スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
大晦日に粉雪舞う
2007/12/31(Mon)
今年最後の週末、いきなり体調を崩し、寝込んでおりました。本当にいきなり!嘔吐から始まり、発熱、手足のだるさなどに襲われ、週末にしようと思っていた掃除、洗濯、買い物、何もできず!がくっ!

年末の予定が大幅に狂いましたが、今日はもう熱もほぼ下がり、体調も元に戻ったので、水周りの大掃除などの後、最後のゴミ出しと、まだ出せずにいた年賀状を出しに郵便局へ行き、その足で食材を買いに大型スーパーへ行ってきました。しかし!家の中で掃除をしていたときは、暑くて汗をかきながら夏みたいな格好でいたのに、外は極寒!そうなんです!この週末、気温がまたもや下がり、もう最高気温ですらマイナス~!今日は朝から粉雪が舞っておりました。油断して外に出たら、思わぬ寒さでびっくり!分別ゴミを捨てている間だけで、手ががちがちになりました…。ううう~、寒い!

200712韓国 192 
2007年最終日の出。空気が乾燥していて、雪は積もるほど降りませんでした。でも、風があって、外は本当に寒かった!

スーパーでちょうどお昼どきだったので、フードコートにて韓国の国民食「チャジャンミョン」を食べました。
200712韓国 193 

チャジャンミョンを一人で一人前完食したのは初めてです。これ、麺にまっ黒なソースがかかっていますが、このソースがあまり日本人の口に合わず…。大抵のものは口にする私ですが、ここは大方の日本人同様に、黒い見た目とほんのり甘くて油っこい味のギャップが私の好みに沿わないので、今まで自ら進んで食べようと思ったことはなかったんですよね~。でも、今日のお昼は無性にお腹が空いていたので、「お腹がぺこぺこのときなら美味しく食べられるかも!」という今年最後のチャレンジャー精神で、食べてまいりました。

結果、味はやはり「美味しい!」と思うほどのものでもなく…。でも、お腹が空いていたので、完食はしました。病み上がりに油っこい麺はちょっときつかったかな。

さて、最後の締めくくりだというのに、冴えない週末のせいで、未だばたばたしておりますが、夜はNHKと民放の番組をテレビとネットを駆使して楽しみたいと思います。

みなさま、よいお年を!
スポンサーサイト
この記事のURL | 食べること(韓国) | ▲ top
クリスマスは普通の一日
2007/12/25(Tue)
今日はクリスマス。キリスト教徒の多い韓国は、祝日になっています。数少ない貴重な祝日ですが、悲しいかな、ダンナさんは日本との電話会議で普通に出勤です。祝日だっちゅうのー!休ませろー!と言いたい。海外勤務だと、往々にしてこのようなことがあります。日本側はこちらの祝日には無頓着で、せっかくの休みが潰れることもしばしば…。これが、大使館とか公官庁だったら、日本の祝日も現地の祝日も、両方休みになっちゃうんですよねー。公僕は国民のためにもっと働けー!と言いたい。

私のぼやきはともかく、日中、一人で暇だったので、久しぶりにアクセサリー制作をしました。トンデムンで購入したパールを使って、3連のネックレスを作りました。たっぷりのパールを使って、なかなか豪華。

200712韓国 187 

夕方帰宅したダンナさんのリクエストで、本日のディナーはパスタを含む洋食に。我が家では定番のラムチョップとイタリアン・ハンバーグも作りました。デザートに、夕べダンナさんと一緒に飲んでいた同僚からのお詫びの品(?)のケーキを食べました。ケーキといっても、普通のケーキが売り切れだったらしく、ロールケーキでした。ま、丸太になっていないブッシュ・ド・ノエルと思えば…。

200712韓国 189

こうしてみると、今年は、私は家から一歩も外に出ず、何もクリスマスらしいことをしなかったですね~。^^;

この記事のURL | 作ること | ▲ top
愛のクリスマス・プレゼント
2007/12/24(Mon)
クリスマス・イブですが、ダンナさんは会社の同僚と飲んで帰るとかで、今日のディナーは私一人。色気も何もなく、おでんを食べました。地味!

