スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
チョロンへの日帰り旅行
2007/10/28(Sun)
SJC(ソウル・ジャパン・クラブ)のバス旅行に参加して、カンウォンド(江原道)チョロン(鉄原)というところへ行ってきました。
20071108224731.jpg
山の中です。田んぼには鍋鶴がたくさんいました。

韓国に来て初めて、北朝鮮との軍事境界線付近へ行きました。軍事境界線といえば一般的にはパンムンジョン(板門店)が有名ですが、南北の歴史とかまだ知識も少ないし、現状も把握していないし、心の準備(?)もできていないので、まだ行けないな~と思っていたのですが、今回のバス旅行で、気付いたら別の境界線付近にいました!

今回のバス旅行のメインは、朝鮮戦争当時に掘られた地下トンネルを歩くことです。私達が歩いたのは第二トンネルですが、うろ覚えの知識で、たしか全長3キロぐらいあるそうです。そのまま辿れば北朝鮮に入ってしまうそうです。で、途中で行き止まりになっていました。現在発見されている5つだか8つだかのトンネルの他にも、まだ発見されていないトンネルがあるらしいということで、韓国人のガイドさんは「本当に怖いです」と言っていました。(余談ですが、このガイドのアジュンマ、しゃべりがあまり上手じゃなく、ルックスはお笑いコンビの「ハリセンボン」の近藤春菜にそっくりでした。どうでもいいけど。)

トンネルは地下50メートルの深さで、穴の縦の高さは2メートル弱。固い岩盤を掘っているので、でこぼこしていて危険です。で、大人は全員黄色い安全ヘルメット着用。近藤春菜似の我らがガイドさんは、何度も頭をぶつけて、トンネル内に「ゴツッ」という音が響いていました。

20071108224757.jpg 20071108224813.jpg 
トンネル内は撮影禁止だったので、トンネル入り口の写真。

トンネルを歩いた後は、朝鮮戦争で爆撃を受けた列車の展示を見たり、展望台に登って軍事境界線の不可侵地域を見物したりしました。
20071108224847.jpg 20071108224830.jpg 
20071108224910.jpg 20071108224925.jpg 

私は今回、不勉強で何の知識も持たずに出かけていったため、特に感慨もなく見物してしまいましたが、こういうところへ来る前に、きちんと事前勉強しておいたほうがよかったな~と思いました。で、そうこう言いながら、板門店へ行くチャンスを失しているのかもしれません…。

ところで、今日はMLBのワールドシリーズ、松坂登板の日!バス旅行に申し込んだ後にレッドソックスがリーグ優勝して、しかも数日前に松坂の登板がこの日になったため、いまさら旅行をキャンセルすることもできないし…と、半分泣く泣く(?)参加したバス旅行でした。バスでの移動中も携帯で試合状況をチェックするダンナさん。あ~、松坂が2打点を挙げたシーン、生で見たかったな~。…と、朝鮮戦争よりもメジャーリーグが気になったremi夫婦でした。
スポンサーサイト
この記事のURL | おでかけ(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。