スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
365日部屋干し
2007/07/31(Tue)
我が家には、ベランダがありません。一般的に韓国のアパートは、日本のようなベランダ付きの部屋は少ないです。ベランダスペースには天井とガラス窓が取り付けられ、サンルームのような、室内ベランダになっているか、もしくは、うちのように、全然ベランダスペースがないようです。

さて、ベランダがなくて、ちょっと困ったのは「洗濯物」です。一体どこに干せばいいのやら???外に洗濯物を干すスペースはどこにもありません。従って、部屋干しをすることになります。そう、我が家は365日、晴れていようが、風が吹いていようが、雨が降っていようが、雪が降っていようが、天気に関係なく、毎日部屋干しなのです。

一番日当たりがいいのは南側を向いているリビング。でも、さすがにリビングに洗濯物は、視覚的に辛い…。でも、せめて日光に当てたい。で、リビングの隣にある、やはり南向きの個室が洗濯物を干すスペースとなっています。ここは、ゴルフバッグやスーツケースなど、普段使わないものの物置でもあり、ダンナさんのお仕事コーナーでもあります。雑多なものと同居の書斎…。かわいそうな気もします。でも、日本の家で書斎なんて持っている人がどのくらいいることか。贅沢は敵~!なのです。

ところで、今日は湿度+日光=かなり暑いながらも、ちょっぴり風が吹いているようでした。街路樹の葉が揺れているので、分かります。そんな日は、大物のお洗濯もしたいですよね~。で、タオルケットやなんかも洗濯しましたが、気付けば、どうせ部屋干し。外がどんな天気だろうが、関係なかった!!

我が家は、高層アパートのため、ベランダもなければ、大きな窓もありません。南側の壁は、一面ガラス窓になっていますが、羽目殺しで、端に小さ~な窓が付いているだけです。開く窓は、南側の部屋の小さ~な窓二つだけなので、いくら外の風が気持ち良さそうでも、部屋の中を風が抜けていくことはありません。ううう~。部屋の中で、なかなか乾かないタオルケットと洗濯物たち。外を吹く風がうらめしいぜ…。

やっぱ、洗濯物は外でぱりっと乾かしたい!
スポンサーサイト
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
そこはかとなくつまらない週末
2007/07/30(Mon)
この週末、土曜日にランチのために外出した以外は、ずっと家に籠っていました。理由は、テレビ。

最初に、サッカーアジア杯、「日本×韓国」の試合を見ました。「何?あの審判???」と審判の繰り出すファールに全然納得がいかないまま試合を見ていたら、韓国は一人退場に。これは不運としか言いようがないけど、猛講義した監督やコーチなどもまとめて退場処分になっちゃって、あ~、驚いた!でも、ここは日本、チャンス!ところが、結局、PK延長の末、負けてしまいました~!く、くやしい~!もう!フラストレーションが溜まる!

その後、夜中からネットをつないで、FNS27時間テレビをつけっ放しにしていました。フジテレビって、本当に適当に番組を作っているな~、と感心しました。進行役のアナウンサーが「では次は○○です~!」と勢いよく告げたのに、予定通りに画像と音楽が出ないというハプニングの際、「だって、(カンペ)読んだだけですから…」と言っちゃう!それはそっちの都合だろうに!

前に、久保純子が「ウチくる!」に出演したときに言っていたけど、NHKはどの番組も、カンペ一切ないんですってね~。だから、アナウンサーは、必死になって台本を暗記するんだそうです。紅白も、長時間にわたる生放送にもかかわらず、カンペなし!従って、司会になったら、電話帳2冊分ぐらいの分厚い台本をとにかく読んで覚えるんだそうです。それもどうかな…。NHKももうちょっと融通利かせてもいいんじゃ…。NHKの番組進行、ぎこちないし。

そんなこんなで、夜になり、選挙速報!ネットでそのままフジテレビの放送を見つつ、PCの横に設置されたテレビではBSの選挙速報特番も流し続けました。我が家は、プチ選挙事務所か!結局、日曜日から月曜日に日付が変わっても選挙関連番組は続き、そのまま見続けちゃいましたよ!選挙の結果は、あの内閣閣僚の不祥事続きと年金問題等から当然のことながら、自民党が大敗!地方の選挙区で、自民党の大物議員が次々と民主党の若造に敗れていく様は、見応えありました。さあ、ボンボン首相の安倍さん、これからが正念場でしょう!そして、せっかくのチャンスをつかんだ民主党、前回みたいにコケないでほしいものです!

実は、今回の参院選、私は投票することができませんでした。海外に引越しして3ヶ月以上たたないと、在外投票できないんです。は~、今まで選挙のタイミングに日本にいないことばっかりで、まともに投票できていないんですよね~。こういうとき、海外生活の不便を感じます。

それにしても、テレビばっかり!でも、どれもこれも微妙につまらない内容で…。そこはかとなく物悲しい週末でございました。

20070730205529.jpg 
ブログの内容もつまらないので、お花の写真でも…。
このお花、アパートの前の花壇に植えられています。ラベンダーに似ているけど、違う種類です。香りもないし。
それにしても、昼間の写真なのに、湿度が高いあまり、オートフラッシュで、それでも空気がぼんやり白っぽいのがお分かりでしょうか?本当にミスト状の、蒸し器の中にいるような空気でした。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
白い週末
2007/07/28(Sat)
土曜日、ソウルは真っ白でした。

といいますのは、お天気が曇りな上に、湿度がやたらめったら高く、一面真っ白!気温もそこそこ高く、外出すると、まるで蒸気の中を歩いているみたい…。歩いているだけで、だんだん息苦しくなってきて、気付けば汗だらだら~~~!

そうなんです。よせばいいのに、こんな異様な蒸し暑さの中、ちょっとランチでもしに行こう~♪と、ダンナさんと二人してお出かけしたのです。ささっとご飯を食べて、ささっと買い物して、ささっと帰宅するつもりだったのですが、予想に反して、お店がとってもとっても混んでいました…。15組待ちと言われ、一旦は諦めてお店を出たのですが、「やっぱりその店で食べたい!それ以外はいやだ!」というわがままだだっ子状態のダンナさんの意見を今日は尊重し、先に買い物を済ませ、またお店に戻ることにしました。

戻ったものの、7組待ち。3時前だっちゅうのに、全然客足は引いていないし…。本当はオジンオポックンの食べたかった私は、「他のお店でもいいじゃん…」とも思いましたが、珍しく、ダンナさんがこのお店にこだわるので、仕方なく待ちましたよ~。1時間!以前、韓国人は行列が嫌いだと書きましたが、ここでも、決して行列ではありません。待つのは待つけど、各自バラバラに待ちます。お店の人に名前を告げて、順番に名前を記入してもらったら、後はお店の人に声を掛けられるまで、各自自由に待っています。それでも、韓国人が1時間も待つなんて、どんなお店じゃ???とお思いでしょう。

本日のメニューはこちらです。
20070730202406.jpg 

地下鉄のクァンファムン(光化門)駅のすぐ近くにある、イルミンミスルグァン(一民美術館)に併設されたカフェのハンバーグです!このカフェの看板メニューは、このハンバーグと、アイスクリームと生クリームが山のように盛られたワッフル。みんなそれをシェアしつつ食べています。今日は、あまりに長い時間お預けをされた犬のように飢えていたので、二人してハンバーグをがっつきました。もちろん、一人一皿注文しました。

ここのハンバーグは、かなりボリュームたっぷり。デミグラスソースも、なんとなく日本にある昔懐かしい洋食屋さんの風情で、まあまあ美味しいです。面白いのは、ご飯が黒米を混ぜて炊いたものになっていること。とにかくボリュームたっぷりですが、8000W(約1000円)というのも、この辺りではお安い。ただし、今日のハンバーグは、なんだかお肉がパサパサしていたな~。