夜中、ネットをしていたら、ダンナさんが帰宅しました。封筒を差し出し、「今日はごめんね。はい、クリスマス・プレゼント!」と言います。何だろう~?封筒に入っているもの?

開けてみたら、こんなものが入っていました。

200712韓国 186 

「愛のチケット クリスマス・スペシャル」です!我がダンナさんながら、かわいいことをしてくれます。(でも、タバコを止める気はないんだ~。)このチケット、有効期限があるので、期限内に大事に使わせていただこうと思います。^^
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
「ヘテ」の刺繍、ほぼ完成
2007/12/23(Sun)
先日額装が出来上がった花の刺繍と平行して刺していた「ヘテ」の刺繍がほぼ完成しました。「ほぼ」というのは、縁取りの糸のかがり止めがまだできていないからです。(前回のレッスンで先生がその糸を持ってくるのを忘れてしまったため、年が明けた後に先生から入手後、仕上げる予定です。)中の刺繍の部分も、後で多少変更するかもしれませんが、現時点では、完成ということになります。年内にと思っていたので、思ったよりは少しだけ早く仕上げることができました。

(今までの流れ)
200708韓国 009 200708韓国 010 200709韓国 277 200711韓国 266 200711韓国 313 200712韓国 184

2作目で作った鶴の刺繍と同じく、ヒュンベ(胸背)という、衣服に縫い付けて身分を表す刺繍です。これは、韓国独特の想像上の動物で、正義を見極める動物だそうです。王宮の入り口や階段などに、ヘテの彫像が狛犬のように左右に配されています。悪いものの侵入を防ごうと、見張っているのですね。このヘテの刺繍の衣服を着た人の職業は、今でいったら裁判官のような仕事をする人だそうです。善悪を見極め裁く職業にぴったりですね。

写真では分かりづらいのですが、毛並みがとてもきれいに出ている刺繍です。光の加減で艶を放つ部分が変化し、それが毛艶の独特な質感を表しているように見えます。鶴の刺繍のときは、羽の艶の美しさに、仕上げた本人がびっくりしましたが、今回も、刺繍でうまく毛並みが表現されていて、テクニックだな~と感心します。本当にね~、刺し方一つで、艶とか立体感とか、すごい表現ができるんですよ。細い糸を刺していくだけだと思ったら、大違い。奥が深かったです。写真では表現できないのが残念ですが、それこそが本物のよさでしょう。

このヘテの刺繍は、しっぽの先や耳など、くるくるしたもようになっているのがかわいいです。このような部分は、最初に地の部分を刺して、後からアウトラインを刺していきます。細かい部分もきちんとアウトラインの部分を残して地の部分を刺繍するので、刺すのに手間が掛かりましたが、仕上がりはまずまず。

200712韓国 183 → 200712韓国 185
地の部分が終わったところ      アウトラインまで刺繍したところ

縁取りが終わったら、額屋さんに額装をお願いできます。これと鶴の刺繍を並べて飾るのが楽しみです。
この記事のURL | 習いごと(韓国刺繍) | ▲ top
いつもと違うお料理教室
2007/12/21(Fri)
お友達が通っているお料理教室で、基本メニューを習い損ねた人だけを集めて特別にレッスンをしてもらうことになったから、参加しない?とのお誘いを受けて、今日、いつもとは違うお料理教室に行ってきました。

先月から月1回ペースで通い始めたお料理教室は、味は美味しく見た目に楽しく、思っていた以上に勉強になり、実際に自分でも何品か作って、大いに役に立っています。こんなに役に立つのなら、他のお料理教室にも興味があります。できることなら掛け持ちでお料理教室に通いたいと思うほど。他の習い事との兼ね合いで、それは無理だったので、今回のように単発で参加できるときに声を掛けてもらえると、とてもありがたいです。

