スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ふるさと賛歌
2006/12/03(Sun)
こちらに来て、日本のテレビ番組といえばNHKのBSしか見ていません。日本ではスポーツの中継や映画以外、まず滅多に見ないBSですが、今はむさぼるように見ています。他に見るものがないので、国会中継だって相撲中継だって、ず~っと付けっぱなしです。毎朝「芋たこ南京」を見て一日が始まり、土曜の夜には「寅さん」を見て笑い転げています。日本にいたら、絶対にありえなかったこのテレビ生活。健全といえば健全。

そんな私達のBSにすがるしかないテレビライフ。今日はちょっとしたハイライトでした。2ヶ月に1度程度放送されている「おーい日本」という番組が、今回は大分県を放送したのです。この「おーい日本」は、日本の都道府県を紹介する番組で、1回の放送で一つの県を取り上げます。しかも、放送は午前11時から始まり、お昼に1時間ほどニュースなどを挟んで、午後1時から6時まで、ひたすら生放送なんです!今まで、石川県や茨城県の放送を見ましたが、今回はダンナさんの地元、大分県!私も大分県は大好きです。温泉に、美味しい海の幸山の幸。住みやすくていいところだと思います。私は、せっかく大分の人と結婚したんだから、いずれは大分に住みたいな~と思うほどです。

いや~、面白かったです!中継の最後は、大分にまつわる歌を大合唱して終わったのですが、それを見て、じ~んとしているダンナさん。スタジオも、しんみりしてしまって、司会のアナウンサーの女性なんて、本番中号泣。最後に涙と鼻水を拭き、なんとかコメントして、大分の二度泣きという言葉を紹介していました。「最初にやって来たときに、なんて田舎に来てしまったんだろうと泣き、そこから離れるときにまた、こんないいところを離れるのかと泣く」という意味だそうです。いい言葉だな~。私ももらい泣きしそうになりました。

こういう番組って、日本にいたら、本当に見ることはないと思うのです。えんえん5時間も6時間も、特定の都道府県のことだけ紹介している番組です。でも、海外にいて日本を恋しく思う気持ちから、ゆかりのない県の放送まで見てしまうし、自分の出身県なら、地元が紹介されている嬉しさで必ず見るでしょう。そして、「やっぱり故郷はいいな~」と再認識します。都会志向で、故郷を愛する気持ちを表に出すのが恥ずかしく感じたり、照れくさかったりしますが、全然恥ずかしいことじゃない!むしろ、故郷を誇りに思うぐらいの気持ちでいられたらいいな~と思います。そういう「ふるさと賛歌」、普段の生活の中でも、もっと表に出てもいいと思いました。ほんと、しみじみとしました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 暮らしの中のこと(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。