長い時間待ったので、お腹ペコペコなあまり、あっという間に平らげてしまいましたが、食べながらも「思ったほどではない」と辛口批評のダンナさんでした。
この記事のURL | 食べること(韓国) | ▲ top
今夜もパラリラ~
2007/07/27(Fri)
我が家は片側6車線の大きな道路に面したアパートの27階にあります。道路に面した南側にリビングがあり、ベランダはなく、壁一面にはめ殺しの窓がはまっています。天井から足元までガラス窓なのですが、目の前に、うちの目線より高い建物がないので、視界が開けていて、眺めがいいのです。

さて、この大きな窓から下を眺めれば、今夜も行くよ、暴走族が…。週末の夜中になると、決まって暴走族が大音響で走り回っています。ちょうど、我が家の下の信号の辺りでUターンをして、またもと来た方へ戻っていくのが定番のコースのようで、一旦スピードを落とした車やバイクの群れが、大きなエンジン音を響かせながら、ドロドロとUターンしていきます。もちろん、信号も車線も無視しているので、一般の車は動けなくなってしまいます。

去年の夏に初めてソウルに来たときに、この暴走族の「パラリラ、パラリラ~」という音を聞いて、なんだ、なんだとびっくりして目が覚めてしまいましたが、夏だけでなく、年中出没するので、今では慣れっこになってしまいました。でも、今でも時々大きな窓から見物しています。

暴走族はどんなふうかというと、バイクは、二人乗りでノーヘル、無灯火、たまに電飾で飾ったバイクもあります。車は、真っ青なハイビームなど、改造したものが多く、周りの車の迷惑そのもの。これらが何十台も連なって蛇行運転をして、クラクションを鳴らし、奇声を上げながら、走り回っています。

見ていると、一般の車が巻き込まれて、ついには一般の車同士が衝突事故を起こしたこともありました。こういう暴走族のような、他人の迷惑を顧みない連中には、頭にきます。私はいつも、「あいつら、自分達で事故を起こせばいいのに!」と思いながら見ています。

冬場でも、雪の日や凍結するほどの寒さの日以外は、けっこう出没していました。これから夏本番、金、土、日の夜中は、毎週現れることでしょうね~。

しかしね、たま~に見かけるパトカーや白バイは、絶対に捕まえようとしないんだよね~。暴走族がいなくなった後に、やってくるのが不思議。もしかして、警察は、「今、○○付近に暴走族が出没」という情報が入ったら、そこへ向かわないように口裏を合わせているのか~?と思うほど、見事に何もしていない。何か対策を立ててほしいものです。熱帯夜に暴走族は、暑苦しすぎる~!
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
ヤタガラスよ、頼みます
2007/07/26(Thu)
昨夜は、サッカーアジア杯「韓国×イラク」「日本×サウジアラビア」のカードで、準決勝の試合が行われました。時間差で中継があったので、両方の試合を見ました。韓国の試合では全然点が入らず、PKまでもつれ込んだ末に、韓国が負けました。方や日本の試合では点の取り合いのようなかんじでしたが、最後にサウジに追いつけず、日本が負けました。6時間も試合を見ていて、最後に日本が負けたので、どっと疲れました。日本、負けちゃったな~。

と、いうことは…!土曜日に「日本×韓国」で3位決定戦が行われます。もちろん、テレビで試合観戦しますが、この日韓国ではテレビのあるところは、どこへ行ってもサッカーの試合の中継をしていると思うので、私は外出せず家に籠っていようと思います。

そういえば、先日みた「オーラの泉」スペシャルで、中村俊輔がゲストだったときに、中村俊輔の上にたくさんのヤタガラスが見えると言っていましたっけ。せめて3位決定戦では、日本に勝ってもらいたい!ヤタガラスよ~、はばたけ~!もはや、神頼み。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
懐かしアニメ
2007/07/25(Wed)
今日、BSで放送されていた「ふしぎな島のフローネ」が終了しました。お昼の時間帯なので、家にいるときなど、懐かしくてたま~に見ていました。

このアニメ、私が小学2年生のときに見ていた記憶があります。大人になった今でも、オープニングもエンディングも主題歌が歌えるほど、妙に記憶していました。私は、他の人と比べると、小さい頃の記憶がけっこう残っているほうだと思います。小学生の頃に見たアニメや読んだ本など、心に残ったシーンは、いつまでも忘れずに覚えています。この「フローネ」も、お話全体は覚えていませんでしたが、すごく鮮明に覚えている回があって、自分の記憶を辿りながら見ると、2年生だった頃のことなども蘇ってきて、楽しかったです。

この、アニメの「世界名作劇場」は、私と同世代の人で、見ていない人はいないんじゃないかと思うほど、当時はクラスのみんなが見ていましたね。今思い出してみても、いいお話が多く、大人になった今でも大好きなお話がたくさんあります。小学校の高学年になったら、だんだん見なくなって、その後の作品は、ほとんど再放送か何かで見たことがある程度で、やっぱり記憶に残っていて懐かしいのは、10歳ぐらいまでに見た作品ですね。

今、実際に当時のアニメを見ると、昔と同じ気持ちになって、泣けてしょうがないお話もあるんですが、「あのときの感動をもう一度…!」と思って見てみると、子供のときとは違って視点で物語を見つめる自分に気付き、「あ~、私も大人になったんだな~」なんて、しみじみ感じることもあります。

台湾に住んでいたとき、この世界名作劇場のDVDが、日本よりずっと安い値段で売られていたので(正規品ですよ~)、そのDVDを見るために、わざわざ日本とは企画の違うプレーヤーも購入して帰国しました。で、我が家には「赤毛のアン」「母をたずねて三千里」「トム・ソーヤーの冒険」なんかがあります。でも、韓国は日本や台湾と電圧が違うので、今回はプレーヤーを日本においてきたんですよね~。また、日本に帰ったら、見てみよう!

こんなHPもあります。これを作った方は、この世界名作劇場が大好きなんですね~。
このHPは子供向けかな?ちゃんとルビもついていますよ。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
続・健康になりた~い
2007/07/23(Mon)
以前、インサドンで偶然見つけた健康枕。あれから毎日使っております。

正直、初めは、桃の種のごろごろした感じになじめませんでした。あまりに首と肩が凝っているときには、桃の種が痛いと感じました。また、横向きで寝る癖のある私は、横になったときに顔の横に桃の種が当たって何度も目が覚めたり。これで健康になれるのか~?と思いつつも、諦めず使っているうちに、不思議とこの枕に慣れて、横を向かなくなり、肩凝りも次第に良くなっていきました。

そして、松の木の枕を使っているダンナさんはというと、結婚して以来、ず~っと低い枕を嫌がっていたのに、この枕だけは大丈夫だったみたいで、すぐに慣れたようでした。実は、この枕に替えて、ダンナさんにすごい変化が!いびきをかかなくなったのです~!(拍手!)

ダンナさんは、疲れているときや、お酒を飲んだときなど、すごいいびきで、私もこれには何年経っても慣れることができず、夜中に何度も目が覚めていましたが、この枕に替えてからは、いびきが断然小さくなったのです。信じられませんが、いびきをかかない日もあります。ありがたや~。私もぐっすり眠れるようになりました。

で、今まで私は桃の種の枕を使っていましたが、「松の木もいい香りがして良さそうだな~。松の木の枕も使ってみたいな~」と、両方使ってみたくなりました。ダンナさんの使っている枕は四角いのですが、私は丸いのがちょうどいいので、昨日インサドンに行ったときに、丸い形の松の木の枕を買っちゃいました!

20070723164917.jpg 20070723164931.jpg 

今度は、黄土のカバーリングにしてみました。黄土も体にいいとかで、韓国では人気があります。

この枕、実は私の周りで密かなブームになっています。肩凝りのひどいお友達に紹介したら、「この枕で肩凝りが良くなった~!」と、彼女にも効果があったのです。そして、それから徐々にいろんな人に広まり…。実際に肩凝り解消の効果があるかないかは、個人差があると思いますが、ひどい肩凝りに悩んでいる人は、まあ、一度試してみる価値はあるんじゃないでしょうか?