さて、今日参加させてもらったお料理教室は、これもソウル在住の日本人の間では有名な先生で、日本語ぺらぺら。ここでも、メモを取りながら先生の作業を眺める方式です。これが、意外といいんですよね~。最初は「自分で実際に調理させてもらったほうがいいのでは?」と思ったりもしたのですが、全ての流れがよく把握できるし、そのときそのときで必要なことをメモできるので、後で自分で料理を作るときにもメモさえ見れば、手順や材料などを間違えなくてすみます。

今日のメニューは全3品。韓国では基本中の基本のメニューです。

チャプチェ(五目春雨)
200712韓国 161
日本語で「五目」と書きましたが、韓国では「クジョル(九折)」で9種類です。

ヘムルパジョン(海鮮のジョン)
200712韓国 165 
日本人はこれを「チジミ」と言いますが、「チジミ」は韓国の地方の方言で、ソウルでは通じません。

テンジャンチゲ(味噌味の鍋)
200712韓国 175 

テンジャンチゲは、前回、いつものお料理教室でも習いましたが、先生によって味や料理方法が違います。そして、実際に、味は「テンジャン」で決まると思いました。美味しいテンジャンや調味料も教えてもらえるし、料理教室ではいろいろ為になる情報が入手できて、嬉しいです。

そして、今回、先生ご愛用のオンギの鍋(上の写真のテンジャンチゲのお鍋)が非常に気に入り、どこで買えるか尋ねたところ、先生の知り合いの方にお願いして作ってもらうんだそうで、私も注文させていただきました。出来上がるのは約1ヶ月後だそうです。楽しみ~♪探してもなかなか気に入ったものに巡り会えなかったのですが、こんなところで、気に入るものに巡り会えるとは~!驚きです。それに、実際に使っている先生のお話も聞けて、使い込んだ鍋肌の色も見ることができて、満足。私は韓国に来て以来、ご飯は鍋で炊いているのですが、先生のお話では、オンギの鍋でご飯を炊くと、いい具合におこげができて、とても美味しいそうです。

200712韓国 176
色も形も大きさも申し分なく、韓国料理だけでなく、いろんな料理に使えそうです。

韓国にいる間に手に入れたかったオンギの鍋も買うことができて、今日はいろいろ収穫がありました。やっぱり、料理教室はもっと早くから通っておけばよかったかな!
この記事のURL | 習いごと(韓国料理) | ▲ top
大統領選挙
2007/12/19(Wed)
韓国は今日、大統領選挙でした。先日の日記にも書きましたが、韓国では選挙は平日に行われるので、一般に会社は休みになるところが多いようです。ダンナさんの会社も例に漏れずお休みに。おまけに、郵便局に行ったら、郵便局もお休みになっていました。でも、何もかもが休業になるわけではなく、一般の商店やなんかは普段どおりに営業していましたよ。

ところで、選挙の結果は大方の予想通り、野党ハンナラ党のイ・ミョンバク氏が最初から最後まで独走で当選しました。この方、政治家になる前は、韓国有名企業で日本人サラリーマンも真っ青な仕事人間振りを発揮し、わずか35歳で社長に就任したという経歴の持ち主。会長職までやった後、政治家に転身。前のソウル市長を務め、無謀と言われたチョンゲチョン(清渓川)復元を成功させたことで一躍人気者になった方です。サラリーマン時代の活躍は「サラリーマン神話」としてドラマ化されたほどで、彼の経済人としての資質に注目が集まり、今回の当選の運びになったようです。いや~、ほんと、イ・ミョンバクといえば、「サラリーマン神話」と「チョンゲチョン復元」って、テレビでもこればっかりやってましたよ。

しかし、結果的に10年ぶりに政権を奪われることになった与党は、ぎりぎりの選挙2日前に、悪あがきを。現職のノ・ムヒョンが、イ・ミョンバクの株価操作疑惑を国会で追及することを決定しました。「ノ・ムヒョンよ、何を今更…」と思っていたら、案の定、与野党の国会議員が掴み合い殴り合いで国会は紛糾!選挙といったら、このぐらいもめるのがお約束!というのが韓国流なんでしょうか?

