スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
大分へ里帰り その2
2007/01/31(Wed)
土曜日、ダンナさんのいとこの結婚式に出ました。結婚式というのは、幸せ気分のお裾分けをもらえて、いいですね~。美味しい料理も食べられるし。

結婚式の後、ダンナさんのファミリー(4家族)総出で別府の温泉に泊まりに行きました。ねねさまが事前に部屋を予約してくれていたのですが、前日、そして当日にも急に参加者が増えたため、2部屋に10名が泊まることになってしまいました。ベッドに畳の部屋のついた和洋室タイプでよかった~。和室部分に布団を敷いて、なんとか全員泊まれました!

それにしても、これだけ人数が集まり、しかも皆さんそれぞれ自由に行動する人たちなので、いろいろ行き違いも生じましたわ。部屋の鍵は一つしかないのに、打ち合わせなしで、みんなそれぞれ自由な時間にお風呂に入りに行くから、最初にお風呂から上がった人は、鍵がなくて部屋に入れなかったりとか…。嫁の私は、結婚してしばらくは驚き、気を揉むことばかりでしたが、最近はこのスタイルにもだんだん慣れ、もうあまり動じることもなくなってきました。いつでも、何とかなるもんです。

ところで、別府の温泉は、なかなかでしたよ!お風呂は「棚湯」といって、浴槽が外にいくほど段々低くなっている「棚田」のようなスタイルで、開放感があります。一番外の浴槽からは別府湾も望めるし、夜空を眺めながらゆったりお湯につかれて、最高でした。

実は、今回のお宿は、偶然にも小学校の修学旅行で泊まったのと同じ旅館だったので、びっくりしました。リニューアルしてすっかりきれいになっていました。しかし、数百人は収容できる大型温泉旅館なので、館内の広さには改めて驚きました。そして、もう一つ驚いたのは、お客さんの殆どが韓国人だったことです!今、ウォンが強いから、韓国人の旅行者が増えているんですね~。韓国には温泉がほとんどないので、こうして韓国から近い九州に来て、温泉やゴルフなどを楽しむ旅行者が多いのです。

国内の有名温泉地では、老舗の温泉旅館といえども、日本人旅行者の海外流出やバブル期の投資の失敗などで、経営が難しくなり、閉鎖に追い込まれたところも多いです。別府もさびれていく一方でしたが、最近はこうした外国人旅行者を招くことで、生き残りに必死なんですね。国内旅行が当たり前という時代はもはや遠い過去。これからは日本にも外国人旅行者がどんどん増えていくでしょう。

それにしてもね~。日本の温泉で周囲がほとんど韓国アジュンマっていうのも、妙な気分です。旅館ではあらゆるものが、日本語表記の下に必ずハングルでも併記されているし、お風呂だけじゃなく、エレベーターに乗っても、ご飯を食べに行っても、どこからでも韓国語が聞こえてくるし。エレベーターでアジュンマに「お嬢さん、韓国人?」(注:韓国語)って聞かれちゃいましたよ。「いいえ、日本人です。」と韓国語で答える私。日本なのに、韓国語。不思議なもんです。あ~、そして、アジュンマ、どこへ行っても強いわ~。ぐるぐるパーマの集団は世界を股に掛け、あらゆる場所でアジュンマパワーを炸裂させるのね。

20070201212040.jpg 
部屋からは鶴見岳が。あちこちから湯煙が上がり、別府は「湯の町」の風情たっぷりです。
スポンサーサイト
この記事のURL | おでかけ(日本) | ▲ top
大分へ里帰り その1
2007/01/30(Tue)
先週水曜日から日曜日まで、ダンナさんの故郷、大分へ里帰りしていました。主な目的はダンナさんのいとこの結婚式ですが、ダンナさんはお正月休みがなく、帰国できなかったので、ここでお休みをもらって帰国し、ダンナさんの実家で過ごすことにしました。

大分-仁川の直行便があるので、非常に便利です。韓国から大分へ旅行に行く韓国人が増えているようで、仁川を早朝発って、夜戻ってくる便です。乗客はほとんどが韓国人でした。

さてさて、ダンナさんの実家には、去年のお正月以来1年ぶりです。義理の父も母(ねねさま)も、変わらず元気でした。義父は魚釣りが趣味。それもかなり本格的で、大きな鯛やブリなど釣ってきます。今回も、たくさん魚を釣って来てくれました。食事はほとんど毎回のように義父の釣ってきた魚をねねさまが料理してくれ、新鮮な魚を美味しくいただくことができました。

