日は従姉妹ちゃんとその友人をご案内して、コスメショップ巡りだ~。

200801韓国 024 200801韓国 028 
今年もチョンゲチョン名物のイルミネーションがきれい♪しかし、水辺なだけに寒かった!

200801韓国 029 
今年は観光馬車も走っていました。
この記事のURL | おでかけ(韓国) | ▲ top
山本五十六の短刀?
2008/01/02(Wed)
クリスマスに休日出勤したダンナさん。今日は、その代休を取ってお休みになりました~。昨日も今日もソウルはぴかぴかのお天気!昨日は一日中家に籠ってテレビ三昧だったので、今日は出掛けようということに。

先月アンティーク家具屋さんで購入した鹿の燭台ですが、実は脚にひびが入っていて、その修理のためにお店に持っていかなければならないのに、年末はなかなか行く暇がなかったので、今日行くことにしました。ダンナさんも、アンティーク家具屋さんには行ったことがないので、一緒に行って目の保養をします。

うちから地下鉄で30分程度で到着。修理してもらった後、ダンナさんと一緒にいろいろなお店を見て回り、ソバンという小さな卓を購入しました。
200801韓国 030 

さて、いろいろ見て回ったお店の中の一つで、こんなものを見せられました。

200801韓国 014 
横笛の形をした「短刀」です。

200801韓国 019 
鞘を抜くと、この通り。

そして、刃の根元部分に、とある有名人物の名前が彫ってありました。

200801韓国 017 
「山本五十六」という字が見えますか?

これが、もし本当に山本五十六のものだったら、えらいことですよ~!アンティークショップの女性の社長さんは、知り合い(韓国人)に鑑定を頼まれたそうですが、日本の刀剣のことはよく分からないので、日本人の知り合いの骨董屋さんに尋ねたところ、その方も日本に持ち帰って専門家に鑑定してもらえば分かるだろうが、もし本物だったら日本から持ち出せなくなる可能性があると言うので、そのままになっているとのことです。

山本五十六本人の物かどうか、私達ど素人が見ても何も分かりませんが、女性の社長さんは「日本人だったら、何か知っていることはないですか?分かることがあったら教えてください」と写真まで撮らせてくれました。持ち主の韓国人の方は、おじいさんから引き継いだのだそうです。時代的にはぴったりですが、どうなんでしょうね?でも、かなり凝った細工で、金箔を施していた名残もあり、確かに山本五十六ぐらいの人物が持っていたといえば、そうかもしれないとも思えるし。

もし、これが本物だったら、えらいことですねー。こんなお気楽ブログに載せるようなネタじゃないのかもしれませんね…。本当に、誰かきちんとした目利きに鑑定してもらって、どういったものか、出自がはっきりと分かるといいのですが。実際に手にとって見せてもらった以上、私も妙に気になります。このブログ上で情報収集なんて無理でしょうが、こういうのに詳しい方がいらっしゃったら、何か教えてください。
この記事のURL | お買い物 | ▲ top
今年も地味正月
2008/01/01(Tue)
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、今年も韓国でのお正月を迎えました。地味です。元日は祝日ですが、やはり韓国では旧正月に連休になり、大々的にお祝いするので、西暦のお正月は非常に地味です。テレビで見ていたら、お寺では除夜の鐘をつき、ジョンノ(鐘路)辺りではカウントダウンのために大勢の人が集まり、新年を迎えた瞬間には花火もシュワーッと火を噴いていましたが、まあ、それでも日本に比べたら、やはり地味です。ダンナさんの会社も韓国のカレンダー通りに元日のみお休みだから、あんまり正月気分も味わえませんね~。

我が家でも、年の瀬に私が倒れたため、特にお正月らしいことは何もせず、のんびりとテレビを見て過ごしました。日本のお笑い番組を朝から晩まで見て、バカみたいに笑って過ごしました。

よく、行動に歯止めが利かなくなることを「タガが外れる」といいますが、久しぶりに寿司桶を出してみたら、乾燥して木が収縮し、タガが外れていました。何の象徴や~?嫌な予感を漂わせつつ、大晦日にはひつまぶし、元日には巻き寿司を作りました。

(大晦日のメニュー)
200801韓国 002 

それと、大晦日の年越しそばは、いつもと違って私の郷土料理「瓦そば」にしてみました。
200801韓国 004 

茶そばを茹でた後に焼いて食べる、独特なスタイルです。料理屋で注文すると、焼いた瓦に載せられて出てきますが、普通の家庭ではフライパンで調理しています。我が家では子供の頃からホットプレートで焼いて食べていました。トッピングには錦糸卵、牛肉のしぐれ煮、葱、など。それらをつゆにつけて食べます。これが、意外と美味しいので、知らない人も是非お試しください。

お正月のお雑煮は、去年に引き続き、韓国風のトックを使ったお雑煮にしました。あくまで自己流ですが、日本のお雑煮より簡単にできます。

そして、元日の夜はとっておきの日本酒を楽しみました。病み上がりでスーパーで食材の買出しも満足にできなかったので、簡単なメニューで済ませましたが、量は大量に作りました。二人でプチ・パーティーでした。

(元日のメニュー)
200801韓国 010 200801韓国 011 200801韓国 012 

そして、元日も私は刺繍していました。本当に、普通の一日を過ごしましたね~。地味なお正月ですが、ま、のんびりできてよかったかな。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。