スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
女子大生の街
2006/09/22(Fri)
ソウルで一番の女子大は「梨花女子大学」だそうです。私の持っているガイドブックによると、日本で言うなら「お茶の水女子大学」ってとこらしいです。今日はSさんと一緒にその「梨大=イデ」というエリアへ行ってきました。

地下鉄の駅から大学までの通りには小さな横道がたくさんあり、その道に沿って、洋服や靴、コスメなどの路面店がずらりと並んでいます。さすが女子大の街。美容室も目立ちます。ぶらぶらしているだけで面白いのですが、どの店の商品も値札が付いていないから、だいたいいくらぐらいのものか、見当も付きません。いちいち「いくらですか?」と聞いて買わずに店を出るのも面倒なので、もう値段は聞きませんでしたが、見たところ、安い店からそこそこの値段の店までピンキリ。本当に、尋ねてみないと分からないかんじでした。今日は主に洋服やアクセサリーの店などを見て回りました。しかし、それにしても、どの店に行っても似たような商品が並んでいる…。今年の流行はパフスリーブ?バルーンのように膨らんだ袖のニットやカットソーが目立ちました。

歩きつかれてちょっと休憩したカフェの2階の窓から女子大のキャンパスを眺めていました。こちらの女子大生は、日本と比べると、地味なファッションかな。まあ、「梨大」というのも関係しているのかもしれませんが。それにしても、さっぱりしたファッションか、フェミニンなファッションの人が多く、何より化粧っ気のない人が多いのにびっくりしました。昔の韓国女性のメイクといえば、濃い目のチークに輪郭をはっきりと縁取ったベージュのリップ、マスカラだって黒々としていた印象がありますが、今ではそんなメイクをしているのは、時代に取り残されたおばちゃんだけで、濃いメイクの女性はほとんど見かけません。若い子は化粧をしていないか、していても、とっても薄いのです。こちらの若い女性を見ると、改めて日本の女子大生や女子高生は、メイクが濃いな~と思います。メイクを楽しむのはいいのですが、普段のメイクまで目も唇もばっちりじゃ、せっかくの素肌の美しさがかすんでしまって、もったいないと思います。頑張ってメイクしても、みんなが浜崎あゆみや幸田来美みたいになれるわけじゃないし。第一、高校生にメイクは必要ないし。…てなことを思いながら、ブルーベリーヨーグルトスムージーを飲んでおりました。

ところで、ここは夜になると露店がやって来て、昼間以上にすごくにぎやかになります。おしゃれな洋服屋のすぐ横でイカ下足を焼いていたり、フライを揚げていたり…。洋服ににおいが付くのは気にならないのかな~?疑問です。

20060922221145.jpg 20060922221203.jpg
左は「梨大」の入口。右は街角の花屋さん。韓国の男性はさりげなく女性に花をプレゼントするのだそうですよ。
20060922221216.jpg
今日見た中で、一番気になった、ネズミのパンプス4兄弟。髭付き。誰か履きこなしている人を目撃したら、情報をお待ちしています。
スポンサーサイト
この記事のURL | おでかけ(韓国) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。