大分といえば、温泉天国。車でちょっと行けば、あちこちに温泉があるので、ねねさまと連れ立って、毎晩温泉に入りに行きました♪あ~、幸せ~。温泉ではもちろん、ねねさまのおしゃべりが炸裂!なかなか里帰りもできず、私達は年に1回ぐらいしか顔を合わせることがないので、ねねさまのおしゃべりをライブで聞けるのも、こういったときだけです。謹んで拝聴いたしました。

今回は、ちょっとゆっくりめの滞在だったので、木曜日は車を借りて、ダンナさんと二人でドライブに行きました。この日は本当にいいお天気♪ぽかぽか陽気で最高のドライブ日和でした~。大分には自然の中を走るドライブコースがたくさんあって、眺めがいいので大好きです。今回は、九重の九酔渓に昨年末建設され、話題になっている日本一の大吊橋を渡ってきましたよ!
20070130200634.jpg 20070130200614.jpg 20070130200644.jpg 

標高777メートルの渓谷に掛かる吊橋は、長さが390メートル、高さが173メートル。さすがに日本一だけあって、ダイナミック!500円の入場券を購入し、橋の両側を右側通行で往復するのですが、中央は鉄板ではなく、網になっているので、下が見えるんですよ~!迫力十分でした。高所恐怖症ならぬ、高所大好き人間の私は、さほど高さを感じませんでしたが、それでも、けっこうな距離を歩いているうちに、橋がゆらゆら揺れるので、ドキドキ感がありました。それにしても、こんな高いところにある長い吊橋を、高齢の老人達が平気で歩いているのには、びっくりさせられました。中には、杖をつきながら歩いているおばあさんも…。みんな度胸があるな~。いろんなことを経験してきただけに、そんなことぐらいではびくともしないのかな~。妙に感心しました。

20070130200653.jpg 
上からの眺めは、冬枯れの寂しい眺めでしたが、緑や紅葉の季節には、さぞ美しいことでしょうね。橋からは、日本の滝百選に選ばれた「震動の滝」も見えましたが、冬は水量が少ないそうです。

吊橋を渡った後は、再びドライブ。阿蘇の大観峰や由布院をめぐり、きれいな景色と美味しい食べ物を満喫しました~。写真を撮り忘れたんですが、阿蘇のガンジーファームでチーズフォンデュの昼食を食べました。クリスマスにチーズフォンデュを食べて以来、すっかりチーズフォンデュのファンになっているダンナさん。そのうち、家でも楽しめるようにしたいな~。ちなみに、ガンジーファームのソフトクリーム、本当に美味しいですよ!阿蘇に行くと、必ず立ち寄って食べます。ミルクのフレッシュな味がたまりません。けっこうボリュームがあって、食べ応えがあります。あ~、写真を撮ればよかったな~。(食べ物の写真は、なかなか撮れない私です。)

20070130201341.jpg 
牧場の景色も、冬は寂しいものです。夏は、緑のじゅうたんがとってもきれいなんですけどね!

20070130201352.jpg 
今月、山羊の赤ちゃんが生まれたというので、見に行ってみました。かわいいですね!

20070130201729.jpg 20070130201741.jpg 
やまなみハイウェイなど、本当に車窓からの眺めがいいんです~。山のところどころから湯煙が上がっているのが、温泉の郷ならでは。自然の中にいると、癒されます。

20070130201718.jpg 
朝には曇り空に覆われていた由布岳ですが…
20070130201752.jpg 
夕方、由布院に着く頃には、ごらんのお天気。真っ青な空に、由布岳の姿が美しいです。

ドライブから帰ると、すっかり夕食の準備ができていました…。一日中遊びまわって、姑の作ったご飯を食べる鬼嫁。一句できました…。

この記事のURL | おでかけ(日本) | ▲ top
止められない、止まらない
2007/01/23(Tue)
昨日の夜、ぐったりと疲れて帰宅したダンナさん。「風呂に入ってもう寝る」と言っていたのに、私が昼間一人で「冬ソナ」を見たことを言ったら、「おれも見る」と。お風呂から上がって、夜中の12時半から見はじめました。「1話だけにしとかないと、明日起きられなくなるよ!」と言ったのに、止まらなかったみたいで…。結局、私の方が先に寝て、ダンナさんは時間を忘れて3話分も見てしまったようです。「いらいらして気になって、途中で止められない」と。う~ん、分かるわ。行ったり来たりすれ違い~♪な主人公の男女に、かなりいらいらさせられます。しかしね、もう完全に「冬ソナ」にはまりきってるやんか!うちのダンナさん!ま、昼間、早送りしながらがんがん見ていた私も同じようなもんなんですけどね。きっと今日、ダンナさんは睡眠不足できついでしょう。

