スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
髪を切りに行く
2007/10/31(Wed)
韓国に引っ越してくる前に、日本で髪を切りました。ここ数年ミディアム~ロングを行ったり来たりしていましたが、引越し前に思い切って、後ろはざっくり短くカットして前下がりのボブにし、写真のリカちゃんのような髪型にしました。

しかし!カットしてからかれこれ5ヶ月。すっかり伸びきって最近、ハネが収まらなくなってきました。もう切るしかない!と、韓国で初のヘアカットに行ってきました。

私は、過去の海外生活の中で、ヘアカットに関しては、いやになるほどの失敗談を持っているので、ここは何としても失敗したくない!強い決意を持って、日本人の友達に紹介してもらったミョンドンの美容室へ行くことにしました。

ミョンドンには日本語の通じる美容室がいくつかありますが、その中のどの店に行くかは、微妙です。ここはやっぱり「口コミ」が一番信用できますね!友達に紹介してもらったお店は、日本の美容学校を卒業し、日本の美容室でも働いたことがあるという美容師さんがいて、やっぱり安心です。言葉が通じることと、腕がいいこと。これは海外では探すのがなかなか難しいんです…。

で、私がカットしてもらった美容師さんは、ダンガリーシャツの胸ボタンを3つも(!)開けていて、そのセンスには「はてな?」という感想を持ちましたが、腕は良かったです。また短くボブにしてもらって、気分もすっきりしました。今は写真のリカちゃんより若干短めの髪になりました。

ちなみに、カット代金は3万W(約4000円)でした。これは韓国ではかなり高めの金額ですが、日本のカット代金を考えたら、私達にとっては普通の金額です。シャンプーも日本のスタイルで、倒れる椅子で寝て行うスタイルでした。(これも、海外ではなかなかお目にかかれない…。)残念ながら、今日行った美容室ではデジタルパーマはできないそうで、もしパーマがかけたくなったら、カンナムに行ったほうが良さそうですね。
スポンサーサイト
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
花の刺繍、ついに完成!
2007/10/30(Tue)
長かった刺繍の3作目が、やっと完成しました~。途中、引越し休みと夏休みを挟んだため、半年近く手元にありましたね。数えてみると、全部で12回教わっていました。

20071108225835.jpg 
こちらが全体図。赤い絹地の部分で、サイズは14.5×53センチ。これは、キョンボックン内にある国立民俗博物館で見たアイロン台の刺繍をもとに作りました。宮中の人は、こんな豪華な刺繍を施したアイロン台を使っていたんですね~。もったいなくて使えません。

細部を見てみましょう。

20071108230245.jpg 
一番上は、雲と鶴と松の木です。鶴が口にくわえている花は「不老草」という花で、これを食べると年を取らないと言われていて、大変縁起のいいものです。韓国の伝統的な絵画や刺繍などには鶴や鹿と共によく登場します。

20071108230311.jpg 
真ん中は、牡丹の花です。牡丹も韓国ではよく使われるモチーフです。とても華やかで豪華な姿の通り、富貴、繁栄、美の象徴です。蝶と共に描かれることが多いです。

20071108230330.jpg 
一番下は、蓮の花です。蓮の花は仏教的な意味を持ち、信仰のほか強い生命力を象徴する花のようです。オシドリなどと共に描かれることが多いです。

ちなみに、蓮の花の下の模様は、波を表しています。蓮以外の植物は岩を表す模様から発生しています。韓国では「植物は水、または土から生える」というデザインが非常に多いです。日本との違いですね。また、韓国刺繍では、動物はたいてい「つがい」で描かれます。この刺繍の中の動物達もみんなつがいです。夫婦円満の象徴みたいで、おめでたくていいですね。

韓国刺繍と日本刺繍は、基本的にはテクニックはほとんど同じです。韓国刺繍独特の特徴として「縁取り」が挙げられますが、今回、その縁取りに金糸を使ってみました。金糸を使うのは初めてでしたが、やってみると、意外と大変でした…。金糸自体がほどけやすく、扱いが難しいのに、その金糸を2本どりにして、別の細い糸でかがり止めていくのです。これに時間がかかり、あともうちょっとというところで、なかなか完成させることができませんでしたが、こうして出来上がってみると、まずまずの達成感があります。