いずれにせよ、間もなくイ・ミョンバク政権が誕生します。株価操作疑惑で罷免されることがなければ、しばらくは彼が大統領として政治を行うわけです。政権交代した後の日韓関係も気になりますが、南北関係も気になります。そして、イ・ミョンバクが大統領に就任した後、国民の期待通りに韓国の経済は立て直され、格差是正できるのか?大いに注目したいところです。

身近なところでのわかりやすい変化といえば、これまで、約1ヶ月近く、街のあちこちで選挙活動が繰り広げられ、オフィス街の地下鉄駅に至近距離で住んでいるため、朝っぱらから通勤サラリーマン狙いの演説がうるさかったのですが、これで選挙活動も終了!私に平和な朝が戻ってきます。

200712韓国 007 
ある日の我が家の近所の風景。候補者の名前が書かれた横断幕がどどーん!街中至る所、こんなかんじでした。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
白磁の魅力
2007/12/18(Tue)
韓国には、ステキな陶磁器がたくさんあります。台湾に住んでいた頃、お茶の道具にはまり、いろいろ買いもしたし、自分でも陶芸をちょろりと習いに行ったりもしましたが、台湾の陶器は、お茶の道具にはステキなものがたくさんあるのですが、生活用の器は微妙でした。南国ゆえか、渋い色よりも軽い色の方が好まれるようで…。ですから、どちらかというと、台湾より韓国の器の方が、日本人の嗜好に合うものが多いように思います。素人の作品も釉薬の色や土の感じがよくて、「韓国で陶芸を習いたかったなー!」と思うことがあります。

土物では「オンギ」という、キムチなどを保存するのに使う甕(カメ)の材質が好きです。空気は通すけれど水は通さないという性質で、キムチや味噌などの発酵食品の保存に適しているんだそうです。水を通さないので、保存用の甕だけでなく、オンギのお鍋や食器もあります。オンギのお鍋で料理すると、味がまろやかになって美味しく仕上がるんだそうです。色もこげ茶色でシック。欲しい~。けど、まだ「これ!」というものに出会っていません。もう1年近くもいいものはないか~って探しているんですけどね~。

磁器ものでは、韓国は青磁、白磁が有名です。私は白磁のすがすがしさが大好き!同じ白といっても、陶器と磁器では透明感や艶が全然違いますね~。そして、同じ磁器でも、やはり違いがあります。韓国の白磁は、なんというか、うっすらと青みがかっていて、清涼感があり、潔いアジアの磁器です。

今日はお友達とランチをしにインサドン(仁寺洞)へ行ったのですが、サムジギルという工芸品やアート作品などのお店がたくさん入ったビルの中に入っている陶磁器専門店で、白磁の杯を私とダンナさん用に1つずつデザイン違いで買いました。本来はお茶用かもしれませんが、小さな杯として使おうと思っています。これでお正月にお酒を飲んだら、美味しさアップでしょう!(今年のお正月はコップ酒だった…。)
200712韓国 178 
この形が韓国風。右の杯にはうっすらと梅の花の立体的な模様がついています。

このお店では、先日同じ白磁の湯呑みカップも買いましたが、韓国伝統茶などの色がきれいに見えて、形も手になじむし、とても使い勝手がいいので気に入っています。
200712韓国 179 

この上、陶器にも手を出したら、器好きの私が大変なことになるのは目に見えているので、この辺で止めておかないと…。^^;
この記事のURL | お買い物 | ▲ top
ちくちく…
2007/12/17(Mon)
今週の水曜日は、韓国の大統領選挙が行われます。日本と違って、選挙は平日に行われるのが韓国流。そのため、選挙当日、学校や会社などはお休みになるそうです。そのほうが投票率が上がっていいかもね~。日本も、国政選挙のときは、平日にしたらいいのに~。