テレビで放送していれば、週1回とか毎日1時間とか、区切りがあります。次の回の放送まで、頭の中で思い出したりしながら更に楽しめるというものです。しかし、手元に全部揃っていると、いつでも好きなときに好きなだけ見ることができるので、自制心のない私達夫婦のような人は、えらいことになりますね~。

こういうとき、よく思い出すのは、「大きな森の小さな家」シリーズの「シルバーレイクの岸辺で」で読んだお話です。ローラたちの家に読み終えた後の新聞をどっさりとくれた人がいて、その新聞に連載小説が載っていました。ローラはその小説が楽しくて仕方がありません。すぐに続きをどんどん読みたいのですが、優等生のお姉さんのメアリーが「毎日1話ずつ読めば、それだけ長く小説を楽しむことができるわ」というようなことを言って、母さんも「まあ、かしこいこと!」と同意。結局、ローラが毎日1話ずつみんなに読んできかせることになるのです。家の中に新聞があるのに、それを読むことができず、ローラはもんもんとしたでしょうね。

私はローラと一緒で、読みたい本があれば、時間がなくても、他に用事があっても、寝る時間を削ってでも、読みたい!という思いが強いです。でも、ローラは諦めることを知っています。ローラと違って、私はきっと読んでしまうのです。実際、学生時代は試験の前になると、決まって本を読み出して、止まらなくなり、勉強する時間が短くなっても読み終えるまで勉強に手が付かないというアホな状況に陥っていました。自分でもなぜそうしてしまうのか説明できませんが、現実逃避だったんでしょうかね~?単に自制心がないとも言えます。

そんな学生時代から10年以上経ち、主婦になった今では、以前ほど時間に追われる生活もしていませんが、自制心のなさは相変わらず。いまだに学生時代と同じような行動をとり続けています。で、ローラの話を思い出して、ちょっと反省したりもするのですが、アホは私は、また同じことを繰り返すのです。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
1年越し
2007/01/22(Mon)
昨年の冬に編み始めたショールが完成しました!なぜ中断したのか覚えていないのですが、時間切れだったのかな~?きっと季節が春になり、これから使わないものを編んでも…と、途中のまま置いてあったのでしょう。完成させたいとは思っていたので、編みかけのものをこちらに持ってきて、今日、1年越しのショールを完成させました。

20070123185639.jpg 20070123185650.jpg 

グレーのモヘアで編んだのですが、出来上がってみると意外と地味でした。今度は糸を替えて、編んでみようかな。
この記事のURL | 作ること | ▲ top
韓国でも地震!?
2007/01/20(Sat)
ダンナさんと一緒に、免税店へ。今日は主にダンナさんのものを買いに行きました。免税店ではたいてい買い物した金額に応じて、いろいろなサービスがありますが、今日、私達は食事券をもらいました。そのサービス券を使って、久しぶりにピビンパッを食べました。韓国に来たばかりの頃は、辛くて辛くて、一人で全部食べられなかったピビンパッも、今ではお水を飲みながらも、一人で平らげられるようになりました。成長したな~。

20070121152216.jpg 20070121152226.jpg 
左は生肉が載ったユッケピビンパッ。右は焼肉が載ったプルコギピビンパッ。

夜、ダンナさんも巻き込んで「冬ソナ」のビデオを見ていたら、急にゆらゆらと体が揺れました。まさか、地震!?ええ~?地震のない韓国で、地震!?

そうです。夜9時前に、朝鮮半島の東側の海底で地震が発生しました。揺れの感じから、ソウルは震度2ぐらいだったのではないでしょうか?アパートの高層階なので、たぶん、地上よりずっと揺れたんだと思います。ソウルは、地震がないことを念頭に、すごい高層ビルだらけです。もちろん、日本のように免震構造になっているわけがありません。うちのアパートは37階建て。40階建てのアパートやビルなんて、その辺にざらにあります。う~ん、怖い。まさか韓国で地震が起こるとは。急いでビデオを止めて、ニュースにしましたが、情報伝達も遅く、地震のニュースが報道されたのは、数十分後。地震発生からずいぶん経っていました。

今回は、大した規模の地震ではなく、本当によかったです。でも、地震に対して何の対策もないであろう韓国で、もし大地震が起きたら、本当にどうなっちゃうんでしょうね~?27階に住んでいる私達は、間違いなく命を落とすことになるでしょうね。

それにしても、「地震だ!」と思った直後に、「いや、もしかして、北朝鮮の爆撃?」という考えも浮かびました。これはダンナさんも一緒。あ~、恐ろしいよ~。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
ホルモンとヨン様の関係
2007/01/19(Fri)
年明け初めての韓国語の授業、日本に帰国してお休みしてしまったので、今日が私の今年第1回目の韓国語の授業です。3週間以上も休みがあり、しかもその間、結局復習らしい復習もしないまま時が流れてしまったので、今日はしどろもどろで、なんとか授業に付いていく感じでした。