最後に刺繍で名前を入れて、額装してもらったら、部屋に飾れます。楽しみ♪
この記事のURL | 習いごと(韓国刺繍) | ▲ top
チョロンへの日帰り旅行
2007/10/28(Sun)
SJC(ソウル・ジャパン・クラブ)のバス旅行に参加して、カンウォンド(江原道)チョロン(鉄原)というところへ行ってきました。
20071108224731.jpg
山の中です。田んぼには鍋鶴がたくさんいました。

韓国に来て初めて、北朝鮮との軍事境界線付近へ行きました。軍事境界線といえば一般的にはパンムンジョン(板門店)が有名ですが、南北の歴史とかまだ知識も少ないし、現状も把握していないし、心の準備(?)もできていないので、まだ行けないな~と思っていたのですが、今回のバス旅行で、気付いたら別の境界線付近にいました!

今回のバス旅行のメインは、朝鮮戦争当時に掘られた地下トンネルを歩くことです。私達が歩いたのは第二トンネルですが、うろ覚えの知識で、たしか全長3キロぐらいあるそうです。そのまま辿れば北朝鮮に入ってしまうそうです。で、途中で行き止まりになっていました。現在発見されている5つだか8つだかのトンネルの他にも、まだ発見されていないトンネルがあるらしいということで、韓国人のガイドさんは「本当に怖いです」と言っていました。(余談ですが、このガイドのアジュンマ、しゃべりがあまり上手じゃなく、ルックスはお笑いコンビの「ハリセンボン」の近藤春菜にそっくりでした。どうでもいいけど。)

トンネルは地下50メートルの深さで、穴の縦の高さは2メートル弱。固い岩盤を掘っているので、でこぼこしていて危険です。で、大人は全員黄色い安全ヘルメット着用。近藤春菜似の我らがガイドさんは、何度も頭をぶつけて、トンネル内に「ゴツッ」という音が響いていました。

20071108224757.jpg 20071108224813.jpg 
トンネル内は撮影禁止だったので、トンネル入り口の写真。

トンネルを歩いた後は、朝鮮戦争で爆撃を受けた列車の展示を見たり、展望台に登って軍事境界線の不可侵地域を見物したりしました。
20071108224847.jpg 20071108224830.jpg 
20071108224910.jpg 20071108224925.jpg 

私は今回、不勉強で何の知識も持たずに出かけていったため、特に感慨もなく見物してしまいましたが、こういうところへ来る前に、きちんと事前勉強しておいたほうがよかったな~と思いました。で、そうこう言いながら、板門店へ行くチャンスを失しているのかもしれません…。

ところで、今日はMLBのワールドシリーズ、松坂登板の日!バス旅行に申し込んだ後にレッドソックスがリーグ優勝して、しかも数日前に松坂の登板がこの日になったため、いまさら旅行をキャンセルすることもできないし…と、半分泣く泣く(?)参加したバス旅行でした。バスでの移動中も携帯で試合状況をチェックするダンナさん。あ~、松坂が2打点を挙げたシーン、生で見たかったな~。…と、朝鮮戦争よりもメジャーリーグが気になったremi夫婦でした。
この記事のURL | おでかけ(韓国) | ▲ top
懐かしの漢方スープ
2007/10/26(Fri)
お友達の家に、ランチに呼ばれて行ってきました。今日お邪魔したMさんは、シンガポール人のご主人とアメリカ留学中に知り合い、その後NYから香港に引越し、今は韓国暮らしという国際派。そんなMさんのお宅は、日本人出没率のかなり低い地域にあり、周りは西洋人が多い!アパートの警備員さんが英語ぺらぺらだったり、エレベーターのアナウンスが韓国語と英語だったのに驚く私です。(うちのアパートはアナウンスも張り紙も警備員も韓国語のみ。)

さて、今日のランチメニューは、Mさんの義理ママ直伝の漢方スープです!マレーシア時代に中華料理を食べまくっていた私には、懐かしい味です。鳥を1羽丸ごとと、各種野菜に漢方食材を入れて、長時間煮込んだスープは滋味溢れる味で絶品でした!