ま、選挙の話はともかく、毎週水曜日に行っている刺繍のレッスンも、今週だけは曜日を変更して行うことになりました。それが、月曜日の今日に振り替えになったんです!うわ~ん、「ヘテ」の刺繍、もう少しで終わりそうなんだけど、月曜日じゃ、2日分繰り上げて頑張らないと追いつかないよー。

ということで、週末は鬼のように集中的に刺しまくっていました。ちくちくちくちく…。食事の時間やちょっとした休憩を挟んではいますが、日曜日の私は、気付けば12時間近くも刺繍をし続けていました。今日はさすがに肩から首から背筋全体がきついです…。あ~、疲れた。

それでも、まだまだ終わりません。本当に手間が掛かります。それなのに、新しい作品は今までにない大物に取り掛かることにしてしまいました!しばらくは、もうちょっとで終わりそうな「ヘテ」の刺繍と、新しい「蓮」の刺繍の2作品を手掛けることに…。自分で自分の首を絞めてる???

年末年始の2週間、レッスンがお休みになります。その間も、私は韓国でちくちくし続けることになりますね。「ヘテ」が完成するのは、最後に使用する糸が入手できる次のレッスン以降だから、年が明けてからになります。画像アップをお楽しみに…!

200711韓国 299 
レッスン風景です。右にいらっしゃるのが先生です。
この記事のURL | 習いごと(韓国刺繍) | ▲ top
鍋の季節です
2007/12/15(Sat)
ソウルの気温は、最高気温が5度前後、最低気温が-2~3度と、このくらいで安定しています。東京なんかの気温と比べたらすご~く低くて寒そう!実際、外はかなりの寒さなんですが、家の中にいると、天気のいい日には日光が部屋中に差し込んで温室状態になるため、セーターどころか、長袖Tシャツぐらいで十分です。暖房もオフにしているのに、床のオンドルによそで使っているお湯が流れてくるためでしょうか、足元がほんのり暖かいです。日本の家より断然暖かくて過ごしやすい韓国のアパートです。しかし、外はやっぱり寒いんですよ!外でお仕事されている方は、大変だと思います。

さて、寒い季節になると、無性に食べたくなるのがお鍋。韓国では冬に限らず夏でも汗をかきながら鍋料理を食べる習慣があり、年中そこかしこでお鍋が食べられているため、目新しさはないのですが、寒い中歩き回った後など、やっぱりお鍋を食べるとほっとします。

今日は、ポリパプのお店のもう一つの看板メニューらしい、「スジェビ」を食べに行きました。大きな鍋にいろんな具材と共に煮込まれた「すいとん」のお鍋です。ここのお店は、こじんまりしていますが、メニューはどれも手を掛けて作られていて、美味!スジェビも思ったとおり美味しかったです。しかし、唐辛子が利いていて、かなり辛かったです!猫舌で、辛いものに関しては未だ発展途上人の私は、熱くて辛いスジェビをなかなか食べることができず、スローペースで食べていましたが、熱いものも辛いものも平気なダンナさんはすごい勢いで平らげていました。ダンナさんはここのスジェビがかなりお気に召した様子。

200712韓国 148 
このボリュームで2人前10000W(約1200円)です。

お鍋といえば、先日アンティーク家具屋さんに行ったときに、昼食を食べに行った食堂で、初めて「スンデ」のお鍋を食べました。スンデというのは、何かと言いますと、豚の腸に豚の血やらお米やらを詰めて固めたもので、ドイツでいったらソーセージになるところが、韓国ではスンデになった、みたいな…。でも、豚の血が入っているということで、苦手な日本人が多く、私もマレーシアや台湾で中華料理に似たようなものがあったのですが、あまり好みの味ではなかったので、韓国でもスンデは敬遠していたんです。でも、そのとき一緒にいた在韓5年の韓国ベテラン友人の「美味しいよ~」という一言で、食べてみることにしました。

200712韓国 131
スプーンの上に乗っかっているのがスンデです。(このお鍋、写真では淡白な色をしていますが、かき混ぜると、底に沈んでいた唐辛子が混ざって真っ赤に変化しました…。)