授業の後、だいたいいつものメンバーでランチ。今日はカルビタンを食べました。久しぶりに食べるカルビタン、美味しい~♪この季節は、スープ系が体が温まっていいですね!ランチをしながら、またまたおしゃべりしていたのですが、ふとしたことから「冬のソナタ」の話になりました。

やっぱり、「冬ソナ」の影響力はすごいのね~!とびっくりしたのが、ある60代の方についてのお話。更年期障害で体調を崩し、気分が暗くなることも多く、家に籠りっきりになっていたそうですが、「冬ソナ」を見てヨン様に心をときめかせるようになり、徐々に体調もよくなっていったそうです。家に籠りがちだった生活も変わり、だんだん外出するようになり、ついには女友達と韓国に旅行にも来たそうです。そうこうしているうちに、更年期障害はすっかりよくなったそうです。ご主人も「家で暗い顔をしていられるより、ずっといい」と、韓国旅行など、応援してくれるそうです。さらに、「旅行代なんて、更年期障害の治療代と思えば、安いものよ!」とのこと。なるほどね。

それにしても、は~、ヨン様、すごいわ。枯れかけた女性ホルモンを、また湧き出させるとは…。私の友達から「友達のお母さんがヨン様にはまって、久しぶりにそのおばちゃんに会ったら、すっかり『女』になっていたよ」という話を聞いたことがありますが、いくつになっても、心をときめかせることは大事なんだな~と思いました。ヨン様を追っかけているのは、不倫と違って害がないし。ヨン様、すごい貢献だわ。

実は、私は未だに「冬ソナ」を見たことがありません。韓国に来て、みんな当たり前のように「冬ソナ」の話をしますが、全然分からないので、話に付いていけないことがしばしばでした。今、日本でTBSが放送しているんですよね。その放送を見た私の母が、以前私に貸してくれた「冬ソナ」のビデオをそろそろ返却して欲しいと言ってきました。返却…してほしいのか。借りっぱなしのまま、全然見ていないなあ。それじゃあ、せっかくだから、韓国に持って行って、見てみよう!と思い、母にはもうちょっと待ってもらうことにして、今回、持って来ました。

いよいよ「冬ソナ」を見てみたら、古臭い演出に、見ている方が恥ずかしくなり、「く~~~~」と身もだえしてしまいますわ~。私はまだヨン様にときめいていませんが、最後まで見たら、「ヨン様~!」ってなっちゃうのかな?最後が楽しみです。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
乾燥に負けられない
2007/01/18(Thu)
昨日、韓国に戻ってきました。戻って早々ですが、今日の午後は皮膚管理の予約を入れていたので、行ってきました。冬の関東地方は「からっ風」という乾いた風が吹き、お肌がからからになってしまいます。私が日本にいた1週間、ずっと雨が降らず、空気が乾ききっていたので、ただでさえ潤いの少なくなったお肌が、悲鳴を上げそうなぐらい乾いてしまいました。今日のエステで、回復してほしいな~。

美容に対する意識の高い韓国では、皮膚管理のお店は、割と普通にあちこちにありますが、アパート(日本で言うマンション)の中にあるケースが多いのではないでしょうか?私が通っている皮膚管理のお店も、アパートの中にあります。韓国では一つのアパートの建物の中に、人が住む部屋とともに、オフィスとして使われている部屋があります。そういう建物を「オピステル」というのですが、これは特殊な建物ではなく、一般的によく見るスタイルです。うちのアパートも、二つの棟があって、一つは居住用、一つはオピステルです。うちのように、建物の棟自体が区別されている場合もあれば、上下階で区別されている場合もあり、いろいろです。

私が通っているお店では、1LDKの部屋に、エステ用の器具を入れて使っています。ダイエットコースもあるようで、「ジョーバ」とか「サイクルマシーン」とかもあります。今日は、まず遠赤外線で体全体を温めるカプセルみたいな器具に入って、温まりました。30分で汗がじんわりと出てきました。代謝がよくなったところで、いよいよマッサージ。経営者のオンニ(お姉さん)が私の皮膚の状態を見て、アレンジしてくれます。言葉も分からないし、プロのオンニの腕を信じて、ここはされるがままになっています。1時間ほどマッサージやらパックやらをしてもらい、最後は肩や背中、頭のこりをほぐしてもらって、フィニッシュ。オンニはツボがよ~く分かっているので、かなりしっかりツボに入って、マッサージをされているときは痛いぐらいですが、終わると凝りや疲れが取れてすっきりします。顔もむくみが取れて、心持ちすっきりします。