このお店のオンニ(お姉さん)、私がお店に度々行くものだから、すっかり仲良くなりました。昨日は、「これもすごくいいから、試してみて」と、黄土のショーツをくれました。黄土の下着は体にいいと聞いてはいましたが、自分で買おうというほどの意思はなかったので、意外なプレゼント、嬉しかったです♪果たして、黄土パンツの健康への効果はあるのかな?楽しみです。
この記事のURL | お買い物 | ▲ top
お出かけ
2007/07/22(Sun)
午後から、トクスグン(徳寿宮)の中にある美術館で開催されている「ウィーン美術史博物館展」を見に行こうと、ダンナさんと二人、バスに乗り込みました。ところが、このバスが逆方向へ行くバスだったのです~!そのうち、たどり着くだろうと思ってそのまま乗り続けていたら、なんと、なんと、郊外の営業所まで行ってしまいました!もちろん終点です!が~ん。そのまま同じ番号のバスに乗り換えて来た道を引き返し、我が家の前を通過して、ようやく目的のトクスグンに到着したのは、2時間後!長いバスの旅でした…。

トクスグンは、秋の紅葉の季節に来ましたが、夏の緑もきれい。都心のオアシスってかんじの、緑一杯の静かなスペースです。

20070723100240.jpg 20070723100257.jpg 

この中にある美術館は、こじんまりしていますが、今日はすごい人出でした。まあ、上野ほどではありませんが、それでも、韓国人も美術館や博物館へ行くのが好きみたいで、どこの美術館へ行っても人混みは覚悟しなければなりません。ベラスケス、ルーベンス、レンブラントなどの絵画を見ましたが、あまり好きな絵ではなかったので、ささ~っと見て回りました。

時刻は夕方になって、風が心地よく吹き、お散歩するのにもってこいだったので、そのままシチョン(市庁)→チョンゲチョンノ(清渓川路)→インサドン(仁寺洞)とお散歩しながら歩いて行きました。

市庁前の広場で、こんなおもしろいものを見ましたよ。
20070723100832.jpg
この写真、何でしょう?

20070723100848.jpg 
ちょっと離れてみると…

20070723100905.jpg 
もうちょっと離れてみると…

20070723100921.jpg 
こんなに大きな絵になるのでした~。これ、工事中の場所を隠す壁なんです。おもしろいアイデアですね。

清渓川路では、こんな人混みが。音楽などのいろいろなパフォーマンスをしている人たちがいて、にぎやかでした。
20070723101258.jpg 20070723101313.jpg 

インサドンにある、サムジギルというところでは、中庭にこんなアート作品が。夜になってライトアップされると、きれいですね~。
20070723101556.jpg 

韓国も梅雨の間、雨、もしくはじっとりと湿度の高い日が続いていましたが、今日の夕方はちょっぴり爽やかでした。
この記事のURL | おでかけ(韓国) | ▲ top
週末はスポーツ三昧
2007/07/21(Sat)
スポーツが好きです。といっても、する方ではなく、見る方です。今、面白い試合がいろいろあって、テレビで見られるものは何でも見たいのですが、多すぎ!時間が被っているのもあるし、どれを見たらいいんだろう~なんて、嬉しい悩みです。

まず、このところBSでずっと観戦している大リーグ。もともとイチローと城島が好きだったので、マリナーズの試合は、たいてい見ています。それと、スター選手の宝庫、ヤンキースも中継が多いので、自然と見てしまいます。ヤンキースは、今季は投手陣が振るわないので、打線に注目。A.ロドリゲスのバッティング・フォームに惚れ惚れ…。それから、松坂が加わったことで、がぜん中継の増えたレッド・ソックスも、本当にいいチームで、毎回試合を見るのが楽しいです。ダンナさんは、松坂が登板する日は、すごくチェックしています。早朝の中継なら、睡眠時間が3時間になろうとも、起きて見ています。

大リーグも面白いのですが、日本のプロ野球ももちろん好きです。私は福岡ソフトバンクホークスを応援しているので、試合が放送されるときは、何が何でも見るようにしています。だって~、なかなか中継してくれないんですよね~。パ・リーグの中継をもっと増やしてほしいのです!

そして、さらに、海外にいると、他に見るものがないという理由で、なぜか詳しくなっていく大相撲。もともと相撲は好きでしたが、日本にいたらそんなに見ることもないので、最後の3番ぐらい見たり、後は大相撲ダイジェストでチェックしたりする程度でしたが、海外にいると、NHKでず~っと放送しているので、私も暇なときは、1時の放送開始から流していることもあって、家事をしながら見ています。今場所から横綱が二人になって、面白くなりましたね~。それに、私の地元の力士が幕ノ内に二人も上がってきたので、今、けっこう真剣に見ています。私の地元はちょ~田舎なので、そんな田舎から幕内力士が二人も出たなんて、すごいことです。特に応援しているのは豊真将です。すでに人気のある豊真将ですが、これから豊真将には更にいい相撲を取ってもらって、横綱を目指して欲しい!と、プチ・タニマチのような熱い心境です。

今週末は、いつもの大リーグの試合に加え、日本のプロ野球のオールスターゲームに、サッカーのアジア杯準々決勝に、大相撲も大詰め…!隙間の時間にはウィンブルドンのシングルス決勝の録画放送も~!もう、朝から深夜まで、スポーツ三昧じゃないですか~!

朝から、野球(大リーグ)→野球(日本)→テニス→大相撲→サッカーと、うちのテレビとパソコンは、とにかく一日中働いていました。見ている方は、全然動いていないんだけど、なんか、すご~くたくさん運動をしたような気分になっています。

20070723095035.jpg 20070723095050.jpg
我が家は台所にもテレビがあるので、台所にいながらにしてテレビを見ることができるのです!この機能、日本に帰っても欲しい~。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
新たな気持ちで
2007/07/20(Fri)
韓国語の授業、いよいよ初級の最後のクラス、4級クラスがスタートしました。今期の4級のクラスの生徒は、半分が継続組、半分が新しい顔ぶれでした。

最初の授業なので、韓国語で自己紹介から。新しいクラスメートは、いろいろな経歴の人たちでした。今まで家庭教師で勉強していた人、語学学校に通って勉強していた人、独学で勉強していた人、様々です。初級も大詰めなので、けっこう文法も濃厚なのですが、そのレベルまで一人で勉強していた人たち、すごいな~。私なら、怠けちゃって、到達できていないわ。

新しいクラスって、わくわくします。それに、今度のクラスは、勉強する意欲のある人たちが多そうで、いい刺激を受けられそう!やっぱり、マンツーマンの授業と違って、クラスレッスンって、いろんな人と出会えて、楽しいです♪それに、一人では勉強し得ないことも、誰かの発言によって気付かされたり、いろいろな発見があるので、勉強になります。それには、同じクラスのメンバーがかなり重要だと思います。今度のクラスには、期待大♪

でも、授業は始まったばかりなんですが、来週から夏休みで日本に帰国する人続出!次回の授業からしばらくお休みする人が多くて、がっかり。実際に全員が揃うのは、約1ヵ月後でしょうか…。

今日は、授業の後、新しいクラスメイトと一緒に、二人でランチをしました。これが、なかり面白い人で、話が弾んで、ランチの後はミスドに場所を移し、長々とおしゃべりしました。

また、新しい出会いによって、私も新たな気持ちで勉強に励めそうです。それに、ソウルライフもね~!いいお友達が、更にたくさんできそうです。

20070722002253.jpg 20070722002319.jpg 
今、花盛りの、韓国の国花、ムグンファ(むくげ)。
この記事のURL | 習いごと(韓国語) | ▲ top
長かった…
2007/07/19(Thu)
金曜日からの記事、今日一気にアップしました。

実は、急にブログにログインできなくなってしまい、今までアップできずにいたのです~。もう問題は解決した(みたいな)ので、またログインできるようになって、無事に記事をアップすることができるようになりました。この空白期間、長かった…。