食べてみたら、想像していた生臭さはなく、煮凝り状になっているのではと思っていた血の食感もなく、ごく普通の食べ物に感じました。お鍋になっていたのが良かったのかもしれません。韓国ではスンデは、よく甘辛ソースで絡めて煮たものが屋台で売られていますが、その屋台料理のように「スンデのみ」で食べると、また違った感想になったかもしれませんね。

いろんなお鍋を食べて、韓国の味を体験している私ですが、この先も自ら食べることはなさそうだな~と思うお鍋があります。それは「ポシンタン」、そう、犬肉のお鍋です!好きな人は好きらしいですけど、最近は韓国人でも敬遠する人が多いらしいですね。中華料理の蛙の炒め物が大好きで、香港では蛇のスープも食べた私ですが、犬だけは、ちょっと無理かも…。
この記事のURL | 食べること(韓国) | ▲ top
大忘年会なのだー
2007/12/13(Thu)
SJC(ソウル日本人会)の大忘年会というものに参加しました。参加人数は200人以上。毎年ホテルのボールルームにて盛大に行われます。でも、ディナーで子供の同伴ができないということで、女性の参加が極端に少ないんです。私は子供がいないので、参加するのに何も制約はないのですが、女性が少なくて男性中心というのがひっかかって、参加しようかどうしようか悩んでいたんですが、日本人会の忘年会というのがどんなものなのか、話のタネに、ひとつダンナさんと一緒に行ってみることにしました。

参加者の会費は男性7万W(約8400円)、女性6万W(約7200円)と、立派なお値段です。でも、ソウルでも指折りの新羅ホテルの洋食コースメニューだから、これは妥当なお値段でしょう。そして、日本人会だけあって、いろんな企業の協賛を得て、参加者全員が福引をして、景品がいただけます。参加者200名以上だというのに、私とダンナさんはなぜか、福引で続き番号を引いてしまい、同じ景品をいただいて帰りました。カップスープのセット。二人で合計12箱!この冬は、毎朝カップスープをいただきます。

全員が何かしらいただける福引の他に、豪華景品の当たる福引も用意されていて、数名の幸運な方たちが「金浦ー羽田往復航空券」「デジカメ」などをゲットしていました。

日本人会のコーラス部の面々による合唱も披露され、華やかな雰囲気。
200712韓国 147

テーブルはというと、見ず知らずの人と知り合ういいチャンスでしたが、本当にほとんどが単身赴任のオジサマ方だったので、会話は仕事がらみのお話が多かったですね。日本人はこういう社交の場での振る舞いが苦手な人が多く、日本人同士の集まりin韓国ゆえ、「お酌」とかも始まってしまいました~。とほほ。私はこういう洋食パーティーでは絶対にお酌はしませんが、日本人のオジサマから見たら、「若い女がお酌しろ!」って思うんでしょうかね~。ワインを注いでテーブルを回るのもね~。あ~、難しい。私達日本人の行動は、文明開化の直後に洋装・散切り頭になった頃と、基本的には変わっていないのであります。この忘年会は、全体的に「ほほう、こういうものか」といういい経験になりました。

そうそう、かつて一緒に韓国語を勉強していたクラスメートのオジサマともばったり再会しました~。久しぶりにお話できて、楽しかったです。
この記事のURL | おでかけ(韓国) | ▲ top
アイロン台の花の刺繍
2007/12/12(Wed)
日本から戻ってきて、連日予定が入っていて外出していたので、全然刺繍の方が進んでいません!昨日は家具屋さんから帰って、死に物狂いで頑張りましたが、何せほんのちょっとずつしか進まないので、まだまだ…。早く今やっている「ヘテ」の刺繍を完成させたいな~。

ところで、今日、刺繍教室へ行くと、前に完成させた花の刺繍の額装が出来上がってきていました。今回の花の刺繍の額は、立体的な細工をお願いしましたが、それがいい感じに仕上がっていて、額装にも満足。もともとはアイロン台だったので、立体的にしたことで、そんな雰囲気も出てるかな?こうして額に収まると高級感もあり、我ながら上出来です。