スープの他のお料理も東南アジアの中華風で、どれも美味しかったです。本当に、人様のお宅で手料理をご馳走になると、いろいろ参考になります。

20071106181058.jpg 
この記事のURL | 食べること(韓国) | ▲ top
刺繍ラストスパート!
2007/10/25(Thu)
昨日両親が帰国したところで、今日は刺繍のレッスン。あともう少しで終わるのですが、どうしても最後までできなかったので、今日は同時進行中のヘテの刺繍の方を習うことにしました。

刺繍のレッスンに行ったら、刺繍を習いたいという新しい方がいらしていました。メンバーが増えるのは、楽しいな~。

とにかく、今のお花の刺繍を早く終えて額に入れて飾りたいです!あともうひと頑張り!出来上がったら、画像を載せます。お楽しみに。
この記事のURL | 習いごと(韓国刺繍) | ▲ top
両親来韓⑥
2007/10/24(Wed)
旅もいよいよ最終日。お昼の飛行機なので、朝は家でゆっくりし、空港へ向かうだけです。

以下、六日目の観光。
興味のある方だけ、ご覧ください。
この記事のURL | おでかけ(韓国) | ▲ top
両親来韓⑤
2007/10/23(Tue)
昨日まで、よく動き回りました~。両親も少々疲れ気味。でも、最後の力を振り絞って(?)今日は免税店へ。

以下、五日目の観光。
興味のある方だけどうぞ。
この記事のURL | おでかけ(韓国) | ▲ top
両親来韓④
2007/10/22(Mon)
今日は平日。ダンナさんは普段通りお仕事に。週末は観光に精を出したので、今日は市場などへ出かけて、買い物をすることにしました。

買い物といえば、これまた定番のナンデムンシジャン(南大門市場)でしょう!うちからバスで10分ほどです。途中、旧ソウル駅舎などを車窓から見物しつつ、南大門へ!

以下、四日目の観光。
興味のある方だけお付き合いください。
この記事のURL | おでかけ(韓国) | ▲ top
両親来韓③
2007/10/21(Sun)
ソウルから電車で1時間のスウォン(水原)へ観光に行きました。スウォン観光はremi夫婦も初めてなので、楽しみ~♪観光案内には、自分達も楽しめる要素を入れないとね。連日何度も行ったことのある観光地の案内じゃ、疲れちゃいますから。

20071106164957.jpg


以下、三日目の観光。
興味のある方だけご覧ください。
この記事のURL | おでかけ(韓国) | ▲ top
両親来韓②
2007/10/20(Sat)
朝からソウル観光の定番、キョンボックン(景福宮)へ出かけました。こちらは、朝鮮王朝時代に王宮として使われていた場所です。秀吉の朝鮮出兵や南北分断の朝鮮戦争などによってずいぶん破壊されてしまったようで、今もあちこちで修復工事が続いています。

20071106162219.jpg 20071106162234.jpg 

以下、二日目の観光。
興味のある方だけお付き合いください。
この記事のURL | おでかけ(韓国) | ▲ top
両親来韓①
2007/10/19(Fri)
ソウルは黄葉の季節到来!あちこちでイチョウの葉が黄色く色づいています!そんな秋の2週間、remiは怒涛の日々を過ごしていました。あまりに忙しく、ブログ記事をアップする暇がありませんでしたが、ようやく落ち着いたところなので、これから日にちを遡りつつ、出来事を記していきたいと思います。

まず、19日~24日の日程でremi両親が来韓しました。remi父は釜山には数回行ったことがあるようですが、ソウル観光は初めてです。そしてremi母は、韓国はまったくの初めて。そもそも、remiの唐辛子が苦手な遺伝子は母から受け継いだもの、というぐらい、母は唐辛子が苦手!というか、本当に食べられない!私も韓国に来た当初は体が唐辛子を受け付けず、食べ物に苦労しましたが、生活する中で徐々に慣れ、今ではキムチを一人で300グラム一気に食べたりもします。でも、母は、私に輪をかけて唐辛子がダメな人。さあ、韓国旅行、けっこう長めの日程で、どうなることやら~。

以下、一日目の観光。
興味のある方だけ、お付き合いください。

この記事のURL | おでかけ(韓国) | ▲ top
花市場
2007/10/17(Wed)
最近、出歩いてばかりの私です。今日は、お友達の家でランチ~。その前に、花市場へ行くという別の友達に誘ってもらって、ヤンジェ(良才)にある大きな花市場へ連れて行ってもらいました。

花市場は、台湾時代に台北の週末花市によく出かけては、蘭の花を買っていましたが、韓国の花市場はどんなかんじかな~。

ガラスのハウスが何棟も並ぶ、大きな常設市場でした。売っている花は観葉植物が中心で、今は菊やシクラメンの他、ポインセチアなども出始めたところで、きれいな花がたくさんありましたよ!