PCオンチなので、こういう突発的な出来事に弱い私。こんなんで、よくブログやってるな~と、思います。無事に継続できるようなので、またよろしくお願いします。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
もうすぐ夏休み
2007/07/18(Wed)
世間では、もうすぐ夏休みなんですね。幼稚園や小中学校に通うお子さんのいる家庭では、「もうすぐ長~い夏休み~!」これは、「子供:喜び」「親:げんなり」という感じでしょうね。

夏休みなどの長い休みには、子連れで日本に帰国する方が多いので、その1ヶ月の間、刺繍の授業もお休みになります。残念。でも、1ヶ月間、暇な時間にどんどん刺せるように、新しい作品に取り掛かることにしました。今のお花の刺繍と平行して、「ヘテ」という想像上の動物の伝統柄に入ります。雲や波など、前に刺した鶴の模様と同じなので、その部分は、もう習わなくても刺せます。

刺繍は材料費がお高いので、お支払いも大変なんですが、「あと1年」と思うと、気合が入ってしまいます。うちは幸いにして、ダンナさんも私の趣味活動には賛成してくれているので、韓国にいる間に、できるだけいい作品を作りたいと思います。
この記事のURL | 習いごと(韓国刺繍) | ▲ top
BBクリーム
2007/07/16(Mon)
今、韓国では「BBクリーム」なるものが、人気を博しています。これは、食べ物ではなく、化粧品です。

日本でも、女性の美容に対する関心が高く、コエンザイムQ10や美白など、数々のブームが起こりました。でも、まだBBクリームは日本には存在していないんじゃないかな?私も、日本では聞いたことがなかったのですが、韓国でBBクリームのことを聞いて、興味が湧きました。

何でも、BBクリームは、お肌の再生を促しながら、シミやそばかすをカバーしてくれるという美容成分の入った下地クリームとのこと。色は肌色で、それをうす~く伸ばして、上からパウダーではたくだけで、きれいに見えるそうです。実際に、いろんなお店で試してみました。確かに、薄付きなのにきれいに見えます。それに、何よりもお肌の再生効果なるものに、引かれます。

で、週末、ミョンドンに行った時に、いろんなお店を見て回りましたが、最近リニューアルオープンしたばかりの「トダコサ」という、いろんなメーク商品が大集合し、自由に試せるお店で、いろんなBBクリームを比べた結果、COOGIというメーカーのものを買うことにしました。このメーカーは、韓国ではメジャーでとても人気のあるメーカーです。お店のお姉さん曰く、COOGIのBBクリームはオイルフリーでハーブなどの天然成分が入っているので、敏感肌やトラブルのある肌に最適なんだとか。実は、韓国に来て、このところお肌の調子が悪く、あごの吹き出物に悩まされていた私。お姉さんの話を聞いて、お勧めのCOOGIのBBクリームを買うことにしました。
20070719150759.jpg 

別のお店で、BBクリームの上につけるパウダーも買っちゃいました。パウダーは、パールパウダー入りの、ほんの少しだけきらっと光るタイプにしました。何気に高麗人参成分が入っていて、これもお肌にいいものだそうです。

化粧品を買うのは、本当にわくわくして、楽しいですね~。
この記事のURL | お買い物 | ▲ top
初伏
2007/07/15(Sun)
日本では土用の丑の日。韓国でも、夏バテしないように、栄養のあるものを食べる日です。韓国では、「三伏」といって、暑さを乗り切るために、滋養のあるものを食べる日が3回あります。今日はその初日の「初伏」です。
20070719132327.jpg


普通はサムゲタンを食べるのが一般的ですが、私とダンナさんは、ニンニクたっぷりの鶏の唐揚げを食べに行きました。よく雑誌にも紹介されている「バンポチキン」です。バンポ(盤浦)というところにあります。調べてみたら、うちからバスを乗り継いでお店の前まで行けるようだったので、バスで行ってみました。

20070719140346.jpg 
ヨイドのバス乗換え所から撮った写真。ここはオフィス街です。ダンナさんの会社もヨイドにあります。

お店に到着~!レトロな店構え。え?本当にここ?と言いたくなる地味さ。
20070719140602.jpg 

さあ~、バンポチキンのお味や、いかに???
20070719140623.jpg 

確かに、いろんな雑誌で紹介されている通り、ニンニクが効いています!舌がぴりぴりとしびれるほど、ニンニクたっぷり。でも、私達が期待していたほどの美味しさではなかったな~。ここのチキンは、まずお腹にニンニクを詰めて焼き、その後ニンニクのすりおろしをたっぷりつけて油で揚げてあるのですが、火が通り過ぎていて、身が固くなりすぎていたように思いました。こだわりの鶏を使っているとのことですが、せっかくのジューシーさが失われてしまっていたと感じました。もう行かなくてもいいかな!雑誌を見る限りでは、と~っても美味しそうに写っていたんですけどね!食べてみないと分かりませんね。

夫婦してニンニク臭い息を吐きながら、ソウル随一のお洒落な街、アックジョンへ。ここは韓国。お口の臭いなんか、気にしません(!)。

アックジョンにはお洒落なカフェやセレクトショップがいろいろあります。今日は、とってもかわいいケーキとクッキーのお店を発見しました。お店の名前が「モリ」(森)となっていたので、ここは日本の方のお店なのかな?とってもかわいい店内。ダンナさんのご希望で、クッキーなど焼き菓子を買って帰りました。

20070719141532.jpg 20070719141552.jpg 20070719141611.jpg 20070719141627.jpg 
お店の中にはカフェコーナーもあったので、今度はここでお茶をするのもいいかも~♪
この記事のURL | 食べること(韓国) | ▲ top
新たな韓国フード
2007/07/14(Sat)
昨日、AさんTさんと一緒にミョンドン界隈を歩いて回ったときに、今まで行ったことがなかったけれど、行ってみた~いと常々思っていたお店でお昼を食べました。

最近ミョンドンに移転したばかりの「ハドングァン」(河東館)です!
20070719132133.jpg 

ここのメニューは「コムタン」という牛筋肉のスープのみ!一代限りのお店が一般的な韓国では珍しい1943年創業の老舗です。スープがなくなったら店じまいというほど、人気のお店です。コムタンには既にご飯も入っています。味は付いていないので、ここにテーブルの上の塩、胡椒、ねぎをお好みで入れて、味を調節します。また、生卵も売っているので、それを入れても美味しいそうです。

20070719132200.jpg 
お肉の下には既にご飯もセットされています。

20070719134449.jpg 
食券もレトロです~。

ミョンドンにはいろんなお店が開店したり閉店したり、めまぐるしく入れ替わるのですが、これはなくならないで欲しいな!「コールドストーン」!六本木ヒルズまで食べに行ったときは、30分ぐらい並びましたが、ここでは行列なしで食べられます。あ~、うまうま!

 20070719132259.jpg 20070719132313.jpg 
でも、混ぜ方は、日本のほうが上手だった…。

金曜日は、こうしてお昼におれこれ食べたにも関わらず、夜は夜で、ダンナさんの会社の人たちと会食でした。ちょうど日本から遊びに来ているご夫婦も合流。ディープな庶民派のお店でコッチャン(ホルモン)の鉄板焼き~!韓国に来てホルモンは初めて!わくわく。

20070719132412.jpg 
前菜にセンマイが出てきました。美味しい。

20070719132352.jpg 20070719132427.jpg 
焼く前→焼いた後。ソジュ(焼酎)が進みます…。

金曜日は、初めて食べたものばかりだったので、日にちをまたいでレポートしてみました。
この記事のURL | 食べること(韓国) | ▲ top
お土産あれこれ
2007/07/13(Fri)
今月末から夏休みで日本に里帰りする友達Aさんが、お土産を買いに行くというので、Tさんと一緒に付いて行きました。