韓国も乾燥がかなりひどいので、こちらに来て、美容に対する考え方が、日本にいたときより、かなり真剣に変わりました。1年前に高温多湿の台湾から日本に戻ったとき、あまりの気候の変化にお肌が順応できず、粉を吹いてしまいました。それから、自分なりに気をつけて保湿に励みましたが、韓国に来て、さらに過酷な環境で冬を過ごすことになり、「このままではヤバイ!」と、パックの回数を増やしたり、紹介してもらって皮膚管理にも通うようになりました。効果が出ているのかどうかは、自分ではよく分かりませんが、何もしないよりはずっといいでしょう!…と信じています…。
この記事のURL | おでかけ(韓国) | ▲ top
今日も
2007/01/15(Mon)
今日もまた台湾時代のお友達と再会しました。久しぶりに会うというのに、「久しぶり~」とも言わずに話し始める二人。今日はホテルのビュッフェランチを食べながら、またまたお喋り。本当に女って、なんでこんなに「食べること」と「話すこと」が好きなんでしょうね~。周りを見渡しても、平日の昼間、ホテルのビュッフェなんて、ほとんどが私達と同じような主婦のグループばっかりでしたよ!みんな同じなんだな~。「食べて喋る」はいくつになっても止められないのですね。あ~、今日も楽しかった~。
この記事のURL | おでかけ(日本) | ▲ top
女三人寄れば
2007/01/14(Sun)
台湾時代に知り合ったお友達(ケンケンママ)と、そのお友達(Rちゃん)、私の3人で、横浜でランチをしてきました。Rちゃんは以前韓国に住んでいたことがあるので、私が韓国に行くときにケンケンママに紹介してもらって、ソウルで一度会ったことがあります。そのときも妙に意気投合して盛り上がったのですが、今日のランチタイムも2回目とは思えない、まるで昔からの知り合いであるかのような盛り上がりを見せました。よく女三人寄れば姦しいといいますが、私達はまさにその状態でした。

二人は小さなお子さんがいるので、普段は子供連れでのお食事ですが、今日はパパが子守をしてくれて、二人とも身軽に外出☆「日本に帰国してからというもの、いつも外食はファミレスばっかりよ~」と言っていたので、今日は「子連れじゃ行きにくいレストランに!」をコンセプトに、サバティーニでランチコースを楽しみました。3人ともお酒は嫌いじゃない…ということで、昼間から美味しいワインを飲んで、話も弾みます。

ランチの後、場所を移し、またケーキを食べながらおしゃべりに花を咲かせ、気づけば外はすっかり日が暮れていました。

今日はよく喋った~!そして、本当に面白かった~!久しぶりに会えば、やっぱり話に花が咲き、ノンストップ状態。なんだか久しぶりという感じがしませんでした。3人とも出身は違うけれど女子高出身の同級生、もはや昔からの友達のような錯覚すら覚えました。

この年になると、気の合うお友達と知り合うチャンスも少なくなってくるけれど、30過ぎてこういうお友達ができたことに感謝です。また集まってお喋りしたいですね!

20070114200423.jpg 
こういうケーキセットも、台湾や韓国にいるとなかなか食べられません。日本での楽しみです♪
この記事のURL | おでかけ(日本) | ▲ top
ぽかぽか陽気に誘われて…
2007/01/12(Fri)
今日もとってもいいお天気。家の中は相変わらず寒いので、家にいるより外に出掛けたほうが寒さを感じずに過ごせるみたいです。今日は、駅までの通り道、いつものA高校で、寄り道しました。

A高校で飼っている動物達を見に行きました。動物の柵の前にベンチがあって、昼下がりのぽかぽか陽気が気持ち良さそうだったので、しばらくベンチに座って動物を眺めながらぬくぬくしていました。

20070112185645.jpg 20070112185703.jpg 20070112185712.jpg 20070112185730.jpg 20070112185740.jpg20070112185750.jpg 
どの動物達もぽかぽかした太陽の下で、それぞれ思い思いの過ごし方。

20070112190032.jpg 
特に、このブタさんたち!幸せそうな寝顔です…。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(日本) | ▲ top
今年もジプシー?
2007/01/11(Thu)
ヘアサロンへ行きました。前回、ヒートパーマなるものを掛けてもらったヘアサロンとは違うところへ行きました。だって~。前に行ったお店は、なんだか掃除が行き届いていなくて、汚かったんです…。美容院なのに、ヘアカラーの見本帳がすぐに出てこなかったり、ほこりをかぶっていたりして、気分よく過ごせなかったんです。これでは、いくらいい美容師さんがいたとしても、もう通う気にはなれません。せっかくキレイになりに行っているのに、そこで気持ちよく過ごせなかったら、意味ないです。