20071017214520.jpg 20071017214544.jpg 20071017214607.jpg 20071017214625.jpg

切花の建物もあるそうですが、鉢植えのコーナーだけで2時間近くもかかり、切花コーナーへは足を踏み入れることもできませんでした。鉢植えの植物をちょこちょこと買うつもりで出かけたのですが、手作りの陶器の鉢にセンス良く植え替えてくれるお店があると聞き、そのお店で苗やら鉢やら選んでいたら、時間なんてあっという間でした。

本日のお買い物。

20071017214826.jpg
シクラメン。シックな陶器の鉢に入れたら、シクラメンの色も姿も引き立つ~!

20071017214839.jpg 20071017214850.jpg
セントポーリア。私の大好きな花です。足の付いた鉢がユニークですが、苔や石を使ってアレンジすると、ぐっと落ち着いた雰囲気になりました。

20071017214914.jpg
多肉植物の寄せ植え。鉢は選んだものの、サボテン達はどの組み合わせがいいのか、選ぶのが難しそうだったので、お店のオンニのセンスを信じて、お任せしました。そしたら、こんなにかわいくステキにしてくれました~。

20071017215215.jpg 20071017215237.jpg
作業風景。こんな作業台が自宅にあったらいいな~。楽しそう!

陶器の鉢に上手にアレンジして植えたら、こんなにステキになるんだ~!と、今日はいろいろ発見がありました。台湾時代に、下手くそな陶芸作品を大量生産していた私…。こんな鉢を作ればよかったな~、なんて思ったりしました。

さて、花市場の後、ランチに伺った友達は、すご~く豪華な和食のランチを準備してくれていました!お昼から、茶碗蒸し、かき揚げ、煮魚、豚の角煮、栗ご飯、等等、いろんな種類のおかずがずらりとテーブルに並べられ、それらをご馳走になり、何とも贅沢なひと時…。秋の味覚の栗ご飯を食べながら、幸せを感じてしまいました♪

今日も盛りだくさんで楽しい一日でした。
この記事のURL | おでかけ(韓国) | ▲ top
ソンセンニム、カンサハムニダ!
2007/10/16(Tue)
1年間習ってきた韓国語の授業ですが、今週の金曜日でひとまず設定されたコースを修了することになります。初級レベルを1年かけてやった程度ですから、そんなに進歩していませんが、それでも、ある程度の文法は習ったわけで、今後それを生かすも殺すも自分次第なわけであります…。

今後のことはともかく、あと1回で授業は終わり!今日は一足早く、先生と一緒に慰労&感謝の食事会を催することにしました。先週のうちに、クラスメイトと一緒にお店の予約をしてメニューを決めたり、先生にプレゼントするお花を注文したりしましたが、準備を手伝いながら、あ~、これでこのクラスともお別れなんだな~と、徐々に実感しました。1年って、長いようであっという間でした。韓国語はもちろんですが、ここでいろんな友達にも出会えたし、宿題はきつかったけど、楽しかったな~。

授業の後の慰労&感謝の食事会では、全員が順番に先生に韓国語でお礼を述べて、花束贈呈をしました。私も、今まで教師の立場で何度も経験したから分かりますが、こういうとき、きちんと習った言葉を使って話ができることが、教えてくれた先生に対する一番のお礼なんですよね。先生も、韓国語で全員が感謝の言葉を述べてくれて、本当に嬉しいと言っていました。まだまだへたっぴで、韓国人の普通の会話のスピードにも付いていけないし、上手く話すこともできませんが、1年間授業を受けたことを無駄にしないように、今後は実地で頑張りま~す!

そして、今日もスーパーやら地下鉄やらに於いて、対アジュンマ、対アジョッシとの韓国語バトルは続くのです。

20071017005013.jpg 
とっても教え方の上手な先生でした!

