スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
恥辱の刑
2007/08/08(Wed)
タイの警察署が面白いことをしようとしています。規律違反の捜査官にキティちゃん風の絵柄が入ったピンクの腕章を付けさせ、恥ずかしい思いをさせて、違反を少なくしようとしている、というのです。この発想、面白い~!

最近海外のニュースでも見たのですが、確か、スペインかどこかの国で、売春を持ちかけた男に、罰としてニワトリの着ぐるみを着せて、「売春は必要ありません」と書かれたプラカードを持たせ、一人キャンペーンをさせたそうです。男は着ぐるみを着ているので、顔こそ見えませんが、市民には一目で「あいつ、馬鹿なことやらかしたんだな」と分かり、男は着ぐるみの中で、恥ずかしさでたまらない思いをしたそうです。この罰を決定した裁判長、なかなか面白いわ~!

今回のタイ警察の「ピンクのかわいらしい腕章で辱める作戦」も、同じような心理的な作戦ですね。でも、これって、ユーモアもあって、なかなかいい作戦だと思います。もちろん、この罰を受けるのは、重大な違反ではなく、遅刻とかの軽微な違反に限るそうですが。こういう作戦、日本でも取り入れたらいいのに~!

例えば、痴漢をしてしまった警察官に恥ずかしい着ぐるみを着せたり、国会で居眠りしてしまった議員にかわいい帽子をかぶせる…等等、アイデアはいくらでも出てきそうです。

事務所の経費を二重に計上していた元大臣には、どんな罰がいいでしょうかね~?考えるだけで、楽しいですね。ちょっとマゾっ気のあるremiであります。

ところで、タイ警察の考案した腕章ですが、キティちゃん風とはいいながら、画像を見たら、おもいっきり「キティちゃん」そのものでした。報道陣から「著作権違反だ」という指摘が相次ぎ、この腕章は断念することになるそうです。著作権違反を犯そうとしたタイ警察には、何か別の恥ずかしい罰が必要???
スポンサーサイト
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。