今日行ったお店は、まだ行ったことがなかったので、もし気に入れば、サロンジプシー状態の私の放浪も終わるかもしれない…!という淡い期待を持っていました。でも、残念ながら、ここも今ひとつ…。カットしてくれた美容師さんが下手。シャンプーとマッサージをしてくれた美容師さんが下手。これじゃダメじゃ~ん!お店の清潔感や雰囲気も大事ですが、それは技術あってのこと。技術のレベルが低い店は、問題外です。

せっかく家の近くにたくさん美容室があるのに、今まで行ったところ(5箇所)はどこもダメでした。今年もぴったりくるヘアサロンを求めて、サロンジプシーを続けることになるのかな?早くお気に入りのサロンにめぐり合いたい!
この記事のURL | 暮らしの中のこと(日本) | ▲ top
日本です
2007/01/10(Wed)
昨日、日本に帰国しました。今回は1週間ほどの滞在です。先週の日本は全国的に大荒れの天気でしたが、今はそれも落ち着き、典型的な冬型の気圧配置。関東地方は冬晴れ!気温が低く、空気が乾ききっています。でも、昨日の夜、家路を歩きながら「あ~、寒くない!」って思いました。空気がすがすがしくて、気持ちいいぐらい。やっぱり、韓国は相当寒いんだな~と改めて思いました。

そして、帰宅後、家の中が寒い…。エアコンを入れて、オイルヒーターも最大にしているのに、寒い…。おおお~、韓国の家に帰りたい~。冷えて体が縮こまっているからか、今日はやたら肩が凝ってます。昼間はきれいに晴れて、外で快適に過ごせるので、これから日本にいる間、どんどんお出かけしようと思っています。

さてさて、今日は区役所、銀行、郵便局めぐりをして、用事を片付ける一日でした。さらに、帰国中の恒例~。CDショップへも行きました。DVD数枚とともに買ったのは、懐かしの「みんなのうた」のCDで~す。なんでも、「みんなのうた」の放送が始まって、もう45年なんだとか。年末にBSで、私達が子供だった頃の「みんなのうた」の中から人気の高かったナンバーを放送するという番組があって、それを見て、CDが欲しくなったのです。
20070111001356.jpg 

私達夫婦は、同い年ということもあって、また、出身地域は違えど、どちらも田舎で民放の普及が遅かったということもあって、ともに同じようなテレビ番組を見て育っています。だから、子供の頃見ていたテレビ番組の共通の話題が絶えません。アニメの主題歌やアイドルの歌のみならず、ドラマやコントなどでの定番のセリフとかもよく覚えていて、二人で言い合ったりしています。「あのアニメのこのシーンで、○○がこう言うんだよね~」とか、子供の頃に見たテレビって、けっこう覚えているものですね。

そんな夫婦なので、「みんなのうた」になると、歌える歌がほぼ一緒。二人で変に盛り上がります。尾藤イサオの「赤鬼と青鬼のタンゴ」は必須です!「北風小僧の寒太郎」「トレロ・カモミロ」「ラジャ・マハラジャー」「ロバちょっとすねた」「メトロポリタン美術館」とか、懐かしくないですか?懐かしいと思ったあなた、同世代ですね!韓国に戻ったら、このCDを聴きながらお掃除しよう~。

「みんなのうた」が懐かしくなった方はこちらのHPをご覧ください。
この記事のURL | お買い物 | ▲ top
包みの問題
2007/01/08(Mon)
韓国では、買い物をするときに日本で「レジ袋」と言われるビニール袋をもらうと、だいたい50~100W払わなければなりません。店によって違うけれど、スーパーは50W(6円強)、デパートや専門店は100W(約13円)ということが多いです。これは、もちろん無駄にゴミを増やさないためで、環境保護という点で、過剰包装がまかり通っている日本も早く導入するべきだと思います。台湾でも、有害ガスが出ないように作られたビニール袋に限っては有料でした。ところが、韓国では、ビニール袋のみならず、紙袋も有料です。徹底しています。感心したのは、スーパーなどに自分専用の布製のいわゆる「エコバッグ」を持参すれば、買い物のときに50Wキャッシュバックしてもらえるというシステムです。買い物した荷物が多くて、袋が2枚必要というときも、ちゃんと2枚持っていれば、2枚分で100W返してもらえます。今まで、「袋が有料」というのは経験しましたが、「袋持参で返金」というサービスには初めてお目にかかりました。素晴らしい!

