スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
噂の(?)とんこつラーメン
2007/09/23(Sun)
韓国に来て、韓国料理の美味しさに目覚めた私。といっても、基本的に唐辛子がダメな体質なので、無理はできません。でも、外食はもっぱら韓国料理だし、たまにイタリアンなどの洋食も食べに行きますが、不思議なことに、日本料理に飢えていないのです。家で作るのが和食中心だから、外でわざわざ食べなくても…と思っているのですね。それに、やっぱり海外で食べる和食は、「なんか違う…」のです。

とうわけで、韓国に来てからというもの、外食であまり食べる機会のなかった日本料理ですが、唯一、たまに食べたくなるものがあります。それは、ラーメン。

日本にいれば、どこでも手軽に食べることのできる庶民の味、ラーメン。それなのに、海外に出ると、なかなか美味しい一品にめぐり合うことができず、泣きの涙で(?)まずいラーメンをすすることもありました。台湾では、本当にまずいラーメン屋が多かったこと!日式(和風の意)と看板を掲げていながら、味は台湾風の薄味。まあ、ターゲットが台湾人だし、食材も手に入らないんだから、しょうがないですけどね…。でも、ラーメンは、本当に難しかったです。

ところが、韓国では、意外なことに、この「海外に於いてヘンテコになりやすい味NO1」ともいえるラーメンの美味しい店が、比較的たくさんあるようなのです。

今日は、とんこつラーメンのお店「博多文庫」に行ってきました!地下鉄6号線の「上水(サンス)」駅から歩いていけるところにあります。付近は住宅街なのですが、お店の前には大行列が~!!懐かしい光景…。日本の繁盛しているラーメン屋の風景が、目の前に…。ここはソウルよね?ね?ね?

20分ほど並んで、店内に入ると、従業員も揃いのTシャツにタオルバンダナで、「いかにも」繁盛しているラーメン屋の風情~。従業員は韓国人なのに、全員日本語でオーダーを繰り返したり「いらっしゃいませ~」って言ってる~。客はほとんど韓国人なのに~。でも、その客も、漫画を読みながら並んでいたりして、人も含め、お店の周囲全体が日本風。

肝心のお味は、うん、まあまあ。これは普通のとんこつラーメンだ。日本でだったら、普通のお店だけど、ここはソウル。海外の日本料理界に於いて「普通は美徳」。これなら、全然OKよ~!ダンナさんも私も、ついつい替え玉までしちゃいました。そうです!「博多文庫」では替え玉もできるのです!素晴らしい。これで、ラーメン1杯5000W(約630円)、替え玉1000W(約125円)というのも、嬉しいではありませんか!

ただ一つ、欲を言えば、紅生姜が韓国風に甘かったのが、納得いかなかったな~。甘いとは知らず、しこたま入れて、スープが甘くなったのが心残りでありました。ここは、リベンジしますね!

ちなみに、カメラを忘れたため、写真がありません。これも次回、リベンジだ~。
スポンサーサイト
この記事のURL | 食べること(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。