スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
今夜もパラリラ~
2007/07/27(Fri)
我が家は片側6車線の大きな道路に面したアパートの27階にあります。道路に面した南側にリビングがあり、ベランダはなく、壁一面にはめ殺しの窓がはまっています。天井から足元までガラス窓なのですが、目の前に、うちの目線より高い建物がないので、視界が開けていて、眺めがいいのです。

さて、この大きな窓から下を眺めれば、今夜も行くよ、暴走族が…。週末の夜中になると、決まって暴走族が大音響で走り回っています。ちょうど、我が家の下の信号の辺りでUターンをして、またもと来た方へ戻っていくのが定番のコースのようで、一旦スピードを落とした車やバイクの群れが、大きなエンジン音を響かせながら、ドロドロとUターンしていきます。もちろん、信号も車線も無視しているので、一般の車は動けなくなってしまいます。

去年の夏に初めてソウルに来たときに、この暴走族の「パラリラ、パラリラ~」という音を聞いて、なんだ、なんだとびっくりして目が覚めてしまいましたが、夏だけでなく、年中出没するので、今では慣れっこになってしまいました。でも、今でも時々大きな窓から見物しています。

暴走族はどんなふうかというと、バイクは、二人乗りでノーヘル、無灯火、たまに電飾で飾ったバイクもあります。車は、真っ青なハイビームなど、改造したものが多く、周りの車の迷惑そのもの。これらが何十台も連なって蛇行運転をして、クラクションを鳴らし、奇声を上げながら、走り回っています。

見ていると、一般の車が巻き込まれて、ついには一般の車同士が衝突事故を起こしたこともありました。こういう暴走族のような、他人の迷惑を顧みない連中には、頭にきます。私はいつも、「あいつら、自分達で事故を起こせばいいのに!」と思いながら見ています。

冬場でも、雪の日や凍結するほどの寒さの日以外は、けっこう出没していました。これから夏本番、金、土、日の夜中は、毎週現れることでしょうね~。

しかしね、たま~に見かけるパトカーや白バイは、絶対に捕まえようとしないんだよね~。暴走族がいなくなった後に、やってくるのが不思議。もしかして、警察は、「今、○○付近に暴走族が出没」という情報が入ったら、そこへ向かわないように口裏を合わせているのか~?と思うほど、見事に何もしていない。何か対策を立ててほしいものです。熱帯夜に暴走族は、暑苦しすぎる~!
スポンサーサイト
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。