私はスーパーへの買い物には、以前買ったスーパーのビニール袋を取っておいて、いつもそれを持参していました。でも、それではビニール袋を使っているということで、エコとみなされず、お金はもらえません。布の袋じゃないと、ダメなんです。そのことを最近知って、それ以来、どこへ行くのにも小さくたためる布の袋を持参しています。スーパーへ行くときは、念のため、大小2枚の袋を持参しています。これが習慣になれば、日本でも無駄にビニール袋をもらわなくて済みそうです。

しかし、物事には相反する2面性があるのが常。韓国での包装に関するエコ、こういういい点があるのと同時に、ちょっと困ってしまう点もあります。例えば、私はよくパン屋さんでパンを買うのですが(さすがにパンを直接入れる小さなビニール袋は無料です)、エコのため、小さな袋に無理にパンを詰め込むので、いつもパンが変形してつぶれてしまっています。また、違う種類のパンを買っても、入ると判断されたら、一つの袋に入れてしまうので、味や臭いが混ざってしまいます。昨日はストロベリージャムのたっぷり載ったペストリー(私用)と、チーズ、ハム、マヨネーズたっぷりの調理パン(ダンナさん用)を一つずつ買ったのですが、後で見てみたら、二つが一つの袋の中で、仲良く渾然一体となっていました。見た目がそっくりな数種類のカレーパンは、お店ではパセリのトッピングなどで見分けられるようになっていますが、袋の中でパセリが全てのパンに付着し、家に帰ったら、どれがどれだか分からなくなっています。

こういうマイナスの面もありますが、包みはなるべく少ないほうが、お店の人も手間がかからず、買った人も処理する手間が省けて、第一環境にもいい。たっぷり包むのは、プレゼントの包装だけでいいでしょう。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
ごっそり
2007/01/07(Sun)
突然ですが、火曜日からまた一時帰国することになりました。この休み中に韓国語の復習をして、刺繍を進めておく予定だったのに、全然実行していないまま、帰国することになってしまいました。復習どころか、休みボケで授業に復帰することになりそうです。とほほ。

帰国前に、今日はダンナさんと一緒に免税店を見に行きました。ソウル市内には、免税店が数店あります。今まで用がなかったので、ちゃんと行ったことがありませんでしたが、今は冬のセール中!ちょうど欲しいものもあるので、見に行ってみました。

免税店は、セール期間中ということもあって、すごい人!韓国人はもちろん、日本人も多いな~。ハシゴしようか、と話していましたが、人の多さに疲れ、東和免税店とロッテ免税店を見ただけで、ギブアップ。でも、希望のものが手に入って、よかったです。

それから、またコスメショップにシートパックを買いに行きました。自分でも使うし、お土産にも使えるし、しょっちゅう買っています。今日は日曜日なので、またいろんなコスメショップでキャンペーンをしていました。今日も試供品をいろいろもらいました。極めつけは、「MiSSHA」での試供品手づかみサービス。買い物をした人は、店頭の箱に手を入れて、手づかみしただけ試供品がもらえるのです。ふふふ。私の手が何のために大きいとお思い?こういうときのためでしょうが…!で、ごっそりと試供品をもらってきました。このようなとき、韓国人のお店のお姉さんは、とても協力的です。けちけちせず、たくさん取れるように箱の口を押さえてくれたり、とっても協力的です。夕暮れの時間の寒風吹きすさぶ中、店頭でダウンコートを着て頑張っていたお姉さん、どうもありがとう~!

20070108145310.jpg
戦利品、とも言える試供品の山。

日本にいたら、試供品なんてもらわないことが多いのに、既に私もすっかり韓国に染まっています。韓国の試供品は何でもけちけちしていないので、たっぷり使えて、本当にお得感があります。そうそう、スーパーなどでは、1+1のサービスをよくやっています。なんと、商品一つ分の値段で、同じものが二つ買えるのです。つまり、現品と全く同じ商品が「おまけ」として付いてくるのですよ。韓国で買い物をするときは、「おまけ」を意識したほうがいいですね。
この記事のURL | お買い物 | ▲ top
悲しいとき~
2007/01/06(Sat)
夕べはダンナさんの帰宅が朝4時。それまでは外は雷雨でした。今朝、目覚めてみると、一面銀世界。夜中の雨が明け方には雪に変わったようです。今週のソウルは、またまた寒気が押し寄せ、気温はずっとマイナスの予報です。

今日は家でおとなしくDVDを見て過ごしました。こんな寒い日は、暖かい家の中で過ごすに限ります。韓国では日本のドラマなどは見られないので、もっぱら日本で調達したDVDを見ています。とはいえ、今まで週末は外出することが多く、持ってきていながらまだ見ていないDVDがけっこうあります。1月は一年で一番寒いらしいので、きっと家でDVDを見て過ごすことが多くなるでしょう。