韓国から日本へのお土産といえば、「海苔」「キムチ」「コチュジャン」などが王道です。私も、もらって嬉しいお土産は、後に残らない食品がNO1です!日本ではなかなか手に入らなくて、美味しくて、消えてなくなる。…ということで、日本に帰国するたびに韓国海苔を買っていたのですが、最近こんな記事を見かけました。韓国海苔は日本でも手軽に買えるようになったとか、もういいかげん飽きたとかいう意見もあって、以前ほど喜ばれなくなったというのです。う~ん、確かにそうかもしれない。すでに韓国海苔はマンネリ化しちゃったのか~。だから、ちょっと高級な美味しい海苔をちょこっと買っていくほうが、喜ばれるらしいのです。なるほどね~。

で、Aさんお勧めの美味しい海苔のメーカーを聞きましたので、今後の参考にさせてもらいます。

さて、その後、Tさんお勧めのミョンドン地下街のオーストリッチ、クロコダイル専門店へ。オーストリッチやクロコというと、すご~く高級で、そんなものお土産には無理!と思ったのですが、小銭入れなど、手頃な値段で買えるものもあって、驚きました。

同じく地下街で、ブランドに似せて作ったサンダルやスリッパのお店へ。ここのは、見るからにニセモノなので、いわゆるコピー商品には当てはまらないみたいです。でも、意外と履きやすいものが多く、そういえば、私の義母も数年前にソウル旅行をしたときに、同じようなサンダルを買って帰っていました。ちょっとそこまで~というワンマイル用に、なかなか便利なので、私もグッチ風のサンダルを購入しました。お店のアジュンマが「Aさんの顔は良く見て知っているから」と、15000Wを13000W(約1700円)にしてくれました。

さて、その後、私達はナンデムンシジャン(南大門市場)へ。ここには、ごちゃごちゃといろんなお店が軒を連ね、尚且つ路上にもシートを広げて品物を売る人たちが大勢います。いつ行ってもアジュンマと観光客でいっぱい。でも、さすがに市場だけあって、値段は安いです。インサドンで売っているような小物が、ここだと若干安いので、纏め買いするなら、こっちのほうがお徳ですね。ただ、どこに何が売っているのか、本当に分かりにくいので、迷子になること必須!韓国生活の長いAさんとTさんのおかげで、今日は効率よく回れました。

20070719125126.jpg 
こんな感じで、市場への入り口の門がいくつかあります。
20070719125052.jpg 
路上には、衣料品などを山と積んだお店(?)もオープン。路上のお店は激安なので、アジュンマに大人気。
20070719125110.jpg 
歩き疲れたら、カットフルーツを食べるのもよし。一本1000W(約130円)イムニダ。
20070719125226.jpg 20070719125141.jpg 
これは、「チョッパル」という豚足を売っている屋台。豚さんのお顔も並んでいますね。

Aさんはいろいろ買っていましたが、私も今週日本から韓国へ遊びに来ている、ダンナさんの会社の方と会食の予定があったので、その方の奥様用にお土産を買いました。韓国のパッチワーク(日本では「ポジャギ」と言われています。)の巾着袋などを買いました。
20070719125243.jpg 20070719125259.jpg 
畳1畳分ぐらいのお店に人形やストラップなどの小物が山盛り!

ナンデムンシジャンは、私も滅多に行かないのですが、たまに行くと、活気が溢れていて楽しいですね。通りのあちこちで売っているものを冷やかしながら歩くのも、面白いです。ただ、歩いているときに、お店の男の人が急に腕をつかんできて「お姉さん、見て行ってください。安いですよ~!」と声を掛けてくるのが、本当に鬱陶しいです。腕をつかむな~!こういうとき、キッと睨んでやります。日本人観光客の皆さん、愛想笑いしちゃだめですよ~!「さわらないで!」と言ってやりましょう!だって、彼らは韓国人のお客さんには、絶対にそんな失礼なことをしないのですから…。

ところで、韓国から日本へ食品のお土産を買って帰るときの注意点があります。今年の3月から機内持ち込みの液体荷物に制限が設けられています。化粧品や歯磨き粉、シャンプーの類も、基本的には持ち込めません。小分けにして、ジップロックみたいな透明のビニール袋に入れて、手荷物検査のときに別に提示しなければなりません。これは、食品も同じです。海苔などの乾き物は問題ないのですが、キムチやコチュジャンなど、液体やそれに準ずるような品物は、機内に持ち込むのに制限があります。たいてい、没収となりますので、チェックインのときに預けるスーツケースに入れるか、手荷物検査の終わった後、搭乗直前の免税店で購入したほうがいいですよ。これを知らずに、あれこれ没収されたり、検査に時間がかかったりする人が続出で、いろいろ大変なようです。

20070719131104.jpg 20070719131121.jpg 
空港で売っている小分けタイプのキムチとコチュジャン。キムチはジッパー付きのケースに、1食分ずつ小分けされたものが入っていて、これは人に配るのにも、自分で食べるのにも便利~♪
この記事のURL | お買い物 | ▲ top
葉っぱだよ~
2007/07/12(Thu)
この葉っぱ、何でしょう?

20070712184418.jpg 

これは、韓国では非常にポピュラーな食べ物で、「ケンニッ」といいます。日本語では「エゴマ」というのだそうです。見た目は日本のシソの葉によく似ていますが、味は全然違います。どんな味か???説明は非常に難しいです。このケンニッは、焼肉を食べに行ったら、どこでもお目にかかることができるので、是非食べてみてください。

韓国人は、焼肉をサンチュで包んで食べますが、このケンニッもサンチュと同じようにして食べます。独特な香りがあるので、これが苦手だという日本人もいますが、実は、この葉っぱは鉄分など豊富で、特に女性にいいということです。焼肉と一緒に食べるとさっぱりするので、私は大好きです。

ケンニッのほかにも、韓国には様々な葉っぱがあって、最初はその種類の多さにびっくりしました。どれも独特な味わいがあり、美味しいです。私には全然名前が分からないのですが、韓国人に聞いてみても、「さあ~」と、知らない人が多いです。

所変われば品変わるといいますが、日本と韓国は地理的に近くて、大抵の野菜は似通っているのですが、やっぱり韓国にしかない野菜もあって、楽しいです。私はなるべくその国の食べ物を食べて、その国になじみたいと思っています。今日の夕食は、納豆キムチチャーハンですが、ケンニッで包んで食べよう~っと。
この記事のURL | 食べること(韓国) | ▲ top
もういくつ刺すと…
2007/07/11(Wed)
今日はソウルはどしゃぶり!このところ、毎日よく雨が降ります。日本ほどではありませんが…。今年もまた、九州南部は被害が出ていますね。毎年、この時期になると、大丈夫かな~って気になります。親戚とか、誰もいないんですけどね。でも、大学を福岡で過ごしたからか、九州のことが気にかかります。

さて。どしゃ降りの中、BSで放送されたMLBオールスターゲームに後ろ髪を引かれつつも、刺繍のレッスンに出掛けてきました。(オールスターは夜の録画放送を見ました。イチローのランニングホームラン&MVPすごい!)

