スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
面白い日本語
2007/10/04(Thu)
先日、ダンナさんと一緒にカンジャンケジャンを食べに行きました。以前も書きましたが、私はカンジャンケジャンが大好き♪でも、生の蟹はお値段がお高いので、そうそう食べにいけないのです。

そんなとき、ネットでお手頃価格で食べられるカンジャンケジャンのお店を発見しました。行ってみた~い!安くて美味しければ、ランチにでも一人で食べに行っちゃうよ~。まずは、ダンナさんと、リサーチ!

20071005220336.jpg 

ナンデムンシジャン(南大門市場)の近くの、とある駐車場の奥に、その店はあります。なぜ駐車場の奥なのか?よく分かりません。表の道路からは見えないので、そんなところにカンジャンケジャンのお店があったとは!驚きました。

20071005220258.jpg 20071005220316.jpg 

カンジャンケジャン一人前18000W(約2200円)はかなり安い部類に入ると思います。しかし、味は値段相応でした。今までで一番美味しかったのは、一人前5000円ぐらいしたように覚えています。どうしよう!カンジャンケジャンは高ければ高いほど美味しかったら…。

いらん心配をしつつ、お店の看板にこんな面白い日本語を発見したので、ここに載せておきま~す。

20071005220400.jpg 
「カザミまぜこぜになる」

20071005220411.jpg 
「醤油漬しょうゆづけにしたたかに 肋骨ろっこつ」

20071005220432.jpg
「カザミ丸まるごと普ふつう」

全部、韓国語の料理名から考えたら、言いたいことはよく分かるのですが…。「したたかに」って、料理には使わないな~。面白すぎるでしょう!このお店、味は今ひとつだったけど、看板が面白かったから、行った甲斐がありました。

スポンサーサイト
この記事のURL | 食べること(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。