習慣で撮ってしまった料理の写真、いってみよ~!
20071017003845.jpg 20071017003858.jpg 20071017003909.jpg 20071017003921.jpg 20071017003932.jpg 20071017003944.jpg 20071017003955.jpg 
この記事のURL | 習いごと(韓国語) | ▲ top
久々に日本映画
2007/10/14(Sun)
昨日は花火大会の後、気分が高揚して、みんなでお酒を飲んで盛り上がりました。なぜか、昔から花火を見ると興奮します。そんなことありませんか?血が騒ぐ、みたいな。

そして、今日ダンナさんに言われたのですが、私はほとんど韓国語で喋っていたとのこと。お酒が入ると、勢いで喋れるようになるみたいですね~。なるほど~。といっても、実はKさん夫妻が完全に私のレベルに合わせてくれているおかげなんですけど。Kさんたちはご主人が日本語ぺらぺら、奥さんの方は日本語は少し理解できるものの、私との会話はほとんど韓国語での会話なので、私にとってはいい練習になります。分からない言葉や言い方は、ご主人の方がカバーしてくれるし。でも、花火とお酒の勢いで喋っていたことは間違いありませんね。海外の飲み屋で現地の言葉が上手になる駐在員の気持ちが少し分かったような…?

さて、興奮の花火大会から一夜明けて、今日はミョンドンへ映画を見に行きました。「パッチギ! love&peace」です。内容については、賛否両論いろいろあるでしょうが、娯楽物として、面白いと思いましたよ。俳優が上手いな~と思います。女王様キャラで不興を買った沢尻エリカが前作で演じた妹役をやった女優も、うまいな~、雰囲気出てるな~と思いましたし、子役の子もいじらしくてかわいかったです。みんな上手でした。

映画の後、ミスドでドーナツを買って帰りました。クーポンがあったので、只今韓国限定で売り出し中のストロベリー味のドーナツも食べてみました。韓国ではミスドは苦戦を強いられているようですが、もっとリーズナブルなキャンペーンとかを増やして、頑張ってほしいな!

20071017002114.jpg 
ミスドの店内。従業員はとっても感じがいいです。
20071017002053.jpg 
イチゴ味のドーナツ!ポンデリングにはドライイチゴがたくさんまぶりついていました。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
世界花火大会
2007/10/13(Sat)
秋も深まりゆくソウル。毎年、この時期にソウル市内のヨイドで世界花火大会が行われています。残念ながら去年は、北朝鮮のミサイル発射の直後だったため、花火大会は中止になってしまいましたが、今年は予定通り行われました。

実は、我が家のリビングは真正面がヨイドに面していて、花火大会の時には家に居ながらにして目の前に打ち上げられた花火が見えるという、絶好の見物ポイントなんです!「よく見えるらしいよ~。年に一度のお楽しみ!」とダンナさんに聞いていたので、去年も楽しみにしていたのですが、去年は流れてしまったので、今年こそ!と、すごく気合が入りました。日本でだって、家から花火大会見物なんて、なかなかできるもんじゃありません。

いつもお世話になっている韓国人のKさん夫妻をお招きして、食事をしながらまったり見物することにしました。ダイニングテーブルを窓際に寄せて、テーブルセッティングし、ワインなんぞ飲みつつ花火見物なんて、贅沢~!

いよいよ打ち上げられた花火は、正に目の前!ちょうど目の高さに次々と花火が上がり、テーブルはもう大騒ぎ!花火は日本、アメリカ、韓国の順で打ち上げられましたが、各国の打ち上げの間に10分ほど休憩時間があるので、その間は食事に集中し、花火が上がるとすぐさま電気を消して見物、という素晴らしいパターンが出来上がりました。

いや~、本当に素晴らしかったです。それに、真下の地下鉄駅からぞろぞろと歩いていく人の群れを見たら、なんだか気の毒になるほどの特等席での見物。ああ~、リッチな花火見物でした。

写真で雰囲気を味わってください。

20071016234136.jpg 20071016234153.jpg 20071016234208.jpg 20071016234225.jpg 20071016234241.jpg 20071016234307.jpg 20071016234324.jpg 20071016234346.jpg 


