スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
菊の花束
2007/10/11(Thu)
刺繍の日でした。長々と頑張ってきた花の模様の作品が、いよいよ佳境に入ってきました。

韓国刺繍の特徴として、縁取りが挙げられますが、今回は、初めての金糸での縁取りに挑戦中です。金糸は糸自体も扱いにくい上に、細かくかがり留めていくので、手間が掛かります。縁取りの箇所が多くて、細かいため、非常に時間が掛かっていますが、今週刺繍に没頭して頑張れば、来週には完成かな?でも、今週も何かと忙しく、刺繍に時間が避けないようだったら、再来週まで持ち越しですね。

さて、今日も先生がお庭からステキなものをお裾分けしてくださいました。大量の小菊の花!かわいい!菊というと、お葬式とかお墓とかお仏壇とか、なんだか死と連想する人もいますが、私は全然そんな風に思いません。実家の庭にもたくさんの小菊を植えていたし、白や黄色以外にもピンクや赤やオレンジなど、色彩豊かだったので、室内に普通に飾っていましたし。それに、菊の独特な香りも「田舎の秋」を連想させて、けっこうノスタルジーを感じます。

20071012215148.jpg 20071012215202.jpg 20071012215217.jpg

今日は先生がびっくりするぐらいた~っくさんの菊を持ってきてくださったので、みんなで分けても、一人当たり、すごくたくさんいただくことができました。嬉しいな~♪さらに、カボチャとサツマイモまでいただいて、刺繍の道具に大きな花束を抱えて、ドゴクからマポまで地下鉄で1時間かけて帰りましたよ~。比較的空いていたので、よかった。

先日の誕生日から、我が家にはお花が絶えません。家にお花があるだけで、とっても気分がいいですね!

20071012215228.jpg 
花瓶に活けると、迫力!

20071012215238.jpg 
元気のない花は頭だけにして、器に張った水に浮かべてもきれいです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。