7月後半から8月前半の1ヶ月間は、日本人学校がお休みになり、日本に帰国したり旅行に行ったりする人が多いため、刺繍のレッスンもお休みになります。お休みに入る前に、今やっている作品を終わらせたい…!と意気込んでいましたが、結局、一人で先に進めないので、どうやら夏休み明けまで持ち越すことになりますね。

刺繍のレッスンは、先生が一人ひとりにマンツーマンで教えてくださいます。刺し方のお手本を先生がちょっと刺してくださって、残りは宿題となるのですが、本当に刺し方にはいろいろあって、きれいに見える刺し方というか、テクニックがあるのですね。それを知らないので、先生に教えていただくまでは、下絵を見たところで、どうやって刺すのか見当もつきません。経験が長くなれば、段々に分かってきて、刺し方も覚えていくのでしょうが、私はまだ初心者の域にいるので、先生が新しい図柄の指し方を教えてくださるたびに、「へぇ~」と感心しています。絹糸のきれいなツヤを生む刺し方というのが、あるのですね。先生が刺してくださったところは、本当にピカピカと糸が輝いています。

また、刺繍糸も、その都度先生がた~くさんのストックの中から見繕ってくださいます。だから、刺し方を知っているからといって、どんどん刺そうと思っても、糸が手元になければ刺せません。先生は、毎回、大きな糸束の中から、絶妙な量の糸を抜き取って渡してくださいます。今日、「先生、この図柄だったらだいたいこのぐらいの分量と、よくお分かりですね~。」と感心して言ったら、にっこり笑って「50年です。」と、おっしゃいました。その後、二人で大笑いしましたが、確かに、50年も刺繍をやっていらっしゃるから、手が覚えているというか、何でも勘でだいたい分かるらしいのです。お見それしました。

で、毎回、30~40分ぐらいの時間をかけて教えて下った範囲を、自宅で宿題として刺すのですが、これがまた、ちょうどいい量なんです。乗っているときは、もうちょっとやりたいな~と思うのですが、忙しくて時間がないときには、いっぱいいっぱいの、本当にちょうどいい量です。

今、製作中の作品は、8月中には終わるといいけどな~。先生が、「金糸で縁取りをしましょう」とおっしゃっていたので、もし金糸を使うのなら、もっと時間がかかってしまうかもしれません。刺繍は一針一針、ほんの少しずつしか進まないので、「お正月」の歌じゃありませんが、「も~う い~くつ さ~す~と~ お~わ~る~の~か~」という気分です。早く完成したものが見たいな!

20070712000623.jpg 
前にアップした牡丹の花の部分はほぼ完成しました。これは蓮の花の部分。こちらも今はほぼ完成しました。細かい仕上げは、最後の最後です。完成形の画像は、またいずれ…。
この記事のURL | 習いごと(韓国刺繍) | ▲ top
反省会
2007/07/10(Tue)
先週、無事に終了した「山水会」の展示会。今日は、その反省会が行われました。といっても、堅苦しいものではなく、お食事をしながら、決算報告と、各自が感想・意見・反省などを述べる、というものでした。まあ、打ち上げ兼親睦会みたいなものです。年に一度の会なので、これで今年の活動はおしまい!

この会の代表で、発足から今日までお世話をしてくださっているK女史、その他大勢の方のお世話になりました。私は来年はもう参加できない可能性が高いですが、こういう会がますます盛んになって、民間レベルでの文化交流が進んでいくといいですね。これからも、陰ながら応援しています!本当に有意義な一週間でした。

その後、反省会に出席した刺繍のメンバーで、お茶をしました。反省会の会場がインサドンのチリサンというお店だったので、そのまま近くのヌリに行きました。ここには伝統茶がいろいろあるので、今まで飲んだことのない珍しいお茶を飲んでみようと思って、それぞれ違ったお茶を注文してみました。

20070710231130.jpg 
ステキなティーポットで出てきました。「茶渋が付いてなくて、きれい!」と主婦目線の意見が。大事です。

20070710231145.jpg 
クジョルチョンコッチャ(九折草の花の茶…だったかな?)というのを注文したら、クッカチャ(菊花茶)でした。

お茶をしながらおしゃべりしていたら、何かの取材が始まりました。どうやら「いろいろソウル」という日本語のフリーペーパーの取材のようでした。来月号にヌリが登場するのかな~。

リフレッシュして帰宅し、夜、せっせと刺繍に励みました。明日、またレッスンです。頑張らなきゃ~!

この記事のURL | おでかけ(韓国) | ▲ top
ストレスの捌け口?
2007/07/09(Mon)
この、かわいい豚のおもちゃ、見てください。
20070709134625.jpg 

韓国では、今年は何十年だか何百年だかに1度の金のぶた年!去年の年末から金の豚をモチーフにしたおもちゃなどをよく見かけました。写真の豚のおもちゃも、ソウルの街を歩いていると、露店で売られているのをよく目にします。日曜日、Y氏とダンナさんと3人でインサドンをぶらぶらしているときにも見かけ、なぜかY氏とダンナさんが食いつきました!二人とも、1個ずつ購入~。1個1000W(約130円)イムニダ~。

どうやって遊ぶかというと…。

このかわいい豚さんを思いっきり床に投げつける!
 ↓
すると、哀れ豚さんは、ぺっちゃんこに…。
 ↓
しかし、見る見る間に、元の姿に復活!

実際に写真で見てください。
20070709135146.jpg

20070709135200.jpg

20070709135214.jpg

20070709135227.jpg


元の姿に戻っていく様が、かわいい~!

すっかりはまってしまったダンナさんと私。別にストレスが溜まっているわけではありませんが、何度も豚さんを床に投げつけて遊んでしまいました。ぺっちゃんこになった豚さんがムクムクと元の真ん丸い姿に戻っていくのが、何ともかわいい~!プルプルの手触りも面白いです。

豚さんのいろいろな姿。
20070709135035.jpg 20070709135114.jpg 20070709135126.jpg 

しかし、大人二人であまりに熱中して床に投げつけすぎたため、豚さんは心なしか、ひしゃげた形に。たった1日でハリのないお肌になってしまいました。でも、これ、本当に面白いです。
この記事のURL | お買い物 | ▲ top
韓国人だって行列するのだ
2007/07/08(Sun)
日本では、話題のお店の前にはたいてい、長~い行列があって、ラーメン1杯食べるのに1時間待ちとかはザラですが、韓国人はどうかというと、行列するのは好きじゃないみたいですね。いろいろな韓国人の証言で、韓国人の行列嫌いは、どうやら本当のことのようだと思います。私の印象では、韓国人は大阪人とちょっと似ているかも???大阪で言う「イラチ」が多いのですよ。

今日もバスに乗ろうと思ってバス停で待つこと15分。私が乗りたいバスだけが、なかなか来なかったのです。ま、仕方ないです。で、次々と停留所でお客さんを乗せていきましたが、私と同様に、ず~っと待っていたと思しきアジュンマ(おばさん)が、バスに乗り込むと、すごい剣幕で運転手に怒鳴って文句を言っていました。怒りが収まるまで、5分は怒鳴っていました。このように、一般的に韓国人は「待つ」という行為が苦手なようです。

ところで、Y氏とともに市内観光をしつつ、毎回の食事はどうしようかな~と悩みました。「何でもいい」ということだったので、いくつか候補を挙げて、選んでもらいました。Y氏は海外生活も長く、美味しいものだったら少々ばっちいお店でも大丈夫な人です。いくつかの候補の中から土曜日のお昼にY氏が選んだのは、小汚い路地にある「オジンオポックン」のお店でした。このお店には、ダンナさんも初めて連れて行きました。二人とも、満足した様子。確かに、このお店は小汚いけど、美味しいのですよ。オフィス街のビルの谷間にあるこのお店、平日は行列ができていますが、土曜日に行くと、がらがらでした。

さて、土曜日の夜はといいますと、「カンジャンケジャン」でした。以前行った「プロカンジャンケジャン」ではなく、もう一つの有名店「ウォンジョマサンアグチム」の方に行ってみました。ここは、普段すごく混雑していますが、早めにお店に行ったので、すぐに入れました。食べ終わる頃には、満席でしたけど。
20070709122733.jpg 

ここのお店の一番人気は蟹ではなく、鮟鱇(アンコウ)です。お店の名前にもなっている「アグチム」というのは、アンコウの蒸したものを野菜と炒めた料理のことです。せっかくだから、カンジャンケジャンのほかに、そのアンコウも注文しました。

20070709122237.jpg 
待ってました~!久しぶりのカンジャンケジャン!
20070709122652.jpg 
身を食べた後は、蟹味噌と卵がた~っぷりの甲羅を使ってお楽しみ♪
20070709122708.jpg 
熱々のご飯をのっけて、よ~く混ぜて食べると、激うま!たまりません。

20070709122251.jpg 
真っ赤っ赤なアグチム。Y氏は「ナポリタン?」とボケていましたが。

20070709122303.jpg 
注文した料理の他に出てきたおかずは、海の幸中心。生のわかめが美味しい!