IMG_2058.jpg IMG_2056.jpg 
花火大会が終わった直後のうちのアパートの下は、こんな状況でした。まるでゲルマン民族大移動のごとき景観!人の波が車道の半分ぐらいまでふくらんでます~。花火大会中もず~っと地下鉄出口から人が吐き出され、人が流れていたので、彼らが無事に花火を見ることができたのかどうか、気になりました。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
テンジャンチゲ
2007/10/12(Fri)
今日は気持ちのいい秋晴れの一日でした。あんまり気持ちがいいので、韓国語の授業の後、チョンゲチョンノ(清渓川路)を通ってインサドン(仁寺洞)まで歩いていくことにしました。

今日のランチは、インサドンへ行く途中のジョンノ(鐘路)で、テンジャンチゲを食べました。

20071012220225.jpg 

このお店は、去年韓国に来たばかりの頃、辛いものが苦手な私のために、韓国人のKさん夫婦が連れて来てくれたお店です。それ以来、食べに来たいと思いながら、なかなか来る機会がなかったのですが、今日、通りかかったときに思い出して、友達と一緒に入ってみました。

20071012220236.jpg 20071012220248.jpg 

黒米を入れて炊いたご飯に、テンジャンチゲと野菜のトッピングを入れて、よ~くかき混ぜて食べます。よ~くかき混ぜるのがポイント。かき混ぜ方が足りなかったら、お店のアジュンマのチェックが入りますよ!

う、うまい!久々に食べたけど、ここのは美味しい!友達も、「この味は初めて~」「美味しい~」と言ってくれたので、かなり満足です。

お腹がいっぱいになった後、インサドンでポジャギや刺繍やメドゥプなどの手仕事を見て回りました。今日のメンバーは、みんな何かしら伝統手芸を習っている面々だったので、みんな楽しく興味を持って見て回りました。

これから、もっと寒い季節には、暖かい家に籠って手仕事をするのが、ますます楽しくなりますね~。私も刺繍、頑張ろう!
この記事のURL | 食べること(韓国) | ▲ top
菊の花束
2007/10/11(Thu)
刺繍の日でした。長々と頑張ってきた花の模様の作品が、いよいよ佳境に入ってきました。

韓国刺繍の特徴として、縁取りが挙げられますが、今回は、初めての金糸での縁取りに挑戦中です。金糸は糸自体も扱いにくい上に、細かくかがり留めていくので、手間が掛かります。縁取りの箇所が多くて、細かいため、非常に時間が掛かっていますが、今週刺繍に没頭して頑張れば、来週には完成かな?でも、今週も何かと忙しく、刺繍に時間が避けないようだったら、再来週まで持ち越しですね。

さて、今日も先生がお庭からステキなものをお裾分けしてくださいました。大量の小菊の花!かわいい!菊というと、お葬式とかお墓とかお仏壇とか、なんだか死と連想する人もいますが、私は全然そんな風に思いません。実家の庭にもたくさんの小菊を植えていたし、白や黄色以外にもピンクや赤やオレンジなど、色彩豊かだったので、室内に普通に飾っていましたし。それに、菊の独特な香りも「田舎の秋」を連想させて、けっこうノスタルジーを感じます。

20071012215148.jpg 20071012215202.jpg 20071012215217.jpg

今日は先生がびっくりするぐらいた~っくさんの菊を持ってきてくださったので、みんなで分けても、一人当たり、すごくたくさんいただくことができました。嬉しいな~♪さらに、カボチャとサツマイモまでいただいて、刺繍の道具に大きな花束を抱えて、ドゴクからマポまで地下鉄で1時間かけて帰りましたよ~。比較的空いていたので、よかった。

先日の誕生日から、我が家にはお花が絶えません。家にお花があるだけで、とっても気分がいいですね!

20071012215228.jpg 
花瓶に活けると、迫力!

20071012215238.jpg 
元気のない花は頭だけにして、器に張った水に浮かべてもきれいです。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
メドゥプに挑戦
2007/10/10(Wed)
今日は、友達の家に「メドゥプ」を習いに行きました。メドゥプというのは、韓国の組み紐のようなもので、台湾では「中国結」と言われておりました。日本では「アジアン・ノット」という呼び名が一般的なのでしょうか?