200712韓国 137

ちょっとお部屋の模様替えでもしたい気分です。
この記事のURL | 習いごと(韓国刺繍) | ▲ top
アンティーク家具屋さん
2007/12/11(Tue)
今日は、地下鉄で行けるアンティーク家具屋さんを教えてもらいました。前回行った郊外の家具屋さんと違って、今度は、アンティークショップやアンティーク家具屋さんが何軒も入った専門の建物です。最近、家具屋さんめぐりが続いたので、ダンナさんに「かぐや姫!」と呼ばれつつ、まだ大した家具は買っていないわ。今日は何かいい家具に巡り会えるかな~。楽しみ~♪

2階建ての建物内には、数十件のアンティーク家具屋さんが入っていますが、私達が行ったときには、3分の1ぐらいはまだ営業していませんでした。寒くてお客さんも入らない時間だったからかな?あんまりやる気はなさそうな雰囲気。^^;

いろんなお店で見て回りましたが、「これ、いい!」と思ったものは、予想外にお値段も高くて、びっくりしました。古い時代のもので、細工や保存状態がいいものは、お値段もそれなりにするそうで…。花型のソバンという小さな卓で、とても繊細な細工のものが気に入りましたが、お値段が150万W(約18万円)というので諦めました。そんなお値段じゃ、気軽に買えないよ~。でも、目の保養にはなりますね~。

もちろん、もうちょっと安くて買いやすい品もたくさんありましたが、いいものを見てしまうと、安いのは無骨者みたいに見えてしまって…。やっぱり、繊細な貴婦人みたいなアンティークがステキです。

今回は、買えそうなものはないな~と思っていたのですが、最後になぜか、家具ではなく、ブロンズでできた鹿の形の燭台に目を奪われてしまい、悩んだ挙句、それを買ってしまいました。韓国とは全く関係がない品なのに…。でも、気に入ってしまったのです!アンティークショップでの買い物は、出会いです。考えている間に誰かに先を越され、二度と巡り会えないこともあります。よ~く考えて、でも、この鹿たち(2台対になっていたので)は連れて帰りたい!と思ってしまったのです。これなら、ギリシアで購入した古代の壁画のレプリカの陶板(日本でお留守番中)にも合いそうです。

クリスマス前だから、お店のオーナー婦人はクリスマスの飾りにいいですよ~とおっしゃっていましたが、トナカイじゃないから、私は季節に関係なく年中飾っていると思います。

200712韓国 
この記事のURL | お買い物 | ▲ top
12月のお料理教室
2007/12/10(Mon)
帰国の翌日、いきなり2回目のお料理教室に行ってきました~。

前回の教室で習ったお料理が美味しかったので、今回も期待!

こちらの教室は、先生が下準備したものを、私達の前で作ってくださいます。私たちは、レシピを見てメモを取りながら、先生の作業を見守るのみ。そして、全てが出来上がったら、ただ食べるのみ!でも、今回も食器もステキで、見た目にも勉強になりました。

(今月のメニュー)
パッチュク(小豆のお粥)
200712韓国 122

ソコギピョンチェ(牛肉のプルコギとエゴマのドレッシング)
200712韓国 113

ホバクナムル(エホバクとエビの炒め物)
200712韓国 116 

タルレテンジャンチゲ(ひめにらの味噌味鍋)
200712韓国 120

コンチャルトック(黒豆のお餅)
200712韓国 107 

テチュチャ(なつめ茶)
200712韓国 128
写真の左下に映っている湯呑みがなつめ茶です…。

毎回、とても美味しくて、本当に参考になります。
この記事のURL | 習いごと(韓国料理) | ▲ top
冬の日本滞在記
2007/12/09(Sun)
日本から戻ってきました。東京は暖かかったです!ソウルで寒さに慣れていたためでしょうが、日本では夜でもなんだか暖かく感じました。「東京もこの冬一番の寒さ」とか天気予報で言っていたので、けっこう厚着して服もいっぱい持って帰ったんですが、そんなに必要なかったですね。2年前の11月に台湾から日本に帰国したときは、暖かい台湾から急に寒い東京に移動したので、寒くて寒くてたまらず、一日中がたがた震えていたのを覚えています。それなのに、ソウルで生活すれば、ソウルの寒さにもちゃんと慣れて…。人間の順応性ってすごいな~。