翌日曜日、お昼に選んだのは、「トソクチョン」(土俗村)のサムゲタン。ここのはスープが濃厚で、本当に美味しい!韓国人にも日本人にも大人気で、平日・週末問わず、お昼時には大行列必至。日本人には、並んででも食べたい名店の味!ですが、これは、行列に並ぶのが嫌いな韓国人には、珍しいことです。でも、店内は広く、食後だらだらと過ごさない韓国人の習慣のおかげで回転が早いので、行列の長さから考えるほど長時間は並びません。私達も炎天下20分ほど並んで、店内に入ることができました。

20070709123803.jpg 20070709123822.jpg 
見よ、この行列!建物をぐる~っと取り囲んで、裏まで続いています。

20070709124218.jpg 
あ~、久々の美味!とんこつスープのように白く濁った鶏のスープが、たまりません!高麗人参が苦手な人以外は、是非お試しあれ!ただし、行列に並びたくない人は、ご飯どきを外していくことをお勧めします。

20070709131016.jpg 
これはインサドンでの行列。道路を横切る行列の仕方はやめましょうよ~、と言いたい。行列に慣れていない韓国人ならではの現象???

とにもかくにも、並ぶのが嫌いな韓国人が行列してでも食べたいと思うお店は、きっと美味しいはず。そんなお店の前に並んでみるのも、また楽しいかもしれませんね。
この記事のURL | 食べること(韓国) | ▲ top
戦争紀念館
2007/07/07(Sat)
ダンナさんの台湾時代の上司Y氏が、日本から韓国へプライベートで遊びにいらしています。この週末は、私達がY氏をご案内することになりました。

Y氏は、お仕事ではもちろん、プライベートでも何度も韓国にいらしています。それで、どこを見に行きたいか、ご希望を伺うと、「戦争紀念館」という通なお答え…。

「戦争紀念館」というものが、ソウル市内にあるのですよ。かつて、韓国を植民地化し、未だに韓国人にそのことで深~く恨まれている日本人としては、韓国にいる間に一度は行かなければならない場所ではあるけれど、なんとなく足が向かないまま、月日が流れていた場所でした。今回は、Y氏の唯一のご希望ではあるし、これもいい機会かもしれない…と思って、覚悟を決めました!?

20070709101313.jpg 
これが紀念館の建物。各国の国旗の中に、日の丸はもちろんありませんでした。
20070709101328.jpg 20070709101341.jpg 
入り口付近の群像。迫力があります。

紀念館の内部は、かなりの広さで、先史時代からの韓国の戦争の歴史が、絵や模型や映像などで分かりやすく紹介されています。歴史の授業で習った「高句麗」「新羅」「百済」などの時代から、豊臣秀吉の「朝鮮出兵」、明治以降の植民地化政策を経て、現代に至るまで、日本とは深い関わりがあるのです…。ただし、ここではテーマは「戦争」。時代が近代に近づくにつれて、どきどきします~。どんなふうに展示されて、どんなふうに説明されているんだろう~。ちなみに、説明文は韓国語、英語、中国語、日本語の4種類があります。

ところが、ですね。植民地時代の展示は、意外にもあっさりとしたものでした。「近代以降の展示室では、日本語で話せないわ~」なんて思って心の準備をしていた私ですが、他のコーナーと比べても、明らかに展示が少なく、驚きました。ただ、日本の植民地時代の展示では説明文が韓国語と英語のみになっていたのが、妙に気になりますが…。配慮???

気付いたことがあります。韓国では普通、日本の植民地にされていた時代を「日帝時代」というようですが、ここでは「大韓帝国時代」と表記されていました。あくまでも「植民地」という言葉は排除。そして、これは中国や台湾でも同様ですが、1945年8月15日は、日本の植民地支配から解放された独立記念日「光復節」です。日本では「終戦記念日」つまり敗戦の日ですが、ここでは勝利の日です。だから、その部分を強調する展示になっていました。過去の戦争でこうむった悲惨な経験をあらわにすることではなく、むしろ、苦難の乗り越えてきた不屈の歴史として捉えようとしているのだろうな、と感じました。

20070709110031.jpg 20070709105715.jpg
これは珍しい。ポツダム宣言を受諾し、最早日本に韓国を統治する権限がなくなったことを通知した文書。昭和天皇の御璽があります。

日本の植民地時代の展示はあっさりしていましたが、この紀念館で重点的に展示されていたのは、「朝鮮戦争」のほうでした。

朝鮮戦争の経緯について、恥ずかしながら、詳細を知らずにここに来ましたが、展示を見て、いろいろ分かり、勉強になりました。ここで詳細について記事を載せるよりも、展示を見たほうがよく分かると思いますので、韓国にいらっしゃる方は、一度行ってみてください!

20070709111639.jpg
「北朝鮮の兵士と壮絶な戦いをした韓国の学徒兵」のマネキン。でも、北朝鮮の兵士も、むりやり兵士に仕立て上げられた人が大半で、中には小学生ぐらいの子供の兵士もいたんだとか…。 

20070709111700.jpg 20070709111720.jpg 20070709111734.jpg 20070709111808.jpg 20070709111823.jpg
朝鮮戦争によって、朝鮮半島は焦土と化し、人々の生活もどん底に。その様子をマネキンを使って展示していました。

朝鮮戦争の後、展示は現代に移ります。現代の陸・海・空軍のほか、国際支援部隊などの活動についても展示されていました。さまざまな制服を身に纏ったマネキンの他、使用されている装備なども展示されていました。

20070709113149.jpg 20070709113135.jpg 20070709113108.jpg 
20070709113207.jpg 20070709113227.jpg 

おもしろいと思ったのは、陸軍だったら陸海両用の戦車みたいな輸送車両の、海軍だったら戦艦か護衛艦か知りませんが、船の、空軍だったら輸送機の、それぞれの実物大部分模型が展示されていて、実際に中に入ることができるようになっています。もやは、テーマパーク状態。

館内には、実際に使用されていた戦車やジープ、航空機、などが展示されているコーナーもあり、家族連れが乗り物に乗り込んで記念撮影をしていたりと、なんとも和やかな雰囲気。

20070709113420.jpg 20070709113432.jpg 20070709140809.jpg 20070709140751.jpg

また、時間制で「戦争体験コーナー」なるものもあり、私達も行ってみました。薄暗いトンネルを通っていくと、草むらみたいなところに出ます。そこにお客さんが集まったら、照明が落とされ、突然音による銃撃戦が始まります。藪に身を潜めて銃を撃ち合う戦士の中に紛れ込んだような体験ができます。小さなお子さん連れの方は、無理かな~。

展示は館内のみならず、屋外にもあり、全部見て回ったら、かなりの時間を要すると思います。私たちは、それぞれのペースで勝手に見て回ったのですが、Y氏が熱心に展示を見ていたので、全部見終わったのは閉館時間間際。館内だけで4時間半も見ていました!