そういえば、今週、ずっと見ていた韓国ドラマのビデオ、悲しいことがありました。見ていたのは「美しき日々」全部で24話です。24時間分だから、毎日、地道にちょっとずつ見ていました。途中、2話ほど抜けていましたが、このビデオをくれた方(既に日本に帰国)から譲ってもらうときに「話が何話分か抜けてるところもあるけど、いい?」と事前に聞いていたし、だいたい分かる内容だったので、気にしませんでした。ところが、最後の最後になって、録画されていませんでした~!!!がびーん。せっかく頑張って22話まで見たのにな~。23話が始まってすぐにテープが切れていました。ショック~。かなり脱力しました。「いつもここから」の「悲しいとき~」という声がどこかから聞こえてきそうでした。

これって、前に台湾で「白い巨塔」のVCDを一部からずっと見ていて、二部の最終回の最後の10分が切れていたときと同じぐらいショックです。

なんか、ついてないわ~。新年から、しょぼいネタですみません。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
今年も?
2007/01/05(Fri)
今朝のニュースで、北朝鮮が再び核実験の準備をしているのではないかというアメリカの報道があった、と聞きました。年明け早々、嫌な話題です。そして、午後のニュースでは、日米が朝鮮半島の有事に備えて、日米の民間人の輸送を共同で準備する、みたいな話も出ていました。

「備えあれば憂いなし」ということわざがありますが、こういう備えが必要な国に住んでいるんだな~と思うと、言い知れぬ不安でいっぱいになります。北朝鮮の核実験から数ヶ月が経ち、ようやくあの頃の不安を忘れかけていたのに、その問題がまだ未解決だということを、今日改めて目の前に突きつけられました。やっぱり忘れてはいけませんね。

今年は、この問題を常に心に留めて、その上でソウルでの毎日を過ごしていこうと思いました。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
活動開始!
2007/01/04(Thu)
元日に泊まった新羅ホテルでは、のんびりまったりさせていただきました~。今回は、プランを利用。宿泊だけでなく、いろいろサービスが付いています。せっかくだから、ホテルのプールやジムに行くつもりでしたが、結局ほとんど部屋でぐうたら過ごしていました。それでも、食事の世話をしなくていいのが、主婦には本当にありがたいです。夕方のハッピーアワーからワインを堪能し、晩には普段は滅多に味わえないフレンチのフルコースを楽しんできました。

チェックアウトのときに、ホテルのアーケードにある花屋さんからブーケのプレゼントがありました。こちらでお花を買う機会がなかなかなかったので、こういうサービス、とっても嬉しいですね♪部屋にお花を飾ると、気分も華やぎます。

20070104215205.jpg 20070104215215.jpg 
お花を活ける花瓶が我が家にはな~い!ということが判明し、急遽サラダを盛るガラスの鉢に活けました。

ホテルでののんびりが効いたのか、その後もなかなかエンジンがかからず、3日から仕事始めで大忙しのダンナさんには悪いけど、家でもビデオなど見ながらのんびりしています。今日は皮膚管理の予約を入れてあったので、やっと外出しました。帰りに花瓶などを購入し、ようやく今年のエンジンがかかってきた感じです。

さあ、では、今年もソウル探訪、引き続き頑張りましょうか!ソウルにいられる間に、できるだけたくさんの「面白いこと」を探して、私のソウル生活も充実したものにしたいな~と思っています。
この記事のURL | おでかけ(韓国) | ▲ top
2007年明けましておめでとうございます♪
2007/01/01(Mon)
みなさま、新年明けましておめでとうございます。
このブログを読んでくれているみなさんは、どこでどんなお正月を過ごしているのかな?

夕べは年を越した瞬間に、花火が上がるのが見えました。ソウルでも除夜の鐘をついたり、花火が上がったり、いろんなイベントがあるようです。外はかなり寒そう!私達は家でゆったり年越しをしました。

大晦日の夜の暴飲暴食がこたえ、今朝はのんびりスタートしました。お雑煮は、今年は韓国風にトライしてみました。「トック」という棒状のお餅をスライスしたものは、長寿をあらわすおめでたい食べ物なんだそうです。スープは鶏を茹でて作りました。具は、牛肉のそぼろと、錦糸卵、ねぎです。見よう見まねで作りましたが、なかなか美味しかったです。
20070101135452.jpg

今年は、これからダンナさんとソウルの新羅ホテルに泊まりに行って、本当にのんびりしてきます。

では、今年もよろしくお願いいたします。
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。