まあ、それはともかく、今回はダンナさんの出張にくっ付いて行ったので、平日はダンナさんは仕事、私はフリーでした。汐留のホテルに宿泊していたので、銀座などにちょろりと出かけられて、一人遊びも充実していました。一時帰国時にはお決まりのスーパー、ドラッグストア、本屋巡りに加え、友達とランチしたり、新しくできたデパートの売り場チェックをしたり、楽しかったです。

200712韓国 014 
久々の和食が胃にしみる…。

200712韓国 079
ゆりかもめでお台場へも行きました。いいお天気!

200712韓国 035 
何年ぶりかでビーナスフォートにも行きました。

200712韓国 018 
汐留のイタリア街にあるJRAのビル。街全体がイタリアチックな建物なんだって~。でも、集まってるのは、競馬新聞を手にした日本のオジサンたち。どっからどう見ても、日本じゃ~。

200712韓国 037 
「汐留らーめん」の人気はいまだ衰えず!初めて食べましたが、甲殻類の味が濃厚すぎて、私の口にはトゥーマッチでした。

今回は、日本滞在中にダンナさんの誕生日を迎えました。誕生日当日は、ダンナさんは仕事で、夜も会食があったため、ホテルに戻ってきたのは深夜でしたが、夜中に資生堂パーラーのモンブランで、プチお祝いをしました♪泊まったホテルは、部屋にエスプレッソマシーンが設置してあったので、エスプレッソで乾杯しました。^^
200712韓国 016 

そして、ダンナさんが仕事から解放された週末、誕生日デートをしてきました。築地のお寿司に始まり、昼は銀座で歌舞伎見物、夜は劇団四季の「キャッツ」を観劇、そして、締めくくりに夜景の見えるレストランで和食のフルコースディナー♪外国人ばりに東京満喫!

詳細は、以下。
ご興味のある方だけ、お付き合いください。
この記事のURL | おでかけ(日本) | ▲ top
帰国前のばたばた
2007/12/03(Mon)
本日から1週間ほど一時帰国してきます。現在の状況は…

あ~、もう朝の4時半過ぎてる!なのに、まだお風呂にも入っていない私。寝る時間がないよ~。

帰国前でばたばたしているにもかかわらず、3日夜、星野ジャパンの北京オリンピックアジア予選の対韓国戦が思わぬ熱戦になり、4時間以上息を詰めてネット観戦していたので、帰国準備が大幅に遅れております。毎度のこととはいえ、とほほです。しかし、野球はいい試合だった!

こんなことしている場合ではないので、もうお風呂に入ります!

では、みなさま、風邪など引かないように!
この記事のURL | おでかけ(日本) | ▲ top
我が妹も「皇后」デビュー
2007/12/02(Sun)
もう12月!早いですね~。11月は写真の整理が追いつかず、ブログのアップが遅れ気味でしたが、12月はちゃっちゃと整理してアップし、記事をためないように努力します。

といったはなから…。3日から1週間ほど一時帰国してきます。また写真をためないように気をつけなくちゃ!

一時帰国前に、妹に「皇后」の化粧品を頼まれ、ミョンドンへ買いにいってきました。私は「雪花秀」の基礎化粧品に「皇后」を部分的に組み込んでいこうと思いますが、妹は「皇后」のサンプルを使って気に入ったらしく、基礎化粧品を揃えることにしたようです。姉妹揃って韓方化粧品のお世話になります~。

化粧品のついでにあれこれ送ってあげようと、いろいろ買い込んでいたら、荷物がどんどん膨らむ一方で、全然荷造りできていません。あらら。
この記事のURL | お買い物 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。