さて、今日教えてくれた友達のOさんはメドゥプを習い始めてから、一気にはまり、今ではいろいろ手作りしています。壁飾りを始め、携帯ストラップ、グラスコード、しおり、ブレスレット等々。中国式と比べて、韓国式は道具を使わず、手だけで作るということと、細工が細かいものが多く、色使いも繊細なものが多いという特徴があると思います。台湾ではあまり食指が動かなかったんですが、韓国でいろいろな作品を見ていたら、自分でも作りたくなってきました。

台湾時代にも、友達から教えてもらって、ちょこちょこと作ってはいましたが、時間がたつと見事に忘れてしまい、今では何にも作れません。でも、今の私にはきちんと先生から習う時間がないので、今回、再びお友達に韓国式で習うことにしました。同じ結び方でも、方法が全然違いました!やってみると、なかなか難しかったです。いつか、ここに何か作品をアップできる日が来るといいのですが。ま、ぼちぼちやります…。
この記事のURL | 作ること | ▲ top
納豆鍋
2007/10/09(Tue)
涼しい風がだんだん肌寒く感じ始める季節に移ろうとしています。

そんなとき、食べたくなるのが暖かい鍋料理です。韓国では、一人分の「石鍋」があるので、一人で食べたいときや、大勢でも一人ひとり違うものが食べたいときに、便利です。

最近、ネットで韓国の料理を見ていたら、よく「チョングッチャン」というものを目にします。チョングッチャンとはなんぞや?味噌のような大豆発酵食品を使った鍋であることは確かなのですが。これはまだ食べたことがないので、気になっていました。しかも、健康を気にする女性に受けているということで、ますます気になります。韓国語の授業を受けている場所から近いところに、専門のお店があるようなので、行って見ました。

20071010235843.jpg
これがチョングッチャン。

20071011000013.jpg 
そしてパンチャン(おかず)たち。

ん!食べてすぐに分かりました。これは納豆です。納豆鍋!鍋の中の納豆ですから、元の状態がどうだったのか分かりませんが、食べた印象では、日本のものより粘りが少なくて、大豆の味が残っているかんじです。具には豆腐や野菜がちょろちょろと入っていました。これは辛くない料理ですが、なんだか物足りなく感じて、発酵の進んだキムチを入れて食べてみました。私も成長したな~。

ふ~む。これは体にはいいでしょうね。キムチと一緒に食べれば、発酵食品コンビで、ますます体に良さそう。でも、納豆嫌いの人には、ちょっときつい味でしょうね。
この記事のURL | 食べること(韓国) | ▲ top
パパロティ?
2007/10/08(Mon)
ロッテ百貨店の地下食料品売り場で、こんなものが売られていました。いい匂いに釣られて、思わず購入。

20071010235409.jpg
「ロティ・ボーイ」ならぬ「パパ・ロティ」です。

味は、ロティボーイとほぼ同じですが、こちらの方が若干大きく、値段も高い。しかし、男の子のイラストがヒゲのおじさんになっただけで、パッケージもそっくりです。このパクリ商売、すごいです。

「パパ・ロティ」っていうから、最近亡くなったイタリアのオペラ歌手パバロッティに因んだ名前かと思って購入する人もいるかも???いや、それはないか。

この記事のURL | 食べること(韓国) | ▲ top
フィリピン帰り
2007/10/07(Sun)
フィリピンから帰ってきました。といっても、私じゃありません。ダンナさんです。会社の社員旅行で、3泊4日フィリピンのセブ島に行ってきたのです。なぜか(?)家族は同伴できないと社長が決めたため、私は居残りでした。

会社によっても違うのでしょうが、海外駐在中の社員旅行って、家族同伴が普通だと思っていました。台湾でも同伴可能でした。(でも、そのときは自分の意志で行かなかったんですけど。)残念ながら今回は社員のみということになったので、私は留守番していましたが、セブ島には行ったことがなかったので、ちょっぴり行ってみたかったな~。ぶーぶー。

そんな私の不満+誕生日を合わせて(ちょっと無理がありますが)、免税店でプレゼントを買ってもらうことにしました。わーい。ダンナさんが帰ってきたということは、私へのプレゼントがやって来たということでもありまして…。う・れ・し・い・な~。

ところで、ダンナさんは、セブ島でゴルフをした際、人生初めてのホールインワンを出した!と言って興奮していました。ホールインワンの興奮で、スコアはぼろぼろのようでしたが…。すごい思い出ができて、よかったですの~。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
面白い日本語
2007/10/04(Thu)
先日、ダンナさんと一緒にカンジャンケジャンを食べに行きました。以前も書きましたが、私はカンジャンケジャンが大好き♪でも、生の蟹はお値段がお高いので、そうそう食べにいけないのです。

そんなとき、ネットでお手頃価格で食べられるカンジャンケジャンのお店を発見しました。行ってみた~い!安くて美味しければ、ランチにでも一人で食べに行っちゃうよ~。まずは、ダンナさんと、リサーチ!