ここは、夏季と冬季を除いて、毎週金曜日の午後に、国軍儀仗隊のパレードも行われており、韓国人にとっては、家族連れで楽しめるスポットのようです。日本人も一度行ってみる価値はあると思います。

最後に、ホールに展示されていた子供達の絵画。「兵隊さん、いつもありがとう~」な絵です。
20070709114608.jpg 20070709114628.jpg 20070709114655.jpg 20070709114454.jpg 20070709114512.jpg 20070709114529.jpg 20070709114548.jpg 

おばあちゃんが兵隊さんのお墓の前で泣いている絵も…。絵の具の明るい色が悲しい。
20070709114722.jpg

軍隊をテーマにした絵の中で、これだけは異色の存在でした。これぞ愛国心!韓国選手が1位よ~!ってことでしょうか、表彰台にキム・ヨナの切り抜き写真が。スポーツもある意味、戦争と同じなんでしょうか???
20070709115117.jpg  
この記事のURL | おでかけ(韓国) | ▲ top
最終日
2007/07/06(Fri)
展示会は今日が最終日。いろいろな方が見に来てくれました。

午前中、韓国語の授業を受けた後、韓国語の先生と友達をお誘いして、一緒に会場へ行きました。先生はじーっくり、なんと、1時間ぐらいかけて、全ての作品を見てくださいました。ありがたいことです。

今日は刺繍の先生も来てくださいました。先生はお体の調子がよくないということで、先日、展示会を見に来る予定を変更したばかりだったのですが、今日は私達のために、来てくださいました。これまた、ありがたいことです。

最終日の午後はお友達が次々と見に来てくれました。私がよく行くインサドンのお店のお姉さんも、忙しい中、お店を抜け出して、わざわざ見に来てくれました。韓国の方は、こういった催しを見に行くときに、お花を持参する人が多いと聞きましたが、実際に、今日来てくれた韓国人の方から、バラの花をいただきました。

20070706213326.jpg 

そういえば、昨日は我がダンナさんも見に来てくれました。平日の10時~17時という時間帯で、仕事をしている人は、まず見に来ることができません。うちのダンナさんも「見に行きたいけど、無理だろうな~」と諦めていたのですが、ちょうど日本からお客様がいらして、その方を迎えに行った帰りに、遠回りして会場に寄ってくれたのでした。うちのダンナさん以外にも、何人ものダンナさまが足を運んでくれていました。東京だったら、こういうことは会社と展示会場がよっぽど近くにない限り、無理かもしれませんが、ソウル市内は割とコンパクトだし、韓国の風習もあって、時間を作りやすいのかもしれませんね。(韓国人は、就業時間中もよく抜け出している(?)と聞きました。たしかに。展示会場のお向かいにある某有名企業の韓国人社員のおじさん二人連れが、ポスターを見たと言って、展示会を見に来ていました。仕事中では???と思いましたが、外で時間をつぶしていたのかもしれませんね。)

毎日会場に足を運んで、受付やら、お客さまの応対やら、おしゃべり(これが一番多い…)やら、させていただきましたが、いろいろな分野の方と知り合うことができ、とても楽しく有意義でした。山水会の展示は1年に1回。来年は日本にいるのか、韓国にいるのか???もしかして、参加は無理かな~?でも、1回だけでも参加できて、本当に楽しかったです。

この記事のURL | 習いごと(韓国刺繍) | ▲ top
展示会の様子
2007/07/05(Thu)
展示会の会場の様子を、写真で紹介します。

20070709093042.jpg 

書道
20070709093058.jpg 

民画
20070709093116.jpg 

刺繍
20070709093759.jpg 20070709093921.jpg 20070709093936.jpg 20070709093945.jpg 20070709093701.jpg 20070709093713.jpg 20070709093232.jpg 20070709093741.jpg 

韓紙工芸
20070709094843.jpg 20070709094801.jpg 20070709094817.jpg 

メドゥプ(韓国の組み紐)
20070709095053.jpg 20070709095108.jpg 20070709095121.jpg 20070709095133.jpg 

陶芸
20070709095944.jpg 20070709095910.jpg 20070709095924.jpg 

ポジャギ(韓国のパッチワーク)
20070709100104.jpg 20070709100010.jpg 

様々な分野の手工芸品が並びました。
この記事のURL | 習いごと(韓国刺繍) | ▲ top
展示会
2007/07/03(Tue)
今日から金曜日まで、展示会が始まりました。韓国語の授業の後、クラスの友達を誘って会場へ向かいました。

20070703225824.jpg 

初日のお昼に、オープニングセレモニーということで、韓国の伝統茶が振舞われました。

20070703225729.jpg 20070703225751.jpg 20070703225808.jpg 

七夕が近いということで、北斗七星をかたどったお茶碗の配置など、七夕をイメージしたしつらいなんだそうです。伝統小物もかわいい。

今日振舞われたお茶は、私が今まで飲んだことのない桑の葉茶でした。びわの葉のお茶に似た味でした。

韓国のお茶といえば、ユジャチャ(柚子茶)とかオミジャチャ(五味子茶)とか、蜂蜜のたっぷり入ったジャム状のものにお湯を注ぐタイプのお茶が有名ですが、実際に生活の中では、そういった甘いお茶よりも、オクススチャ(玉蜀黍茶)やポリチャ(麦茶)など、焙煎したお茶がよく飲まれているようです。韓国はもともと水事情があまりよくなかったせいで、普段からお茶を飲む習慣があるのだそうです。そして、ノクチャ(緑茶)よりも庶民的な焙煎茶の方が圧倒的に多く飲まれています。生活の智恵で、いろいろなお茶があるのも、私にはとても楽しいです。台湾のときは、やっぱり本場ということで、烏龍茶にはまりましたが、韓国ではこのように、様々な味の伝統茶を楽しんでいます。

肝心の展示会のほうですが、いろいろなお友達が見に来てくれました。いろいろな展示品を見た後、皆さん「刺繍は細かすぎて無理!」と。そうですかね~。確かに、細かいですけど、細かい手作業が好な人だったら、やりがいがあると思います。「この部分を仕上げるのに、何時間ぐらいかかるものなの?」とか、細かい質問もしていただきました。え~っと、どのくらいかかったかな???もう忘れちゃった~。作業中は、時間のことを忘れて没頭しているので、自分であれこれ思い返してみたら、再発見することもあり、楽しかったです。また、こういった展示会では、細部までじっくり見ることができるので、私もいろいろな方の作品を参考にさせていただこうと思います。
この記事のURL | 習いごと(韓国刺繍) | ▲ top
明日から
2007/07/02(Mon)
この数日、雨模様のソウル。珍しく激しく降る日もあって、夜には雷も鳴っています。今日も朝からザーザー降りの生憎の天気でしたが、雨の中、刺繍の作品を持って、展示会会場に向かいます。明日から始まる展示会の会場準備をするためです。

展示は、書道、民画、メドゥプ(韓国結)、陶芸、韓紙工芸、ちぎり絵、刺繍など、様々です。みなさん、雨の中、作品を持って集まりました。中には屏風を出品される方も…。韓国では一般的なバイク便を使って、搬入されていました。

会場は、地下鉄のアングク(安国)駅のすぐそばにある、日本大使館広報文化院2階シルクギャラリーです。このところ、雨の日が多いので、どのくらいお客さんが入るのか、どきどきしますね…。外国人観光客御用達のインサドンから歩いてすぐのところなので、観光客の方にも着ていただけると嬉しいのですが。でも、インサドンの通りに面していないので、飛び込みのお客さんはいないでしょうね~。

期間中、楽しもうと思います。
この記事のURL | 習いごと(韓国刺繍) | ▲ top
10数年ぶりの
2007/07/01(Sun)
土曜日、珍しい人に会いました。大学時代の先輩に、10数年ぶりに会ったのです。

大学を卒業したら、全国に散り散りになった仲間と再会できるのは、誰かの結婚式ぐらいのもの。でも、先輩Aさんも私も日本にいなかったせいで、友達や先輩、後輩の結婚式になかなか出席できず、私達が顔を合わせる機会は皆無でした。(それでも、私はけっこう出席した方かな?結婚式がたまたま日本にいるときだったりして。先輩Aさんの姿は全然見なかったわ!)先輩Aさんは、ソウル在住6年。卒業以来、1回ぐらいは会ってるかな?でも、この10数年の間、ほぼ音信不通状態で、2年ぐらい前からネット上でたま~にやり取りをする程度だったのに、異国の地ソウルで再会することになるとは!びっくりです。

先輩Aさんは韓国人の婚約者を伴ってやって来ました。来春ご結婚の予定だそう。結婚式、楽しみ~♪そんなお互いの近況から、今までのこと、友達のこと、いろいろおしゃべりしていたら、あっという間に時間がたってしまいました!気付けば深夜1時、6時間も話していました。ま、久しぶりだから、必然的にこうなっちゃうよね~。それに、日本でではなく、海外で古い知り合いに会うというのは、本当に嬉しいものです。

今度は、ディープなソウル生活のお話を是非いろいろ伺いたいです。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。