スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
懐かしアニメ
2007/07/25(Wed)
今日、BSで放送されていた「ふしぎな島のフローネ」が終了しました。お昼の時間帯なので、家にいるときなど、懐かしくてたま~に見ていました。

このアニメ、私が小学2年生のときに見ていた記憶があります。大人になった今でも、オープニングもエンディングも主題歌が歌えるほど、妙に記憶していました。私は、他の人と比べると、小さい頃の記憶がけっこう残っているほうだと思います。小学生の頃に見たアニメや読んだ本など、心に残ったシーンは、いつまでも忘れずに覚えています。この「フローネ」も、お話全体は覚えていませんでしたが、すごく鮮明に覚えている回があって、自分の記憶を辿りながら見ると、2年生だった頃のことなども蘇ってきて、楽しかったです。

この、アニメの「世界名作劇場」は、私と同世代の人で、見ていない人はいないんじゃないかと思うほど、当時はクラスのみんなが見ていましたね。今思い出してみても、いいお話が多く、大人になった今でも大好きなお話がたくさんあります。小学校の高学年になったら、だんだん見なくなって、その後の作品は、ほとんど再放送か何かで見たことがある程度で、やっぱり記憶に残っていて懐かしいのは、10歳ぐらいまでに見た作品ですね。

今、実際に当時のアニメを見ると、昔と同じ気持ちになって、泣けてしょうがないお話もあるんですが、「あのときの感動をもう一度…!」と思って見てみると、子供のときとは違って視点で物語を見つめる自分に気付き、「あ~、私も大人になったんだな~」なんて、しみじみ感じることもあります。

台湾に住んでいたとき、この世界名作劇場のDVDが、日本よりずっと安い値段で売られていたので(正規品ですよ~)、そのDVDを見るために、わざわざ日本とは企画の違うプレーヤーも購入して帰国しました。で、我が家には「赤毛のアン」「母をたずねて三千里」「トム・ソーヤーの冒険」なんかがあります。でも、韓国は日本や台湾と電圧が違うので、今回はプレーヤーを日本においてきたんですよね~。また、日本に帰ったら、見てみよう!

こんなHPもあります。これを作った方は、この世界名作劇場が大好きなんですね~。
このHPは子供向けかな?ちゃんとルビもついていますよ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。