20071005220336.jpg 

ナンデムンシジャン(南大門市場)の近くの、とある駐車場の奥に、その店はあります。なぜ駐車場の奥なのか?よく分かりません。表の道路からは見えないので、そんなところにカンジャンケジャンのお店があったとは!驚きました。

20071005220258.jpg 20071005220316.jpg 

カンジャンケジャン一人前18000W(約2200円)はかなり安い部類に入ると思います。しかし、味は値段相応でした。今までで一番美味しかったのは、一人前5000円ぐらいしたように覚えています。どうしよう!カンジャンケジャンは高ければ高いほど美味しかったら…。

いらん心配をしつつ、お店の看板にこんな面白い日本語を発見したので、ここに載せておきま~す。

20071005220400.jpg 
「カザミまぜこぜになる」

20071005220411.jpg 
「醤油漬しょうゆづけにしたたかに 肋骨ろっこつ」

20071005220432.jpg
「カザミ丸まるごと普ふつう」

全部、韓国語の料理名から考えたら、言いたいことはよく分かるのですが…。「したたかに」って、料理には使わないな~。面白すぎるでしょう!このお店、味は今ひとつだったけど、看板が面白かったから、行った甲斐がありました。

この記事のURL | 食べること(韓国) | ▲ top
バースデイ
2007/10/03(Wed)
いつの間にやら10月…。ソウルもずいぶん涼しくなってきました。街路樹のイチョウには銀杏が実り、ところどころ黄色い葉をつけたイチョウの木も見られます。秋本番だな~。

ところで、今月は私の誕生月です。ダンナさんはいつも仕事で忙しく、なかなか一緒にお祝い…ということもないのですが、今年はなぜか(?)気合が入っていて、会社でも早々に「この日は早めに帰宅します」宣言をしていたようです。家族行事は大事にする韓国でのことなので、理由はもちろん「奥さんの誕生日だから」と告げたそうです。日本では「奥さんの誕生日?だから何?飲みに行こうよ~」っていう会社員の方が多いようなイメージがあります。偏見?でも、日本の会社で家族行事を優先にしていることを公言するのは、なんだか恥ずかしかったり申し訳なかったり、変な気を遣うものじゃないでしょうか?そういう日本ならではの習慣、私はあんまりいいと思わないので、海外のこういう習慣は大歓迎です。私の場合、日本で就職しなかったから、余計にそう思うのかもしれませんが…。

誕生日当日、私は私で朝から夕方まで外出していましたが、晩ごはんはダンナさんプロデュースということで、外食することになりました。夕方、一旦帰宅したら、意外なものが届きました。何かと思ったら…!

フラワーアレンジメント!
20071005193019.jpg 

びっくりです。結婚以来、初めてじゃないかな~。配達のおじさんがどどーんと大きな花のカゴを持ってきたときには、「なんでうちに?よその間違いじゃない?」と思ったほどです。

「ふふふ。これは、会社の女性社員に忠告されたな~」(後で確かめたら、実際、その通りだったんですが…)なんて思いながらも、突然のお花のプレゼントは嬉しいものです。

思えば、お花を贈られるのは何年ぶりだろう…。昔々(マレーシア時代に)、誕生日に職場にお花を贈ってきた男性(友達だけど)もいたっけ~。本人から直接じゃなくて、配達で届くというのがまた、特別な感じがして、照れくさかったり嬉しかったりしたものです。ダンナさんからの突然のお花のプレゼント、日本じゃまずなかったことだわね~。う~ん、嬉しい!

ダンナさんの予約したお店の食事も美味しく、リッチな気分の誕生日でした。

20071005193258.jpg 20071005193033.jpg 20071005193047.jpg 20071005193101.jpg 20071005193140.jpg 20071005193117.jpg 20071005193155.jpg 

アラカルトで選んだら、見事に肉中心のメニュー。ワインが進みました♪
この記事のURL | 食べること(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。